EL決勝に敗れたデ・ヘアが開口、ファギーとの2ショットとともに「経験から学ぶ」

2021.05.28 17:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアがビジャレアル戦後、初めてコメントを出した。

ユナイテッドは26日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝でビジャレアルと対戦。試合は1-1のまま120分間の戦いを終え、優勝の行方はPK戦に委ねられることになった。

運命のPK戦では互いに10人目まで全員が成功する痺れる展開となった中、決着は奇しくもGK同士がキッカーを務める11人目で付くこととなった。

先行のビジャレアルのGKヘロニモ・ルジが決めた一方で、後攻のユナイテッドはデ・ヘアの右を狙ったシュートがルジに止められて終戦。残酷な結末となった。

試合後には、元マンチェスター・ユナイテッド監督のサー・アレックス・ファーガソン氏に抱きかかえられ、慰められた守護神は、自身のツイッターでその時の写真とともに心境を語った。

「物事には浮き沈みがある。経験から学び、再び戦い、勝ちたい。応援ありがとうございました」

また、デ・ヘアのパートナーであるエドゥルネ・ガルシアさんのもとに多くの誹謗中傷的なメッセージが送られたようで、エドゥルネさんもツイッターを更新。「そしてもう一度、性差別と戦うために社会でやるべきことがたくさんあると示されている」と綴っている。



1 2

関連ニュース
thumb

マルシャルはユナイテッド復帰へ、セビージャ会長が明言「我々が望むようなプレーではなかった」

セビージャのフランス代表FWアントニー・マルシャル(26)はマンチェスター・ユナイテッドに戻るようだ。 冬の移籍市場でユナイテッドからセビージャに活躍の場を移したマルシャル。ユナイテッドで燻っていた環境からの起死回生を目指してレンタル移籍を決断した。 最初の数試合はポストプレーやドリブルで攻撃にアクセントを加え、移籍後2試合目となったエルチェ戦で初アシストを記録。さらに3試合目のヨーロッパリーグのディナモ・ザグレブ戦では初ゴールを挙げた。 新天地で順調なスタートを切ったかに思われたマルシャルだったが、ケガを境に徐々にトーンダウン。リーグ戦最後の7試合での出場はわずか23分だった。 シーズンを終えて、セビージャのホセ・カストロ会長がスペイン『カナル・スル・ラジオ』で26歳の去就に言及。クラブを納得させる活躍ができなかったとして、買い取りの可能性を否定。ユナイテッドに復帰することを明言した。 「それ以外のことはできない。我々は大きな努力した。彼は自分の価値を示そうとしたが、適応できなかった。ケガも少なくなかった」 「これは純粋なローン移籍であり、彼はユナイテッドに戻ることになる。我々が望むようなプレーが出来なかったね。努力をしていなかったとは言えないが、うまくいかなかった」 2022.05.25 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「マンチェスター・ユナイテッドはゴミだ」英『BBC』が放送事故、生放送中のテロップミスに「技術的な問題」と陳謝

イギリス『BBC』が放送事故を受けてマンチェスター・ユナイテッドに謝罪した。 今シーズンのプレミアリーグも終了。マンチェスター・シティが最終節で、5分間に3ゴールを決める劇的な逆転勝利を収め、連覇を達成した。 そのシティのライバルであるユナイテッドは、オーレ・グンナー・スールシャール監督の下でスタート。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも電撃復帰するなどし、ファン・サポーターは大いに沸いたが、終わってみれば6位とトップ6での最下位に。シーズン途中でラルフ・ラングニック監督に交代したものの、事態は好転しなかった。 ファンが業を煮やす中、新シーズンはエリク・テン・ハグ監督が就任することが決まっており、再起を誓っているが、その反動といえるのか、思わぬ事態が国営放送を巻き込むこととなってしまった。 24日、『BBC』はニュースの番組内でテニスの全仏オープンを取り扱っていた。試合の様子が放送される中、画面下部にはティッカー(短い文章でのお知らせ)が流れていたが、そこに不適切な文言が表示されてしまったのだ。 そこに表示された文言は、「Manchester United Are Rubbish」。意味は「マンチェスター・ユナイテッドはゴミだ」というものだ。なお、他の文言は「Weather rain everywhere(どこも雨模様です)」という一般的なものだった。 わずかなスペースの文言だったが、当然気が付いた人間はおり、SNSで大きな話題に。さらに公共放送がやったことということもあり、騒動となった。 この事態を知った番組プレゼンターは状況を説明し謝罪した。 「少し前ですが、画面下に流れるティッカーで、マンチェスター・ユナイテッドについてコメントするものがあり、かなり変わっていたことに気が付いた方もいらっしゃるかもしれません。マンチェスター・ユナイテッドのファンが気分を害さないことを願っています」 「裏で、誰かがティッカーの使い方、文字を入れる訓練をしており、適当なことを書いていたら、あのコメントが表示されたということです」 「あのテキストを見て気分を害された方、マンチェスター・ユナイテッドのファンに謝罪します」 「ただ、間違いであり、画面に表示されることを意図したものではありませんでした。そのことを説明した方が良いと思いました」 なお、『BBC』は公式声明で「テストティッカーでトレーニング中に技術的な欠陥がありました」とし、「放送中に生じたいかなる不快感も謝罪します」と表示されたテキストについて謝罪した。 <span class="paragraph-title">【動画】衝撃の放送事故…公共放送で「ゴミだ」とテロップ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="99X00TKFQiE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 11:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「天才の一言では済まされない」C・ロナウドの今季18得点をプレイバック、孤軍奮闘したエースに感嘆の声「相変わらずの主人公補正」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを称える声が止まない。 C・ロナウドは昨夏にユベントスを離れ、2009年夏以来となるユナイテッドへの電撃復帰を果たした。 加入後の再デビュー戦から早くも嗅覚を発揮。オールド・トラッフォードで行われた第4節ニューカッスル戦では2度ネットを揺らし、観衆を歓喜の渦に巻き込んだ。 一時は6戦ノーゴールで不調が囁かれ、終盤には股関節の故障や我が子の不幸にも見舞われるなど、心身ともに満身創痍ともいえる状態で、最終的には2度のハットトリックを含む計「18」ゴールを記録。波に乗れないチームのなかで孤軍奮闘し、得点ランキング3位でシーズンを終えた。 『DAZN』はC・ロナウドが今季のリーグ戦で挙げた全18ゴールをまとめた。 このゴール集にはファンも改めて感激。「相変わらずの主人公補正」、「年齢もそうだけどこのチーム状況での18点がすごすぎる」、「どのチームでも活躍できる歴史上最高の選手」、「ほんとスペシャルワン」、「天才の一言では済まされない」 来季はエリク・テン・ハグ新監督の下で再起を図るユナイテッドだが、新シーズンも絶対的なエースの一挙手一投足から目が離せない。 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウドの今季プレミアリーグゴール集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="2pRP2fyGdFA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.24 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

残留か、移籍か…今夏注目のルベン・ネヴェス「誰にでも夢がある」

ポルトガル代表MFルベン・ネヴェス(25)がウォルバーハンプトンでの不透明な将来を認めた。 ポルトでキャリアを始めてから将来をしょく望され、2017年夏に満を持してウォルバーハンプトンでプレミアリーグを挑戦を果たしたネヴェス。今やウォルバーハンプトンの司令塔に君臨し、今季も軸を張り続けた。 だが、移籍の噂はあとを絶えず、今夏の去就も注目の的に。ウォルバーハンプトンとの契約を2024年夏まで残すが、アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドのほか、国外からもバルセロナの関心が取り沙汰される。 ウォルバーハンプトンも移籍金次第で売却の可能性があるといわれるなか、渦中のルベン・ネヴェスが22日に行われたプレミアリーグ最終節のリバプール戦後、イギリス『The Athletic』で去就に言及した。 「フットボールがどんなもので、人生がどんなものかは誰もが知るところ。僕らのキャリアは本当に短い。そのなかで、巡ったチャンスを生かしていかないといけないんだ」 「もちろん、誰にでも夢というものがある。短い時間のなかで、そういった夢に向かって生きていかないとならない。何が起こるか見てみよう。今はあまり多く語れない」 2022.05.24 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

テン・ハグ新監督が3選手に言及、教え子ファン・デ・ベークは「本当に良い関係」、C・ロナウドに求めることは?

マンチェスター・ユナイテッドの新指揮官に就任したエリク・テン・ハグ監督が、3選手について言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 昨シーズンまではアヤックスを率い、今シーズンもエールディビジで優勝するなどタイトルを獲得してきたテン・ハグ監督。新シーズンからはユナイテッドの指揮官に就任することが決定し、23日に最初の記者会見を実施した。 今シーズンはプレミアリーグを6位で終えたユナイテッド。シーズンを通して不安定さを拭えなかったが、新シーズンは再建が期待されている。 そのテン・ハグ監督は、飼い殺し状態にあり現在はエバートンへとレンタル移籍中のオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークについて問われ、ピッチで会いたいと復帰を熱望した。 「もちろんだ。当時、アヤックスには素晴らしいチームがあった」 「私は彼と本当に良い関係を築いていた。もちろん、ピッチで彼と再び会えることを楽しみにしている」 アヤックス時代はテン・ハグ監督の下で中心選手として活躍していたファン・デ・ベークは、復活の予感を示している。 また、今シーズンからチームに復帰し、ゴールを量産したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについても言及。楽しみであるか?との質問には「もちろんだ」と回答。また、C・ロナウドに求めるものについて問われると、「ロナウド?ゴールだ!」と当然のことだと語った。 また、C・ロナウドとは新シーズンのプランを近々話し合うとされているが、「私はあなたと話す前に、最初にロナウドと話す」と語り、何よりも最初に選手と話すと強調した。 さらに、サポーターからは低調なパフォーマンスが批判の対象となっていたイングランド代表DFハリー・マグワイアについても言及。チームへの貢献度は計り知れないとし、楽しみな選手であると語った。 「次のシーズンは別のシーズンになるということを繰り返さなければいけない。彼は素晴らしい仕事をしたと思う」 「彼は素晴らしい選手だ。彼はマンチェスター・ユナイテッドへの貢献を含め、すでに多くのことを成し遂げている。だから、彼と一緒に働くことを楽しみにしている」 2022.05.23 22:17 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly