【ユーロ2020/グループA総括】イタリアがホームの利を生かして首位通過

2021.06.24 19:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユーロ2020のグループステージが6月23日に終了した。イタリアが本命とは見られていたグループAだが、戦前の予想を上回る好内容での3連勝で見事な首位通過を決めた。そして2位にはウェールズが滑り込み、3位スイスは成績上位4チームに入って16強入り。トルコは3連敗と力を出しきれなかった。

■順位表■
1.イタリア(勝ち点9)
2.ウェールズ(勝ち点4)※得失点1
3.スイス(勝ち点4)※得失点-1
4.トルコ(勝ち点0)

■試合結果■
▽第1節
トルコ 0-3 イタリア
ウェールズ 1-1 スイス

▽第2節
トルコ 0-2 ウェールズ
イタリア 3-0 スイス

▽第3節
スイス 3-1 トルコ
イタリア 1-0 ウェールズ

◆ホームの地の利を生かす~イタリア~
Getty Images

地元ローマで3試合を戦えたことが、イタリアにとっては思いのほか大きなアドバンテージになった。国家斉唱時から観衆と一体感を生み出したアッズーリはその勢いを試合に持ち込み、好パフォーマンスを発揮。3年前のワールドカップ出場を逃した鬱憤を晴らし、FWインモービレやFWインシーニェら中堅、MFロカテッリやMFバレッラら若手選手たちが躍動した。マンチーニ監督の下、しっかりとまとまったイタリアが3連勝で盤石の首位通過を決めている。

◆ベイルのリーダーシップ~ウェールズ~
Getty Images

前回大会ベスト4のウェールズが2大会連続ベスト16進出を決めた。とりわけ目立ったのはFWベイルのリーダーシップだ。クラブチームではどこか上の空といった感じのベイルだが、ことウェールズ代表での試合となると別人になるようだ。今大会ではチームメートを鼓舞する姿が頻繁に見られ、プレー面でもチャンスメークからフィニッシュワークまで幅広くこなし、正にチームを牽引する働きを見せた。MFラムジー、MFジョー・アレンら同世代の選手たちとの最後のビッグトーナメントになる可能性がある中、ノックアウトラウンドでも母国のために全身全霊をかけて戦う。

◆頼みはやっぱりシャキリ~スイス~
Getty Images

ペトコビッチ体制で熟成しきっているスイス。今大会は良い意味でも悪い意味でも驚きがなかった。近い将来のエース候補筆頭であるFWエンボロの活躍は嬉しいところだったが、主力が固定化された中、チームに勢いをもたらす若手の台頭が欲しかった。そんな中でもやはり、国際大会で別人となるMFシャキリが今大会も活躍。最終節トルコ戦で2ゴールを挙げる活躍を見せ、スイスをベスト16に導いている。

◆期待外れの3連敗~トルコ~
Getty Images

四つ巴になる可能性も十分と予想していたグループだっただけにトルコの3連敗は意外だった。守備陣にビッグクラブ所属のタレントがいることから大崩れすることはないと思っていたが、経験不足からか、力を発揮しきれなかった。予選10試合で3失点の堅守は吹き飛び、計8失点。名将ギュネシュ監督の下で挑んだトルコだったが、2大会連続でのグループステージ敗退となってしまった。



関連ニュース
thumb

これがバロテッリ流! ゴールを決めたチームメイトをハイキックで祝福「この男は本当にクレイジー」

トルコのアダナ・デミルスポルに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの行動が、またしても大きな話題を振り撒いている。 今シーズンからスュペル・リグに昇格したアダナ・デミルスポルへと加入したバロテッリ。トルコでも傍若無人ぶりを発揮しており、8月の試合では途中交代に不満を持ったのか、ベンチに戻った後にすね当てを投げ付け、となりの選手へ八つ当たりのパンチを見舞った。 9月21日のベシクタシュ戦ではゴールを決めた際、過去に「脳がない」と指摘された相手指揮官、セルゲン・ヤルチン監督に対して自分の頭を指差して挑発するようなジェスチャーを見せ、8年越しの復讐などと話題をさらっていた。 そんな中、21日に行われたガラタサライ戦では、ゴールを決めたチームメイトに対して手荒な祝福。MFユヌス・アクギュンにぬるぬると近づいていくと、左ハイキックを側頭部にお見舞いして見せた。 バロテッリ流の祝福方法にはファンも驚きだ。「この男は本当にクレイジー」、「アダナスタイル」、「ペナルティだと思います」など、賛否が分かれることとなった。 バロテッリ自身はここまでリーグ戦17試合に出場し、6ゴールを記録。この日は得点を奪えなかったものの、MFユヌス・アクギュンの2ゴールでチームは2-0で勝利を収めた。今後もゴール後のバロテッリから目が離せない。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴールを決めたチームメイトにハイキックを見舞うバロテッリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> Mario Balotelli, Yunus Akgün&#39;ü tebrik ediyor! <a href="https://twitter.com/hashtag/Seviyoruz%C4%B0%C5%9Fte?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Seviyoruzİşte</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ADSvGS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ADSvGS</a> <a href="https://t.co/LMDIqhX5KP">pic.twitter.com/LMDIqhX5KP</a></p>&mdash; beIN SPORTS Türkiye (@beINSPORTS_TR) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_TR/status/1473357714713718788?ref_src=twsrc%5Etfw">December 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.22 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

UEFAネーションズリーグ2022-23の組み合わせが決定! ユーロ王者イタリアはドイツ、イングランド、ハンガリーと対戦

欧州サッカー連盟(UEFA)は16日、2022年6月にスタートするUEFAネーションズリーグ2022-23のグループリーグ分け抽選会を行った。 2022年11月に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)の影響で、例年より早い6月~9月に開催されるUEFAネイションズリーグ。既に、レギュレーションや出場する55カ国のリーグ分けが発表されており、今回はリーグ内でのグループ分けが決められた。 最上位のリーグAでは、前回王者フランスがデンマークやクロアチア、オーストリアと同じグループ1に入り、グループ2には初代王者のポルトガル、スペイン、スイス、チェコが同居。 また、グループ3に入ったユーロ2020王者イタリアは、ユーロ準優勝のイングランドやドイツ、ハンガリーと同居。FIFAランク首位のベルギーは、オランダ、ポーランド、ウェールズと同じグループ4に入った。 試合は2022年6月から9月の間にホーム&アウェイで試合が6試合が開催される。また、リーグB、C、Dの各グループ首位チームは1つ上のリーグに昇格。リーグA、B、Cのグループ最下位は1つ下のリーグに降格。 リーグCについてはリーグDから昇格するチームが2チームのため、リーグC最下位4チームによるホーム&アウェイの降格プレーオフを行ない降格2チームを決定する。各リーグ内のグループ分けは以下のとおり。 【リーグA】 ◆グループ1 フランス、デンマーク、クロアチア、オーストリア ◆グループ2 スペイン、ポルトガル、スイス、チェコ ◆グループ3 イタリア、ドイツ、イングランド、ハンガリー ◆グループ4 ベルギー、オランダ、ポーランド、ウェールズ 【リーグB】 ◆グループ1 ウクライナ、スコットランド、アイルランド、アルメニア ◆グループ2 アイスランド、ロシア、イスラエル、アルバニア ◆グループ3 ボスニア・ヘルツェゴビナ、フィンランド、ルーマニア、モンテネグロ ◆グループ4 スウェーデン、ノルウェー、セルビア、スロベニア 【リーグC】 ◆グループ1 トルコ、ルクセンブルク、リトアニア、フェロー諸島 ◆グループ2 北アイルランド、ギリシャ、コソボ、キプロスorエストニア ◆グループ3 スロバキア、ベラルーシ、アゼルバイジャン、カザフスタンorモルドバ ◆グループ4 ブルガリア、北マケドニア、ジョージア、ジブラルタル 【リーグD】 ◆グループ1 リヒテンシュタインカザフスタンorモルドバ、アンドラ、ラトビア、リヒテンシュタイン ◆グループ2 マルタ、キプロスorエストニア、サンマリノ ※2020-21シーズンでリーグCの最下位となったカザフスタン、モルドバ、キプロス、エストニアについては2022年3月に行われる降格プレーアウトでリーグC残留かリーグD降格かが決定する。 2021.12.17 02:52 Fri
twitterfacebook
thumb

ヤシン・トロフィーにユーロ優勝の伊代表守護神ドンナルンマ! 「大きな誇り」と喜びの心境

バロンドールを主催する『フランス・フットボール』が29日に授賞式をパリで執り行い、パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマがヤシン・トロフィーを受賞した。 元ソビエト連邦代表でGKとして唯一バロンドールを受賞したレフ・ヤシン氏の名を冠して2019年から新設されたヤシン・トロフィー。2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となったが、GK版のバロンドールとも評される同賞にイタリアの若き守護神ドンナルンマが輝いた。 ブラジル代表GKアリソン(リバプール)に続く受賞者となるドンナルンマは昨季、8年ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したミランで公式戦48試合に出場して、15回のクリーンシートを記録。イタリア代表でも今夏のユーロ2020で優勝に貢献し、個人も大会最優秀選手に輝いた。 チェルシーのCL優勝に貢献したセネガル代表GKエドゥアール・メンディや、アトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラク、マンチェスター・シティのブラジル代表GKエデルソンらを抑えて、栄冠に輝いたドンナルンマは受賞後、SNSを通じて喜びの心境を語っている。 「ヤシン・トロフィーの受賞は大きな誇りだ。カステッランマーレ・ディ・スタービアで生まれ、ミランに行き、そして今やパリにいる。すごく長い道のりで、たくさんの変化もあった。人生は旅のようなものだ」 「そのなかで、いくつかの大きな夢をすでに叶えることができた。僕はラッキーな男だと思っている。この賞もそう思えるその1つだ。でも、ほかにもまだ追い求めたいことがたくさんある」 2021.11.30 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「まずはトルコ」イタリアとPOで同居もポルトガル代表指揮官は目の前の試合を見据える

ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの組み合わせにコメントした。FIFAが伝えた。 欧州予選は11月の戦いをもって全ての日程が終了。W杯出場を決めた国がある一方で、プレーオフで残りの枠を争わなければいけない国も出てきた。 そんな中、26日に抽選が行われ、ユーロ2016を制したポルトガル代表が、ユーロ2020を制したイタリア代表とグループCで同居するという異例の事態となった。 今回プレーオフに進出する12カ国の中でFIFAランキングで上位の2カ国のどちらかしかW杯には出られないという状況となったわけだが、サントス監督はこの結果について言及。まずは初戦のトルコ代表戦が大事だと強調した。 「イタリアについて考えるに値しない。トルコに勝つことに集中することが大切だ。決勝に進んだ場合、どうやって勝つかを考え始める」 「もちろん、決勝はホームで行われるが、まずはトルコに勝たなければいけない。ホームでの試合は有利だ」 「観客が応援してくれることも重要だが、移動に時間をかけずに済むという点でもメリットがある」 2021.11.27 18:07 Sat
twitterfacebook
thumb

「良いドローではない」まさかのポルトガルと同居…イタリア代表指揮官が心境語る

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの組み合わせにコメントした。イタリアサッカー連盟(FIGC)が伝えた。 欧州予選は11月の戦いをもって全ての日程が終了。W杯出場を決めた国がある一方で、プレーオフで残りの枠を争わなければいけない国も出てきた。 そんな中、26日に抽選が行われ、ユーロ2020を制したイタリア代表と、ユーロ2016を制したポルトガル代表がグループCで同居するという異例の事態となった。 今回プレーオフに進出する12カ国の中でFIFAランキングで上位の2カ国のどちらかしかW杯には出られないという状況に。まさかの抽選結果に、マンチーニ監督がコメント。「避けたかった」と明言した。 「良いドローではない。もう少し、良いものがあったかもしれない」 「我々もポルトガルも、北マケドニアとトルコに勝たなければいけないが、固い試合になり困難はつきものだ」 「我々がポルトガルを避けたかったように、彼らもイタリアを避けたかったはずだ」 「W杯に行けるか? 我々は常に自信を持っており、ポジティブだ。最も重要なことは、全ての選手を使えるようにすることだ」 2021.11.27 09:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly