シェフィールド・ユナイテッドが新監督にスラビシャ・ヨカノビッチ氏を招へい

2021.05.28 02:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格したシェフィールド・ユナイテッドは27日、セルビア人指揮官スラビシャ・ヨカノビッチ氏(52)を新監督に招へいした。契約期間は2024年6月30日までとなる。

5年目を迎えたクリス・ワイルダー体制でプレミアリーグ2年目に臨んだシェフィールド・ユナイテッドだったが、今季はシーズン前半戦を未勝利で終わるなど大苦戦。今年1月のニューカッスル戦で初勝利を挙げたが、復調とはいかず、3月にワイルダー監督が辞任を発表。

暫定指揮官としてユースチームを率いていたヘッキングボトム氏が就任したが、悪い流れを止めることはできず。史上最速タイとなる6節を残してのチャンピオンシップ降格が決定した。

1年でのプレミアリーグ復帰を目指すクラブは、新指揮官にヨカノビッチ氏を招へい。

これまで母国のパルチザンやタイのムアントン・ユナイテッド、ワトフォードなどを指揮。2015年12月に就任したフルアムでは、初年度にチャンピオンシップで残留争いをしていたチームを残留に導くと、2015-16シーズンには6位へと躍進させ、2017-18シーズンにはシーズンを3位で終え、プレーオフを制して5年ぶりのプレミアリーグ昇格へ導いた。

2018年11月に成績不振からフルアムを解任された同氏は、2019年6月にアル・ガラファの指揮官に就任。2年間で公式戦53試合を指揮し25勝10分け18敗とまずまずの成績を残していた。

関連ニュース
thumb

ローマのオルセンがシェフィールド・Uにレンタル移籍! 昨季はエバートンに所属

ローマは8月31日、スウェーデン代表GKロビン・オルセン(31)がチャンピオンシップ(イングランド2部)のシェフィールド・ユナイテッドにレンタル移籍したことを発表した。2022年6月30日までのレンタル期間で、買い取りオプションが付随している。 オルセンは2018年夏にコペンハーゲンからローマに加入。同年に開催されたロシア・ワールドカップ(W杯)で印象的なパフォーマンスを発揮していたことから、ブラジル代表GKアリソン・ベッカーがリバプールに去った穴を埋める働きが期待されていた。しかし、凡ミスを連発したこともあり評価は急落。守護神の座を失い、ここ2シーズンはカリアリ、エバートンへのレンタル移籍を繰り返していた。 今夏にはジョゼ・モウリーニョ監督が新たに指揮官に就任するも、オルセンの扱いは変わらず。チームから構想外を通達され、移籍先を探していた。 シェフィールド・ユナイテッドは今夏に守護神のイングランド代表GKアーロン・ラムズデール(23)がアーセナルに移籍。新たな守護神候補を探しており、スウェーデン代表で48試合に出場するなど経験豊富なオルセン獲得に関心を示していた。 2021.09.01 14:11 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、イングランド代表GKラムズデール獲得を発表 移籍金最大44.8億円

アーセナルは20日、シェフィールド・ユナイテッドからイングランド代表GKアーロン・ラムズデール(23)の獲得を発表した。 イギリス『BBC』によると、取引額は移籍金2400万ポンド+インセンティブ600万ポンドの最大3000万ポンド(約44億8000万円)。契約期間についてはアーセナルから長期とだけしか記されていないが、1年延長オプション付きの4年契約だという。 ラムズデールはシェフィールド・ユナイテッドでプロキャリアを歩み始め、2017年1月にボーンマス入り。その後、複数クラブへのレンタルも経て、2019-20シーズンにボーンマスで正GKの座を射止め、昨季にシェフィールド・ユナイテッドに復帰した。 先のユーロ2020にも追加招集という形だが、イングランド代表入り。控えGKのオーストラリア代表GKマシュー・ライアンが退団したアーセナルはドイツ代表GKベルント・レノが守護神に君臨するが、長らくラムズデールを注視しているとされてきた。 なお、アーセナルにとって、今夏5人目の新戦力に。ラムズデールの背番号も「32」に決まり、22日にホームで行われるプレミアリーグ第2節のチェルシー戦から出場可能だという。 2021.08.21 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、新守護神候補ラムズデール獲得へ原則合意!

アーセナルがシェフィールド・ユナイテッドのイングランド代表GKアーロン・ラムズデール(23)獲得に向けて原則合意に至ったようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏や、『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン氏らが報じている。 ドイツ代表GKベルント・レノに代わる新守護神を探すアーセナルは、今夏にラムズデールに照準を絞り、何度かオファーを試みるも、開幕前に獲得合意には至らなかった。 それでも、アーセナルは2400万ポンド+最大600万ポンドのボーナスという総額3000万ポンド(約45億3000万円)という高額な最新オファーを掲示し、ブレイズの説得に成功したようだ。 また、以前からアーセナル行きを希望していたラムズデールとはすでに個人間での合意も取り付けているようだ。 世代別のイングランド代表経験を持つラムズデールは、2020年夏にボーンマスから1850万ポンド(約27億9000万円)でブレイズに加入。昨シーズンのクラブ最優秀選手賞に選ばれ、先のユーロ2020にも追加招集という形でメンバー入りしていた。 なお、18日に開催されるチャンピオンシップ(イングランド2部)のWBA戦でメンバーを外れたラムズデールに関して、ブレイズを率いるスラヴィシャ・ヨカノビッチ監督はイギリス『スカイ・スポーツ』で、「我々は、彼が試合に出る準備ができていないと感じた。そして、彼を試合に使わないという決断を下した」と、去就問題に揺れる守護神の退団の可能性を示唆している。 2021.08.19 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

GKラムズデールを狙うアーセナル、本気の42億円オファーへ

シェフィールド・ユナイテッド所属のイングランド代表GKアーロン・ラムズデール(23)に関するアーセナルのオペレーションは続いているようだ。 ドイツ代表GKベルント・レノに代わる新守護神を探すアーセナルは、今夏にラムズデールに照準を絞り、何度かオファーを試みている。 だが、この1カ月で行った再三のオファーは全て断られ、7月末に報じられた総額2500万ポンド(約37億円)のオファーも実らなかった模様。 それでもクラブ間での交渉は続いていたようで、イギリス『シェフィールド・スター』によると、この度アーセナルは2800万ポンド(約42億円)のオファーを用意しているとのこと。同メディアは、これが決定的なものになると予想している。 世代別のイングランド代表経験を持つラムズデールは、2020年夏にボーンマスから1850万ポンド(約27億8000万円)でシェフィールド・ユナイテッドに加入。そのシーズンのクラブ最優秀選手賞に選ばれ、先のユーロ2020にも追加招集という形でメンバー入りしていた。 2021.08.18 14:17 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールDFベン・デイビス、シェフィールド・Uにレンタル

チャンピオンシップ(イングランド2部)のシェフィールド・ユナイテッドは16日、リバプールのイングランド人DFベン・デイビス(26)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 センターバックに負傷者を多数抱えていたこともあり、今年2月にプレストンから160万ポンドで加入したベン・デイビス。しかし、リバプールでは出場機会を得られず、公式戦出場はない状況だった。 2021.08.17 06:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly