相手エースを封じ込めて白星発進のスロバキア指揮官「とてもハッピー」

2021.06.15 14:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
スロバキア代表のシュテファン・タルコビッチ監督がポーランド代表戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えている。

14日にポーランドとのユーロ2020グループE第1節を迎えたスロバキア。相手に主導権を握られながらも、守備では集中を切らさず、好機をうかがい、18分に先制に成功する。MFロベルト・マクのシュートはポストに嫌われたが、跳ね返りが相手GKに当たってゴールに吸い込まれた。

後半開始早々に同点とされるも、62分には相手の退場によって数的優位に。動揺するポーランドを尻目に、スロバキアは69分にセットプレーからDFミラン・シュクリニアルが勝ち越しゴールをゲット。これが決勝点となり、スロバキアが白星スタートを切った。

タルコビッチ監督は試合を振り返り、「ポーランドの攻撃とレヴァンドフスキを無力化できた」と胸を張った。具体的に選手の名前を挙げて称賛し、チームとしても狙い通りの戦い方ができたとご満悦の様子だ。

「(リュボミール・)シャトカと(ペテル・)ペカリークがキーだった。チーム全体として非常にいいプレーをしたし、レヴァンドフスキのような試合を決定づける重要な選手に対しても、我々は彼らの攻撃を止める準備ができていた」

指揮官はスロバキアのような小国がポーランドのように注目されているチームを倒したことを「とてもハッピー」だとし、続けて総括と次戦以降に向けての意気込みを語った。

「前半はとても良かった。後半はポーランドに素晴らしい選手がいることを知らされた。不意を突かれたのは残念だが、その後はゲームに戻ることができ、セットプレーで決勝点を決めた」

「すべてを変えることができるゲームが2つ残っている。我々は今、(決勝トーナメント進出への)岐路に向け、多少のプレッシャーを感じるだろう。勝利は大きな意味がある。しかし、初戦に勝ったからといって、すでに突破が決まったというわけではない」

「さあ、お楽しみの時間だ。まずはスウェーデン、次にスペインについて考えるとしよう」

関連ニュース
thumb

掻き出すつもりがゴールの中へ…スロバキア守護神の信じられないミス「バレーボールのスパイク」

ユーロ2020グループE最終節、スロバキア代表vsスペイン代表が23日にセビージャで行われた。 グループ2位のスロバキアと3位のスペインによる決勝トーナメント進出をかけた戦いは、開始9分にいきなりスペインがPKを獲得する。しかし、FWアルバロ・モラタのキックをスロバキアGKマルティン・ドゥブラフカが止め、先制を許さない。 チームを救ったドゥブラフカだったが、30分によもやのミスを犯す。相手FWパブロ・サラビアのバー直撃のミドルシュートが真上に上がり、ドゥブラフカはパンチングでCKに逃れようとする。しかし、誤って自陣ゴールに入れてしまった。 まさかの形のオウンゴールにはイギリス『SPORTBIBLE』が「ショッキングなオウンゴール。ユーロ2020最大の惨事」と伝えたほか、『デイリー・レコード』も「バレーボールのスパイクのようなオウンゴール」だと厳しく伝えた。 この先制点で勢いを失ったスロバキアはその後もゴールを重ねられ、0-5で敗北。スペインに逆転され、決勝トーナメント進出は叶わなかった。 なお、データサイト『Opta』によると今大会のオウンゴールはこれで早くも「7」に。これは直近の5大会のオウンゴール数を足した数字と同じになっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ドゥブラフカが自陣ゴールに入れてしまう…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Dubravka with an absolute farce of an own goal <a href="https://twitter.com/hashtag/ESP?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ESP</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/SVK?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SVK</a> <a href="https://t.co/hcBuyktcBR">pic.twitter.com/hcBuyktcBR</a></p>&mdash; Chris Chambers (@CapitalChambo) <a href="https://twitter.com/CapitalChambo/status/1407738143156150277?ref_src=twsrc%5Etfw">June 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.24 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

スロバキアに5発圧勝のスペインが2位通過、ラウンド16ではクロアチアと対戦《ユーロ2020》

ユーロ2020グループE最終節、スロバキア代表vsスペイン代表が23日にセビージャで行われ、0-5でスペインが圧勝した。 5日前に行われたスウェーデン代表戦を1-0と勝利して2位に浮上したスロバキアは、引き分けで決勝トーナメント進出となる中、シュクリニアルやハムシクらがスタメンとなった。 一方、4日前に行われたポーランド代表戦を1-1の引き分けに持ち込まれた3位スペインは、勝利すれば突破となる中、コロナ陽性で合流が遅れていたブスケッツの他、アスピリクエタやエリック・ガルシアらが今大会初スタメンなった。 立ち上がりから押し込んだスペインは9分にPKを獲得する。ボックス内のコケがホロマダに蹴られ、VARの末にPKとなった。しかし、キッカーのモラタはシュートをGKドゥブラフカに止められ、先制のチャンスを生かせない。 それでも攻勢をかけ続けたスペインが30分に押し切る。サラビアのバー直撃のミドルシュートをGKドゥブラフカがパンチングでCKに逃れようとするも、誤って自陣ゴールに入れてしまった。 幸運な形で先制したスペインがハーフタイムにかけても押し込むと、追加タイム3分にCKの流れから追加点。ジェラール・モレノがボックス右ゴールライン際から折り返し、ラポルテがヘッドでねじ込んだ。 ラポルテの代表初ゴールでスペインが2点をリードして迎えた後半、56分に3点目。ジョルディ・アルバの左クロスをサラビアがダイレクトで合わせた。 さらに67分、直前に投入されていたフェラン・トーレスが4点目を決める。ショートコーナーのサインプレーからボックス右深くまで切れ込んだサラビアのクロスをフェラン・トーレスがヒールで流し込んだ。 止まらないスペインは72分、CKの流れからオウンゴールで5点目。そのまま5-0で圧勝とし、逆転での2位通過を決めた。 2位通過となったスペインはラウンド16ではクロアチアと対戦することが決まっている。 2021.06.24 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

イサク躍動のスウェーデンがスロバキアの堅守こじ開け初勝利! フォルスベリPK弾が決勝点に《ユーロ2020》

ユーロ2020グループE第2節、スウェーデン代表vsスロバキア代表が18日にサンクトペテルブルク・スタジアムで行われ、スウェーデンが1-0で勝利した。 グループ最強と目されるスペイン代表との初戦を守護神オルセンを中心とする堅守によって0-0で終えたスウェーデン。グループ初勝利を目指す第2戦では初戦と同じスタメンを採用し、スペイン戦で存在感を放ったイサクがベリと2トップを組んだ。 一方、ポーランド代表との初戦では相手の退場もあり、下馬評を覆す2-1の勝利でグループ首位に立つスロバキア。そのポーランド戦からは先発2人を変更し、ホロマダとハラスリンに代えてフロショフスキー、コスツェルニークを起用した。 スロバキアが初戦と同様に相手を引き込む戦い方を選択したことで、スウェーデンはスペイン戦とは打って変わって自分たちがボールを握る展開となる。 マイボール時は左肩上がりの戦いを見せるスウェーデンはフォルスベリを起点に、アウグスティンションが高い位置で攻撃に絡み幾度かクロスを入れるが、DFシュクリニアルを中心とする相手の堅守に撥ね返される。 以降はスウェーデンが圧倒的にボールを握って押し込むが、ボールを“持たされる”感が強く堅固なブロックで待ち構えるスロバキアに対して、セットプレー以外でゴールの匂いを感じさせる攻めを見せられず。一方、守備は機能するスロバキアもハムシクとドゥダの前線2枚になかなか良い形でボールが入らず、カウンターまで持ち込めず。 その後もクローズな状況が続く中、前半終了間際の43分にはペナルティアーク付近でフリーとなったハムシクに良い形でシュートシーンが訪れるが、これは枠を捉えることができず。 試合は膠着状態のまま0-0で後半に突入。後半はより勝ち点3がほしいスウェーデンが攻勢を強めると、60分付近に続けて決定機を創出。 まずは59分、右サイド深くに抜け出したセバスティアン・ラーションのクロスをファーから内に絞ったアウグスティンションがドンピシャのタイミングでヘディングシュート。だが、これはGKドゥブラフカが逆を突かれながら左手一本で枠外にはじき出すビッグセーブ。さらに、このプレーで得た右CKの場面でイサクの頭での折り返しをダニエルソンが頭で合わせるが、今度はわずかに枠を外れた。 ようやく流れを引き寄せかけるスウェーデンは64分、オルソン、ベリを下げてクラーソン、クアイソンとアタッカーを同時投入。対するスロバキアはペカリークを下げてハラスリンを右のウイングに配置し、コスツェルニークを右サイドバックに下げた。 徐々に試合がオープンな展開を見せ始めた中、スペイン戦に続きイサクが躍動。71分には中央での仕掛けからDF2枚を翻弄し、一度はサイドに押し出されてスピードダウンさせられるが、そこから馬力のある仕掛けでボックス付近まで持ち込んでゴール左下隅を狙ったシュート。これはGKドゥブラフカの好守に遭うが、直後にイサクのチャレンジが待望の先制点をもたらす。 77分、ボックス手前のイサクのワンタッチパスに反応したクアイソンがGKドゥブラフカからアフターチャージを受けてPKを獲得。これをキッカーのフォルスベリが冷静にゴール右隅へ突き刺した。 待望の先制点を挙げたスウェーデンは選手交代で後ろを安定させつつ、イサクを起点としたカウンターで追加点を狙う。 一方、最低でも勝ち点1がほしいスロバキアはストライカータイプのジュリシュを投入するなど、より攻撃的な布陣で同点ゴールを目指す。試合最終盤にはスロバキアが決死のパワープレーで相手を押し込むが、スペインをシャットアウトしたスウェーデンの堅守をこじ開けるまでには至らず。 この結果、2戦連続クリーンシートで今大会初白星を挙げたスウェーデンが勝ち点4で暫定首位に浮上した。 なお、スウェーデンは23日にポーランド戦、スロバキアはスペインとの運命の最終節に挑む。 スウェーデン 1-0 スロバキア 【#スウェーデン】 フォルスベリ(後32[PK]) 2021.06.19 00:07 Sat
twitterfacebook
thumb

初戦落として傷心…ポーランド指揮官「がっかり、がっかりだよ」

ポーランド代表のパウロ・ソウザ監督がスロバキア代表戦を振り返った。ポーランド『TVP SPORT』が伝えている。 14日にスロバキアとのユーロ2020グループE第1節を迎えたポーランド。主導権を握りながらも、アタッキングサードでのプレー精度を欠いて効果的にフィニッシュまで持ち込めずにいると、18分に先制点を献上してしまう。 後半開始早々にMFカロル・リネティが同点としてなおも責め立てたが、62分にMFグジェゴシュ・クリホヴィアクが2枚目の警告を受けて退場処分に。10人となったポーランドは69分に勝ち越しを許し、重要な初戦を落とすことになった。 エースを封じ込められて初戦を落とした指揮官は相当残念がっている様子。攻守においてより積極的な姿勢を見せないといけないと、改善点を口にした。とはいえ、以降の対戦相手も踏まえてか、今後にはやや悲観的な様子ものぞかせた。 「この結果には傷心だ。我々はもっとうまくプレーすることができるし、ある時点ではできていた。そのような状況では、確実に勝利する必要があった。前半はロベルト・レヴァンドフスキがゲームに関わらせてもらえなかったので、ハーフタイムに戦術を変更した。我々は1週間、この日のために取り組んできたが、うまくいかなかった」 「相手にもっとプレッシャーをかけ、もっとシュートを打たなければならない。ペナルティエリアに入れさせないよう、より良い守備をすべきだ。2失点目は非常に残念。相手をよく分析したが効果がなかった。がっかり、がっかりだよ。(グループステージ)突破のチャンスは少なくなったが、我々の未来を見るのは難しいね」 2021.06.15 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

不発レヴァンドフスキ、数的不利での戦い方を悔やむ 「最低限の引き分けも…」

ポーランド代表のFWロベルト・レヴァンドフスキがスロバキア代表戦を振り返った。ポーランド『TVP SPORT』が伝えている。 14日にスロバキアとのユーロ2020グループE第1節を迎えたポーランド。主導権を握りながらも、アタッキングサードでのプレー精度を欠いて効果的にフィニッシュまで持ち込めずにいると、18分に先制点を献上してしまう。 後半開始早々にMFカロル・リネティが同点としてなおも責め立てたが、62分にMFグジェゴシュ・クリホヴィアクが2枚目の警告を受けて退場処分に。10人となったポーランドは69分に勝ち越しを許し、初戦を落とすことになった。 決定的な仕事をさせてもらえなかったポーランドのエースは試合を振り返り、相手ゴール前での精度が欠けていたと述べた。また、1人少なくなってからの戦い方も、やりようがあったと考えているようだ。 「試合はもっとうまくやれたはず。最初の1分から僕らはボールを握る機会が多く、ゲームをコントロールできていた。残念ながら失点してしまって、追いかける展開になったけれど、後半すぐに点を取って追いつき、すべてが順調に進んでいるようだった」 「ラストパスやゴールへは近づいたけれど、何度もそれを逃してしまい、それからレッドカードをもらって、想定外の戦いをしなければならなくなった。2失点目は自分たちのミスからだった。あのような状況で僕らは十分な対応ができなかったが、もっと何かができたはず。最低限の引き分けもあった中で、ゲームを落としてしまったのは残念だ」 また、故障など影響でベストな布陣が組めなかったことについては「それもサッカー」と言い訳にはせず。これからの試合に向けての巻き返しを誓った。 「最近トレーニングマッチでもケガが多かった。僕らや監督が望んだような万全なチーム状態ではなかったけれど、それもサッカーだ。多くの代表チームは同じような問題を抱えているから、間違いなくそれを理由にはできない。僕らは責任を持ち、何をしたか、何を逃したかを見るべきだと思う」 「もちろん、あと2試合ある。理論的に最も弱い相手に最初の試合で負けたので、簡単ではなく難しい立場であるけれど、次の試合では見違えるように、あらゆる努力をするつもりだ。スペインやスウェーデンのレベルがとても高いことはわかっているけれど、改善して良いものを見せられたらと思っている」 2021.06.15 12:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly