「お見事!」角度のない位置から豪快な一発!名古屋FW前田の今大会初ゴール!「そこねじ込むんかい」

2021.07.08 11:51 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスのFW前田直輝が得意の左足で魅せた。

名古屋は7日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021グループG最終節で浦項スティーラーズ(韓国)と対戦した。

すでに、グループステージ突破を決めている名古屋は前節からスタメンを7人変更。最前線に右から前田、FW柿谷曜一朗、FW齋藤学を並べた[4-3-3]の布陣で臨んだ。

前半はシュート1本と苦しんだ名古屋。だが、ゴールレスで迎えた後半開始早々に前田が均衡を破る。齋藤のフリックをボックス右で受けると、得意の左足を一閃。相手GKの意表を突き、ニア上をぶち抜いて見せた。

これが今大会初ゴールとなった前田。強烈な一撃にサポーターからは「最高!」「角度のないところからお見事!」「そこねじ込むんかい」となどの声が届いた。

さらに、スピードに乗った中でも正確に後ろへ流した齋藤にも「学さんも流石です」「アシストすごい」といった賛辞が寄せられた。

試合はこの後、終了間際に追い付かれ、名古屋は惜しくも全勝を逃した。とはいえ、前田にとっては3月17日以来のゴールを記録。今後の天皇杯やリーグ戦はもちろん、クラブ史上初のACL優勝に向けてはずみを付ける得点になっただろう。



1 2
関連ニュース
thumb

カットインから技ありゴールのU-22日本代表MF甲田英將、目指すは「メッシのようなドリブラーに」

U-22日本代表のMF甲田英將(名古屋グランパスU-18)が、U-22カンボジア代表戦の勝利を振り返った。 26日、AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選のグループK初戦でU-22日本代表はU-22カンボジア代表と対戦し、4-0で勝利を収めた。 およそ2年ぶりとなる国際試合に臨んだアンダー世代の日本。冨樫剛一監督にとっては、代表監督としての初陣となった試合だったが、国際経験の少ない選手たちは序盤から硬さが見られた。 それでも10分に右CKから松木玖生(青森山田高校)がファーサイドで合わせて先制すると少しはマシに。それでも硬いプレーが続き、なかなかチャンスを生かせなかったが、45分に甲田が右サイドからのカットインからゴールを決め、2-0で試合を折り返す。 後半に入っても主導権は日本が掴むと、52分にスルーパスを受けた細谷真大(柏レイソル)が落ち着いて決めて3点目。73分には中村仁郎(ガンバ大阪ユース)もゴールを奪い、4-0で快勝した。 見事な仕掛けからチームの2点目を決めた甲田はゴールについて「ボールが来て一対一の状況だったので、一対一は絶対抜けるとイメージがありました」と語り、「しっかり仕掛けて、ゴール前に侵入して、思い切ってシュートを打てたのが一番良かったです」と、自身のストロングポイントを出せて良かったと振り返った。 ドリブルでの仕掛けはしたいと考えていたと明かした甲田。「今日は自分のドリブルが良い感じだったので、一対一になったら自分のプレーをしっかり出して、結果を残そうという気持ちでやっていました。結果が残ってよかったです」とゴールを喜んだ。 甲田はU-16日本代表を経験したことがあるものの、国際試合は2年ぶり。「最初は硬くて、自分のドリブルが思い通りいかなかったんですが、中盤からしっかり自分のプレーができたので、そこで結果を残して、良い気持ちでプレーできたことが良かったと思います」と、流石に緊張していたようだ。 ただ、「緊張しているのは自分もそうでしたが、自信を持ってプレーできて、今までやって来たことをしっかり出せば絶対勝てると思っていたので、自分のプレーを出して勝利に繋がったところは良かったと思います」と、自分を信じてプレーできたことが結果に繋がったと振り返った。 試合は時間を追うごとに雨風が強くなって行き、コンディションが悪くなっていったが「風が強く上手くいかないところもあると思っていましたが、自分たちはハッキリやる部分はハッキリやろうと切り替えられたところと、コンディションに合わせてプレーできたことが強みだと思うので良かったと思います」と、状況を判断してプレーを選択できていたようだ。 その甲田が目指すドリブラー像は、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとのこと。「小さい頃からメッシはずっと見て来て、メッシのドリブルの動画とかを見て研究したりしているので、メッシのようなドリブラーになりたいです」とコメント。次戦に向けては「チャンスは回ってくると思うので、ドリブルだったり、チームの勝利に貢献したいと思います」と意気込んだ。 日本代表として、公式戦を戦ったことについては「代表のユニフォームを着て試合をするのは久々なので、自分自身、絶対に勝たなければいけないという思いはありましたし、点数を決めて勝利に導くという気持ちで臨んで、チームの勝利に貢献できて良かったです」とコメント。強い意志を持って試合に臨んでいたと語った。 2021.10.26 20:07 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋とC大阪のルヴァンカップ決勝、前夜祭の模様がライブ配信!

Jリーグは26日、JリーグYBCルヴァンカップ決勝に先駆けた前夜祭の模様をライブ配信すると発表した。 国内3大タイトルのひとつであるルヴァンカップ。今季の決勝は30日に埼玉スタジアム2002で行われ、初優勝に迫る名古屋グランパスと2017年以来の載冠を目指すセレッソ大阪というカードで争われる。 そんなタイトルマッチの前日となる29日に予定の前夜祭だが、Jリーグ公式YouTubeチャンネルにて、19時からライブ配信が決定。20時まで配信され、両チームの選手代表もリモート出演予定だという。 また、決勝アンバサダーを務める元日本代表DF内田篤人氏や、元日本代表FWの播戸竜二氏のほか、Jリーグの公式YouTubeチャンネルにも出演するお笑い芸人の「見取り図」もゲストで登場するようだ。 なお、ルヴァンカップ配信コンテンツとしてヤマザキビスケット株式会社の飯島茂彰代表取締役社長と、村井満チェアマンによる特別対談企画もJリーグ公式YouTubeチャンネルで28日に公開予定だ。 2021.10.26 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

3位争いは死闘の末に痛み分け、名古屋が2点先行もイニエスタのPKなどで神戸が追い付く!【明治安田J1第33節】

明治安田生命J1リーグ第33節、名古屋グランパスvsヴィッセル神戸が24日に豊田スタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。 熾烈な3位争いを演じる両チーム。リーグ戦の中断期間中もYBCルヴァンカップ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦った5位名古屋(勝ち点57)は、ガブリエル・シャビエルを公式戦4試合ぶりに先発で起用し、マテウスをベンチスタートに。一方の3位神戸(勝ち点60)は、前節のアビスパ福岡戦で値千金の決勝点を挙げたドウグラスが9試合ぶりにスタメンを飾った。 序盤から攻勢をかけたのはホームチーム。木本のミドルや稲垣のフィニッシュなどで畳みかけると、勢いのままに先制点を挙げる。6分、自陣の右サイドからスタートした攻撃は、シャビエルを経由して逆サイドへ大きく展開。左のスペースを相馬が独走してグラウンダーで折り返すと、フリーの前田が難なく流し込み、ネットを揺らした。 早くもビハインドとなった神戸は、イニエスタから浮き球を佐々木大樹がわずかに触ってコースを変えたが、9月の月間MVPにも輝いたGKランゲラックが立ちはだかる。すると、直後の14分にはポーランド代表ストライカーが魅せた。 名古屋は中盤でボールをカットしてすぐさま最前線に送ると、受けたシュヴィルツォクが長い距離を持ち運ぶ。キックフェイントでスライディングに来た菊地をかわし、ペナルティアーク内から左足を振り抜くと、シュートはトーマス・フェルマーレンの股を抜けて右隅に決まった。 名古屋のカウンターに手を焼く神戸は22分、イニエスタがペナルティアーク左脇からのFKを直接狙い、さらにはドウグラスのポストプレーからフェルマーレンが左足のミドル。しかし、これもGKランゲラックに阻まれた。 名古屋も38分に再びショートカウンターからチャンスを作ると、パス2本でフィニッシュまで至る。最後はボックス右からシャビエルが左足を狙ったが、GK飯倉がストップ。互いにゴール前でのシーンが多い前半となった。 追い掛ける神戸は後半からボージャンを投入して流れをつかむと、54分にはそのボージャンが抜け出して一対一を迎える。2分後には初瀬のクロスからドウグラスが、さらにはCKの流れから菊地がヘディングで狙うが、いずれもGKランゲラックに阻まれてしまう。 猛攻が実ったのは59分。左CKを得ると、初瀬は一番遠いサイドへ緩やかなクロスを送る。フェルマーレンが吉田に競り勝ち頭で折り返すと、武藤がプッシュして1点を返す。64分にはイニエスタのクロスから武藤がフリーでドンピシャのヘディングシュートを放つ。だが、GKランゲラックに左手で弾かれ、ボールは右ポストに嫌われた。 名古屋は金崎、森下の投入後にシステムを変え、金崎と柿谷を2トップに据えた[3-5-2]へとシフト。72分には吉田のクロスに柿谷が合わせるも、至近距離からのシュートはGK飯倉に阻まれ、こぼれ球を狙った稲垣のフィニッシュも枠を外れた。 神戸は76分、武藤が吉田のスライディングを受けてボックス内で転倒する。オンフィールドレビューの結果、PKのジャッジが下されると、これをイニエスタがきっちりと沈め、81分に神戸が試合を振り出しに戻した。 追い付いた神戸だったが、87分にアクシデントに見舞われる。スプリントの際にボージャンが右のもも裏を痛めて井上との交代を余儀なくされてしまう。その井上は90分に右足ミドルで果敢にゴールを狙った。 アディショナルタイム7分が示されるなか、名古屋は右クロスからマテウスが狙ったが、酒井にブロックされる。以降は互いにゴールを奪えず、3位争いはドローでタイムアップ。勝ち点1を分け合った。 名古屋グランパス 2-2 ヴィッセル神戸 【名古屋】 前田直輝(前6) シュヴィルツォク(前14) 【神戸】 武藤嘉紀(後14) アンドレス・イニエスタ(後36) 2021.10.24 17:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:名古屋vs神戸】勝ち点差「3」、熾烈な3位を争う“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2021年10月24日(日) 15:00キックオフ 名古屋グランパス(5位/57pt) vs ヴィッセル神戸(3位/60pt) [豊田スタジアム] ◆失意の敗退をバネに【名古屋グランパス】 前節は中断前の3日、サンフレッチェ広島とのアウェイでーむで1-0と敗戦。3位を争う中での痛恨の黒星となった。 その後、中断期間はYBCルヴァンカップでFC東京と2試合を戦い決勝進出を決めた一方で、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では浦項スティーラース(韓国)に敗れてベスト8敗退。過密日程の中で4つの大会を戦っていたが、1つ減ることとなった。 苦しい日程をこなす中、浦項相手には全く良さを出せないまま敗れる事態に。チームとして悔しい思いを味わったが、今のままでは来シーズンは出場すらできないこととなる。 悔しさを晴らすためにも、3位争いでは負けるわけにはいかず、“シックスポインター”となるこのゲームは落とせない一戦となる。 韓国遠征後の試合となり、選手たちは隔離された状態で試合に挑むことに。来週には天皇杯、そしてルヴァンカップ決勝があり、負担がかかる状況だが、この状況を乗り越えてこそ、アジアの戦いへの挑戦権を得られるもの。守備面で安定感を見せ、神戸の強力アタッカー陣を封じたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊 MF:稲垣祥、木本恭生 FW:前田直輝、柿谷曜一朗、マテウス FW:シュヴィルツォク 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆3度目の正直なるか【ヴィッセル神戸】 前節はホームにアビスパ福岡を迎えて1-0の勝利。3位争いでリードすることに成功した。 今夏補強した日本代表FW大迫勇也がケガによりしばらく離脱することが確定。そんな中、前節は土壇場にドウグラスが決勝ゴールを決めるなど、全てのメンバーが結果を出すために尽力している。 この先は残留争い中の3チームとの連戦が続いており、決死の覚悟で挑んでくる相手に苦戦をする可能性も考えられる。3位争いでリードを保つためにも、この一戦での勝利は重要度が高い。 数人の離脱者もいる中で、チームとしてしっかりと戦えることができるかどうか。今季の名古屋戦は2試合を戦っているが、1-0で連敗中。ゴールを奪えていない相手に、どう攻略して行くのかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:飯倉大樹 DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮 MF: 郷家友太、セルジ・サンペール、佐々木大樹 MF:アンドレス・イニエスタ FW:武藤嘉紀、ボージャン・クルキッチ 監督:三浦淳寛 2021.10.24 11:10 Sun
twitterfacebook
thumb

3位争い中の名古屋、MF阿部浩之、MF米本拓司が手術…阿部は1カ月前に手術を実施

名古屋グランパスは23日、MF阿部浩之、MF米本拓司の負傷状況を発表した。 クラブの発表によると、阿部は右変形性膝関節症と診断されており、およそ1カ月前の9月28日に手術を実施。治療期間は、手術日から約4~8週間とされている。 また、米本は右ヒザ内側半月板損傷と診断。20日に手術を行い、全治は手術日より約4~8週間とのことだ。 阿部は今シーズンの明治安田生命J1リーグで8試合、米本は28試合に出場していた。 2021.10.23 22:58 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly