ニューカッスル指揮官、アンディ・キャロルの退団を明言

2021.07.19 15:53 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が、元イングランド代表FWアンディ・キャロル(32)の退団を明言した。イギリス『サン』が伝えている。

地元であるニューカッスルでプロデビューしたキャロルは、2011年に3500万ポンドでリバプールに完全移籍した後、ウェストハムへの移籍を経て、2019年夏に復帰。しかし、ここ2シーズンはケガの影響やパフォーマンスの低下もあり、公式戦43試合のみの出場に。その間の得点は昨季の1ゴールのみとなっていた。

18日に行われたヨーク・シティ(イングランド6部相当)との親善試合(0-1で敗戦)後、ブルース監督がキャロルの去就に言及。今夏で退団することを明らかにした。

「アンディと話をした。彼は別のクラブでプレーしたいようだ」

「私は選手たちの最善を願っている。彼の残りのキャリアが素晴らしものになることを祈っているよ。この2年間、彼は本当に私の大きな助けとなった」

ブルース監督はまた、MFジョー・ウィロックのレンタル期間延長についてアーセナルの返答待ちであることも明かした。

「アーセナルが決断を下すまで、我々は待ち続ける。何かしたいが、彼ら次第だ」

関連ニュース
thumb

まだサッカーがしたい…無所属キャロルの強い意志「子供たちはバルサに入れると信じている」

現在無所属となっている元イングランド代表FWアンディ・キャロルが、現役続行の意思を明らかにしている。『アスレティック』のインタビューで語った。 ニューカッスルの下部組織出身のキャロルは、2011年1月にリバプールにステップアップを果たすも、インパクトを残せず翌年の夏にウェストハムに移籍。同クラブではレンタル期間も含めて7シーズン過ごし、公式戦142試合34ゴールを記録した。 その後、2019年夏にニューカッスルに復帰するも、スペランカー体質が祟り、2019-20シーズンはリーグ戦19試合の出場に留まりノーゴールという結果に。なんとか契約を延長して迎えた昨季は、ケガはしなかったものの主力に数えられておらず、出場したリーグ戦は18試合で得点も1点のみだった。 そして、今夏に契約満了で2度目のニューカッスル退団。移籍先も見つからず、32歳は現在フリーの身となっている。 そんな中、『アスレティック』のインタビューで、ニューカッスルでの引退を考えていたことを明かしたキャロル。思い描いた未来予想図通りにはいかなかったものの、家族のためにも現役を続ける強い意志を示している。 「ニューカッスルで引退するつもりだった。それを4、5年後にと考えていた」 「今はリーグにこだわらず、何かを達成し、自分のすべてを提供できるチームに行きたい。まだやるべきことがたくさんある。僕はサッカーをしなければならない。ゴールを決めなければならない。試合に勝たなければならない」 「子供たちはまだ、僕がマンチェスター・シティかバルセロナと契約すると思ってるんだ」 「でも、そうはならないと誰もがわかっている。それでも、子供たちはまだ僕にプレーを続けて欲しいと願っている。家族の前でプレーして、勝利を捧げたい」 <span class="paragraph-title">【動画】ウェストハム時代に記録したキャロルのプレミア50ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJLMEV5OEZ1VSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.18 14:55 Sat
twitterfacebook
thumb

困難に立ち向かうニューカッスル指揮官にまさかの悲しい事実「家族はちょっと病気だと思っている」

ニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が、自身のスタンスについて言及した。イギリス『BBC』が伝えた。 2019年7月にニューカッスルの指揮官に就任したブルース監督。今シーズンは3シーズン目となっている。 昨シーズンは12位でプレミアリーグを終え、中位に位置した中、今シーズンに向けてはクラブから全くサポートを受けられていない。 今夏の移籍市場では、昨シーズン後半戦にレンタル移籍で加入しチームを助けたMFジョー・ウィロックをアーセナルから獲得したものの、それ以外の補強はレンタル移籍でサントス・ラグナ(メキシコ)からFWサンティアゴ・ムニョスを獲得したに留まった。 夏の補強がなくファンのフラストレーションが溜まる中スタートしたシーズンだったが、開幕からプレミアリーグで連敗スタート。第3節のサウサンプトン戦では引き分けたものの、11日のマンチェスター・ユナイテッド戦では1-4で惨敗を喫していた。また、EFLカップ(カラバオ・カップ)もバーンリーに3-4で敗れていた。 苦しい中でスタートしたシーズンで、結果もついてきていないニューカッスル。ブルース監督は苦境でも辞めるつもりはないとコメント。ただ、家族からは「病気」だと思われているという悲しい事実を明かした。 「『騒音が酷すぎる、立ち去れ、スティーブ』なんてことは考えていない。困難に直面したとき、それは私の自然な反応ではない」 「私の家族は、ちょっと病気だと思っているようだ。なぜなら、そのようなことに直面しても、私がそういったことを考えることがないからだ」 「もし、それがチームに悪影響を及ぼすのであれば、自分自身を見つめ直すことになる」 「ただ、戦わなければいけない時にその場を立ち去るのは、私の性に合わない」 「私はクラブのために最善を尽くし、前進させ続けるためにここにいるだけだ。(去就については)他の人が判断することだ」 「私は最善を尽くし続ける。挑戦から逃げることは決してない。それは確かだ」 ニューカッスルは17日にプレミアリーグ第5節でリーズ・ユナイテッドと対戦。未勝利同士の対決で結果を残せるだろうか。 2021.09.17 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「別格だ」…ニューカッスル指揮官もC・ロナウドの千両役者ぶりに舌を巻く

ニューカッスル・ユナイテッドのスティーブ・ブルース監督がマンチェスター・ユナイテッドに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの活躍に感服した。 今季のプレミアリーグ開幕から1分け2敗と勝ち星なく、インターナショナルブレイクに入ったニューカッスル。11日の第4節でマンチェスター・ユナイテッドとのアウェイ戦に臨み、一時同点に追いついたが、終わってみれば1-4の敗北を喫した。 そんな一戦はC・ロナウドの12年ぶりとなるユナイテッド復帰戦に。ニューカッスルも引き立て役になるまいと心に誓い、挑んだことだろうが、ポルトガル人スターを抑止する術を見いだせず、先制ゴールと勝ち越しゴールの2発を許してしまった。 自身も現役時代のいち時期を過ごした古巣から今季初白星を狙ったものの、そうならずの結果に終わったブルース監督。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、試合後にさっそく千両役者ぶりを発揮のC・ロナウドに脱帽のコメントを残したという。 「正真正銘のスーパースターがいるとすれば、それは彼だ。彼がやってきたこと、成し遂げたことを今日も目の当たりにした。別格だ」  2021.09.12 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが圧巻2発で鮮烈な再デビュー! ユナイテッドがホームで4発快勝《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第4節、マンチェスター・ユナイテッドvsニューカッスルが11日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが4-1で勝利した。 インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節のウォルバーハンプトン戦を1-0で競り勝ち、2勝1分けの好スタートを切ったユナイテッド。ここまで3戦未勝利のニューカッスルを迎え撃った“夢の劇場”での一戦では、今夏の移籍市場最終盤にユベントスから12年ぶりの帰還を果たしたクリスティアーノ・ロナウドに大きな注目が集まった。 スールシャール監督はウルブス戦から先発2人を変更。リーズに移籍したダニエル・ジェームズに代えてC・ロナウドを最前線で起用し、グリーンウッドが右ウイングにポジションを変えたほか、フレッジに替わってマティッチが起用された。 試合は立ち上がりからボールを保持するユナイテッドに対して、ニューカッスルが後ろに重心を置く[5-3-2]の布陣で堅守速攻を狙う形に。そのユナイテッドはブルーノ・フェルナンデスを起点に相手の守備ブロックに揺さぶりをかけると、10分過ぎにはボックス内で細かく立ち位置を調整するC・ロナウドが続けてフィニッシュまで持ち込む。 以降は相手を押し込む中でなかなか最後の部分でうまくいかず、逆にサン=マクシマンの個人技を生かした相手のロングカウンターに晒される難しい展開を強いられるホームチーム。30分過ぎにはサンチョに続けてボックス内での決定機が訪れるが、これを決め切ることができない。 徐々に攻めあぐねる場面が目立つユナイテッドだったが、百戦錬磨のストライカーがゴールをこじ開ける。前半アディショナルタイム2分、ボックス手前右で仕掛けたグリーンウッドが鋭い左足のシュートを枠に飛ばすと、GKウッドマンが前に弾いたこぼれに反応したC・ロナウドが冷静に押し込み、再デビュー戦を自らのゴールで祝った。 注目のエースストライカーのゴールで先手を奪ったユナイテッドは後半も優勢に試合を運ぶが、56分には前半から苦しめられていた相手のカウンターに晒される。ハーフウェイライン付近でボールを受けたアルミロンに突破を許すと、ボックス手前でサン=マクシマンにタメを作られ、ボックス右に走り込んだマンキージョにショートパスを繋がれ、最後は右足のシュートを左隅に蹴り込まれた。 出端を挫かれたユナイテッドは勢いづくアウェイチームの攻勢に晒されて徐々に流れを失う。しかし、この苦しい流れを再び千両役者が打破する。 62分、中央をドリブルで持ち上がったショーから斜めのパスを受けたC・ロナウドがDFを引き連れながらボックス左に持ち込んで左足のシュート。GKの股間を抜いたこのシュートがゴールネットを揺らした。 帰ってきた背番号7の活躍でリードを手にしたユナイテッドだが、直後に相手のカウンターからジョエリントンに強烈なシュートを許すなど、試合を完全にコントロールするまでには至らず。 それでも、80分にはもうひとりのポルトガル代表が決定的な仕事を果たす。ロングカウンターから一度攻撃を遅らされるも、ボックス手前中央でポグバから横パスを受けたB・フェルナンデスが右足を一閃。強烈なシュートがゴール左上隅の完璧なコースを射抜いた。 この3点目で勝利に大きく近づいたユナイテッドは殊勲のB・フェルナンデスとグリーンウッドを下げてマルシャル、ファン・デ・ベークを同時投入。危なげなく時計を進めていく中、試合終了間際の92分にはボックス付近での細かい繋ぎからポグバのショートパスをマルシャルがスルー。これをボックス中央で引き取ったリンガードが冷静に右隅へ流し込み、トドメの4点目とした。 そして、全世界注目のC・ロナウドが2ゴールの鮮烈再デビューを飾ったユナイテッドが、リーグ2連勝を飾った。 2021.09.12 01:42 Sun
twitterfacebook
thumb

通算57回ハットトリックのC・ロナウド、ユナイテッドで唯一記録したのは再デビューの相手ニューカッスル

今夏の移籍市場で12年ぶりにマンチェスター・ユナイテッドへと復帰したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。11日に行われるプレミアリーグ第4節のニューカッスル戦での復帰が見込まれる。 ポルトガル代表として9月のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨んでいたC・ロナウドだが、累積警告により出場停止となったことを受けて早期にチームを離脱。その結果、ユナイテッドに予定よりも早く合流することが可能となった。 オーレ・グンナー・スールシャール監督も「彼はどこかのタイミングで必ずピッチに立つだろう、それは間違いない」と試合に向けた会見でコメント。先発出場なのか途中出場なのかは明言しなかったが、12年ぶりにユナイテッドの選手として試合に出ることは確実だと語り、11日のニューカッスル戦が再デビューの日となることが確定した。 世界中で大きな注目を集める試合は、イギリスの規則により国内でのテレビ放送はなし。イギリスではスタジアムにいる人間しかその瞬間を見ることができないという異例の事態だが、この試合はC・ロナウドにとって大きな意味を持つ一戦となる。 プロキャリアを通じて、クラブと代表でこれまで57回のハットトリックを達成しているC・ロナウド。その中でも初めてのハットトリックは、マンチェスター・ユナイテッド在籍にに記録したものだった。 C・ロナウドの初ハットトリックは、2008年1月12日。マンチェスター・ユナイテッドvsニューカッスルの一戦で記録したもの。これは、キャリア初のハットトリックである上に、ユナイテッド時代に唯一記録しているハットトリックとなる。 首位でニューカッスル戦を迎えたユナイテッド。C・ロナウドは右サイドで先発フル出場を果たす。なお、2トップはウェイン・ルーニーとカルロス・テベス、左はライアン・ギグスでマイケル・キャリックとアンデルソンが中盤を務め、最終ラインはリオ・ファーディナンドとネマニャ・ヴィディッチのセンターバックコンビに、右にジョン・オシェイ、左にパトリス・エブラ、GKにエドウィン・ファン・デル・サールという陣容だった。なお、ニューカッスルの1トップはマイケル・オーウェンが入り、GKはシェイ・ギブンが務めていた。 この試合ではなかなかゴールが生まれず前半はゴールレス。しかし48分にC・ロナウドが壁の下を通すFKを直接決めて先制ゴールを記録すると、2-0で迎えた70分には華麗なパスワークからテベスのアシストを受けて2点目を記録。4-0となった88分には、巧みなキックフェイントからハットトリックを達成した。 再デビューとなる相手が唯一ハットトリックを決めた相手。今日の一戦ではどんなプレーを見せるのか、注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウド、ユナイテッドで記録した唯一のハットトリック</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">years ago today, <a href="https://twitter.com/Cristiano?ref_src=twsrc%5Etfw">@Cristiano</a> netted his st and only hat-trick for <a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a>... <a href="https://t.co/w7MGbbVWgr">pic.twitter.com/w7MGbbVWgr</a></p>&mdash; Manchester United (@ManUtd) <a href="https://twitter.com/ManUtd/status/951839817700028416?ref_src=twsrc%5Etfw">January 12, 2018</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.11 18:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly