ラツィオがサッリ氏の新指揮官就任を発表! インテル行きのS・インザーギ後任に

2021.06.10 00:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオは9日、マウリツィオ・サッリ氏(62)の新指揮官招へいを発表した。なお、契約期間は2023年6月30日までの2年となる見込みだ。

今シーズンのセリエAを6位で終えたラツィオは、5月27日にシモーネ・インザーギ監督の電撃退任を発表。そのインザーギ監督は、アントニオ・コンテ監督の後任としてインテルの新監督に就任していた。

インザーギ監督の後任に関してはクラブOBで現ポルト指揮官セルジオ・コンセイソン氏らの名前も挙がっていたが、最終的にはイタリア屈指の戦術家が任命された。

元銀行マンとしても知られるサッリ氏は、イタリア国内の下部リーグで指揮。転機が訪れたのは2012年に監督に就任したエンポリ。チームの改革を行うと、2013-14シーズンはセリエAに昇格。翌年はチームをセリエAに残留させていた。

すると2015-16シーズンにナポリの監督に就任。ナポリでも結果を残すと、2018年7月にチェルシーへ引き抜かれ3年契約を締結。就任1年目はプレミアリーグ3位、さらにヨーロッパリーグで優勝を果たすも、不協和音が目立ち1年で解任。それでも2019年6月にはユベントスと3年契約を結ぶと、就任1年目にセリエAを優勝。しかし、チャンピオンズリーグではラウンド16で敗れたため、翌日に即解任の憂き目に遭っていた。

その後フリーだったサッリ氏だが、再び現場へ復帰。ラツィオで指揮を執ることとなった。

なお、ラツィオはサッリ氏の到着を匂わせて発表。サッリ氏の代名詞でもあるタバコ、ジャージ、そして銀行の画像で示していた。



1 2
関連ニュース
thumb

シャキリが今夏の移籍希望をクラブに通知! 「リバプールはこの夏僕を引き留めない」

リバプールのスイス代表FWジェルダン・シャキリ(29)が今夏のクラブ退団の可能性を認めた。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 2018年夏にストーク・シティから加入したシャキリ。幾つかの試合で貴重な活躍を見せるなどチームへの貢献度は決して低くないものの、在籍3年間で公式戦63試合8ゴール9アシストという数字は、スイス代表で主力を担うプレーヤーにとってはひどく物足りないものと言える。 リバプールとの現行契約は契約延長オプションを含めると、2023年まで残っているが、シャキリは出場機会を求めて今夏に退団する可能性を明言した。 「リバプールのリーダーに対して、新たな挑戦の準備ができていると感じていることを伝えたんだ」 「彼らはその決定を受け入れ、現在は僕を売るための入札を検討している段階だ。リバプールはこの夏に僕のことを引き留めることはないよ」 「自分のキャリアの現時点において重要なことは、定期的にプレーすることなんだ。だけど、過去3シーズンは必ずしもそうとは限らなかった」 「僕はまだ29歳だ。ヨーロッパで最高のリーグのいくつかでプレーした経験はあるけど、引き続きそういったリーグに参加したいと思っているよ」 「まだ自分のキャリアの終わりについて考えていないし、それはより離れて想像する未来なんだ。僕らは運命が自分のために何を待っているかを見守ることになる」 「現時点で自分の元に直接連絡が来ることはなく、僕のコンサルタントチームが移籍市場に取り組んでいる。そして、興味があるクラブが出てきた場合、教えてくれることになっているよ」 なお、リバプールが移籍金を1500万ポンド(約22億8000万円)程度に設定しているシャキリに対しては、ビジャレアルとセビージャのスペイン勢、ラツィオとナポリのイタリア勢からの関心が伝えられている。 その中でスイス代表FWはマウリツィオ・サッリ新監督が率いるラツィオでのプレーに関心を示している。 「(ラツィオのスポーツ・ディレクターの)イグリ・ターレは、ラツィオで何年にもわたって素晴らしい仕事をしてきた」 「彼が僕に大きな敬意を示しているのが本当なら、それは光栄なことだね」 「僕は長い間ラツィオをフォローしてきた。彼らはトップチームだからね。 一般的に僕の特徴から考えると、より攻撃的なフットボールをするのが好きで、マウリツィオ・サッリはそれにトライしている。そうであれば、興味をそそられるよね」 2021.07.26 19:16 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオがソシエダのヤヌザイに関心か

ソシエダのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(26)にラツィオ移籍の噂が浮上している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身のヤヌザイは、2017年夏にソシエダに加入。初年度から主力として試合に出ていたが、シーズンを追うごとに徐々に存在感が希薄になっている。 昨季はリーグ戦27試合に出場したものの、先発出場は半分以下の12試合のみ。フル出場は一度もなく、準主力という立ち位置だった。 加えて、加入当時に結んだ5年契約も残り1年となり、移籍の噂が浮上。伝えられるところでは、中盤の補強を目指すラツィオのマウリツィオ・サッリ新監督が注目しているようだ。 一方で、スペイン『ムンド・デポルティボ』は、ソシエダは1000万ユーロ未満のオファーは受け付けないと推測。昨今の財政状況では、ヤヌザイにその金額を用意するクラブはなかなか現れないと持論を述べている。 同メディアはまた、ソシエダが来夏のフリー移籍をいとわないと言い切っており、移籍の可能性は低いことを強調している。 ただ、ドイツ方面のメディアによると、ソシエダはヴォルフスブルクのクロアチア代表FWヨシプ・ブレカロに関心を示しているとのことで、その資金繰りが必要になるようだ。 なお、ソシエダは日本代表FW久保建英の移籍先候補として名前が挙がっている。 2021.07.24 16:44 Sat
twitterfacebook
thumb

カジェホンとサッリ監督がラツィオで再会か

元スペイン代表FWホセ・マリア・カジェホンとマウリツィオ・サッリ監督が再会する可能性があるようだ。イタリア『Il Messaggero』が伝えている。 カジェホンは昨夏にナポリからフィオレンティーナに加入。公式戦349試合で82ゴール78アシストというナポリでの成績から主力としての活躍が期待されたが、シーズンが終わってみればセリエA出場は20試合にとどまり、そのうち先発出場は6試合のみだった。 チームは不調に陥り、二度の監督交代を敢行するなど落ち着かなシーズンだった中、カジェホンが不遇をかこったのも事実。システム上ウインガーが使いづらかったというのもあるが、本人にとっては期待外れの1年だった。 そうした中、34歳の獲得の噂があがっているのが、昨夏にも獲得に動いたラツィオだ。同クラブでは先月、シモーネ・インザーギ監督がインテルに引き抜かれ、後任としてサッリ監督が着任。カジェホンはナポリでそのサッリ監督の寵愛を受けた一人だった。 どのチームにおいても自身の信念を貫いたサッカーを展開するサッリ監督にとって、そのスタイルを知るカジェホンの存在は重要になってくるかもしれない。なお、ラツィオではすでに、ナポリからアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイをフリーで獲得している。ヒサイもまたサッリ監督の手解きを受けた一人だ。 2021.07.23 15:34 Fri
twitterfacebook
thumb

新生ラツィオとウルトラスに不穏な空気! ヒサイとムリキがやり玉に…

マウリツィオ・サッリ監督率いる新生ラツィオだが、クラブとサポーターの関係性はあまり良好とは言えないようだ。 昨シーズンのセリエAを6位でフィニッシュしたラツィオは、インテルに引き抜かれたシモーネ・インザーギ前監督の後任としてサッリ監督を招へい。先日のプレシーズンマッチでは快勝を収めるなど、大きくチームスタイルが変わった中で上々の滑り出しを見せている。 その一方で、一部選手を巡ってクラブとウルトラスの関係が悪化している。 昨シーズン限りでナポリを退団したアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイは、エンポリ、ナポリ時代に指導を受けた恩師を追って今夏にラツィオに加入した。 本来であれば、新指揮官の戦術を深く理解し、セリエAでも経験豊富なサイドバックの加入はウルトラスにとっても歓迎すべきもののはずだったが、新シーズン恒例の新加入選手を歓迎するクラブの夕食会で問題が発生した。 ヒサイはこの場で新たなチームメイトを前に歌を歌い、その様子をスペイン代表MFルイス・アルベルトが自身の公式SNSで投稿した。 ただ、この時に歌っていたNetflixで配信中のスペインのテレビドラマシリーズ『ペーパー・ハウス』のテーマソングとして知られる“Bella ciao(さらば恋人よ)”が、ファシストを自認するラツィオのウルトラスの怒りを買ってしまった。 この曲はイタリアの独裁者として知られるベニート・ムッソリーニと対峙したイタリアパルチザンによって歌われた楽曲で、反ファシスト党による自由とレジスタンスの賛美歌として歌われるようになったものだ。 そのため、ヒサイに対してウルトラスはローマで最も目立つ場所の1つであるコルソフランシアの橋に、ヒサイを侮辱するスラングと共に「ラツィオはファシストだ」と書かれたバナーを掲げた。 さらに、一部の過激なサポーターは夕食会が行われたレストランに乗り込もうとしたが、すでにチームがレストランを去っていたことで両者が対峙することはなかった。 なお、今回の一件に関しては意図的ではなかったといえど、ウルトラスを刺激したヒサイの落ち度を指摘する声もあるが、クラブは「プレーヤーを保護し、個人的および政治的利益のために使用されている状況からプレーヤーを排除するのはクラブの仕事だ」との声明を発表。クラブとしてヒサイを保護する旨を伝えた。 また、ヒサイと同様にサポーターのやり玉に挙がっているのが、コソボ代表FWヴェダト・ムリキだ。 ヒサイと異なり、ムリキはサポーターを挑発するような行為は働いていなかったが、昨夏にフェネルバフチェから加入したものの、デビューシーズンにセリエA1ゴールに終わったパフォーマンスが批判を招く結果に。 先日の公開練習ではウルトラスを中心に一部サポーターが、ムリキに対して絶えず罵詈雑言を浴びせかけると、激高したサッリ監督がサポーターの陣取る場所まで向かい、「これ以上、ムリキに何か言ったら全員追い出すぞ」と一喝する一幕もあった。 こちらに関してはピッチ上での貢献によって批判を称賛に変えていくしかないが、ヒサイ同様にサポーターとの関係性は気がかりなところだ。 2021.07.21 17:12 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ&S・インザーギが危うい? 過去にセリエAクラブを複数指揮のデリオ・ロッシ氏が解任レースを予想

セリエAで豊富な監督経験を持つデリオ・ロッシ氏がセリエAで最も早く解任される監督を予想した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2021-22シーズンが8月22日からスタートするセリエA。昨季に11年ぶりのスクデット獲得という悲願を成し遂げたインテルだけでなく、覇権奪回に燃えるユベントスのほか、ナポリ、ローマ、そしてラツィオといった強豪も相次いで監督交代に動いてのシーズンとなる。 そうしたなか、かつてラツィオやフィオレンティーナをはじめ、数々の国内クラブを監督を務めてきたデリオ・ロッシ氏が『TMWラジオ』で早い段階で解任されそうな監督として、ローマのジョゼ・モウリーニョ監督とインテルのシモーネ・インザーギ監督の名を挙げた。 「モウリーニョだね。もちろん、私はローマでの仕事がどんなものかを知っているからね。あとインザーギもそうだ。彼にとってインテルでの仕事は簡単なものではないと思うからだ。彼が率いるのはスクデットを獲得したチームであり、前任のアントニオ・コンテと比較すると、少なくとも何か(タイトル)を獲得する必要がある」 また、自身がかつて率いたラツィオにも言及。S・インザーギ監督の後任として過去にナポリやユベントスを率いたマウリツィオ・サッリ氏が就任したが、ロッシ氏はこちらに関してもそう簡単な仕事にならないとの私見を示した。 「私はサッリのやり方を知っているし、いわゆる戦術の先生である彼には時間が必要だから簡単にはいかないだろう。さらに悪いことに、プレシーズントレーニングで主に退団が決まった選手を相手にするから、チームを鍛える時間があまりない」 2021.07.20 16:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly