「俺に任せろ」窮地の大宮を救えるか、佐々木則夫監督が選手に求める意識の変化「前への意識は強くなる」

2021.05.27 20:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
大宮アルディージャは27日、暫定的に指揮官に就任した佐々木則夫監督(63)の就任会見を行った。

J1昇格を目指す大宮は、2021シーズンに向けてクラブOBである岩瀬健監督を招へい。開幕戦では勝利を収めたものの、その後は低迷。

ケガ人が相次いで出るなどのエクスキューズもあった中、2度の3連敗を喫するなどし、現在は10戦未勝利で降格圏に位置している。

23日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節では残留を争う最下位のギラヴァンツ北九州に3-1で完敗。この結果を受けて岩瀬監督が25日に解任。クラブのトータルアドバイザーであり、大宮アルディージャVENTUSの総監督でもある佐々木氏が暫定監督に就任した。

チームは29日に予定されている第18節のジェフユナイテッド千葉戦に向けて準備を行う中、佐々木監督は要請を受けた理由について「岩瀬監督をサポートしなければいけない私自身も、様々な試合、内情も理解していたつもりなので、岩瀬監督、選手が頑張っている中でなかなか結果が出ないことは裏も表もわかっているつもりです」とコメント。「その状況の中で流れを変えなけばいけない。まだまだJ1(昇格)を捨てきれない.。順位を1つでも上げなければいけない状況の中では、私自身がサポートをしっかりできなかった分、自分自身がやらなければいけないという使命を感じていましたので、要請があった時は責任を持ってやりますということで受けました」と語り、チームの状況を理解していたからこそ、立て直しにかかろうという意識だと語った。

佐々木監督が見ていた問題点については「岩瀬監督には、数年後の大宮アルディージャも想定した中で、様々なトライをしていただいたと思います。各チームもそういった中で、勝ち点を取って上位へというところでやっていると思いますが、現状、理想と現実が状況が変わってきていたので、勝ち点を1つでも、引き分けよりも1試合で勝ち点3を取れるという現実的なサッカーをやる必要があると考えています」と、未来よりも目の前の試合が重要だとコメント。「そこを選手に伝え、何試合になるかわかりませんが、私が監督の時は現実的な勝ち点を積み上げることをしっかりとアプローチしていきたいと思います」と語り、勝ち点をしっかりと積み上げていくことの必要性を語った。

これまでの試合の印象については「試合の経過的には、1点差や逆転負け、些細なプレーが失点に繋がっている状況だった」と分析。「失点するときは、終盤とか、点を取った後にすぐ取られるとか、気の緩みという部分から脱出できないことが、現状に至っている」とメンタル面の問題を指摘した。「確率ではないですが、現実的にここで後ろに下げる、横パスというよりも、前への意識とか。前に意識を持たせるために、周りでコーチングをそつなくやっていくとか、細かい習慣を身につけることが重要だと感じて、口すっぱくそこを求めてやっています」と、メンタリティを変えにいく指導をしていると明かした。

また、これまでなでしこジャパンを長らく率いた経験については「これまでなでしこを率いた時に、少ない試合やトーナメントなど、常に一戦一戦負けることができない環境の中で、相手がドイツ、アメリカといった身体能力が高い、スピードがある、パワーがあるという状況下で、なんとか自分たちを分析しながら、どうやったら勝てるかをやってきました」と勝たなければいけない試合を多く経験してきたことを語り、「選手たちには俺に任せれば、自信を持ってこの数試合で勝ち点取れる戦い方をさせるからということを言ってやっています。なんとか、有言実行にしたいと思います」とし、選手たちはプレーに専念し、勝てるためのマネジメントをしていくと意気込みを語った。

今シーズンの大宮は、得点直後に失点をしたり、失点後に続けて失点をするなどする場面が散見。チームの流れが試合中に大きく落ちる傾向が見られていた。

その点については「守る時間が長いにもかかわらず、そういった姿勢になってしまうのは、勝ちたいというあまりに引けl腰になってしまうと思うので、そういったマインドを変えたり、前への意識を持たせたり」とここでもメンタリティを変えにいくとコメント。また交代策についても言及し、「メンバーを交代する時は、ディフェンスに置くのではなく、前目にスピードやパワー、テクニックのある選手を使うとか、そういった状況を選手にメッセージを伝える選手交代も必要だと考えている」とし、チーム全体としての意識を前に向かせるために動くとした。

また「ここまでの経過の反省を含めてでもありますが、徹底することはこの4日間でできるかはわかりませんが、とにかく以前よりは前への意識が強くなっていると思います」と語り、大きなポイントとして前向きな意識を持っていきたいと方向性を示した。

選手起用については「日々、メンバーを変えながら3日目をやりました」とトレーニングを指導し始めてから様々な組み合わせを試しているとした佐々木監督。「その中で、対ジェフと前向きな部分と、そういった中でどの組み合わせが良いかは明日決めていきたいと思っています」とし、チームコンセプトと相手を考えての選考にしたいとした。

久々の現場復帰となったが「現場の指導も本当に久々にした中で、現場はいいなという感じです」とコメント。「指導して少し変化する。改善できないことがアドバイスで変化する。お互いにできたこと、できなかったこと、感じたことを共有しながら現場でやるのはやはり良いねという感じです」と語った。

実際に指導したチームの印象は「選手たちは真面目な選手が多く、真面目すぎるという感じもあるので、そういったところをどうアプローチしていくかという感じです」とコメント。「3日間で感じたところです。素直な部分では、指示に対して順応性が高いという部分もあるので、変えられるなという感じはあります」と、チームの変化にも自信を窺わせた。

新体制で臨む千葉戦は、ホームゲームとなり、すでにチケットは完売。チームの変化を期待して、多くの大宮サポーターが注目する試合となる。

千葉戦については「ホームゲームで勝ち点3、勝利を届けることができていないので、とにかく私自身は引き分けはいらないと。絶対に勝つんだということを選手にしっかりと伝えて、ピッチに送り込みたいと思いますし、こんな厳しい状況下の中では29日はチケットが完売しているという状況でもあるので、そういったことを選手自身も感じていると思います。とにかく、皆さんのために走って、走って、走りまくって勝つしかないと思います」と語り、応援してくれるサポーターのためにも勝利を届けたいと語った。

また、厳しい中でも応援してくれるサポーターについては「こういう状況であっても辛抱強く応援していただけるサポーターの皆さんには感謝するしかありません。その中で、私自身が監督になって、私の使命は皆さんに勝ち点3を届けるために選手を大きくサポートするしかないと思います。(チケットが)完売していると聞いて、皆さんの熱い想いをひしひしと感じて、選手たちには頑張らせますし、私自身も誠心誠意選手たちをサポートしたいと思います。ご声援よろしくお願いいた足ます」と語り、感謝を述べるとともに、勝利を届けると約束した。


関連ニュース
thumb

京都が12年ぶりのJ1昇格決定! 一方、松本&愛媛はJ3降格確定【明治安田J2第41節】

明治安田生命J2リーグ第41節の全11試合が28日に各地で行われた。 引き分け以上でJ1自動昇格圏内の2位以内が決まる京都サンガF.C.は8位のジェフユナイテッド千葉とアウェイで対戦。16分に京都がヨルディ・バイスの負傷というアクシデントに見舞われたものの、攻めの主導権を握る。ゴールレスで迎えた後半は千葉も反撃に転じたが、結局、0-0で終了。勝ち点を「83」に伸ばした京都は最終節を残した3位のヴァンフォーレ甲府と4ポイント差となり、2位を確定させ、2010年以来12年ぶりとなるJ1昇格を決めた。 一方、9ポイント差に9クラブがひしめく熾烈な残留争いもいよいよクライマックス。残り2節の段階でいまだ降格チームが1つも決まっていない状況だったが、18位のSC相模原と引き分けた最下位の松本山雅FC(勝ち点33)、11位の水戸ホーリーホックに1-2で敗れた21位の愛媛FC(同34)は20位以下が決まり、最終節を前にJ3降格が決定した。 20位のギラヴァンツ北九州(勝ち点35)は15位の栃木SC(同42)に1-2で敗れ、19位以下が確定。一方の栃木は残留が決定した。14位のレノファ山口FC(同42)は3位のヴァンフォーレ甲府に0-1で敗れたが、他会場の結果を受けて、栃木とともに残留争いから生還している。 そのほか、17位の大宮アルディージャ(勝ち点38)は5位のFC町田ゼルビアと引き分け、19位のツエーゲン金沢(同37)は7位のモンテディオ山形に2-1で勝利。16位のザスパクサツ群馬(勝ち点40)は首位のジュビロ磐田と0-0で引き分けた。この結果、北九州、相模原、大宮、金沢、群馬の5チームは残留を目指して、最終節に臨むこととなった。 なお、J3リーグの第29節を消化した時点で首位に立つテゲバジャーロ宮崎はJ2ライセンス不所持のため、このまま2位以内に終われば、J2リーグの降格圏は1枠減ることに。そのため、J2リーグで19位に終わってもJ3リーグの最終結果次第で降格を免れる可能性がある。 ◆第41節 ▽11/28(日) ブラウブリッツ秋田 1-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>4 東京ヴェルディ</span> SC相模原 1-1 松本山雅FC FC琉球 1-1 アルビレックス新潟 <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>水戸ホーリーホック 2</span>-1 愛媛FC ザスパクサツ群馬 0-0 ジュビロ磐田 ジェフユナイテッド千葉 0-0 京都サンガF.C. FC町田ゼルビア 0-0 大宮アルディージャ <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>ツエーゲン金沢 2</span>-1 モンテディオ山形 レノファ山口 0-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>1 ヴァンフォーレ甲府</span> ギラヴァンツ北九州 1-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>2 栃木SC</span> V・ファーレン長崎 0-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>1 ファジアーノ岡山</span> 2021.11.28 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

史上稀に見る大混戦のJ2残留争い…残り2節で8チームに降格の可能性、今節で3チーム降格確定の結末も

28日、明治安田生命J2リーグ第41節の11試合が行われる。 リーグ戦も残り2試合。J1への昇格はジュビロ磐田が決め、今節にもJ2優勝が決定する可能性がある。また、2位の京都サンガF.C.も引き分け以上で昇格が決定する状況だ。 一方で、残留争いは熾烈。残り2節の段階で1チームも確定しておらず、9チームに可能性があるという異例の事態。4枠という降格枠がどのように決まるかに注目が集まる。 ◆明治安田生命J2リーグ順位表(第40節終了時点) 14位:勝ち点42 レノファ山口FC(得失点:-13) 15位:勝ち点42 栃木SC(得失点:-14) 16位:勝ち点40 ザスパクサツ群馬(得失点:-19) 17位:勝ち点38 大宮アルディージャ(得失点:-8) 18位:勝ち点37 SC相模原(得失点:-18) ーーーーー残留ライン 19位:勝ち点37 ツエーゲン金沢(得失点:-22) 20位:勝ち点35 ギラヴァンツ北九州(得失点:-26) 21位:勝ち点34 愛媛FC(得失点:-28) 22位:勝ち点33 松本山雅FC(得失点:-36) 見ての通り、残留ラインを跨いで勝ち点37で3チームが並ぶ状況。1つ上の17位大宮までは勝ち点差「1」という混戦状況だ。 結果次第では今節で3チームの降格が確定する可能性がある一方で、結果次第では最終節に4チームが決定する可能性もあるという例年にない混戦状況だ。 ◆明治安田J2第41節カード SC相模原(18位) vs 松本山雅FC(22位) 水戸ホーリーホック(11位) vs 愛媛FC(21位) ザスパクサツ群馬(16位) vs ジュビロ磐田(1位) FC町田ゼルビア(5位) vs 大宮アルディージャ(17位) ツエーゲン金沢(19位) vs モンテディオ山形(7位) レノファ山口FC(14位) vs ヴァンフォーレ甲府(3位) ギラヴァンツ北九州(20位) vs 栃木SC(15位) 今節は残留争い中のライバル対決も準備されており、つくづく日程くんの仕事ぶりには驚かされる。 【降格決定条件:松本】 ◯:大宮、金沢が共に勝利で降格 △、×:降格 まず最下位の松本はギリギリ残留ラインにいる相模原との一戦だ。 松本は今節勝利しなければ降格が決定。勝利しても金沢と北九州が共に勝利した場合は降格決定となる。 最後に勝利したのは9月26日の北九州戦。9試合勝利がない中で意地を見せることができるのか。最終節まで望みを繋ぎたいところだ。 【降格決定条件:愛媛】 ◯:今節の降格はなし △:相模原、金沢いずれかが勝利で降格 ×:相模原、金沢いずれかが引き分け以上で降格 21位の愛媛も今節で降格の可能性がある。6戦未勝利の状況だが、今節水戸に勝利すれば、最終節まで残留争いを繰り広げられることとなる。 しかし、引き分け、負けの場合は他会場の結果次第で降格が決定。生き延びるためには勝ち点3が必要だ。ホームでは水戸に0-5と惨敗を喫しており、ここ5試合で2得点と攻撃陣が寂しい状況だけに苦戦が予想される。 【降格決定条件:北九州】 ◯:今節の降格はなし △:大宮、相模原、金沢のうち2チームが勝利で降格 ×:大宮が引き分け、相模原、金沢が勝利のうち2つ揃うと降格 20位の北九州も降格の可能性がある。非常に複雑な条件とはなるが、まず勝った場合は最終節まで持ち越すことが可能だ。 2節前には勝利を収めている北九州だが、直近4試合で得点は「1」。勝利に結びつけるのはなかなか難しい。相手も多少は余裕はあるものの、まだ残留が確定していない栃木だ。相手も必死に戦ってくるはずだ。 そして引き分け、負けの場合でも2つの条件が満たされなければ今節の降格は免れる。上に位置する、大宮、相模原、金沢の結果だ。この3チームの結果で2つ揃えば降格が決定。とにかく勝利して、最終節に望みをつなげたい。 なお、大宮、相模原は残留ラインに位置しているが、今節の結果で降格権転落の可能性がある。群馬も降格圏行きはないものの、最終節でのシビアな戦いを強いられる可能性は残っているだけに、首位相手の難しい試合で勝ち点を稼げるかは重要だ。 また、明治安田J3のテゲバジャーロ宮崎が2位以内を確定させれば、降格チームは3枠に減少。その辺りも関わるシビアな残留争いだが、とにかくどのチームも勝ち点3を獲得して優位に立っておきたいところだ。 2021.11.28 13:01 Sun
twitterfacebook
thumb

W杯制覇の佐々木則夫氏がJFAの女子委員長就任、大宮アルディージャVENTUS総監督は退任

大宮アルディージャは18日、大宮アルディージャVENTUS総監督兼大宮アルディージャトータルアドバイザーの佐々木則夫氏(63)の退任を発表した。 なお、佐々木氏は日本サッカー協会(JFA)の女子委員長に就任することが決定。大宮ではシニアアドバイザーに就任することとなる。 佐々木氏は、今年発足しWEリーグに参戦している大宮アルディージャVENTUSの総監督に就任。さらに、5月には岩瀬健監督の解任を受け、トップチームの暫定監督に就任していた。 J2では勝利を挙げられず、霜田正浩監督の就任に伴い退任するも、新チームである大宮アルディージャVENTUSを総監督として支えていた。 2011年には女子ワールドカップでなでしこジャパンを率いて優勝を達成し、2012年のロンドン・オリンピックでは銀メダル獲得など、日本の女子サッカー発展に大きく貢献した佐々木氏は、再びJFAで仕事に就くこととなる。 佐々木氏はクラブを通じてコメントしている。 「日本の女子サッカーが再び世界一を目指すために、クラブに理解いただいてこの決断をしました。大宮という街は私にとっての聖地ですし、大宮アルディージャ、大宮アルディージャVENTUSは、今までも、これからも、私にとって特別なクラブです」 「大宮アルディージャVENTUSから世界一になるメンバーが出ることを強く望んでいますし、私自身も微力ながらシニアアドバイザーとして今後もクラブに貢献していければと思っております。ファン・サポーターの皆さん、これからもよろしくお願いします!」 2021.11.18 17:58 Thu
twitterfacebook
thumb

負傷離脱の大山啓輔の名前が…J2残留の瀬戸際にいる大宮、山形戦でのエントリー手続き不備を謝罪

大宮アルディージャは16日、選手のエントリー不備について謝罪した。 大宮は14日に、明治安田生命J2リーグ第39節でモンテディオ山形戦を戦った。 熾烈な残留争いをする中、チームは土壇場の被弾で3連敗中。なんとしても勝利が欲しいアウェイゲームだった。 この試合では、大宮が発表したスターティングメンバーには大山啓輔が入っていたが、その後クラブが石川俊輝に訂正していた。 しかし、Jリーグの公式の登録メンバーでは大山のまま。その大山は10月24日に右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、今季中の復帰が無くなったばかりで、プレーすることは不可能だった。 クラブの発表とJリーグ公式の発表が異なるために、大きな混乱を招いたが、最終的には大山のままとなり、18名の登録が17名に。試合は4試合連続で試合終盤に被弾。勝ち試合を引き分けにしていた。 大宮は、クラブのエントリー手続きに不備があったとし、大事な一戦での稚拙なミスを謝罪した。 「11月14日(日)に行われた、2021明治安田生命J2リーグ第39節・モンテディオ山形戦 [14:00キックオフ@NDソフトスタジアム山形] において、試合エントリーに必要な申請手続きの不備により、メンバー17名で試合を迎えざるを得ない状況となりました」 「また、クラブ公式SNS等とJリーグ公式サイト等の発信内容に相違が生じたことで、ファン・サポーターの皆さまをはじめ、多くの皆さまに多大なるご心配をお掛けし、心よりお詫び申し上げます」 「今回の事案をクラブとして重大に受け止め、今後同様の事案が絶対に発生しないよう、クラブ内でしっかりと再発防止に取り組んでまいります」 「あらためまして、ファン・サポーターの皆さま、パートナー企業の皆さま、日頃よりご支援、ご声援をいただいている全ての関係者の皆さまにお詫び申し上げます」 現在大宮は17位に位置。しかし、降格圏の19位ギラヴァンツ北九州との勝ち点差は「1」という状況。残り3試合で残留を掴めるかの瀬戸際にいる。 2021.11.16 17:43 Tue
twitterfacebook
thumb

2位京都が勝ち点を81に伸ばして昇格まであと1勝! 残留争い組は揃って勝利無く混戦状態が継続【明治安田J2第39節】

明治安田生命J2リーグ第39節の7試合が13日に各地で行われた。 昨日の勝利により勝ち点差「4」に迫っている3位のV・ファーレン長崎を突き放したい2位の京都サンガF.C.は、ホームで13位のブラウブリッツ秋田と対戦。昇格に向けて勢いに乗る京都は2分、相手GKのゴールキックのミスを拾い、ショートカウンターから最後はピーター・ウタカが決めて先制する。これで勢いに乗ったかと思われたが、31分にボックス内で味方の折り返したを受けた武にボレーシュートを決められて同点とされる。 だが、ここで主導権を渡さない京都は、42分に再びショートカウンターからピーター・ウタカがフェイントで2枚を剥がす技ありゴールを決めると、その2分後に自陣からロングカウンターで秋田守備陣を崩し、ゴール前でフリーになっていた宮吉が3点目を奪った。後半に入っても京都が主導権を握り、その後はゴールを許すことなく試合終了。今節の勝利で勝ち点を81に伸ばし、次節勝利すれば昇格が決定する。 他会場の結果次第では降格圏から脱出する可能性のある20位SC相模原は、11位ファジアーノ岡山をホームに迎えての一戦。序盤から前線に人数をかけて攻勢に出る相模原は、4分にゴール前の混戦から松橋が決めて先制したものの、13分に岡山の石毛にスーパーゴールを決められて同点とされる。互いに譲らぬまま試合を折り返すと、50分にボックス内で岡山DFの連係ミスを拾った途中出場の安藤が冷静にネットを揺らして勝ち越しゴール。しかし、67分に自陣ボックス内の混戦から途中出場のイ・ヨンジェに同点ゴールを許すと、79分に上門に逆転ゴールを決められ万事休す。降格圏脱出が近づいていた相模原だったが、シーソーゲームを制すことができず、痛恨の敗戦となった。 残留争いも佳境を迎える中で最下位に沈む松本山雅FCは、アウェイで4位ヴァンフォーレ甲府と対戦。生き残るためには確実に勝ち点を積み上げたいところだが、19分にCKから失点すると、その後両チームともにゴールがないまま試合を折り返す。後半に入ってもしばらくスコアは動かなかったが、試合終盤にこちらもシーソーゲームが始まる。80分に松本がCKから伊藤が押し込んで同点とすると、直後の81分に甲府の関口がボックスのライン上中央からミドルシュートを突き刺して勝ち越し。何としてもポイントを積み上げたい松本は、83分に阪野のヘディングで再び同点に追いつくも、またもやその1分後に甲府が浦上のゴールで勝ち越して試合終了。最後に待っていたノーガードの打ち合いを制すことができなかった松本は、依然として最下位に沈んでおり、結果次第では次節にもJ3降格が決定する。 その他、12位の東京ヴェルディと対戦した18位のツエーゲン金沢は、残留争い脱却のために勝利を求められる試合だったが、ゴールを奪うことができないまま失点が重なり0-4の完敗。こちらも勝てば残留争いから距離を置ける16位のザスパクサツ群馬は、6位のFC町田ゼルビアと対戦。前半に失点を許したものの、畑尾の同点ゴールで1-1の引き分けとし、勝ち点1を積み上げた。そして、現在3連敗中で残留争いに引き戻されつつある17位の大宮アルディージャは、7位のモンテディオ山形と対戦。開始早々に先制し、1度は追いつかれたものの、34分に中野の勝ち越しゴールで1-2とした。しかし、3試合連続で被弾している試合終盤に樺山に同点ゴールを決められ、4戦連続土壇場で失点。痛恨のドローとなり、継続して残留争いを強いられることとなった。 ◆明治安田生命J2リーグ第39節 ▽11/14(日) SC相模原 2-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>3 ファジアーノ岡山</span> <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>ヴァンフォーレ甲府 3</span>-2 松本山雅FC モンテディオ山形 2-2 大宮アルディージャ 水戸ホーリーホック 1-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>3 ジュビロ磐田</span> FC町田ゼルビア 1-1 ザスパクサツ群馬 ツエーゲン金沢 0-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>4 東京ヴェルディ</span> <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>京都サンガF.C. 3</span>-1 ブラウブリッツ秋田 ▽11/13(土) <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>アルビレックス新潟 2</span>-0 愛媛FC レノファ山口 0-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>1 ギラヴァンツ北九州</span> <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>V・ファーレン長崎 3</span>-0 栃木SC FC琉球 2-2 ジェフユナイテッド千葉 2021.11.14 16:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly