ベティス、今季主力定着のルイバルと新契約締結!

2021.06.09 22:59 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ベティスは9日、スペイン人FWアイトール・ルイバル(25)と2025年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

2015年にベティスに加入したルイバルは、加入直後リザーブチームのベティスBを主戦場としていたが、2017-18シーズンにトップチームデビュー。その後、カルタヘナ、ラージョ・マハダオンダ、レガネスへの武者修行を経て昨夏に復帰。

今シーズンはマヌエル・ペジェグリーニ新監督の信頼を獲得し、左右のウイングを主戦場にラ・リーガ28試合に出場。2ゴール2アシストの記録を残し、チームの6位フィニッシュに貢献していた。

関連ニュース
thumb

「“利用された”とまでは言わないけど、バルサの振る舞いに傷ついた」、エメルソンがスパーズ電撃移籍の経緯説明

ベティスからバルセロナ、トッテナムと目まぐるしい動きを見せたブラジル代表DFエメルソン・ロイヤル(22)が、今夏の動きを振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 エメルソンは今年の6月2日にベティスから共同保有の形を取っていたバルセロナに買い取られる形で世界屈指の名門へ加入。 そして、新天地のバルセロナでは開幕からリーグ戦3試合に出場したものの、移籍市場の最終日となった8月31日に2500万ユーロ(約32億5000万円)の移籍金でトッテナムへ電撃移籍することになった。 加入時に、同胞ダニエウ・アウベスを目標にバルセロナでの更なる飛躍を誓ったエメルソンは、カタルーニャ残留を希望していたものの、クラブの首脳陣から半ば移籍を強要されたことを明かした。 「バルセロナは僕の残留を望んでいると思っていた」 「日曜日(ヘタフェ戦)の試合に先発した。そして、その翌日には自分の去就に関する山のような情報が出てきたんだ。トッテナムがバルセロナと話をしているとか、もうすぐ移籍が決まるとかね」 「そのとき、僕は何も知らなかった。クラブに呼ばれて練習場に行くと、そのときに彼らが僕の移籍を望んでいることを知ったんだ」 「クラブの幹部の人たちは全員、クラブの財政状況が良くないこと、困難な時期を迎えていること、そしてオファーを受け入れるのが最善であることを伝えてきた」 「僕はバルセロナでプレーすることが夢だったから、残りたいと繰り返し返答したよ。自分がベストの状態であれば、ここで成功できると思っていたからね。だけど、僕も馬鹿ではないから、何があっても移籍してほしいと言われていることに気付いた瞬間があったんだ」 「自分が“利用された”とまでは言わないけど、彼らの振る舞いには正直傷ついたよ。もっと良い方法があるはずだった。加入したとき、彼らは僕を売るつもりがないと確信していたけど、今回の出来事を振り返ると、彼らが僕を呼び戻した時点で、このことを念頭に置いていたのは間違いないよ」 現在のバルセロナの深刻な財政問題は前会長であるジョゼップ・バルトメウ氏ら前首脳陣の放漫経営が原因ということもあり、ジョアン・ラポルタ会長にすべての責任を負わせるのは酷なことだ。 ただ、ベティスから900万ユーロ(約11億7000万円)で買い取ったエメルソンをトッテナムに売却したことで、1600万ユーロの売却益を得て、同選手の安くないサラリーを節約した今回のオペレーションを見ると、前述のコメント通り、転売を考慮しての獲得だったと言わざるを得ない。 その際にエメルソンと腹を割って真実を伝えていれば、同選手から今回のようなコメントが出ることもなかったはずだ。 2021.09.03 22:56 Fri
twitterfacebook
thumb

ベジェリンがベティスにレンタル移籍! 2011年以来の母国帰還に

ベティスは8月31日、アーセナルからスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(26)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ベジェリンは2011年7月にバルセロナからアーセナルのユースチームに加入。その翌年にプロ契約を締結すると。ここまでトップチームで239試合に出場し、3度のFAカップ制覇、2度のコミュニティ・シールド制覇に貢献してきた。 近年はクラブの古参メンバーとしてゲームキャプテンなどを託される一方、ポジションを争うライバルと出場機会を分け合ってきた。 今夏は本人がクラブに退団希望の旨を伝えたと言われており、一時はインテル行きが濃厚と見られたが、最終的に移籍は実現せず。そういった中、移籍市場最終盤にベティスへの買い取りオプションなしのレンタルという形で交渉が急ピッチで進み、今回の公式発表に至った。 2011年以来の母国復帰となるベジェリンは、ベティスでプリメーラデビューを飾ると共に、スペイン代表返り咲きを狙う。 2021.09.01 06:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ベジェリンのベティス移籍が迫る!買取OPなしのレンタルか

スペイン代表DFエクトル・ベジェリン(26)の移籍に関して、ベティスがアーセナルとクラブ間合意に達したようだ。移籍市場に精通するデイビッド・オーンステイン氏が伝えている。 ここ数年は度々移籍の噂が浮上しながらも、クラブが売却を固辞し続け今に至るベジェリン。だが、今夏は本人がクラブに退団希望の旨を伝えたと言われており、ミケル・アルテタ監督も新シーズンは一度しかベンチ入させていない状況だ。 今夏の移籍期限が迫る中、新天地として有力となっているのがベティスだ。上述のように、すでにクラブ間合意に達したと伝えられており、移籍形態は買い取りオプションなしのレンタルになる模様。現在は個人間での交渉にあたっているようで、母国へ発つ前にロンドンでのメディカルチェックも予定されているとのことだ。 2021.08.31 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

珍プレー! レアルMFカゼミロの後方からのタックルもカードなし…倒されたのは主審の珍事

今夏は様々な動きがあり、不安定な中でシーズンをスタートさせたレアル・マドリー。残り3日となった移籍市場でも話題をさらう可能性がある。 クラブのレジェンドでもあったジネディーヌ・ジダン監督が昨シーズン限りで退任。カルロ・アンチェロッティ監督をチームに迎えたが、キャプテンとしてチームを支えてきたスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがパリ・サンジェルマン(PSG)へ、同じくセンターバックの軸だったフランス代表DFラファエル・ヴァランがマンチェスター・ユナイテッドへと移籍した。 バイエルンからオーストリア代表DFダビド・アラバを獲得したものの、それ以外は補強を行っておらず。現在はPSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得が注目の的となっている。 そのマドリーだが、ラ・リーガでは開幕戦こそアラベスに1-4で快勝も、第2節はレバンテ相手に3-3のドローと不安定な立ち上がりに。そして28日に迎えたレアル・ベティス戦では、ダニエル・カルバハルのゴールで0-1となんとか勝利した。 なんとか勝利を収めたベティス戦だったが、思わぬプレーが大きな話題となってしまった。 それは58分に起こったプレー。ベティスがマドリーのボールを奪ったベティスが自陣ボックス付近からカウンターを発動。マルティン・モントーヤが持ち出し、ナビル・フェキルへとパスを出す。 これに反応したカゼミロがターンしてパスをカットしようとスライディングを仕掛けると、これが見事に足にかかり転倒することとなった。 しかし、なんとそれはベティスの選手ではなく、主審のアレハンドロ・ホセ・エルナンデス・エルナンデス氏だったのだ。 カゼミロ見事なスライディングタックルを食らった主審。しかし、両者は笑顔で手を取り合い、何も問題なくプレーは続行。相手選手であれば、下手すれば退場ものだったが、カゼミロは主審に救われた形となった。 <span class="paragraph-title">【動画】カゼミロの見事なタックルで主審が転倒の珍事</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Casemiro takes out the ref <a href="https://t.co/hAZ1W0iIhl">pic.twitter.com/hAZ1W0iIhl</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1431727955797950468?ref_src=twsrc%5Etfw">August 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.29 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

カルバハルのゴラッソで競り勝ったマドリーが白星取り戻して中断期間へ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第3節、ベティスvsレアル・マドリーが28日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、アウェイのマドリーが0-1で勝利した。   パリ・サンジェルマンFWムバッペの獲得報道で注目を集めているマドリーは、難敵ベティスを相手に2戦ぶりの白星を目指した。前節のレバンテ戦ではベイルの復帰後初ゴールに加え、2戦連続途中出場となったヴィニシウスが2戦連発を含むドブレーテの見事な活躍を披露した一方、懸念の最終ラインが3失点を喫して3-3のドローとなった。   負けに等しいドローからのバウンスバックを図るアンチェロッティ率いるチームは、レバンテ戦から先発2人を変更。コンディション不良で招集外となったナチョに替わってミゲル・グティエレスが左サイドバックに入り、アラバがミリトンとセンターバックでコンビを組むことに。また、アザールに替わって好調のヴィニシウスがベンゼマ、ベイルと共にトリデンテに入った。   開始5分にヴィニシウスの突破からボックス中央でこぼれ球に反応したベンゼマが枠の右へわずかに外れる際どいシュート、直後の7分にはセットプレーからミリトンがGKルイ・シウバにセーブを強いるなど、続けて決定機を作り出したマドリー。   レバンテ戦同様に早い時間帯の先制点に期待が集まったものの、直後の11分にFKの名手フェキルに直接FKでゴールを脅かされると、このプレーをキッカケにリズムを掴んだベティスに押し返されてしまう。   前半半ばから終盤にかけてはボールポゼッション、球際の勝負、フィニッシュの数とほぼ互角の状況が続く。何とか序盤のリズムを取り戻したいマドリーはイスコが積極的にボールを触って攻撃の組み立てを図り、38分には枠のわずか左に外れる惜しいミドルシュートも放った。しかし、開幕戦のアラベス戦を彷彿とさせる停滞感漂う前半となった。   迎えた後半、ハーフタイムにイタリア人指揮官から檄が飛んだか、攻撃のギアを一気に上げたマドリー。52分には右サイドのベイルからの完璧な左足クロスをゴール前に飛び込んだベンゼマがドンピシャのヘッドで合わす。だが、これはGKルイ・シウバの圧巻のワンハンドセーブに阻まれた上、オフサイドの判定となった。   相手を完全に押し込んだマドリーだったが、61分には絶体絶命のピンチを迎える。背後を狙ったフアンミの仕掛けに対して、ミリトンとアラバの2センターバックがこかされてDFミゲルがフアンミとルイバルに2対1の数的不利の状況を強いられる。だが、フアンミの横パスをミゲルが何とかカットして事なきを得た。   すると、そこからのカウンターでヴィニシウスがボックス左ライン際で何とかボールを残すと、マイナスのパスを受けたベンゼマが丁寧な浮き球のクロスを供給。これをボックス右のスペースに猛スプリントで飛び込んだカルバハルが身体をうまく倒して抑えの利いた見事な右足のダイレクトボレーシュートをゴール左下隅に流し込んだ。   カルバハルのゴラッソで先制に成功したマドリーは、66分にベイルとイスコを下げてアセンシオとルーカス・バスケスを同時投入。この交代でバスケスが右ウイング、アセンシオが左のインテリオールに入った。   失点以降、ベティスが攻勢を強めたことで、試合はよりオープンな展開に。ベティスがルイバル、カマラサと積極的にシュートを放てば、マドリーもアセンシオが長い距離を持ち上がって際どい左足のシュートで2点目に迫る。   その後、ベティスはボルハ・イグレシアス、ホアキンと切り札を切り、マドリーはヴィニシウスに替えてアザール、足が攣ったミゲルに替えてロドリゴを投入。バスケスを右サイドバック、カルバハルを左サイドバックに配置転換し、逃げ切りを図る。   マドリーが試合を決める2点目を奪い切れない一方、ベティスも崩しの一歩手前でのミスが目立つ流れが続く中、試合は後半アディショナルタイムに突入。すると、97分のベティスのラストプレーではボックス左で仕掛けたテージョが相手守備陣の視線を引き付けて絶妙なマイナスの折り返しを供給。これをファーに走り込んだモントーヤが左足でシュートするが、ややパワーを欠いたシュートはGKクルトワが見事な反応でキャッチした。   そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、難敵ベティスとのアウェイゲームをカルバハルのゴラッソで競り勝ったマドリーが前節のドローを払しょくする今季2勝目を手にした。 2021.08.29 07:02 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly