元ウルグアイ代表FWアブレウが44歳で現役引退…移籍回数、在籍クラブ数の世界記録保持者

2021.06.12 08:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
移籍回数、在籍クラブ数の世界記録を保持する元ウルグアイ代表FWセバスティアン・アブレウ(44)が、ついに現役引退を決断した。フランス『レキップ』が伝えている。プロキャリア27年間で31クラブでプレーした稀有なキャリアを歩んできたアブレウは、11日に行われたリベルプールとスド・アメリカの一戦を最後に現役を退くことを明かした。

この発表を受けて、スド・アメリカはクラブ公式『ツイッター』を通じて、「今週の金曜日、“エル・ロコ”ことセバスティアン・アブレウはプロフットボールから引退する。我々はこの素晴らしい物語を締めくくるため彼に同行できることを誇りに思う。ウルグアイ・フットボール界を代表して、彼に心から感謝を伝えたい」と、アブレウへの感謝を伝えた。

なお、アブレウは現役引退後、すでに在籍クラブで担ってきた指導者としてのキャリアを歩んでいくとのことだ。

“エル・ロコ(変人)”の愛称で知られるアブレウは、2017年にサンタ・テクラ(エルサルバドル)から、ブラジル3部のバングに完全移籍。その際、移籍回数の世界記録(28回)を樹立した。

1995年に母国のデフェンソールでプロキャリアをスタートしたアブレウは、1996年にサン・ロレンソ(アルゼンチン)へキャリア初の移籍を行う。その後、22年間のキャリアで9カ国、23クラブを渡り歩いた。

この世界記録樹立後はさらに8クラブ、8度の移籍を経験し、直近は31クラブ目となる母国のスド・アメリカに在籍していた。

これだけ多くのクラブを渡り歩いていると、その能力に疑いが出てくるが、193cmの長身ストライカーは、2002年の日韓ワールドカップに出場するなど、ウルグアイ代表として通算70試合に出場し、26ゴールという立派な数字を残し、2011年のコパ・アメリカでは、優勝に貢献している。アブレウのクラブ遍歴は以下の通り。

◆アブレウのクラブ遍歴(※はレンタル移籍)

1995-96:デフェンソール(ウルグアイ)
1996-98:サン・ロレンソ(アルゼンチン)
1998-2004:デポルティボ(スペイン)
1998:グレミオ(ブラジル)※
1999-2000:テコス(メキシコ)※

2000-01:サン・ロレンソ(アルゼンチン)※
2001:ナシオナル(ウルグアイ)※
2002-03:クルス・アスル(メキシコ)※
2003:クラブ・アメリカ(メキシコ)※
2004:テコス(メキシコ)※

2004-05:ナシオナル(ウルグアイ)
2005-06:シナロラ(メキシコ)
2006:モンテレイ(メキシコ)
2007:サン・ルイス(メキシコ)
2007-08:ティグレス(メキシコ)

2008:リーベル・プレート(アルゼンチン)※
2008:ベイタル・エルサレム(イスラエル)
2008-09:リーベル・プレート(アルゼンチン)
2009:レアル・ソシエダ(アルゼンチン)※
2009-10:アリス・テッサロニキ(ギリシャ)

2010-12:ボタフォゴ(ブラジル)
2012:フィゲイレンセ(ブラジル)※
2013-15:ナシオナル(ウルグアイ)
2013-14:ロサリオ・セントラル(アルゼンチン)※
2015:アウカス(エクアドル)※

2016:ソル・デ・アメリカ(パラグアイ)
2016:サンタ・テクラ(エルサルバドル)
2017:バング(ブラジル)
2017:セントラル・エスパニョール(ウルグアイ)
2017:プエルト・モント(チリ)

2018:アウダクス・イタリアーノ(チリ)
2018:マガジャーネス(チリ)
2019:リオ・ブランコ(ブラジル)
2019-20:ボストン・リーベル(ウルグアイ)
2021:アスレティック・クラブ(ブラジル)

2021:スド・アメリカ(ウルグアイ)
関連ニュース
thumb

グラナダがペルー代表CBアブラムを獲得!

グラナダは7月31日、アルゼンチンのベレス・サルスフィエルドからペルー代表DFルイス・アブラム(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 母国のスポルティング・クリスタルでキャリアをスタートしたアブラムは、2018年にベレスに完全移籍。ここまで公式戦92試合に出場していた。 181cmのセンターバックは安定した対人対応に加え、左足のフィードの精度も上々で、ペルー代表ではここまで28試合に出場。コパ・アメリカ2021ではグループステージ2試合に出場していた。 なお、イタリアにルーツを持つアブラムは非EU枠ではなく通常の登録が可能だ。 2021.08.01 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

セルタ、降格ウエスカからリーグ屈指の攻撃的SBハビ・ガランを獲得!

セルタは7月31日、ウエスカからスペイン人DFハビ・ガラン(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 ガランはバダホス、コルドバを経て2019年1月にウエスカへ完全移籍で加入。すぐさま左サイドバックのレギュラーに定着も、チームはセグンダA(スペイン2部)に降格した。 それでも、翌シーズンに日本代表FW岡崎慎司らと共にセグンダ優勝を果たし、1年でのプリメーラ復帰を果たすと、昨シーズンのプリメーラではチームは再び降格の憂き目に遭ったものの、個人としては37試合1ゴール2アシストの数字を残した。 そして、左サイドバック、ウイングバックを主戦場に突破力と高精度のクロスが高い評価を集めるリーグ屈指の攻撃的サイドバックは、昨シーズンの後半戦で躍進を遂げたセルタへのステップアップを勝ち取った。 2021.08.01 13:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ニースがU-24仏代表DFバールの獲得を正式発表

ニースは7月31日、リヨンからU-24フランス代表DFメルヴァン・バール(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。 U-24フランス代表として東京オリンピックに参加していたバールはチームのグループステージ敗退に伴い、フランスに帰国。30日にメディカルチェックをパスし、今回の正式契約に至った。 リヨンの下部組織出身のバールは173cmの小柄な左サイドバック。2019年12月に行われたリーグ・アンのニーム戦でトップチームデビューを飾った俊英は、高精度の左足に加え、積極的なドリブル突破やインナーラップでアタッキングサードでの崩しに絡むモダンな攻撃的サイドバックだ。 昨シーズンは公式戦18試合に出場するなど、リヨンのトップチームで活躍の兆しを見せていたが、新天地は今夏積極補強を行っているニースとなった。 2021.08.01 13:25 Sun
twitterfacebook
thumb

フェイエノールト退団のアドフォカート、イラク代表監督に就任! 7カ国目の代表指揮

イラクサッカー協会は7月31日、オランダ人指導者のディック・アドフォカート氏(73)を新監督に招へいしたと発表した。 今年9月の誕生日で74歳になるアドフォカート氏は過去、PSVやレンジャーズ、ボルシアMG、ゼニト、サンダーランドなどのクラブのほか、オランダや韓国、ベルギー、セルビアなどの各国代表の監督も歴任。2019年10月からフェイエノールトを率い、昨季限りで退任した。 今回のフェイエノールト退団時を含め、これまで何度か引退も口にしたアドフォカート氏だが、先月7月にスロベニア人指導者のスレチコ・カタネッツ氏が退任して監督の座が空席状態だったイラクが新たな活躍先に。アドフォカート氏にとって、7カ国目の代表指揮となる。 イラクは2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のグループCを勝ち点17で2位通過。9月からスタートする最終予選ではグループAに入り、イラン、韓国、UAE、シリア、レバノンと対戦する。 2021.08.01 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランFWコロンボ、SPALにレンタル移籍

セリエBのSPALは7月31日、ミランのU-21イタリア代表FWロレンツォ・コロンボ(19)をレンタルで獲得したことを発表した。期間は1シーズンとなっている。 ミランの下部組織出身であるストライカーのコロンボは、昨年6月にトップチームデビュー。昨季はミランでセリエA4試合、ヨーロッパリーグ3試合に出場。後半戦は出場機会を求めてセリエBのクレモネーゼにレンタル移籍し、13試合の出場で1ゴールを記録していた。 年代別の代表では飛び級でU-21イタリア代表に選出されている。 2021.08.01 08:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly