セルティックがポステコグルー監督の招へいを発表、横浜FMも退任を発表「残念なことに、お別れをする時がきました」

2021.06.10 18:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
セルティックは10日、アンジェ・ポステコグルー監督(55)の監督就任を発表した。契約期間は1年間となる。ポステコグルー監督は、サウス・メルボルンやパナハイキ、ブリスベン・ロアー、メルボルン・ビクトリーで監督を務め、2013年からはオーストラリア代表監督を務めていた。

2018年から横浜F・マリノスの監督に就任。堅守が売りだったチームスタイルから攻撃サッカーにスタイルを転向。1年目は12位に終わったが、2019シーズンは15年ぶりとなる明治安田生命J1リーグで優勝を果たしていた。

2020シーズンはリーグ戦では9位と中位に終わったが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではクラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たすなど一定の結果を残すと、今シーズンはここまで16試合を戦い勝ち点34で3位につけている。

予てから噂されていた中、正式に就任が発表。横浜FMFも退任を発表した。

横浜FMは「監督、クラブ間での協議を重ねた結果、クラブとしてポステコグルー監督の意志を尊重して双方合意のもと、シーズン途中ではありますが横浜F・マリノスの監督を退任し、セルティックFCの監督に就任することが決定いたしました」としている。

またポステコグルー監督に対しては「クラブは、横浜F・マリノスを支え、新たな歴史を築き、多くの功績を残されたことに感謝をするとともに、ポステコグルー監督の新たな挑戦をファミリーとしてサポートしたいと思います。クラブを離れてもポステコグルー監督は、マリノスファミリーの一員であり、F・マリノスの将来を見守ってくださいます」とコメント。暫定的に、F・マリノススポーツクラブ・アカデミーグループダイレクターであり、Jエリートリーグで指揮を執っている松永英機氏が監督を務めるとのことだ。

ポステコグルー監督はクラブを通じてコメントしている。

「マリノスファミリーの皆さんへ」

「皆さんにお知らせすることがあります。残念なことに、お別れをする時がきました。横浜F・マリノスの監督になり3年半が経ちますが、新たな挑戦に踏み出すことを決断しました」

「横浜F・マリノスに関わるすべての人たちに対し、言葉では表すことのできない感謝の気持ちを持っています」

「クラブスタッフ、チームスタッフの皆さん、選手たち、そしてこの国で最も情熱的なファン・サポーターの皆さんから、世界中のどの監督もがうらやむような厚いサポートをいただきました」

「私が監督に就任した際、横浜F・マリノスを日本中で誰もが話題にするようなチームにするというビジョンをお話ししました。成功をもたらすことはもちろんですが、皆さんがクラブを誇りに思えるようなサッカーを実現したいという想いでした」

「多くの困難があり、その道のりは決して簡単なものではありませんでしたが、我々は特別なことを成し遂げられるということを信じ続けました。多くの特別な瞬間がありましたが、2019シーズンのJリーグ制覇を上回るものはありません。あの日産スタジアムでの最終戦は、いつも私の心の中にあり続けます」

「ファン・サポーターの皆さんをワクワクさせることができたことも誇りです。妥協を許さずに常に成長を求め、素晴らしいサッカーを見せることができました。選手が日本代表に選出されたことや、夢を追い求め欧州にチャレンジする選手がいたりと、多くのことを成し遂げてきました」

「コロナ禍で、ファン・サポーターの皆さんの大歓声をスタジアムで聞けなかったことは寂しかったですが、様々な制限がありながらもチームを応援する気持ちは伝わっていました」

「私と私の家族を代表して、チームスタッフ、選手、素晴らしいファン・サポーターの皆さんに感謝をお伝えします。ありがとう」

「私は離れても、マリノスファミリーの一員ですし、皆さんは常に私と私の家族の中にあり続けます」

「Forever F.Marinos ボスより」
関連ニュース
thumb

横浜FM、関東学院大FW村上悠緋を獲得! 2023年加入内定&特別指定認定を発表

横浜F・マリノスは29日、関東学院大学に在学するFW村上悠緋(20)の2023シーズン加入内定ならびにJFA・Jリーグ特別指定選手認定を発表した。 村上は北海道大谷室蘭高校出身のストライカー。昨年の関東大学リーグ2部で得点王となり、ベストイレブンにも輝いた。 2023年の横浜FM入りを受け、クラブを通じて、意気込みを語っている。 「このたび、2023年シーズンより横浜F・マリノスへの加入が内定しました、関東学院大学の村上悠緋です」 「幼い頃からの夢であるプロサッカー選手というキャリアを、この歴史ある素晴らしいクラブでスタートできることに、自分自身大変うれしく思います」 「また、家族、友人、指導者、自分に携わってくれた全ての方々に感謝し、横浜F・マリノスと提携している関東学院大学で培ったことをすべて出して、少しでも恩返しができるように全力でプレーしていきます」 「最後にファン・サポーターの皆様へ。自分の力を精一杯発揮し、横浜F・マリノスの勝利のために全力を尽くします! 応援よろしくお願いします」 2021.07.29 15:25 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMが浦和FW杉本健勇を期限付き移籍で獲得! 海外移籍のオナイウ阿道の代役に期待

横浜F・マリノスは23日、浦和レッズの元日本代表FW杉本健勇(28)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。今季の浦和との公式戦には出場できない。背番号は「41」。 杉本はセレッソ大阪の下部組織出身で、2010年6月にプロ契約を結美、同年7月にトップチーム昇格を果たす。 2011年にトップチームデビューを果たすと、初ゴールはなんと横浜FM戦。2012年には、ロンドン・オリンピックの候補メンバーだったものの、出場機会を確保するために東京ヴェルディへと期限付き移籍。4カ月間という短期契約だったが、18試合に出場し5得点3アシストを記録すると、1チーム3人までという招集制限の結果、MF清武弘嗣、MF山口蛍、MF扇原貴宏と4名の選出となることも回避でき、東京Vの選手としてオリンピック出場を果たした。 その後C大阪に戻るも、2015年には川崎フロンターレへと完全移籍。しかし、1年でC大阪へと復帰すると、2019年に浦和へと完全移籍していた。 浦和では2シーズン半分で明治安田J1通算70試合に出場し6得点と、期待された得点での貢献はあまりできていなかった。また日本代表としても、2017年、2018年に8試合に出場し1得点を記録している。 杉本は両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「このたび、期限付き移籍で加入することとなりました、杉本健勇です。F・マリノスの掲げる目標を達成できるよう、チームに貢献したいと思います。ファン・サポーターの皆さんと、スタジアムでお会いできるのを楽しみにしています」 ◆浦和レッズ 「このたび、横浜F・マリノスに期限付き移籍することとなりました。2年半の期間でなかなか結果を出すことができずに本当に残念でした。この時期に移籍することについて考えましたが、自分の中でチャレンジしたいという気持ちが強かったので、今回この決断をしました。マリノスが掲げる目標に少しでも貢献できるようにがんばってきます」 横浜FMはここまで12得点の日本代表FWオナイウ阿道がリーグ・ドゥ(フランス2部)のトゥールーズへと完全移籍していた。なお、今夏は杉本の他、元日本代表FW宮市亮を獲得している。 2021.07.23 09:10 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF高野遼がJ1昇格目指す磐田へ完全移籍「磐田でも自分らしくプレーしていきたい」

ジュビロ磐田は22日、横浜F・マリノスのDF高野遼(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「39」を付ける。 高野は横浜FMのユース出身で、日本体育大学への進学を経て、2017年に横浜FMへと入団。2015年は湘南ベルマーレ、2016年は横浜FMの特別指定選手でもあった。 2017年途中から1年半はヴァンフォーレ甲府へと期限付き移籍。2019年に横浜FMへと復帰すると、左サイドバックだけでなくウイングなどでも起用された。 横浜FMではJ1で27試合に出場。昨シーズンはAFCチャンピオンズリーグでも4試合に出場していた。なお、今シーズンは明治安田J1で9試合、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で1試合に出場していた。 高野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ジュビロ磐田 「この度、ジュビロ磐田に加入することになりました高野遼です。歴史と伝統あるチームに入れたことを嬉しく思います。J1昇格にむけて自分の力を最大限チームに捧げたいと思います」 ◆横浜F・マリノス 「F・マリノスでは、アカデミー時代を含めるとたくさんの時間を過ごしました。嬉しいことも辛いことも振り返るときりがないですが、F・マリノスの一員として、ここまでプレーできたのはクラブに関わるすべての方々のおかげです」 「個人的にはF・マリノスへもっともっと貢献したかったですが、1人のサッカー選手として、大好きなチームから新たな場所で挑戦することを選びました。磐田でも、自分らしくプレーしていきたいと思っています。今まで本当にありがとうございました」 なお、磐田は横浜FMからDF伊藤槙人も期限付き移籍で獲得していた。 2021.07.22 10:43 Thu
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す山形が横浜FMの高卒ルーキーMF樺山諒乃介を育成型期限付き移籍で獲得「目に見える結果を残せるように」

モンテディオ山形は22日、横浜F・マリノスのMF樺山諒乃介(18)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなる。背番号は「35」となる。なお、今シーズンの横浜FMとの対戦では出場できない。 樺山は大阪府の興国高校から今シーズン入団。開幕戦の川崎フロンターレ戦で、高卒ルーキーとしてはDF松田直樹以来の先発デビューを果たす。 開幕から3試合は出場機会を得たが、その後は出場機会があまり訪れず、ここまで明治安田生命J1リーグで5試合の出場にとどまっていた。 樺山は両クラブを通じてコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形のファン・サポーターの皆さん。横浜F・マリノスから来ました樺山諒乃介です。J1昇格、J2優勝に向けてピッチで目に見える結果を残せるように全力で頑張ります!よろしくお願いします!」 ◆横浜F・マリノス 「今回、モンテディオ山形に育成型期限付き移籍をする事になりました。この半年間、横浜F・マリノスで学んだ事を山形で活かして活躍してきます!寂しい気持ちはありますが、活躍して人としてもサッカー選手としても何倍も大きくなって帰ってきます! 半年間ありがとうございました!行ってきます!」 2021.07.22 10:10 Thu
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す磐田、横浜FMのDF伊藤槙人を期限付きで獲得「小さい頃からの夢でした!」

ジュビロ磐田は21日、横浜F・マリノスからDF伊藤槙人(28)を期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「6」となる。 伊藤は静岡県出身で浜名高校から駒澤大学へと進学。2015年にジェフユナイテッド千葉へ入団するも1年で契約満了。2015年に水戸ホーリーホックへと完全移籍する。 2017年7月に藤枝MYFCに期限付き移籍で加入。2019年夏に横浜FMへと完全移籍で加入した。 横浜FMではJ1で22試合に出場。今シーズンはYBCルヴァンカップで6試合に出場もリーグ戦の出場はなかった。 伊藤はクラブを通じてコメントしている。 ◆ジュビロ磐田 「横浜F・マリノスから来ました伊藤槙人です。小さい頃からこのサックスブルーのユニフォームを着ることが夢でした!このチームはJ1にいなければいけないチームだと思います!J1昇格のために全力で戦います! よろしくお願いします!」 ◆横浜F・マリノス 「このたび、ジュビロ磐田に期限付き移籍することになりました。すごく悩みましたが、試合に出たい思いが強くこの決断をしました。横浜F・マリノスではリーグ優勝、ACL出場と様々な経験をする事ができ、感謝でいっぱいの2年間でした」 「このチームメイト、スタッフ、サポーターに出会えて本当に良かったです!ありがとうございました。 来年、J1に昇格させられるように頑張ってきます!」 2021.07.21 10:28 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly