最下位フルアムがミラクル・レスターを生んだラニエリ監督を招へい!2018.11.14 19:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フルアムは14日、スラビシャ・ヨカノビッチ監督を解任し、クラウディオ・ラニエリ氏(67)を新監督に招へいしたことを発表した。

▽今季5シーズンぶりにプレミアリーグに昇格したフルアムは、2015年に就任したヨカノビッチ監督の下、第12節を終えた時点で1勝2分け9敗と低調なパフォーマンスを続け最下位に沈んでいた。

▽就任当初、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)で残留争いをしていたチームを昨季は3位に導き、プレーオフを制してプレミア昇格。その実績から、今夏にはチェルシーの新監督候補にも挙がっていたヨカノビッチ監督だが、シーズン開幕から調子が上がらず、クラブは解任に踏み切った。

▽そして、新たに白羽の矢がったのが2015-16シーズンにレスター・シティを奇跡の優勝に導いたラニエリ監督だ。レスターの他にも、2000年から2004年にかけてチェルシーでも指揮を執っており、プレミアでの経験は十分。直近では2017-18シーズンにナントの監督を務めていた。

▽ラニエリ新監督は2016-17シーズン以来となるプレミア復帰に喜びと意気込みのコメントを残している。

「シャヒド・カーン会長からの誘いを光栄に思う。フルアムのような素晴らしい伝統と歴史を持つクラブを率いるのは名誉なことだ」

「単に残留することが目標じゃない。我々は常に難しい相手と争わなければならない。そして成功を期待するべきだ」

「このチームには並外れた才能が揃っている。このような順位にいるべきじゃない」

▽ラニエリ新監督の初陣は24日に行われるプレミアリーグ第13節のホームでのサウサンプトン戦だ。

▽なお、現在のところ契約年数は明らかになっていないものの、イギリス『BBC』によれば複数年契約であるとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

リークされたユベントスの新キットにフルアムがちょっかい「いつまでも我々の影を追っている」…どういうこと?

最近どこからかリークされた来シーズンのユベントスの新ユニフォームを巡ってちょっとした論争が起こった。 来季のユベントスの新ユニフォームと思われるそのデザインは、象徴だった白黒のストライプを廃止し、縦の中央を昔のホームカラーであるピンクの細いラインで区切り、ユベントスのエンブレム側を黒、逆側を白にした、いわゆるバイカラー的なものになっている。また、袖の部分は左を白、右を黒にし、今までになかったデザインに。 するとこのユニフォームに反応したクラブがイングランドにひとつ。今年で創立140周年を迎えたフルアムは2月に特別ユニフォームを作成。縦中央で区切って左側を白、右側を黒にしたそのデザインはリークされたユベントスの新ユニフォームとそっくりなのだ。違いといえば中央のピンクの縦ラインの有無ぐらい。これをフルアムは公式ツイッターで比較画像と共に「いつまでも我々の影を追っている」と弄った。 イタリア『スカイ・スポーツ』は両クラブともサプライヤーがアディダスであることとともに、2009-10シーズンのヨーロッパリーグで、ユベントスがラウンド16でフルアムに2戦合計4-5で敗れたことを揶揄しているのではないかと推測している。 その投稿はすでに削除されているが、SNS上で波紋を広げたようだ。 2019.04.26 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

フォス=メンサー、ヒザの手術で今季終了

フルアムは19日、オランダ代表DFティモシー・フォス=メンサーがヒザの手術を受けることを発表した。 今季、マンチェスター・ユナイテッドからレンタル移籍しているフォス=メンサーは13日、プレミアリーグ第34節のエバートン戦でヒザを負傷。この度手術を受けることが明らかとなり、今季終了が確定した。 マンチェスター・ユナイテッドも、フォス=メンサーの復帰を発表。手術後のリハビリなどはユナイテッドで行うようだ。 同選手は今季リーグ戦12試合に出場していた。 2019.04.20 02:24 Sat
twitterfacebook
thumb

2部降格でフルアムに選手放出の危機…R・セセニョンはビッグクラブ行き加速か

2日に行われたプレミアリーグ第33節の結果、ワトフォードに敗れたフルアムの1年でのチャンピンシップ(イングランド2部相当)降格が決定した。それに伴い、所属する選手たちの去就が騒がれている。イギリス『ミラー』が伝えている。 昨シーズンの昇格プレーオフを勝ち抜き5シーズンぶりにプレミアリーグに戻ってきたフルアムだったが、開幕から黒星が続き、2度の指揮官交代も虚しく、5試合を残して降格が決定した。 開幕前には積極補強で話題を集めたフルアムだったが、今度はそれらの選手の放出の危機に直面している。『ミラー』によると、フルアムの全選手の契約には、2部に降格した場合、給与が最大50%カットされる条項が含まれているようで、多くの選手がこれを嫌って出ていく可能性が高いと指摘されている。 その中で、チーム一の有望株、18歳のMFライアン・セセニョンには今冬にも多くのビッグクラブが興味を示してきた。最も獲得に近づいたトッテナムだったが、フルアムが5000万ポンド(約73億円)の値札を張り付け牽制。移籍は実現しなかった。だが、今夏にも多くのクラブが獲得に動くと予想されており、クラブの事情を考えると、退団は濃厚かもしれない。 エースのFWアレクサンダー・ミトロビッチも退団候補の1人だ。昨年1月にニューカッスルからフルアムにレンタル加入し、プレミア昇格に一役買ったセルビア代表FWは、昨夏に2200万ポンド(約32億円)の大枚をはたいて完全移籍で獲得。今季もここまでリーグ戦32試合で10ゴールを記録し一人気を吐いたが、プレミアに残る可能性が高く、ウェストハムへの移籍が取り沙汰されている。 同じく昨夏に完全移籍で獲得したDFジャン・ミシェル・セリの退団も覚悟が必要なようだ。ニースから1800万ポンド(約26億円)でやってきたコートジボワール代表DFはここまでリーグ戦30試合に出場。昨夏にはチェルシーやアーセナルも獲得に動いていたことが報じられており、引く手は数多か。 その他、ドルトムントから2年契約でレンタル加入していたMFアンドレ・シュールレは、2部降格に伴い1年での帰還となる見込みだ。 なお、今季3人目の指揮官であるスコット・パーカー監督は来季も引き続き指揮を執ると見られている。 2019.04.04 19:25 Thu
twitterfacebook
thumb

シュールレ、フルアムの降格決定でドルトムントへ早期復帰

昨夏にドルトムントから2年間のレンタル移籍でフルアム加入した元ドイツ代表MFアンドレ・シュールレ(28)が、今夏の移籍市場でドルトムントに復帰する見込みだ。イギリス『Tribalfootball』が報じた。 フルアムは2日に行われたプレミアリーグ第33節のワトフォード戦を1-4で敗戦。残り5試合で、残留圏内である17位との勝ち点を上回ることができないことが確定したため、1年での2部降格が決定した。 今回伝えられるところによれば、2年間のレンタル移籍でフルアムに加入したシュールレだが、2月に行われたドイツ『キッカー』のインタビューで「チームが降格したら僕のローンは終了し、ドルトムントに復帰する」と語っており、今季限りで早期復帰することが決まったようだ。 4年ぶりのプレミア復帰となったシュールレは、開幕からレギュラーとしてプレーすると、リーグ24試合に出場しチーム2位となる6ゴールを記録している。 2019.04.04 00:05 Thu
twitterfacebook
thumb

2度の監督交代も…5年ぶりプレミア復帰のフルアム、1年での2部降格が決定 《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第33節、ワトフォードvsフルアムが3日にヴィカレージ・ロードで行われ、ワトフォードが4-1で勝利した。フルアムのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格が決定した。 前節終了時点で19位だったフルアム(勝ち点17)は、10位・ワトフォード(勝ち点31)とのアウェイ戦に臨んだ。敗れれば、即降格が決まってしまう一戦だったが、与えたくない先制点を与えてしまう。その後、34分にライアン・バベルのゴールで同点に追いついたが、チームはその後、3失点を喫して1-4で敗北。残り5試合で、残留圏内である17位との勝ち点を上回ることができないことが確定したため、1年での2部降格が決定した。 フルアムは今シーズン、5年ぶりにプレミアリーグ復帰。しかし、開幕から低迷が続き、昨年11月にはスラビシャ・ヨカノビッチ監督を解任し、レスター・シティをプレミアリーグ優勝に導いた経験を持つクラウディオ・ラニエリ監督を招へいした。同監督初陣で勝利したものの、立て直すに至らず。今年2月下旬にはラニエリ監督を解任し、アシスタントコーチのスコット・パーカー氏に暫定監督を託したが、ワトフォード戦での敗戦で9連敗目となり、1部残留は叶わなかった。 2019.04.03 08:45 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース