プレミア移籍も浮上したMF三笘薫、ACLを経験して感じた東京五輪のカギは「リカバリーの部分」

2021.07.14 15:57 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
U-24日本代表のMF三笘薫(川崎フロンターレ)がメディアのオンライン取材に対応した。

U-24日本代表は、5日からトレーニングキャンプを開始。12日にはキリンチャレンジカップ2021で東京オリンピックに出場するU-24ホンジュラス代表と対戦し、3-1で勝利を収めた。

三笘はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に参加していたこともあり、合流が11日に。そのため、ホンジュラス戦はホテルで試合を観ることとなった。

改めて東京オリンピックに向かう合宿に参加した心境については「いよいよ始まるなという思いが強いですし、始まったらすぐ終わってしまうような大会なので、コンディションがカギになってきます」とコメント。「22人全員でしっかりと良い準備をして戦うことが大事かなと思います」コンディションをしっかり整えることが大事だと語った。

自身のコンディションについては「少し張りがあったので休みましたが、今後は徐々に徐々に練習に参加していく形になると思います」とコメント。ACLの5試合目以降に張りを感じたと言い、回復に努めたいと語った。

ただ、そこまで深刻なものではないと言い初戦にはしっかり間に合う様子。「間違いなく大丈夫だと思っていますし、そのためにもしっかりと治して、練習に入ってコンディションを上げていかないといけないので、そこはトレーナーの人とコミュニケーションとってやっていければと思います」と、無理はしないながらも、コンディションを上げるために回復させるとした。

初戦まで10日を切った中、本大会への心境については「金メダルを目指してやっていますし、みんな色々な方々が観てくれる大会なので、そこで結果を残すことで勇気を与えられると思うので、そこを目指して頑張っていきたいと思います」とコメント。しっかりとチームの目標を目指したいと意気込んだ。

17日にはU-24スペイン代表戦を控える日本。三笘はスペイン戦について「凄く良い相手ですし、世界のトップレベルの選手がいて、もちろんオリンピックに出るメンバーなので、どれだけのレベルなのか、オリンピック前に知れることは良い機会ですし、勝利にこだわって、良い内容で終われた弾みになるので、良い試合をしたいと思います」と、世界トップクラスであるスペイン戦でも結果を求めたいと語った。

東京オリンピック前にACLで国外選手との対戦を連戦で経験した三笘。「中2日で6連戦だったので、チーム全員で行けたことはポジティブでしたけど、試合後の疲労感から次の試合に持って行き方だったり、そういうところの予防というか、そこはよくわかりました」と語り、同じ中2日で戦うオリンピックに向けて感覚をつかめたという。

連戦を戦う上で重要なことは「リカバリーの部分だと思いますし、試合が終わった後から次の試合が始まっているという気持ちじゃないと間に合わない部分があるので、毎試合毎試合フルコンディションに持っていくためには、休養がカギになると思います」とし、しっかりと休むことが本大会がスタートしてからは重要だと語った。

そういった点では、22名に増えた枠で総力戦になることが予想されるが「フロンターレではそう感じましたし、それがオリンピックではもっと人数が少ないので、その分負担がかかってくると思うので、1人1人のタフなところも見せていかないといけないかなと思っています」と、ここのタフさも重要になると語った。

とはいえ、全ての試合を全員が最高のコンディションで迎えることは難しい。その中で、悪いなりにパフォーマンスを出すという点では「(ACLでは)相手のところで自分たちがボールを保持する時間が長かったので、そういったところで体力の消耗を抑えることができる試合が多かったですが、オリンピックはそうはいかないところもあると思います」とコメント。また、「湿度のところだったり気温も相当高いことが予想されるので、いかにボールを握れるかがカギになると思いますし、走行距離も多くなるわけではないので、うまくコンパクトに戦いながら、自分たちでやるべきところと、オンとオフを切り替えながら、試合の中でも自分たちの中で意思を合わせてやることが重要だと思います」と、しっかりとチームとして戦い方を見極めて選択する必要があるとした。

その三笘だが、プレミアリーグのブライトン&ホーヴ・アルビオンへの移籍の噂が浮上。オリンピック後にも移籍するのではないかとされていた。

自身の去就については「現時点では僕から話すことはないです」としながらも、「常に上を目指してやっているということはあります」と、高いレベルを求めていることは認めた。それでも「そういったところで今後どうなるかわからないですが、現時点ではオリンピックに集中して行きたいなと思っています」と、まずは目の前に迫る東京オリンピックで結果を出したいと語った。

関連ニュース
thumb

日本のU-23アジアカップ予選が福島で開催! カンボジア、香港と中1日での連戦という超過密日程

日本サッカー協会(JFA)は24日、AFC U-23アジアカップの予選に関して、日本で開催することを発表した。 U-23アジアカップは、2022年にウズベキスタンで開催。その予選が行われる。 日本はグループKに入り、7月の段階では北朝鮮代表とカンボジア代表との対戦が決定していたが、北朝鮮が予選の参加を辞退。そのため、8月に再抽選が行われ、香港代表とカンボジア代表と同居することが決まっていた。 グループKの予選3試合に関しては、福島県のJヴィレッジスタジアムで開催することが決定。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止対策を行ったうえでの開催とな理、無観客で全試合行われる。 試合は10月23日(土)にカンボジアvs香港、同26日(火)には日本vsカンボジア、同28日には香港vs日本が行われ、日本は中1日での連戦という超ハードスケジュールとなる。 なお、カンボジアはリトアニアのスドゥーヴァへと先日加入したMF本田圭佑が実質的監督を務めているが、本田が来日することになるか注目だ。 なお、各グループの1位と2位の上位4カ国、そして開催国のウズベキスタンを加えた16カ国が本大会に参加する。 ◆AFC U-23アジアカップ予選組み合わせ 【西ゾーン】 グループA:シリア、カタール(H)、イエメン、スリランカ グループB:イラン、タジキスタン(H)、レバノン、ネパール グループC:イラク、バーレーン(H)、アフガニスタン、モルディブ グループD:サウジアラビア、バングラデシュ、クウェート(H)、ウズベキスタン グループE:UAE(H)、オマーン、インド、キルギス グループF:ヨルダン、パレスチナ、トルクメニスタン 【東ゾーン】 グループG:オーストラリア、中国、インドネシア(H)、ブルネイ グループH:韓国、シンガポール(H)、東ティモール、フィリピン グループI:ベトナム、ミャンマー、チャイニーズ・タイペイ(H) グループJ:タイ、マレーシア、ラオス、モンゴル(H) グループK:香港、日本、カンボジア 2021.09.24 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

北朝鮮の辞退でAFC U-23アジアカップの予選組み合わせが再抽選に! 日本は香港、カンボジアと同組に

アジアサッカー連盟(AFC)は11日、2022年にウズベキスタンで開催されるAFC U-23アジアカップの予選組み合わせの再抽選を行った。 組み合わせは7月9日にすでに実施。日本はグループKに入り、北朝鮮代表、カンボジア代表との対戦が決定していた。 しかし、北朝鮮が予選の参加を辞退。そのため、再抽選が11日に実施された。 抽選は、すでに決定している東地区だが、グループK以外のグループで、第1シード国と予選ホスト国を除いた8チームで抽選を実施。その中の1チームがグループKに入り、抜けたグループも3カ国で予選を行うこととなる。 抽選に参加するのは、中国、ブルネイ、東ティモール、フィリピン、ミャンマー、香港、マレーシア、ラオスの8カ国。抽選の結果、グループIの香港が日本と同じグループKに入ることが決定。グループIは、ベトナム、ミャンマー、チャイニーズ・タイペイの3カ国で予選を行うこととなった。 日本のグループKのみ予選開催国が未定。10月29日(金)には本田圭佑が実質的監督を務めるカンボジア、10月31日(日)には香港との対戦が待っている。 なお、各グループの1位と2位の上位4カ国、そして開催国のウズベキスタンを加えた16カ国が本大会に参加する。 ◆AFC U-23アジアカップ予選組み合わせ 【西ゾーン】 グループA:シリア、カタール(H)、イエメン、スリランカ グループB:イラン、タジキスタン(H)、レバノン、ネパール グループC:イラク、バーレーン(H)、アフガニスタン、モルディブ グループD:サウジアラビア、バングラデシュ、クウェート(H)、ウズベキスタン グループE:UAE(H)、オマーン、インド、キルギス グループF:ヨルダン、パレスチナ、トルクメニスタン 【東ゾーン】 グループG:オーストラリア、中国、インドネシア(H)、ブルネイ グループH:韓国、シンガポール(H)、東ティモール、フィリピン グループI:ベトナム、ミャンマー、チャイニーズ・タイペイ(H) グループJ:タイ、マレーシア、ラオス、モンゴル(H) グループK:香港、日本、カンボジア 2021.08.11 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.83】ラスト2戦の4失点を糧にどうA代表守護神の座をつかむ? 期待される「川口能活の後継者候補」の近未来/谷晃生(湘南ベルマーレ/GK)

メダル獲得を大目標に掲げながら、U-24スペイン、U-24メキシコの肝心なところで2連敗し、表彰台を逃すというまさかの結末に終わった東京五輪のU-24日本代表。 吉田麻也(サンプドリア)や酒井宏樹(浦和)は2012年ロンドン五輪と同じ4位に甘んじたわけだが、「これで終わりじゃないし、それでもサッカー人生は続くので」と吉田が強調した通り、ここから先のキャリアをどう築いていくかが、若い世代にとっては最も重要なテーマと言っていい。 吉田とともに全6試合フル出場した守護神・谷晃生(湘南)もその言葉を噛み締めた1人。1次リーグはU-24南アフリカに1-0で好発進し、メキシコには直接FKを決められ1失点を食らったものの、U-24フランスにも4-0と3連勝。通算失点1で決勝トーナメントに勝ち上がった。 その最初の関門だった7月31日の準々決勝・U-24ニュージーランド(NZ)戦は、相手の超守備的戦術に苦しみ、久保建英(レアル・マドリード)と堂安律(PSV)の2枚看板もゴールをこじ開けられず、120分間を戦ってもスコアレスのまま、PK戦へともつれ込んだ。 そこで背番号12をつける20歳の守護神が堂々たる仕事ぶりを披露する。2人目のリベラド・カカーチェ(シントトロイデン)のシュートを確実にセーブ。チームに大きな活力を与える。続く3人目のクレイトン・ルイス(ウェリントン)も枠を外し、日本は4人が全員決めて4強入りを果たした。 「能活さん(川口GKコーチ)が相手キッカーの特徴を紙に書いた情報を見せてくれたけど、覚えきれなかったんで、直感で飛ぼうと。『お前の判断でやれば止められる、ヒーローになってこい』と言われました」と谷は笑顔でコメントしていたが、かつて日本を何度も窮地から救い出した名守護神の教えを胸に刻み、思い切った反応を見せたからこそ、難局を乗り切ることができた。谷が奮闘しなかったら、日本はもっと早い段階で敗れ去っていたかもしれない。ベスト4への道を切り開いた190㎝の長身GKの存在価値を我々は今一度、認識すべきだ。 大会を通して、出るか出ないかの判断、シュートへの反応、最終ラインのカバーリングの範囲など目に見える成長を遂げた谷。だが、その彼でも、8月3日の準決勝・スペイン、6日の3位決定戦・メキシコは止めきれなかった。 前者の方は延長後半10分に百戦錬磨のマルコ・アセンシオ(レアル・マドリード)に決められたわけだが、板倉滉(フローニンゲン)のマークがやや低いと見るや、背番号7は左足を振り抜いてきた。鋭い弾道のシュートには谷もノーチャンスと言わざるを得ない。 それでも、本人は「世界トップのGKなら触っていた」と感じたかもしれない。ジャンプしたコースがもう少し下だったら、確かに手をかすめていた可能性もゼロではない。そういう緻密な判断と反応を1つ1つ磨いていくことが世界で勝つためには必要だと本人も痛感したはず。この経験は必ず今後に生きてくる。 メキシコ戦の3失点は、1つがPK、2つはリスタートから。PKに関しては、セバスティアン・コルドバ(クラブ・アメリカ)にタイミングを外され逆コースの隅に決められた。FKの1本目はヨハン・バスケス(ナシオナル)の飛び込みに動けず、2本目はケガ人による中断と相手の選手交代直後の左CKからで、ベガに中央からフリーでヘッドを叩き込まれた。この時は谷自身も集中力を欠いていた部分が少なからずあったのではないか。川口コーチが常日頃から口を酸っぱくして言っている「いい準備」の重要性を嫌というほど感じたことだろう。 このように失点には1つ1つ細かい原因がある。それを突き詰め、完封する確率を高めていくことが、谷に課された重要命題と言っていい。思い返せば、川口コーチも96年アトランタ五輪、98年フランス・2006年ドイツ両ワールドカップ(W杯)と挫折と苦しみを味わいながら先へ先とへ進み続けた。そうすることでしか成長はない。谷は恩師の現役時代に思いを馳せつつ、自分自身が何をすべきかを明確にすることができたのは大きい。 湘南に戻って1日1日を大事にしていれば、また大舞台に立てる機会は巡ってくる。9月からスタートする2022年カタールW杯アジア最終予選参戦のチャンスもありそうだ。これまで森保一監督は権田修一(清水)を軸に、ベテランの川島永嗣(ストラスブール)、欧州組のシュミット・ダニエル(シントトロイデン)らが呼ばれてきた。が、やはり日本サッカーの未来を考えれば、20歳そこそこの選手を1人は入れたいところ。谷が今回の最終予選を経験することになれば、GKの若返りが一気に進むこともあり得るだけに、その動向が注目される。 ロンドン五輪で同じ4位に甘んじた権田がA代表で試合に出られるようになったのは、2018年ロシアW杯の後。6年もの時間を経てからだ。谷もそのくらい長期スパンで物事を見極めていく必要があるかもしれないが、とにかく東京五輪の収穫と課題をムダにしてはいけない。 8月9日から再開されるJリーグで彼はどんな違いを見せてくれるのか。まずはそこをしっかりと見極めるところから始めたい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.08.08 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「悲痛な叫びが響いた」メキシコメディアが敗戦後に号泣する久保建英を報道

U-24日本代表は6日、東京オリンピックの3位決定戦でU-24メキシコ代表と対戦した。 53年ぶり、1968年のメキシコ・オリンピック以来のメダルを目指した日本だったが、メキシコに力の差を見せつけられ、試合序盤からペースを渡すことに。PK、FK、CKとセットプレーで3失点を喫し、3-1で敗れ、またしてもメダルを獲得できなかった。 グループステージを3連勝で突破した日本だったが、決勝トーナメントに入ってからは我慢の試合に。U-24ニュージーランド代表戦はゴールレスドローでPK戦を勝利。準決勝のU-24スペイン代表戦は粘りの守備を見せていたが、延長後半10分にゴールを許し敗戦となっていた。 金メダルを目標に掲げていた日本だが、最終的にはメダルを獲得できないまま終了。自国開催、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による開催是非の問題などがある中、大きなプレッシャーを感じながら選手たちはプレーしていたはずだ。 試合終了後、ピッチに倒れ込み、うつむいて失意を隠せない日本の選手たち。その中でも、一際目を惹いたのがMF久保建英だ。 普段は冷静な対応を見せ、20歳ながらもしっかりとしたメディア対応を見せ、毅然とした態度しか見たことがない人も多かった中、ピッチ上で号泣していたのだ。 それだけメダルへの想いを持ってプレーしていたことがわかる久保だが、メキシコのメディアもこの姿には心を打たれたようだ。 『FOX Sports』メキシコ版がツイッターで号泣する久保の写真を掲載。久保の叫びが響いたとキャプションをつけた。 「ホームで母国にメダルを与えられなかった選手の悲哀…」 「日本のスター選手と言っても過言ではない久保建英の悲痛な叫びが響いた」 久保は2024年のパリ・オリンピック世代でもあるが、日本代表としての戦いも9月からまた始まる。この悔しさを新シーズンに、この先のキャリアにつなげてほしいものだ。 <span class="paragraph-title">【写真】珍しい、久保建英の号泣をメキシコメディアも伝える</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">IMÁGENES QUE DUELEN <br><br>La tristeza de un jugador que no pudo darle una medalla a su país en casa...<br><br>El llanto desconsolado de Takefusa Kubo; sin duda, la figura de Japón en <a href="https://twitter.com/hashtag/TokioenFOX?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TokioenFOX</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/football?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#football</a> <a href="https://t.co/8Jb3Z1W1xl">pic.twitter.com/8Jb3Z1W1xl</a></p>&mdash; FOX Sports MX (@FOXSportsMX) <a href="https://twitter.com/FOXSportsMX/status/1423602654001967110?ref_src=twsrc%5Etfw">August 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/kubo20210806_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/kubo20210806_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ4bmRuU1l5ZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/kubo20210806_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/kubo20210806_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> Photo:Getty Images 2021.08.06 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング: U-24メキシコ代表 3-1 U-24日本代表《東京オリンピック》

6日、東京オリンピック3位決定戦のU-24メキシコ代表vsU-24日本代表の一戦が埼玉スタジアム2002で行われ、3-1でメキシコが勝利。53年ぶりのメダルはならなかった。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽U-24日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/fom20210806u24jpn_mex_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 12 谷晃生 5 PK、セットプレーから3失点。防ぐチャンスはなかった。失点シーン以外はピンチもなし。 DF 2 酒井宏樹 5 なかなか前線に上がって攻撃参加することができず。メキシコの左サイドに押し込まれた。 3 中山雄太 5 疲れもあったか、これまでの試合と違い反応がワンテンポ遅れ精度を欠いた。 (→11 三笘薫 5.5) らしいドリブルの仕掛けを何度か見せると、仕掛けから一矢報いる。長い時間見たかった。 5 吉田麻也 5 個の対応はできていたがセットプレーで悔しい2失点。3度目の五輪もメダルならず。 14 冨安健洋 5 セットプレーで悔しい2失点。個の対応はできていた。 MF 6 遠藤航 4.5 先制点につながるPKを与えるファウル。2失点目は前に入られ失点。攻撃にも顔を出したが精度を欠いた。 (→8 三好康児 -) 出場時間が短いため採点なし。 7 久保建英 5 かなり警戒されていた中、少ないチャンスを作った。最後はピッチ上で悔しい号泣。 10 堂安律 5 キレがなく、かなり警戒されている中で苦しいプレーに。 16 相馬勇紀 5 前半の途中からは何度か仕掛けを見せたがより積極的に仕掛けるプレーが欲しかった。 (→13 旗手怜央 5) サイドハーフで入りサイドバックでもプレー。惜しいシュートチャンスを決めたかった。 17 田中碧 5 何度か良いパスを出すも得点にはつながらず。強度の高い守備を見せるもことごとくファウルを取られ判定に泣く。 (→4 板倉滉 5) チームが攻撃に出る中でアンカーとして出場。踏ん張ったが流れを引き寄せられず。 FW 19 林大地 5 何度かゴール前に顔を出すも、この日は対応され効果的なプレーができず。 (→18 上田綺世 5.5) 三笘との息のあったプレーでゴールに迫る。途中出場も試合に入れた。 監督 森保一 4,5 激闘が続く中でメダルマッチで完敗。ここまでターンオーバーができない戦いが続いたことも影響し、選手のキレがなく前半から些細なズレがチーム内にあった。フレッシュな選手のチョイスができなかったが、良いチーム作りはした。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! セバスティアン・コルドバ(メキシコ) 先制点となるPKを落ち着いて決め、2点目FKでは精度の高いクロスでアシストした。 U-24メキシコ代表 3-1 U-24日本代表 【メキシコ】 コルドバ(前13)[PK] バスケス(前22) ベガ(後13) 【日本】 三笘薫(後33) 2021.08.06 20:17 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly