オサスナ、エイバルの主砲FWキケ・ガルシアを獲得! 今季キャリアハイの12ゴール

2021.05.25 22:31 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オサスナは25日、エイバルからスペイン人FWキケ・ガルシア(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。また、契約解除金は1500万ユーロ(約20億円)に設定されている。ムルシアでプロキャリアをスタートし、ミドルズブラを経て2016年にエイバルに加入したキケ・ガルシア。加入初年度から主力ストライカーとしてポジションを掴むと、ここまで公式戦160試合に出場し37ゴールを記録していた。

今シーズンはチームが残留争いに巻き込まれて最終的に最下位でセグンダ降格を強いられた中、個人としてはいずれもキャリアハイとなるリーグ戦37試合12ゴールという見事な数字を残していた。

そして、エイバルとの現行契約満了に伴い、オサスナを新天地に選択した。
関連ニュース
thumb

ブライトン、主力CBウェブスターと新契約締結!

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは2日、イングランド人DFアダム・ウェブスター(26)と2026年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ポーツマスの下部組織出身のウェブスターは、イプスウィッチ、ブリストル・シティを経て2019年夏に4年契約でブライトンに完全移籍で加入。 190cmの屈強な体躯を生かした対人戦の強さを生かしたパワフルな守備を武器に、3バックと4バックを併用するグラハム・ポッター監督率いるチームの最終ラインの主軸として活躍。ここまでプレミアリーグ60試合に出場するとともに、得意のセットプレーから4ゴールを挙げている。 ポッター監督はビルドアップの局面でも成長を見せる頼れる主力DFとの新契約締結を心から喜んでいる。 「アダムはピッチ内外で我々にとって重要な存在であり、彼が我々のプロジェクトに参加してくれることを嬉しく思う」 「アダムは2年前に私とコーチングスタッフがこのクラブに参加した後、最初に契約したプレーヤーの一人で、その間の彼の成長を嬉しく思っている。彼は何度かゲームキャプテンを務めているが、それこそ彼の資質を証明している」 「彼が昨シーズンの素晴らしいパフォーマンスを、新しいシーズンでも継続してくれることを今から楽しみにしている」 2021.08.02 18:31 Mon
twitterfacebook
thumb

セルティック、昨季途中にマルセイユにレンタル移籍したMFエンチャムの退団を発表…移籍を巡ってひと騒動

セルティックはフランス人MFオリヴィエ・エンチャム(25)との契約解除を発表した。 ル・アブールの下部組織やマンチェスター・シティの下部組織で育ったエンチャムは、2015年7月にジェノアへとレンタル移籍を経験。2017年7月にセルティックへと加入した。 セルティックでは公式戦147試合に出場し24ゴール13アシストを記録していた。 2021年2月にはマルセイユへとレンタル移籍。しかし、エンチャムの獲得を巡ってはマルセイユ内で大きな問題となり、獲得を希望していない選手を勝手に連れてこられたとしてアンドレ・ビラス=ボアス監督がクラブへの不信感から辞任する騒動が起こっていた。 その後に就任したホルヘ・サンパオリ監督の下では信頼されず、公式戦6試合の出場に終わっていた。 2021.08.02 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

シェフチェンコ監督がウクライナ代表を退任!自身のSNSで感謝を綴る

ウクライナ代表を率いるアンドリー・シェフチェンコ監督(44)が、契約満了に伴い同代表監督を退任したことを明かした。 退任に伴い、シェフチェンコ監督は自身のインスタグラムで選手や協会、ファンへの感謝を綴った。 「今日、私とウクライナサッカー協会(UAF)との契約が終了しました。代表チームでの5年間は、私たちに現代サッカーができる能力があることを証明するという、難しい仕事でした。ウクライナ代表で働く機会を与えてくれたUAFの会長と執行委員会に感謝しているよ」 「すべての選手、チームに協力してくれた人、関わってくれた人々に感謝している。また、応援や批評をしてくださったファンの皆さんにも感謝を伝えたい。私たちは一緒になって、私たちのサッカーが競争的で、生産的で、エキサイティングなものになり得ることを示すことができました」 現役時代にディナモ・キエフやミラン、チェルシーで活躍したシェフチェンコ監督は、2016年2月からミハイロ・フォメンコ前監督(67)の下でアシスタントコーチを務めると、ユーロ2016で退任したフォメンコ前監督のの後任としてウクライナ代表監督に就任。 2018年のロシア・ワールドカップの出場を逃したが、ユーロ2020予選では10戦無敗でグループBを首位で突破。今年6月に行われた本大会ではグループCを3位通過したものの、準々決勝でイングランド代表に敗戦していた。 5年間指揮官を務めたシェフチェンコ監督のウクライナ代表代表での通算成績は25勝13分け14敗となっている。 2021.08.02 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

FCクラスノダールがポーランド代表MFクリホヴィアクを獲得、メディカルチェック後に契約

FCクラスノダールは1日、ロコモティフ・モスクワに所属するポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアク(31)の獲得を発表した。なお、メディカルチェック後に正式にサインするとのことだ。 ボルドーでプロデビューしたクリホヴィアクは、ランスやナントでのプレーを経て、2014年夏にセビージャへ加入。セビージャでは当時指揮を執っていたウナイ・エメリ監督の下、ヨーロッパリーグ(EL)3連覇などを達成。その後、2016年夏にエメリ監督と共にパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍した。 しかし、選手層の厚いPSGではポジション争いに苦しみ、2017-18シーズンはWBAへ、2018-19シーズンはロコモティフ・モスクワへレンタル移籍で加入すると、2019年の夏にレンタル先のロコモティフ・モスクワへ完全移籍。 ロコモティフ・モスクワでは、在籍3シーズンで公式戦108試合に出場し23ゴール15アシストを記録していた。 また、18歳でデビューしたポーランド代表ではこれまで82キャップを記録。先のユーロ2020にもポーランド代表として参加し2試合に出場していた。 2021.08.02 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、オーストリア代表FWアルナウトビッチを完全移籍で獲得!

ボローニャは1日、上海海港からオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(32)を完全移籍で獲得した。契約期間は明かしていないが、『Transfer markt』によれば2023年6月30日までとのことだ。 トゥベンテでプロデビューしたアルナウトビッチは、ブレーメンやストーク・シティ、ウェストハムでのプレーを経て、2019年7月に上海海港(元・上海上港)に加入。上海海港では在籍2 年で、公式戦39試合に出場し20ゴール4アシストを記録していた。 なお、アルナウトビッチはトゥベンテからのレンタル移籍で、2009-10シーズンの1シーズンだけインテルでプレーしており12年ぶりのセリエA復帰となる。 2021.08.02 01:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly