クリスティアン・アツがサウジアラビアのアル・ラーイドへフリーで加入

2021.07.18 00:00 Sun
Getty Images
サウジアラビアのアル・ラーイドは18日、ニューカッスルに所属するガーナ代表FWクリスティアン・アツ(29)をフリートランスファーで獲得を発表した。契約期間は明かさていないが、背番号は「3」に決定した。

新天地の決まったアツは、自身の公式ツイッター(@ChristianAtsu20)で以下のようにコメントしている。
「アル・ラーイドのファハド・アル=ムタウワ会長やクラブ関係全員に感謝している。この素晴らしいクラブの一員になれて幸せだよ。サポーターのためにすべてを捧げることを約束するよ。新たなチャレンジを楽しみにしているよ」

2013年にポルトからチェルシーに加入したアツだが、同クラブのトップチームでの出場機会はなく、フィテッセやエバートン、ボーンマス、マラガと毎年のようにレンタル先を渡り歩いてきたが、2016年の夏にレンタルでニューカッスルに加入すると、翌年に完全移籍。

5シーズン在籍したニューカッスルでは、加入初年度こそ主力として活躍したが、2017-18シーズンの終盤にヒザのケガで離脱すると、徐々に序列を落とし、昨季はトップチームでの出場がEFLカップ1試合のみとなっていた。なお、ニューカッスル通算では公式戦121試合に出場し8ゴール10アシストをだった。
昨季のサウジ・プロフェッショナルリーグで10位に終わったアル・ラーイドは今夏、新指揮官にパブロ・マチン氏を迎え、新戦力として元ドイツ代表MFマルコ・マリン(31)を獲得していた。
関連ニュース

20代後半で日の目を浴びた苦労人…33歳トリッピアーがニューカッスルと契約延長交渉へ

ニューカッスルとイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(33)の契約交渉が始まるようだ。 20代後半にきて評価を高めたトリッピアー。ロシアW杯直前の17-18シーズンにトッテナムでポジションを掴んだ男は、イングランド代表の主力として臨んだW杯本大会も経て、世界トップクラスの右サイドバックとして知られるようになった。 すると今度は2019年夏、30代突入を控え、キャリア初の国外挑戦でアトレティコ・マドリーへ。結果的に酸いも甘いも経験することとなったラ・リーガ期を経て、現所属のニューカッスルへは21-22シーズン途中からやってきた。 加入後すぐに腕章を託され、今日に至るまで右サイドバックの1番手を譲らないトリッピアー。20代後半にきてようやく日の目を浴びた苦労人は、今年で34歳となるが、目立った衰えもない。 イギリス『フットボール・インサイダー』いわく、2025年6月までとなっている現行契約の延長交渉はまもなく始まるとのこと。どうやらかなりの数のクラブがトリッピアー獲得に関心を持っており、その状況を注視しているという。 1月には33歳にしてバイエルン移籍も浮上していたトリッピアー。今なお現役のイングランド代表プレーヤーであり、これからも息の長い選手として活躍しそうだ。 2024.04.15 10:50 Mon

「当然の勝利を収めた」トッテナムにホームで4発快勝! ニューカッスルのハウ監督は選手を称える「やりたいことが実行できた」

ニューカッスルのエディ・ハウ監督が、快勝を収めたトッテナム戦を振り返った。イギリス『BBC』が伝えた。 13日、プレミアリーグ第33節でトッテナムをホームに迎えたニューカッスル。トップ4争い中のトッテナムとの重要な試合となった中、アレクサンダー・イサク、アンソニー・ゴードンの連続ゴールで前半に2点をリードする。 後半もペースを握ると、イサクが早い時間に追加点。終盤にはファビアン・シェアにもゴールが生まれ、4-0で圧勝を収めた。 試合後、『BBC』の「マッチ・オブ・ザ・デイ」のインタビューに応じ、勝利を喜んだ。 「我々の素晴らしいパフォーマンスだった。選手たちは本当にプロフェッショナルで、勤勉なプレーを全て実行したと思う。選手たちには本当に満足している」 「我々はより多くのゴールを狙いに行き、なおもアグレッシブに戦ったので、リードを本当に良く守れていた」 「フィジカル的に素晴らしい位置にあると思ったし、やりたいことが実行できた。全員が非常に良いパフォーマンスレベルを発揮したと思う」 これでチームは引き分けを挟んで3連勝。ハウ監督は、良くない時にも勝ち続けることが大事であり、チームが見せた姿勢は非常に良かったとした。 「プレーが良くない時に勝つというのは、とてもスキルが必要であり、過小評価できない。なぜならば、全てが思い通りに行く日もあるし、今日はそれが示された」 「我々は依然として非常に効率的なチームであり、容赦ない攻撃を見せ、とても勤勉でコンパクトなチームだった。当然の勝利を収めることができた」 <span class="paragraph-title">【動画】ホームに迎えたトッテナムをニューカッスルが4発圧勝!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="J9In95EkUyM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.14 15:15 Sun

「信念も勇気もなかった」アウェイで4失点惨敗、ポステコグルー監督がパフォーマンスに不満「十分な努力をしなかった」

トッテナムのアンジェ・ポステコグルー監督が、惨敗に終わったニューカッスル戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 13日、プレミアリーグ第33節でトッテナムはアウェイでニューカッスルと対戦した。 トップ4争い真っ只中のトッテナム。しかし、この日はアウェイで全くパフォーマンスが出せず、アレクサンダー・イサク、アンソニー・ゴードンにゴールを許し、前半で2点のビハインドを負う。 後半早々にペドロ・ポロが負傷交代。すると直後に失点し、終盤にも失点。4-0で完敗に終わった。 良いところなく惨敗に終わってしまったトッテナム。ポステコグルー監督はチームのパフォーマンスが良くなかったとした。 「我々にとって素晴らしい1日ではなかった。我々は試合の流れを掴むことができなかった」 「ニューカッスルの功績であり、今日は彼らが良かったと思った。試合の流れを決定づけたのは彼らだ」 「我々は流れを変えるのに十分な努力をしなかった。彼らは我々にプレッシャーをかけたが、他のチームほどではなかった。その解決策を常に持ってはいたが、今日は自分たちのサッカーをする信念も勇気もなかった」 <span class="paragraph-title">【動画】4位目指すトッテナムがアウェイでニューカッスルに惨敗…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="J9In95EkUyM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.14 11:10 Sun

イサク&ゴードンの躍動許したトッテナム、ニューカッスルに完敗【プレミアリーグ】

トッテナムは13日、プレミアリーグ第33節でニューカッスルとのアウェイ戦に臨み、0-4で完敗した。 前節ノッティンガム・フォレスト戦を3-1と快勝してチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に浮上したトッテナム(勝ち点60)は、フォレスト戦のスタメンからサールに代えてベンタンクールのみを変更した。 マンツーマンで対応してきた8位ニューカッスル(勝ち点47)に対し、最前線にソン・フンミン、2列目に右からブレナン・ジョンソン、マディソン、ヴェルナーと並べる[4-2-3-1]で臨んだトッテナムは7分、ヴェルナーのボレーでゴールに迫るも枠を捉えきれない。 さらに17分にもヴェルナーに好機が訪れたが、マディソンの左クロスに合わせたシュートはヒットしなかった。 すると30分、ニューカッスルに先制される。ロングカウンターの流れからゴードンのパスを受けたイサクにシュートを決められた。 さらに2分後、ポロのバックパスが乱れたところをボックス内のゴードンにカットされてそのままシュートを決められ、一気に2点のビハインドを背負ってしまった。 ハーフタイムにかけてもイサクに好機を許した守勢のトッテナムは、0-2で前半を終えた。 そして迎えた後半、開始6分に3失点目。イサクにロングボールで抜け出され、そのままGKとの一対一を制された。 3点を追う展開となったトッテナムはソン・フンミンら3選手に代えてクルゼフスキらを投入するも、反撃に転じることはできない。 81分にはCKの流れからクラフトのボレーがポストに直撃した中、87分にCKからシェアにヘディングシュートを決められて完敗。4試合ぶりの黒星となった。 2024.04.13 22:34 Sat

冬の時代からニューカッスル支えるも…“走れる天才”ミケル・アルミロンがやはり新天地行きか

パラグアイ代表FWミゲル・アルミロン(30)がやはりニューカッスルを退団か。 “パラグアイの天才”アルミロン。近年W杯から遠ざかる同国で随一のフットボーラーであり、南米大陸からアメリカMLSを経由してプレミアリーグへやって来た魅惑のアタッカーだ。 中東資本参入前、いわゆる冬の時代からニューカッスルを引っ張ってきたわけだが、クラブが大金を積み、若くて実力も伴った選手を補強するたびに存在感が薄くなり、昨季リーグ戦11得点もうち9得点は前半戦。 ”走れる”天才は、いつ何時もチームのために奮闘するが、献身性が結果に繋がらないようになっていく。 今季は公式戦41試合で5得点3アシスト。数字が全てではないし、ケガ人頻発のチームで序列が低いわけでもないが、1月はファイナンシャル・フェアプレー(FFP)への懸念から売却候補にされ、アル・シャバブ行きが合意寸前まで達した。 幸か不幸かニューカッスルに残留も、イギリス『フットボール・インサイダー』いわく、今夏の退団はより現実的。“かなりの数”のクラブがアルミロンに関心を寄せているといい、評価額3000万ポンド(約57億2000万円)を満たせるクラブも中にはありそうだという。 ニューカッスル視点で捉えても、今夏こそは主力売却でFFP問題を回避せねばならず、そうなるとやはりアルミロンを市場に出すのが確実。パラグアイの天才は新天地へ向かうことになりそうだ。 2024.04.13 20:55 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly