ジョン・テリーが将来の野望を明かす「もちろん、チェルシーの監督だ」

2021.05.22 20:36 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラでアシスタントコーチを務めるジョン・テリー氏が、将来的にチェルシーで監督を務めるという目標を口にした。イギリス『タイムズ』が伝えている。2018年にアストン・ビラで現役を退いた直後から、同クラブのディーン・スミス監督の下でアシスタントコーチへ転身したテリー氏。指導者として3シーズン目の今季も終わりを迎えるが、その最終戦は現役時代に公式戦717試合に出場したチェルシーだ。

古巣戦を前に『タイムズ』のインタビューに答えたテリー氏は、指導者としての野望を明らかにしながらも、ビラでもう1年経験を積み、適切なステップを踏むという現実的な考えを持っているとも話した。

「私の野望は明らかだ。最終目標、それはチェルシーの監督を務めることだ」

「願望を言えば、私が率いるチームは非常に正直で、非常に組織されていて、よく訓練されていて、準備も万端。そして4バックで勝てればいいと思っている」

「ランプス(フランク・ランパード)やスティービー(スティーブン・ジェラード)の成功を見てきた。ランプスのチェルシーでの1年目や、スティービーがレンジャーズで成し遂げたことは信じられないほどだ」

「当時の私は、監督になる準備ができていなかったかもしれない。だが今は大丈夫だ。それでも何かに飛びつくつもりはない。ここに来てからすでに2つのオファーを断っている」

「適切な規模のクラブがいい。しかし、私がここを去るには何か特別なことが必要になる」

「私はビラであと1年過ごす。急いでいるわけじゃないため、恵まれた立場だと言えるだろう」

「私はナンバーワンになりたい。いつかなれると信じている」

なお、6月にS級ライセンス取得が見込まれているテリー氏には、ボーンマスやクリスタル・パレス、シェフィールド・ユナイテッドなど複数のクラブが関心を持っていると言われている。

しかしながら、トッテナムやウェストハムといった、いわゆるチェルシーにとってロンドンのライバルと言えるクラブに行くつもりはないようだ。

「スパーズは私がしない唯一の選択だ。ウェストハムも確実に歓迎されないだろう」
関連ニュース
thumb

ビラ、グリーリッシュ移籍金でさらに補強か…ウォード=プラウズ獲りの再入札を検討

今夏の戦力増強に精を出すアストン・ビラだが、その動きはまだ続くようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 昨季のプレミアリーグで一時期に上位をかき乱す存在になるなど、残留争いに巻き込まれることなく、最終的に11位でフィニッシュしたビラ。シンボルプレーヤーであるイングランド代表MFジャック・グリーリッシュの流失危機にこそ直面しているものの、昨季の流れを新シーズンのさらなる上位進出に持ち込もうと、今夏に積極補強を遂行している。 アーセナルも目を光らせたアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディアをノリッジ・シティからクラブレコードの移籍金3300万ポンド(約50億4000万円円)で射止めたほか、インテルからのフリー加入で元イングランド代表DFアシュリー・ヤングが復帰。さらに、先日にレバークーゼンからジャマイカ代表FWレオン・ベイリーの獲得合意を発表した。 そんなビラがマンチェスター・シティ行きの噂で揺れるグリーリッシュの退団にも備えて、次に着眼するのがサウサンプトンでFKの名手として名を馳せるイングランド代表MFジェームズ・ウォード=プラウズ(26)。移籍金2500万ポンド(約37億8000万円)の1stオファーこそサウサンプトンの門前払いを食らったが、2度目の入札を検討しているという。 グリーリッシュの売却で1億ポンド(約151億6000万円)を手にする様相のビラはそのほかにもノリッジ・シティのイングランド人MFトッド・キャントウェル(23)を狙っており、マンチェスター・ユナイテッドでプレーするイングランド人DFアクセル・トゥアンゼベ(23)のレンタルも画策。ただ、トゥアンゼベを巡ってはニューカッスルの興味がある模様だ。 2021.08.03 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ移籍の可能性高まるグリーリッシュにOBが同情「少し気の毒に感じている」

かつてマンチュエスター・シティとアストン・ビラに所属した元イングランド代表MFのガレス・バリー氏が、イングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)の去就について語った。イギリス『ミラー』が伝えている。 昨シーズン、アストン・ビラで公式戦27試合出場7ゴール12アシストの成績を残したグリーリッシュは、イングランド代表の一員としてユーロ2020にも参加。5試合に出場し2アシストの成績を残しており、チームの準優勝に貢献した。 こうした活躍を受け、グリーリッシュにはビッグクラブから高い関心が寄せられることに。その中でもシティは獲得に真剣な姿勢を見せ、7月30日に移籍金1億ポンド(約152億5000万円)のオファーを打診したと報じられている。 一方で、グリーリッシュとアストン・ビラは昨年9月に契約を更新。2025年まで契約は残っていることもあり、本人がどのような決断をするか注目されているが、現役時代にアストン・ビラからシティへ移籍した経歴を持つバリー氏は、自身の経験からグリーリッシュは現在深く悩んでいるはずだと語った。 「ジャックの移籍は、私の過去を思い出すね。私は彼の頭が現在どういう状態か知っている。そしてそれは、とても難しい決断になると思う」 「彼はビラを愛している。チームのサポーターでもあり、彼の家族も皆がそうだ。彼の頭は今混乱しているだろうし、本当に難しい決断になるだろう。私がそうであったように、彼も長い間ビラにすべてを捧げてきたんだ」 「今が退団に適した時期だと感じているのか、それとももう1シーズン待ってもいいと思っているのか、彼の考えは私にはわからない。人生は何が起こるかわからず、物事は変わるものだ」 「ビラのファンとしては、彼にもう1年残ってもらいチームが何を成し遂げられるか見てみたいと感じているだろう。そしてシティのファンとしては、彼が今来てくれることを望んでいるはずだ」 「ジャックはまだ成長しており、自分のゲームをもう一つ上のレベルに引き上げることができる。これは大きな決断となるが、私は記憶がよみがえってくるにつれ、今の彼を少し気の毒に感じているよ」 2021.08.03 13:33 Tue
twitterfacebook
thumb

主審が観客にイエローカード掲示? イングランドのPSMで主審と観客がお茶目な掛け合い

先週末にイングランドで行われたプレシーズンマッチで主審がスタンドの観客にイエローカードを掲示する珍しい場面があった。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 この珍しい出来事が起こったのは、7月31日にアシュトン・ゲートで行われたブリストル・シティとアストン・ビラの一戦。 このゲームを裁いていた、プレミアリーグではお馴染みのケビン・フレンド氏は後半終盤にアウェイのビラにFKを与える。 だが、アウェイのゴール裏に陣取っていた一部のビラサポーターは、試合を通してブリストル生まれの50歳レフェリーの判定に納得がいかなかったのか、「あんたはクソなマイク・ディーンのようだな」と、イングランドであまり評判が芳しくないレフェリーのマイク・ディーン氏とフレンド氏を比較するチャントでイジりを敢行。 これに対してフレンド氏は大げさに肩をすくめるリアクションで応えると、楽しくなってきたビラサポーターは、さらに「ケビン、こっちに手を振ってくれよ」と、よりフレンドリーなチャントで相手のリアクションを促した。 すると、フレンド氏はバニッシングスプレーでブリストルの選手に壁の位置を示した直後、キッカーのDFアシュリー・ヤングに一旦プレーを止めるように制した後、ゴール裏のビラサポーターに向けてイエローカードを掲示すると共に、「君たちへのカードだぞ」っとばかりに指を差すジェスチャーを見せた。 この思わぬリアクションに大満足のビラサポーターは歓声と共に見事なユーモアを披露したフレンド氏に拍手を送った。 新型コロナウイルスの影響で一昨シーズン終盤から無観客開催が続いたプレミアリーグだが、ワクチン接種が進んだこともあり、新シーズンに向けてスタジアムにサポーターが戻ってきている。 レフェリーにとってサポーターは常に自身の判定にプレッシャーをかけてくるある意味で敵のような存在だが、無観客での開催が続いていたこともあり、フレンド氏は久々のサポーターとの掛け合いを誰よりも楽しんだようだ。 ちなみに、試合はカテゴリーで上位に位置するビラがエースFWオリー・ワトキンスのゴールなどで3-0の勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】フレンド主審がビラサポーターにイエローカード掲示</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/htTLm0CUgt">pic.twitter.com/htTLm0CUgt</a></p>&mdash; Sebastian Bacon (@SebastianBacon8) <a href="https://twitter.com/SebastianBacon8/status/1421532206242189313?ref_src=twsrc%5Etfw">July 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.08.02 14:59 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーリッシュ獲りに迫るシティ、ケインから撤退の可能性

マンチェスター・シティはトッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン(28)の獲得から撤退する可能性があるようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 昨季限りで契約満了のアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロがバルセロナに移籍して、穴埋めに動くシティ。その筆頭候補に目されるのがチームタイトルを欲して、トッテナムからの移籍意思を抱いているといわれるケインだ。 ただ、シティはそれと並行して、アストン・ビラのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)を狙っており、成立すればイングランド史上最高額の移籍金1億ポンド(約152億4000万円)のオファーを打診したことが判明している。 あとはグリーリッシュの決断次第というところまで迫っているともされるシティだが、ケインとの両獲りは財政面にも非現実的。トッテナムは移籍金として1億ポンド以上を求めているといわれ、まず現有戦力の一部を売る必要があるという。 なお、ケインとトッテナムの現行契約は2024年まで。トッテナムのダニエル・レヴィ会長は非売品であることを強調しており、少なくとも移籍金として1億5000万ポンド(約228億6000万円)を要求しているといわれる。 2021.08.02 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

あとはグリーリッシュ次第…ビラがシティの152.5億円オファーを受け入れか

マンチェスター・シティとアストン・ビラの間でイングランド史上最高額の移籍が成立するかもしれない。 今夏の移籍市場でバルセロナにフリー移籍したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに代わるストライカーの獲得を目指すシティ。その動きと平行して獲得に乗り出しているとされるのがジョゼップ・グアルディオラ監督も長らく称賛するビラのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)だ。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、そのシティは7月30日に移籍金1億ポンド(約152億5000万円)のオファーを打診。要求額を満たす入札を受けたビラはまだ正式な返事をしていないようだが、キャプテンの移籍を認める見込みで、あとは選手本人の決断次第というところまできている模様だ。 上記の額でシティ行きとなれば、イングランド史上最高額の移籍金に。従前の最高額は2016年夏にフランス代表MFポール・ポグバがユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに再加入する際に記録した8900万ポンド(現レートで約135億7000万円)で、実現すれば大幅更新となる。 そんなグリーリッシュとビラの契約は昨年9月に更新されたばかりで、2025年まで。だが、シティの宿敵マンチェスター・ユナイテッド行きが取り沙汰された昨夏に続いて、今夏もシンボルプレーヤーの引き留めを狙うビラは条件面を改善した新契約を提示している状況だったという。 なお、シティは新たなストライカーとして、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(28)にも着眼。今夏の早い段階で1億ポンドのオファーを打診したが、グリーリッシュとの両獲りとなれば、現有戦力から数名の売却が必要になっているとみられる。 2021.08.01 10:55 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly