シャルケ、フンテラール&コラシナツの退団を発表

2021.06.03 23:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シャルケは3日、元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラール(37)とボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツ(27)の退団を発表した。

今冬にアヤックスからフンテラール、アーセナルから期限付き移籍でコラシナツを復帰させたシャルケだったが、残留というミッションを達成することはできず、最下位で30年ぶりの2部降格が決まっていた。

2部での戦いに向けて人員整理を行っているシャルケは、3日に両選手との契約を延長しない決断を下した。

シャルケの競技部門取締役を務めるピーター・クネーベル氏は、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「スポーツ的にも人間的にも、今回の決定は我々にとって痛手だよ。現在の予算とチーム構成、そして既知の公に議論されているすべての課題を考慮すると、他に選択肢はありませんでした。また準備期間の短さやシーズン開始の早さを考えると、何週間も悩む余裕はなく、クラブのために今、決断を下さなくてはならなかったんだ」

「シャルケでのフンテラールとコラシナツの功績は素晴らしいものだ。半年間、心のクラブを精一杯支えてくれたことに感謝している。二人に会うたびに、彼らにとってシャルケがどれだけ大切か、どれだけクラブとのつながりを感じているかが伝わってきます。困難な時期にクラブを支えてくれた彼らの情熱とサポートに感謝するとともに、プライベートとプロとしての将来の成功を祈っている」

関連ニュース
thumb

アディダスのシャルケが2022年夏から復活!アンブロとの契約は終了へ

シャルケは11日、11teamsportsとともにアディダスとの5年間のパートナーシップ契約を締結したことを発表した。契約は2022年7月1日からとなる。 両者は1963年から2018年まで55年間にわたって契約。2018年夏からアンブロと契約を結んでいたものの、今年2月に2023年までの契約を1年短縮し、2022年までとすることが発表されていた。実に4年ぶりの復活となる。 過去7回のリーグ優勝の経験を持つ名門のシャルケだが、今シーズンは序盤から絶不調に陥り、1987-88シーズン以来となる2部降格となっていた。アディダスとの契約はシャルケが1部もしくは2部に在籍する限りは有効とのことだ。 シャルケのマーケティング、セールス担当を務めるアレクサンダー・ヨープスト氏は、「アディダスや11teamsportsと一緒にクラブの次の章を形作れることを、すべてのシャルケファンとともにに嬉しく思う」とコメントしている。 <span class="paragraph-title">【動画】2016-17シーズン以降のシャルケのユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/GettyImages-6291521681617.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/GettyImages-9465386501718.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/GettyImages-11454636351819.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/GettyImages-12040506621920.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/GettyImages-12955298042021.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.06.15 06:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘルタ、降格シャルケからドイツ代表MFセルダー獲得!

ヘルタ・ベルリンは11日、シャルケからドイツ代表MFスアト・セルダー(24)を完全移籍で獲得することを発表した。同選手はメディカルチェック受診後、正式にヘルタの一員となる。 マインツの下部組織出身で2015-16シーズンにトップチームデビューを飾ったセルダーは、2018年夏にシャルケに完全移籍。セントラルMFや中盤の複数ポジションをこなすテクニックとダイナミズムに優れた万能型MFとして、在籍3年間で公式戦83試合11ゴール6アシストの数字を残していた。 2019年10月にドイツのA代表デビューも飾った逸材だが、シャルケのブンデスリーガ2部降格に伴い、ヘルタを新天地に選択した。 2021.06.12 00:33 Sat
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルが降格シャルケの主力MFアリ獲得に動く!

ビジャレアルがシャルケに所属するモロッコ代表MFアミーヌ・アリ(23)の獲得に動いているようだ。スペイン『SUPER DEPORTE』が報じている。 ウナイ・エメリ新監督の下で、今シーズンのリーグ戦を7位でフィニッシュしたビジャレアルは、ヨーロッパリーグ初優勝によって来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得している。 そして、新シーズンに向けた補強に乗り出しているクラブは、今冬の移籍市場でも関心が伝えられたアリの獲得に再挑戦するようだ。 エメリ監督は前線のほぼすべてのポジションでプレー可能な左利きのチャンスメイカーを高く評価しており、クラブは指揮官のリクエストに応じる形ですでにクラブ間の交渉をスタートさせているという。 アリとシャルケの契約は2024年まで残っているが、選手自身は来シーズンをブンデスリーガ2部で戦うチームに残留する意思はなく、財政難に喘ぐクラブも適切なオファーが届けば、売却に応じる構えだ。 現時点での市場価値は1200万ユーロ(約16億円)程度と、ビジャレアルにとって十分支払える金額であり、CL出場という魅力を考えれば、移籍成立の可能性は高いと思われる。 2016年にナントでプロキャリアをスタートしたアリは、トップ下と左サイドを主戦場とする突破力と創造性に優れた攻撃的MF。2017年夏に加入したシャルケではここまで公式戦119試合に出場。今シーズンはチームが最下位での降格となった中、リーグ戦28試合に出場し、2ゴール5アシストを記録していた。 2021.06.03 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールがカバク買取見送りへ…新天地候補にライプツィヒ&レスター

リバプールは、シャルケからレンタル中のトルコ代表DFオザン・カバク(21)の買い取りオプション行使を見送るようだ。ドイツ『SPORT1』が報じている。 リバプールは今シーズン、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、イングランド代表DFジョー・ゴメス、元カメルーン代表DFジョエル・マティプと3人の主力センターバックが長期離脱を強いられた。 この緊急事態を受けて、クラブは今冬の移籍市場でカバクを半年間のレンタル移籍で獲得。そして、カバクは公式戦13試合に出場し、出場機会を経るごとにチームへのフィットを見せていた。 そのため、シーズン終了後に2300万ユーロ(約30億6000万円)と言われる買い取りオプションの行使に踏み切る可能性も伝えられていた。 しかし、リバプールは前述の3選手の復帰、DFナサニエル・フィリップス、DFリース・ウィリアムズの若手2選手の台頭に加え、RBライプツィヒのU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテの獲得に迫っており、来季に向けてセンターバックの陣容が整いつつある。 そういった中、クラブ首脳は前述の金額を払ってまでカバクを買い取る必要はないと判断し、シャルケに送り返す決断をすでに下したという。 ただ、カバク自身にブンデスリーガ2部へ降格したシャルケでプレーする意思はなく、財政難のクラブも今夏の売却に踏み切る構えだ。 そして、『SPORT1』が伝えるところによれば、現時点でカバクの獲得に興味を示しているのは、コナテの流出が濃厚となっているライプツィヒと、センターバックの選手層に不安を抱えるレスターの2チームだという。 2021.05.26 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ケルンがボルナウの値千金今季初弾で自動降格回避! 入れ替え戦での残留目指す《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節、ケルンvsシャルケが22日にライン・エネルギエ・シュタディオンで行われ、ホームのケルンが1-0で勝利した。 直近2戦未勝利で16位のブレーメン(勝ち点30)と1ポイント差の17位で最終節を迎えたケルン(勝ち点30)は、逆転での残留を懸けてすでに降格が決定している最下位のシャルケ(勝ち点16)との一戦に臨んだ。 立ち上がりからホームのケルンが押し込む入りを見せるが、最後の局面で精度を欠きフィニッシュまで持ち込めない状況が続く。 それでも、20分を過ぎて良い形を作り始めると、23分にはボックス右に抜け出したシュミッツがGKフェールマンに好守を強いる最初の決定機を創出。さらに、畳みかけるケルンは26分にも波状攻撃からボックス内のカインツが鋭いシュートを枠に飛ばすが、これも相手GKのセーブに遭う。 すると、良い流れの中でゴールをこじ開けられなかったホームチームは徐々にシャルケに押し返される場面が増え、最低限の0-0で試合を折り返した。 ハーフタイムにブレーメンの1点ビハインドの情報を聞いたか、よりアグレッシブな入りを見せたケルンは開始直後にビッグチャンス。47分、ボックス右でボールを受けたヘクターがDFムスタフィの股間を抜く鋭いシュートをニア下に飛ばしたが、ここはGKフェールマンのビッグセーブに遭う。 その後も優勢に試合を運びながらもゴールが遠いケルンは積極的に攻撃的なカードを切っていく。71分にはセットプレーの流れからアンデションがゴールネットを揺らすが、これはオンフィールドレビューの結果、オフサイドの判定が下されて先制のチャンスを逸した。 それでも、諦めずに攻勢を続けるホームチームは伏兵が値千金のゴールを奪う。86分、ヘクターの粘りから波状攻撃に持ち込むと、ボックス右でキープしたティールマンが正確な浮き球のクロスをファーへ供給。これをパワープレー要員として攻め残っていた190cmの長身DFのボルナウが頭で合わせ、今シーズンの初ゴールとした。 土壇場でようやくゴールをこじ開けたケルンはすぐさま守備的なカードを切って逃げ切り態勢に入ると、このまま1-0のスコアで試合をクローズ。この結果、同時刻開催の試合でブレーメンが敗れたことで、逆転での自動降格回避となった。 そして、今月26日と29日に予定されるブンデスリーガ2部3位チームとの昇格・降格プレーオフで2シーズン連続の1部残留を目指すことになった。 2021.05.23 00:59 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly