ウルグアイ代表DFマルティン・カセレスがフィオレンティーナを退団…新天地はカリアリorトリノ?

2021.07.01 21:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナは1日、ウルグアイ代表DFマルティン・カセレス(34)の退団を発表した。

バルセロナやユベントス、セビージャにラツィオと多くのクラブを渡り歩いたカセレス。2019年夏に前所属のラツィオからフリーでフィオレンティーナへ移籍し、キャリア通算10クラブ目となった。

イタリアでは4クラブ目のフィオレンティーナでは、加入初年度からスタメンを勝ち取ると、昨季はセリエA29試合に出場し、2ゴール1アシストを記録した。
クラブは同日に元フランス代表FWフランク・リベリの退団も発表しており、公式ツイッターではリベリ同様に「Grazie」とシンプルな言葉で送り出している。

また、34歳の新天地としては、カリアリとトリノが候補に挙がっているが、同選手の代理人はコパ・アメリカ終了後に去就を決めるとコメントしている。

そのコパ・アメリカでは、カセレスはグループA第2節と最終節に途中出場。チームはグループステージを2位で通過し、3日に行われる準々決勝でコロンビアと対戦する。

関連ニュース
thumb

フィオレンティーナ、移籍騒動後に鼻骨骨折のアムラバトがメンバー入り! 5日にボローニャ戦

フィオレンティーナのモロッコ代表MFソフィアン・アムラバトがメンバー入りした。 今冬にバルセロナ移籍で騒がれたが、残留で落ち着いたアムラバト。その移籍騒動を経て、1日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のトリノ戦に74分から出場したが、シュートブロック時に自身の顔面に相手の足が入り、翌日の検査で鼻骨の骨折が発覚した。 状態が心配されたが、『フットボール・イタリア』によると、4日のトレーニングから特注の保護マスクを着用して復帰。同日には翌5日にホームで行われるセリエA第21節のボローニャ戦に向けたメンバーが発表され、アムラバトも入った。 先発かどうかはわからないが、メンバー入りということはプレーできる状態のようだ。 2023.02.05 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナに痛手か…残留決断のアムラバトが鼻を骨折

フィオレンティーナは2日、モロッコ代表MFソフィアン・アムラバトが鼻を骨折したことを報告した。 同選手が負傷したのは1日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のトリノ戦。74分から出場したアムラバトは、82分にFWサナブリアのシュートブロックに入った際に誤って顔面を蹴られてしまった。 その後、試合終了までプレー続けたアムラバトだったが、試合翌日の検査で鼻骨骨折が確認されたようだが、全治などは明らかにされていない。 なお、クラブは今後2日間はフェイスガード作成のため、アムラバトがチームと別メニューをこなすとだけ明かしている。 2023.02.03 07:01 Fri
twitterfacebook
thumb

元ラツィオのマウロ・サラテがセリエBのコゼンツァに加入! 6年ぶりのイタリアでキャリア15クラブ目に

アルゼンチン人FWマウロ・サラテ(35)が、セリエBのコゼンツァへ移籍した。 2004年のキャリアスタートから、ラツィオやインテル、ウェストハムなど14クラブも渡り歩いてきたサラテ。キャリア初期にプレーしたカタールのアル・サッドや、2017年に加入したUAEのアル・ナスルなど中東にも進出する渡り鳥のようなキャリアを積んできた。 近年はプロデビューしたクラブでもあるベレス・サルスフィエルドやボカ・ジュニアーズ、ブラジルのアメリカ・ミネイロやジュベントゥージなど南米でプレー。直近では昨年5月に母国のアトレティコ・プラテンセに加入し、スーペルリーガ20試合で3ゴールを記録した。 そんなサラテが15クラブ目として選んだのはコゼンツァ。現在はセリエBで最下位に位置しており、6シーズンぶりのセリエC降格の窮地に立つ。35歳にとって6年ぶりのイタリアだが、セリエAで通算148試合32ゴール24アシストの記録を持つストライカーは救世主となれるだろうか。 2023.02.02 15:10 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ移籍破談のアムラバト、チームメイトへ謝罪しフィオレンティーナに合流

フィオレンティーナのモロッコ代表MFソフィアン・アムラバト(26)はチームメイトに詫びたようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)では全7試合に出場し、中盤で大きな存在感を放ったアムラバト。アフリカ勢初となるベスト4進出を果たしたチームの原動力となる活躍で、移籍市場でも人気を博すプレーヤーの一人となった。 フィオレンティーナは今冬のアムラバト退団を否定していたもの、バルセロナはマーケット閉幕直前で買い取りオプション付きレンタルのオファーを打診。アムラバト本人も自身のSNSで「今すぐだ。未来は誰にも約束されてない」と移籍希望とも取れる投稿を行ったが、最終的にフィオレンティーナ側が拒否し破談に終わっていた。 去就に関する複雑な状況の中、チームを離脱していたアムラバトは、1日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のトリノ戦でもメンバー外になるとされていたが、直前でベンチ入りが決定。後半半ばから投入され、周囲の予想に反してホームのサポーターの前でプレーした。 ヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督は2-1で勝利した試合後、アムラバトが仲間たちに謝罪を行い、チームに合流したことを明かした。 「彼は冷静ではなかったが、チームメイトに謝罪した。今は6月まで自らのすべてをチームに捧げなければならないことを彼は知っている」 「彼はトッププレーヤーだ。アムラバトはギリギリの状況だったので、トレーニングから外れていた。しかし、すべてが終わった」 2023.02.02 13:47 Thu
twitterfacebook
thumb

クレモネーゼがナポリに続きローマ撃破でベスト4進出! トリノ撃破のフィオレンティーナと準決勝で激突《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝、ローマvsクレモネーゼが1日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-2で勝利したクレモネーゼが準決勝進出を決めた。 ラウンド16でセリエBのジェノアを破ったローマは、セリエA未勝利で最下位も、前ラウンドでナポリに大金星を挙げたクレモネーゼとベスト4進出を懸けて激突した。 直近のセリエAでナポリとのデルビー・デル・ソーレに惜敗したモウリーニョのチームは、新年初黒星からバウンスバックを図る一戦へ先発6人を変更。スモーリングやディバラ、エイブラハム、ザレフスキらが温存され、クンブラやベロッティ、タヒロビッチといった控え選手がスタメンに入った。 立ち上がりから主導権を握ったローマは、序盤の13分にクリスタンテの斜めのフィードに反応したタヒロビッチに決定機。ゴール左でボレーシュートを狙うが、これはややコースが甘くトップチーム初ゴールとはならず。 以降はチャンスこそないものの、危なげなくゲームをコントロールしていたホームチームだったが、痛恨のミスから先制を許す。26分、ハイラインの最後尾でボールのコントロールを誤ったクンブラがデサースにボールを奪われてそのままボックス内に持ち込まれる。GKルイ・パトリシオは我慢してボールへのアタックを試みたが、わずかに接触してしまいPK献上。これをデサースにゴール左上隅に突き刺された。 一発勝負のカップ戦では許されないイージーミスでビハインドを追ったチームは、すぐさま反撃に出ていく。しかし、主力と控え選手の呼吸がいまひとつ合わず、アタッキングサードに入る前の場面でのミスが続出。ハーフタイム直前には畳みかける攻めを仕掛けたが、前半の内に追いつくことはできなかった。 これを受け、モウリーニョ監督はハーフタイムに4枚替えを敢行。失点に絡んだクンブラや1枚カードをもらっていたマンチーニらを下げて、ディバラとザレフスキ、スモーリング、マティッチと主力を投入。この交代で[4-2-3-1]の攻撃的な布陣にシフトした。 だが、立ち上がりの49分には再びミスから失点を喫する。オケレケの抜け出しに対応したDFイバニェスが足を滑らせて突破を許すと、ボックス右でピッケルがグラウンダーで入れた際どいクロスに大外で対応したDFチェリクの足に当たったボールがゴールネットに吸い込まれた。 これで苦しくなったローマは57分にタヒロビッチを下げて切り札のエイブラハムを投入。早くも5枚のカードを使い切って前がかる。 ここから決死の猛攻を見せるホームチームはペッレグリーニの豪快なジャンピングボレーや、セットプレーで存在感放つスモーリングらのシュートでゴールに迫るが、相手GKの好守などに阻まれてゴールが遠い。 後半半ばから終盤にかけても相手の粘り強い守備を崩し切れないローマは、前半からの微妙な判定にフラストレーションを募らせるベンチのスタッフ陣が続けてカードをもらうなど、流れが悪い。 その後、試合終了間際の94分にはエイブラハムのお膳立てからベロッティの見事なシュートで1点を返したが、短い残り時間で同点に追いつくことはできず。 この結果、ナポリに続きローマ撃破のクレモネーゼがベスト4進出の快挙を達成。一方、ホームで屈辱敗戦のローマは公式戦連敗となった。 また、同日行われた準々決勝のフィオレンティーナvsトリノは、2-1で勝利したフィオレンティーナが準決勝進出を決めた。 前半から主導権を握ったホームチームは、ゴールレスで折り返した後半半ばの64分にセットプレーの二次攻撃からテルジッチの正確な左クロスをゴール前のヨビッチが頭で合わせて先制に成功。 その後、1点差が維持されたまま試合終盤に突入すると、相手守備の拙いロングボール処理からイコネが鋭い左足のシュートを突き刺し、追加点を奪取。その後、トリノがカラモーのゴールで一矢報いたが、フィオレンティーナがそのまま逃げ切った。 2023.02.02 07:38 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly