ビーレフェルトが主将クロスとの契約を2022年まで延長! 来季で11年目のシーズンに

2021.06.12 14:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルミニア・ビーレフェルトは11日、ドイツ人FWファビアン・クロス(33)との契約を1年延長したことを発表した。新たな契約期間は2022年6月30日までとなる。

クロスは2011年夏に当時ドイツ3部リーグに属したビーレフェルトに加入。チームが2部昇格や3部再降格を経験しながら、2019-20シーズンのブンデスリーガ2部で21ゴールを挙げて得点王に輝き、チームの11年ぶりとなる1部昇格に貢献した。

今季もキャプテンとして残留を争うチームの支柱となり、センターFWとして前線のターゲット役としても奮起。得点こそ「5」にとどまったものの、空中戦の勝利数は2位のDFマッツ・フンメルス(ドルトムント)に70回以上の差をつける最多「242」を記録するなど、重要な役割を担った。

来シーズンで11年目を迎えるクロスは公式サイトで契約延長と来季への意気込みについて次のようにコメントしている。

「アルミニアでの次のシーズンを楽しみにしている。ブンデスリーガで、このクラブでもう1年間プレーできることを嬉しく思い、特にファンの前で再びプレーする機会が与えられたことを誇りに思う」

関連ニュース
thumb

奥川フル出場のビーレフェルト、ゴールレスドローで未勝利続く《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは18日、ブンデスリーガ第5節でホッフェンハイムをホームに迎え、0-0で引き分けた。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場している。 前節ボルシアMG戦で今季初ゴールを決めた奥川。しかしチームは敗れ、3分け1敗と未勝利となっている中、[4-4-2]の右MFで奥川が先発となった。 1勝1分け2敗のホッフェンハイムに対しビーレフェルトは10分、ボックス左からハックの放ったシュートが右ポストに直撃した。 さらに13分、ビーレフェルトに再びチャンス。だが、クロスに決定機が訪れるも、GKとの一対一を決めきれない。 その後は膠着状態が続いた中、前半終盤の39分、クロスのヘッドが枠を捉えたが、GKの守備範囲だった。 ゴールレスで迎えた後半、一進一退の攻防で推移する中、ビーレフェルトは57分にピンチ。クラマリッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKオルテガがセーブした。 ひやりとしたビーレフェルトは69分、クロスの落としに反応した奥川がボックス中央に進入してシュートに持ち込むも僅かに枠を捉えきれず。 終盤にかけては互いに決め手を欠いてゴールレス決着。ビーレフェルトの未勝利が続く結果となった。 2021.09.19 01:03 Sun
twitterfacebook
thumb

奥川が今季初ゴールもビーレフェルトが今季初黒星…《ブンデスリーガ》

奥川雅也の所属するビーレフェルトは12日、ブンデスリーガ第4節でボルシアMGと対戦し1-3で敗戦した。奥川は77分までプレー、47分に今季初ゴールを記録している。 開幕から3試合連続ドロー中のビーレフェルトが、2連敗中のボルシアMGのホームに乗り込んだ一戦。奥川は4試合連続のスタメン出場となった。 積極的な入りを見せたビーレフェルトは3分、奥川のパスをボックス左横で受けたハックがダイレクトクロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだヴィマーがジャンピングボレーで合わせたが、シュートは枠を捉え切れない。 一進一退の時間が続く中、ボルシアMGがゴールネットを揺らす。20分、最終ラインにプレスをかけたJ・ホフマンがインターセプトからショートカウンターを仕掛けると、J・ホフマンのラストパスからプレアがゴールネットを揺らしたが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。 判定に助けられたビーレフェルトだったが、35分に失点を許す。バイタルエリア右でボールを受けたシュティンドルがミドルシュートを放つと、ラウルセンにディフレクトしたボールが絶妙なループシュートとなりゴールネットに吸い込まれた。 先制されたビーレフェルトは前半終了間際に決定機を迎える。47分、プリートルの縦パスに反応した奥川がDFの裏に抜け出すと、ボックス内まで持ち上がりシュート。一度目はGKゾマーに弾かれたが、跳ね返りを再び奥川が冷静にゴールに流し込んだ。ゴール直後はオフサイドと判定されたものの、VARの末にゴールが認められ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、ボルシアMGはJ・ホフマンを下げてヴォルフを投入。すると51分、敵陣左サイドでパスを受けたプレアがノイハウスとのワンツーでボックス左手前まで切り込みシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れた。 対するビーレフェルトは、61分にハックのミドルシュートの跳ね返りからシェプフがダイレクトシュート。62分には左CKからヴィマーがゴールに迫ったが、ともにシュートはGKゾマーの好守に防がれた。 膠着状態が続く中、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。69分、ザカリアのパスをボックス右横で受けたヘアマンがダイレクトクロスを上げるとボックス内のシュティンドルがヘディングシュートをゴール左に突き刺した。 勝ち越しに成功したボルシアMGは、直後の72分にもシュティンドルのパスで右サイドを抜け出したヘアマンの折り返しを中央で受けたザカリアがトラップでボックス内に侵入し、すべり込みながらシュート。これがゴール左に吸い込まれた。 2点差となったビーレフェルトは、77分に奥川とクロスを下げてクルーガーとセッラを投入したが、最後までGKゾマーの牙城を崩すことが出来ず。試合はそのまま1-3でタイムアップ。ビーレフェルトの今季初勝利はお預けに、ボルシアMGはホームで待望の今季初勝利となった。 2021.09.13 04:31 Mon
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルト、マインツからE・フェルナンデスをレンタル

アルミニア・ビーレフェルトは8月31日、マインツからスイス代表MFエジミウソン・フェルナンデス(25)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「22」に決定した。 190cmの大型セントラルMFのフェルナンデスは、2016年8月にシオンからウェストハムに移籍。その後、フィオレンティーナへの武者修行を経て、2019年夏にマインツに完全移籍で加入した。 マインツでは昨シーズン、新型コロナウイルス感染やケガの影響で公式戦15試合の出場に留まっていた。 なお、2016年11月にデビューしたスイス代表ではこれまで22試合に出場している。 2021.09.01 01:40 Wed
twitterfacebook
thumb

奥川ビーレフェルトと鎌田フランクフルトの日本人対決はドロー決着《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第3節、ビーレフェルトvsフランクフルトが28日に行われ、1-1で引き分けた。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場し、フランクフルトのMF鎌田大地は73分までプレー、MF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 2戦連続ドロースタートのビーレフェルトは開幕から2試合連続トップ下で先発の奥川が引き続きスタメンとなった。 一方、鎌田と長谷部がベンチスタートとなった前節、アウグスブルクにゴールレスドローに終わったフランクフルトは、鎌田がスタメンに戻り、長谷部は引き続きベンチスタートとなった。 奥川が中盤ダイヤモンド型[4-4-2]の右MFで、鎌田が[4-2-3-1]のトップ下でスタートした一戦。 フランクフルトが押し込む展開で立ち上がっていくと21分に先制した。鎌田のパスをボックス右で受けたドゥルムがマイナスに折り返し、最後はハウゲがダイレクトで押し込んだ。 先制後もフランクフルトがボールを握った中、1点をリードして迎えた後半、次に決定機を生み出したのはビーレフェルト。66分、奥川のパスをボックス左で受けたハックが左ポスト直撃のシュートを浴びせた。 73分に鎌田がピッチを後にした中、76分にビーレフェルトに同点のチャンス。しかし、奥川のシュートはゴールライン前のDFにカットされた。 さらに79分、ルーズボールをハックがボレーに持ち込んだが、ここもゴールライン前のヒンテレッガーにカットされてしまう。 それでも86分、ビーレフェルトが追いつく。クロスの落としたボールを、ボックス手前のヴィマーがミドルシュートでゴール左に突き刺した。 8分の追加タイムが与えられた中、互いに勝ち越しゴールを奪うには至らず1-1でタイムアップ。勝ち点1を分け合った。 2021.08.29 00:36 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第3節プレビュー】奥川vs鎌田&長谷部、ヴォルフスvsライプツィヒ

前節はバイエルンとライプツィヒが初勝利を手にした一方、ドルトムントが早くも初黒星を喫した。迎える第3節、奥川ビーレフェルトvs鎌田と長谷部フランクフルトによる日本人対決、ヴォルフスブルクvsライプツィヒの昨季上位対決が開催される。 まずは土曜開催の日本人対決から。開幕から2試合連続トップ下で先発の奥川。前節は退場者を出した中、引き分けに持ち込み、チームは2戦連続ドローとなっている。前節は好機を生み出せなかった奥川だが、格上フランクフルト相手に見せ場を作れるか。 一方、鎌田と長谷部がベンチスタートとなった前節、フランクフルトはアウグスブルクにゴールレスドローに終わった。公式戦連敗を脱した形となったフランクフルトだが、内容を考慮すればアウグスブルクに勝ち切りたかったところ。鎌田と長谷部が先発に復帰できるかも注目だ。 続いて日曜開催のヴォルフスブルクvsライプツィヒ。昨季4位のヴォルフスブルクは接戦を制して2連勝スタート。前節はFWエンメチャの終盤弾で競り勝って見せた。ファン・ボメル新監督の下、好調なスタートを切った中、ライプツィヒとの昨季上位対決を制すことができるか。 対するライプツィヒは前節、シュツットガルトに4-0と圧勝。内容面でもライプツィヒらしいアップテンポなサッカーで魅了して見せた。とりわけ、昨季後半に加入したMFショボスライの活躍が凄まじく、ブンデス初ゴール含む2点を挙げた。ヴォルフスブルク戦でもハンガリー代表MFから繰り出される強烈、且つ正確なキックに注目だ。 ケルンとの打ち合いを制して初勝利としたバイエルンは、ヘルタ・ベルリンとのホーム戦に臨む。ケルン戦ではFWニャブリの2ゴールでケルンに競り勝ったバイエルン。新戦力DFウペメカノがまだチームにフィットしきれていない様子だが、2連敗スタートと苦しいヘルタ相手に守備を修正できるか。 続いて金曜登場のドルトムント。前節ドルトムントはFWグリフォのスーパーFK弾に沈んで1-2と敗戦。格下相手に早くも黒星が付いてしまったが、ホッフェンハイムとのホーム戦で勝利を取り戻せるか。 MF原口が2試合連続スタメンのウニオン・ベルリンは、ボルシアMGとのホーム戦に臨む。インサイドMFの位置で攻守にハードワークができている原口だが、格上のボルシアMG相手にも奮闘できるか。2試合連続ベンチ外のMF遠藤渓太はまず、ベンチ入りすることが先決となる。 続いてMF遠藤航のシュツットガルト。前節ライプツィヒ戦では惨敗に終わったシュツットガルトだが、フライブルクとのホーム戦は勝利が欲しいところ。ライプツィヒとの実力差を見せ付けられた中、遠藤航の舵取りにも期待だ。 最後にFW浅野ボーフム。浅野は前節、途中出場でチームの勝利の瞬間をピッチ上で迎えた。守備を献身的に行って勝利に貢献した中、ケルンとのアウェイ戦で連勝を目指す。 ◆ブンデスリーガ第3節 ▽8/27(金) 《27:30》 ドルトムントvsホッフェンハイム ▽8/28(土) 《22:30》 ビーレフェルトvsフランクフルト アウグスブルクvsレバークーゼン マインツvsグロイター・フュルト シュツットガルトvsフライブルク ケルンvsボーフム 《25:30》 バイエルンvsヘルタ・ベルリン ▽8/29(日) 《22:30》 ウニオン・ベルリンvsボルシアMG 《24:30》 ヴォルフスブルクvsライプツィヒ 2021.08.27 18:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly