ブレーメン退団のモイサンデル、マルメに加入

2021.07.02 07:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スウェーデンのマルメは1日、ブレーメンを退団していた元フィンランド代表DFニクラス・モイサンデル(35)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月までの1年間となっている。

ズヴォレやAZ、アヤックスとオランダのクラブを経て、2016年夏にサンプドリアからブレーメンに加入したモイサンデルは在籍5年間で公式戦142試合に出場。2019-2020シーズンからはキャプテンを務めていたが、2020-21シーズンにクラブは41年ぶりに2部へ降格し、契約満了をもって退団していた。



関連ニュース
thumb

1部復帰のブレーメンが降格ビーレフェルトの主力CBピーペルを獲得!

ブレーメンは18日、アルミニア・ビーレフェルトからドイツ人DFアモス・ピーペル(24)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。 ドルトムントの下部組織出身のピーペルは、ドルトムントⅡでのプレーを経て2019年にビーレフェルトに完全移籍。加入2年目となった2019-20シーズンにセンターバックの主力に定着し、ブンデスリーガ昇格に貢献を果たすと、以降は2シーズンに渡って1部リーグでも主力としてプレー。 今シーズンのブンデスリーガでは27試合に出場し、チームが17位での降格の憂き目に遭った中でも個人としてはハイパフォーマンスを披露していた。 U-24ドイツ代表として昨年に行われた東京オリンピックにも出場していた192cmの長身DFは、地対空の対人戦の強さに加え、足元の技術にも優れており、今季限りでビーレフェルトとの契約が終了を迎える中で多くの国内クラブの関心を集めていた。 そういった中、1年でのブンデスリーガ復帰を決めたブレーメンを新天地に選択した。 2022.05.18 22:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレーメン指揮官、最終節での1部昇格決定に安堵「今日の選手たちは素晴らしい仕事をした」

ブレーメンのオーレ・ヴェルナー監督が、1部復帰を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)で2位につけるブレーメン。熾烈な昇格争いをしている中、最終節の勝利で1部への復帰が決まる試合となった。 ヤーン・レーゲンスブルクをホームに迎えた試合は、10分にニクラス・フュルクルクがネットを揺らして先制。その後、なかなか追加点は奪えたなかったが、51分にマービン・ドゥクシュが追加点。2-0で勝利を収めた。 首位のシャルケも勝利を収めたため、逆転での優勝は果たせなかったが、2位をキープ。1年での1部復帰を果たした。 試合後、ヴェルナー監督はは選手たちのパフォーマンスを称え、しっかりと結果を残したことを喜んだ。 「序盤から試合を自分たちのものにしていた。自分たちのプレーの方法を見つけ、それを実行した」 「もちろん、最終的には3-0で試合を終わらせたかったのだが、それ以外は今日の選手たちは素晴らしい仕事をした」 「彼らはプレッシャーによく耐え、最大限の敬意を払うに値する」 <span class="paragraph-title">【動画】ブレーメンが1年での1部昇格を決める!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="FNsJwSDsZTw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.16 15:10 Mon
twitterfacebook
thumb

「大変な1年だった」1年で1部復帰のブレーメン、クラブ幹部は感謝「スタジアムや街中にいるファンのおかげ」

1年での1部復帰を果たしたブレーメンのチームマネージャーを務めるクレメンス・フリッツ氏が、昇格を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)で2位につけるブレーメン。熾烈な昇格争いをしている中、最終節の勝利で1部への復帰が決まる試合となった。 ヤーン・レーゲンスブルクをホームに迎えた試合は、10分にニクラス・フュルクルクがネットを揺らして先制。その後、なかなか追加点は奪えたなかったが、51分にマービン・ドゥクシュが追加点。2-0で勝利を収めた。 首位のシャルケも勝利を収めたため、逆転での優勝は果たせなかったが、2位をキープ。1年での1部復帰を果たした。 試合後、フリッツ氏はサポーターの後押しに感謝。しっかりと、チームがパフォーマンスを見せてくれたことが昇格に繋がったとした。 「試合全体がエモーショナルだった。そしてまた、その前に街で何が起こっていたのか。ヴェーザー・シュタディオンでは、すでに多くのことを経験してきたつもりだったが、今日もまたファンのみんなが信じられないほどの後押しをしてくれた」 「ここ数日でもうわかっていたことだ。勝ち点がわずかに足りなかったが、今日のチームのパフォーマンスと、スタジアムや街中にいるファンのおかげで、昇格を勝ち取ることができた」 「本当に大変な1年だった。2部でこれからどう戦うのか、誰も分からない状態だった。チームには大きな賛辞を送らなければいけない」 <span class="paragraph-title">【動画】ブレーメンが1年での1部昇格を決める!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="FNsJwSDsZTw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.16 13:10 Mon
twitterfacebook
thumb

シャルケに続き、ブレーメンも1年で1部復帰!5連勝のハンブルガーSVはプレーオフへ《2.ブンデスリーガ》

15日に2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)最終節の9試合が行われた。 引き分け以上で昇格の決まる2位ブレーメン(勝ち点60)は、ホームでヤーン・レーゲンスブルクと対戦。試合は立ち上がりの10分にドゥクシュの落としをボックス左手前で受けたフュルクルクがミドルシュートを突き刺し、ブレーメンが先制。 1点のリードで試合を折り返したブレーメンは、後半開始早々の51分にもドゥクシュがゴールネットを揺らし、2-0で勝利。この結果、2位以内をキープしたブレーメンが1年での1部復帰を決めた。 また、リーグ戦4連勝で3位に浮上したハンブルガーSV(勝ち点57)は、アウェイでハンザ・ロストックに3-2で勝利。ハンブルガーSVと同勝ち点で並ぶ4位ダルム・シュタットもホーム最終戦でパダーボルンに勝利したが、得失点差でハンブルガーSVが3位を死守し、昇格プレーオフ出場権を獲得した。 なお、ブンデスリーガで16位に終わったヘルタ・ベルリンとの入れ替え戦は、1stレグが19日にヘルタの本拠地ベルリン・オリンピアシュタディオンで、2ndレグは23日にハンブルガーSVの本拠地フォルクスパルク・シュタディオンで行われる。 2022.05.16 06:01 Mon
twitterfacebook
thumb

板倉滉フル出場もシャルケ首位陥落…ブレーメンが4発快勝で首位浮上《2.ブンデスリーガ》

23日、2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)第31節のシャルケvsブレーメンが行われ、1-4でブレーメンが勝利した。 首位に立つシャルケと2位のブレーメンの直接対決。ブンデスリーガへの自動昇格をかけた戦いとなったが、両者の勝ち点差は「2」となっており、結果次第では順位が入れ替わる状況だった。 シャルケの日本代表DF板倉滉はこの試合もボランチの一角で先発フル出場した。 互いに勝利が欲しい一戦。しかし主導権を握ったのはアウェイのブレーメンだった。 まずは9分、ボックス手前からのミドルシュートをGKがファンブル。こぼれ球をイリア・グルエフが詰めて、ブレーメンが早々に先制する。 先手を奪ったブレーメンは26分にも追加点。右サイドを崩すと、横パスを受けたミッチェル・ヴァイザーがダイレクトでクロス。これを、ボックス内でニクラス・フュルクルクがダイビングヘッド。ブレーメンが2点リードで試合を折り返す。 このまま敗れると2位に転落してしまうシャルケだったが、ギアが上がらない。2点ビハインドで迎えた後半も、51分にはフュルクルクが右サイドからグラウンダーのクロスを入れると、ボックス中央でマーヴィン・ドゥクシュがトラップしシュート。板倉が前にいたが、ブロックできずに失点を喫する。 さらに直後の53分には、右サイドからのクロスをボックス手前で受けたドゥクシュが右足ミドル。ブロックに入った板倉に当たってディフレクトしたボールがGKの逆をついてしまい4点目を奪われる。 首位チームとして成す術なく失点を重ねたシャルケ。88分にシモン・テローデが一矢報いるが時すでに遅し。1-4で敗れ2位に転落し、ブレーメンが首位に浮上した。 シャルケ 1-4 ブレーメン 【シャルケ】 シモン・テローデ(88分) 【ブレーメン】 イリア・グルエフ(9分) ニクラス・フュルクルク(26分) マーヴィン・ドゥクシュ(51分、53分) <span class="paragraph-title">【動画】板倉滉がフル出場のシャルケ、首位攻防でブレーメンに大敗</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="wed6ODElKO8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.04.23 23:58 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly