トゥヘル、最終節敗戦もCL出場権獲得に安堵「ラッキーだった」

2021.05.24 15:53 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に安堵の表情を浮かべている。イギリス『フットボール・ロンドン』が試合後のコメントを伝えた。23日に一斉に開催されたプレミアリーグ最終節。前節にレスター・シティを下して3位に浮上したチェルシーは、勝てば自力でCL出場権を獲得できる有利な立場に立っていた。

ところが迎えたアストン・ビラ戦。PK献上もあり、後半立ち上がりまでに2失点を喫する苦しい展開を強いられると、反撃はDFベン・チルウェルの1点にとどまり、2-1で敗戦してしまった。これで4位のリバプールと5位のレスターに大きなチャンスが巡ってきた中、リバプールはクリスタル・パレス戦を制して3位フィニッシュを決めた。

一方、レスターはトッテナム相手に2度のリードを得るも、終盤にFWガレス・ベイルの二発を浴び、2-4で敗戦。この結果、チェルシーの4位が確定し、命からがらCL出場権を獲得するに至った。

トゥヘル監督は、アストン・ビラに敗れたチームの準備が万全ではなかったと認め、レスターを倒したトッテナムに感謝。正直に「ラッキーだった」と最終節を振り返った。

「我々の試合が終わる3、4分前にレスターがすでに終えていたことを知っていたた。つまり、結果はわかっていたし、我々が勝ち残ったことは明確だった」

「それが最大の目標だったが、明らかに今日はそのためのプレーや準備ができていなかった。我々は試合に勝つことを目指して準備した。今回も絶対に勝てると思っていた」

「アストン・ビラ相手にチャンスを作ったりゴールしたりすることは非常に難しい。だが、我々はそれができていたはずだ。彼らはまだ若いチームのため、我々は上回れるよう努力した。毎試合が学びであり、それがシーズンを通じての我々の物語だった」

「今日はトッテナムが我々の助けをしてくれてラッキーだったね。我々は敗れても4位に入れる立場にあり、それが可能だったのは、チームがハードワークし、一貫した良い結果を残してきたからだ」

「我々は細部を調整する必要があり、ポジティブな結果が得られるよう、土曜日(29日)へ向けて正確に合わせなければならない」
関連ニュース
thumb

クリスタル・パレス、チェルシーからU-21イングランド代表MFギャラガーをレンタルで獲得

クリスタル・パレスは30日、チェルシーからU-21イングランド代表MFコナー・ギャラガー(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ギャラガーはチェルシーのアカデミー出身で、2019-20シーズンはチャールトン、スウォンジーへの武者修行を経験すると、ここでの活躍が評価され、昨季はウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)へレンタル移籍で加入。自身初となったプレミアリーグでは、30試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。 クリスタル・パレス加入の決まったギャラガーは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「契約を結ぶことができてうれしい。ここに来ることができて興奮しているし、早くここで仕事がしたね」 「僕は監督とクラブが目指しているスタイルや求めれるプレーについて話し合って、自分に合うと思うし最適だと感じた。監督やチームメイトから多くを学べると思っているよ」 2021.07.31 07:10 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがアウェイユニフォームを発表!3年振りの黄色に

チェルシーは29日、2021-22シーズンのアウェイユニフォームを発表した。 デザインは黄色がベースになっており、黒い横縞がシャツ全体に描かれている。また、Uネックになっている襟は前半分が黄色、後ろ半分が黒に切り替わっている。袖口は黒色だ。胸には数字の“3”をモチーフとするイギリスの大手通信会社「スリー」のロゴが入っている。 ショーツは黒基調な一方、ソックスについては黄色に黒のストライプが施されている。 アカデミー出身のMFメイソン・マウントはこのキットについて「この数年間を見ると、インパクトを与えてくれたヒーローたちの黄色いユニフォームを覚えている。選手として僕たちは同じことを行い、この新しいユニフォームでさらに特別な瞬間を作り出すことができると感じているよ!」とコメントしている。 チェルシーは過去にもイエローのアウェイキットを度々採用。直近では2018-19シーズンも黄色ベースだった。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】チェルシーの黄色いアウェイユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Wiz Khalifa vibes right now <a href="https://twitter.com/hashtag/BlackAndYellow?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BlackAndYellow</a>! <a href="https://twitter.com/hashtag/ItsAChelseaThing?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ItsAChelseaThing</a></p>&mdash; Chelsea FC (@ChelseaFC) <a href="https://twitter.com/ChelseaFC/status/1420649518589169665?ref_src=twsrc%5Etfw">July 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> ■GKお手上げ! 軌道が読めないドログバの無回転ロングシュート <div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhYk9HZE01dyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/Chelsea_Away_2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/Chelsea_Away_3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/Chelsea_Away_1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.07.30 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

2020-21シーズンのUEFA最優秀ゴールはポルトのイラン代表FWタレミの圧巻バイシクルに!

欧州サッカー連盟(UEFA)は29日、2020-21シーズンの最優秀ゴール賞(Goal of the Season)を発表した。 今回の対象は2020-21シーズンのUEFA主催大会において決まったゴールで最終候補には10個のファインゴールが選出されていた。 『UEFA.com』の一般ファン投票によって選出された2020-21シーズン最高のゴールは、ポルトのイラン代表FWメフディ・タレミがチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのチェルシー戦で決めたバイシクルシュートとなった。 このゴールはポルトが2戦合計0-2のスコアで迎えた94分、右サイド深くでDFナヌが上げたクロスをファーサイドのタレミが右足のバイシクルシュート。これがゴール右隅の完璧なコースに決まったものだった。 チームを逆転突破に導くゴールとはならなかったものの、タレミのゴールは約30%の投票を獲得し、文句なしの最優秀ゴールとなった。 また、次点はイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェがユーロ2020準々決勝のベルギー代表戦で決めたミドルシュート、3位にはレンジャーズのイングランド人FWケマル・ルーフェがヨーロッパリーグ(EL)グループステージのスタンダール・リエージュ戦で決めたロングシュートとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】欧州王者に一矢報いるスーペルゴラッソ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> The UEFA Goal of the Season winner!<br><br> Congratulations, <a href="https://twitter.com/MehdiTaremi9?ref_src=twsrc%5Etfw">@MehdiTaremi9</a>!</p>&mdash; UEFA (@UEFA) <a href="https://twitter.com/UEFA/status/1420666067957997569?ref_src=twsrc%5Etfw">July 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.29 20:06 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、第3GKにフルアム退団のベッティネッリを獲得

チェルシーは28日、フルアムを退団していた元イングランド代表GKマーカス・ベッティネッリ(29)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの2年間となっている。 チェルシーではこれまで第3GKの立ち位置にいた元アルゼンチン代表GKウィリー・カバジェロ(39)が退団していた。 フルアム下部組織出身のベッティネッリは、2014-15シーズンにチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したフルアムで正GKとしてプレー。ただ、その他のシーズンは控え扱いに留まり、出場機会は限られていた。 ただ出場歴こそないものの、2018年9月にイングランド代表に招集。UEFAネーションズリーグの3試合を含む計4試合でベンチ入りした経験を持つ。 昨季はミドルズブラにレンタル移籍し、チャンピオンシップで41試合に出場していた。 2021.07.29 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

セインツがチェルシーからU-19イングランド代表DFを獲得!

サウサンプトンは27日、チェルシーからU-19イングランド代表DFディネル・シメウ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 なお、当面はサウサンプトンBでプレーすることになる。 カメルーン生まれのシメウはU-13カテゴリーからチェルシーのアカデミーに加入。強靭なフィジカルを駆使したパワフルな対人守備を特長とするセンターバックは、2019年にプロ契約を締結した。 チェルシーではトップチームデビューを果たせなかったものの、U-18チームやリザーブチームでは主力としてプレーし、イングランドの世代別チームの常連でもある有望株だ。 2021.07.28 18:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly