板倉滉がフローニンヘンの今季最優秀選手に選出!堂安律に次いで2人目

2021.05.22 21:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フローニンヘンの日本代表DF板倉滉が今季のクラブ年間最優秀選手に輝いた。

板倉は2019年1月に川崎フロンターレからマンチェスター・シティへと完全移籍すると、そのままフローニンヘンへとレンタル移籍。今シーズンも継続してレンタル移籍している。

今季の板倉は、センターバックとしてリーグ戦全34試合でフルタイム出場を達成。チームに欠かせない存在であることを示した。

サポーターの投票で選ばれるこの賞だが、板倉は47ポイントを獲得。2位のオランダ人GKセルジオ・パット(28ポイント)に大差をつけての受賞となった。

板倉は自身のツイッターを更新し、受賞の喜びを語っている。

「Player of the yearに選出されました!フローニンゲンのチームメイト、コーチングスタッフ、サポーター、日本で応援してくれた皆んなに感謝!!

なお、日本人選手が受賞するのは、堂安律(現アルミニア・ビーレフェルト)に次いで2人目となる。



1 2
関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.80】冨安負傷のアクシデントに冷静に対処。守備のマルチタスクが東京五輪躍進のカギを握る/板倉滉(フローニンヘン/DF)

「非常に重要な選手。国際舞台で戦うことに長けている」と17日に対峙したU-24スペイン代表のルイス・デ・ラ・フエンテ監督に言わしめた若き守備の要・冨安健洋(ボローニャ)。そのキーマンが22日の東京五輪初戦・U-24南アフリカ戦(東京・味の素)をまさかの負傷欠場。森保一監督率いるU-24日本代表は予期せぬ事態にいきなり見舞われた。 「何らかのアクシデントはあるだろうとは思っていましたけど、まさかしょっぱなで来るとは思っていなかった」とキャプテン・吉田麻也(サンプドリア)も神妙な面持ちで言うほど、チームにとって衝撃は大きかった。 そこで奮起したのが、スタメンに抜擢された板倉滉(フローニンヘン)だ。 「つねにスタメンを奪いに行くつもりで練習からやっていますし、『ベンチでいいや』とか『自分が出た時に頑張ればいい』という気持ちでやっていてはダメだと思いますし、スタメンの選手をどんどん脅かしていく存在にならないといけない。ボランチで出てもセンターバック(CB)で出ても、とにかく自分のよさを出してチームにためにというのは第一に考えています」と事前合宿でも強調していたが、重圧のうかる大舞台初戦でも彼は平常心を失わなかった。 コロナ陽性者が出て準備がままならなかった相手が5-4-1の超守備的布陣を敷いてきたこともあるが、板倉はコンビを組む吉田と意思疎通を図りながら落ち着いてボールポゼッションに参加し、攻撃の起点になろうとしていた。吉田や酒井宏樹(浦和)とは5月28日の2022年カタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選・ミャンマー戦(フクアリ)でも最終ラインを構成し、左の中山雄太(ズウォレ)ともU-18日本代表時代から積み上げてきた関係があるだけに、安心してプレーできたことも大きいだろう。前半は相手のシュートが1本とほぼ攻められることもなく、「冨安の穴」を一切、感じさせなかった。 後半も日本ペースが続いたが、前半に比べて相手はやや攻めに圧力をかけてきた。特に久保建英(レアル・マドリー)の後半26分の一撃が決まった後は4バックにシフトして攻め込んできた。それでもオランダ・エールディビジで20-21シーズンリーグ戦全試合フル出場という偉業を達成した男はバタバタしなかった。最後まで失点を許さず、1-0の勝利に貢献。「試合の進め方としてはよかった」と板倉本人も手ごたえをつかんだ様子。国際経験や戦術眼含め、冨安に匹敵するレベルのマルチタスクがいてくれたおかげで、森保監督も心から「助かった」と感じているのではないだろうか。 18人しかベンチ入りできない五輪のような大会では、幅広い役割を担ってくれるハイレベルの選手が何人いるかが勝負の分かれ目になる。今回はコロナ禍の特例で選手枠が22人に拡大され、もともとバックアップメンバーだった林大地(鳥栖)や町田浩樹(鹿島)がベンチ入りできたのは朗報だが、この先も何が起きるか分からない。 実際、守備陣に関しても、すでに中山がイエローカード1枚をもらっていて、遠藤航(シュツットガルト)も警告を受けてしまった。25日の次戦・メキシコ戦(埼玉)が勝ち点3同士のグループ突破をかけた大一番となることをを考えると、28日のフランスとの3戦目は2人揃って出場停止という事態も視野に入れなければいけない。 そこで、CBでもボランチでも臨機応変にこなせる板倉がいることは、チームにとって何よりの安心材料になる。特にボランチは田中碧(デュッセルドルフ)しか本職がいない手薄感のあるポジション。板倉がいなければ回らない部分も少なくない。大会前は「サブからのし上がる」と野心をみなぎらせていた彼が東京五輪のキーマンになる可能性は少なからずあるのだ。 「航君と碧とボランチは外から見ていてすごくいい連携でできていると思います。(12日のU-24)ホンジュラス戦(ヨドコウ)では前半お互いがいい距離感で中盤を経由してタテパスをつけれていた。そこはいいなと思います。2人の長所と自分の長所は違うし、同じことをやろうとは思っていないけど、できるだけのことをチームに還元したいです」と彼は自らのやるべきことを整理している。遠藤と田中碧の距離感や連携に近いものをどちらと組んでも出せれば、チームの安定感やバランスは崩れないはずだ。 メキシコやフランス、さらに決勝トーナメントで対峙するであろうブラジルやスペイン相手にクオリティの落ちないパフォーマンスを維持し、悲願の金メダルを手にできれば、板倉自身の今後のキャリアも大きく変わる。レンタル元のマンチェスター・シティ復帰、あるいは他の強豪クラブへの移籍も見えてくるかもしれない。日本代表でも「吉田と冨安の控え」という立場から「ボランチもCBもこなせる主力」へと飛躍を遂げられる可能性もあるのだ。 温厚なキャラクターの彼はそこまで野心を強く押し出すタイプではないが、心の中は燃えたぎるものがあるはず。ここまで同世代の冨安、中山の後塵を拝する傾向が強かったものの、この大舞台で序列を変えられれば、理想的なシナリオだ。南ア戦を自信にして、残り5試合で持てる全てを出し切ってほしいものである。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.07.25 11:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ロッベンが2度目の引退 「結論から言えば…」

フローニンヘンは15日、元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(37)が現役を引退することを発表した。 2度目の引退発表となるロッベンは、クラブの公式サイトを通じて別れと感謝の言葉を述べている。 「1年前、私はフローニンヘンの選手としてカムバックすることを発表した。エネルギーと熱意を持ってこの冒険に乗り出したんだ」 「昨シーズンを振り返ってみると、結論から言えば試合時間数は残念な結果となった。最後の試合の後、将来のことはじっくり考えて決断すると言った。理性と感情は正反対で、とても難しいことだった」 「私の中のサッカーの心はエウロボルグでのフル出場という究極の目標を掲げて前に進むことを望んでいた。しかし、辞めるという決断は正直で現実的なものだ」 「したがって、私は今日から選手ではなく、このクラブのサポーターになる。この1年間、私に温かいサポートや優しいメッセージをくれたサポーターやファンの皆さんに感謝しているよ。とても素晴らしく、心温まるものだった」 「すべてのもの、そしてすべての人が、満員のスタジアムで美しいサッカーシーズンを過ごせること、そして何よりも健康であることを祈っている」 フローニンヘンでプロキャリアをスタートさせ、チェルシーやレアル・マドリー、バイエルンといったビッグクラブを渡り歩いて輝かしい経歴を築いたロッベン。8度のリーグ優勝に加えビッグイヤーも掲げたバイエルンで2019年7月に現役を一度引退したものの、新型コロナウイルスの影響で財政が逼迫していたフローニンヘンの一助になるため、1年後に現役に舞い戻っていた。 19年ぶりに古巣に戻り、シーズン開幕前のフレンドリーマッチで早速得点を挙げるなど、高い期待が寄せられていたが、約1年4カ月ぶりの公式戦となったエールディビジ開幕戦でふくらはぎを負傷。3試合の欠場を経て第5節で復帰したものの、ケガが悪化し、10月下旬から4月上旬までの長期離脱を強いられた。 結局、昨シーズンの出場は7試合のみとなり、出場時間はフル出場一度の263分だった。クラブキャリア通算では、公式戦614試合209ゴール166アシストを誇った。 2021.07.15 20:47 Thu
twitterfacebook
thumb

「プレー面で頼りになる」OAを語るDF板倉滉、ポジション争いは「負けないようにやらないと」

U-24日本代表は7日、国際親善試合のジャマイカ代表戦に向けてトレーニングを実施した。 5日に行われたU-24ガーナ代表戦で6-0と勝利を収めたU-24日本代表。オーバーエイジの3選手が入ったチームは、パフォーマンスが一段階上がった中、強度の高さを見せていた。 この日のオンライン取材に応対したDF板倉滉(フローニンヘン)はここまでのパフォーマンスについて「3試合をやりましたけど、色々なところでポジティブなところが見えていて、1戦1戦良くなっています」と語り、「チームは流動的に動いていましたし、さらにもっともっと強くなるという実感があります」とコメント。U-24ガーナ代表戦を含め、チームとして徐々にパフォーマンスが上がっていると語った。 またOAの選手については「プレーのところで、すごくキャリアがあるのを感じますし、経験を積んでいる選手たちなので、そこはまずプレー面で頼りになります」とピッチ上での存在感を語ると、「普段のところでもすごく積極的にコミュニケーションをとってくれていますし、みんなが絡みやすい存在なので、そこはすごく良いのかなと思います」とし、ピッチ外でも力になっていると語った。 一方で、国内組の選手たちはなかなか絡みに行かない感じだが「それは多少あると思います」と板倉も感じている様子。「コロナで制限もあって、食事でも喋れないとかあるので、ピッチ内でもっとコミュニケーション取れればなと思いますし、そこの間に自分は上手く入っていければと思います」と、A代表でも一緒にやっていたこともあり、仲介したいと語った。板倉は「OAの選手たちも話せば気さくなので、国内組の選手もどんどん絡んで欲しいです」と、積極的に話しかけていって欲しいと語った。 12日にはジャマイカ代表戦を戦うが「とにかくオリンピック初戦の南アフリカを想定して。ジャマイカもA代表ですし、自分たちにフォーカスして、ガーナ戦よりも良いものを作って、終われればなと思います」と語り、良い結果を出したいと語った。 U-24ガーナ戦では、MF田中碧(川崎フロンターレ)が削られた際に吉田が猛抗議。そのシーンについては「麻也君はチームを第一に考えてくれることを感じますし、航君、宏樹君もそうですけど、よりチームが良い方向に向かうように考えてくれているなと日頃から感じています」とコメント。「味方が削られて、このタイミングでのケガは良くないですし、ラフプレーだったのでそこを抗議してくれたのは麻也君でしたし、チームのことを第一に考えてくれています」と語り、キャプテンとしての振る舞いが素晴らしいと語った。 また、OAの存在によりポジションが奪われる可能性があるが「このままでは試合に出られないと思っていますし、麻也君、航君が同じポジションに入って、ガーナ戦も安定していました」と語り、「そこに割って入って、負けてはいけないので、チームメイトですけど、負けないようにやらないといけないと思います」と語り、ポジション争いに挑むと語った。 OAとの融合については「チームコンセプトはみんな理解していますし、OAの選手が入ってきていますが、みんなが知っている存在で、長所やどういう選手かは理解していて、OAの選手もどういう選手かを見てくれているので、そこのズレはないと思います」とコメント。「もっともっと良くなると思いますし、OAが入ってチーム自体も間違いなく強くなっていると思うので、さらにコミュニケーションとりながら、細かいところ確認しながら、ラストのジャマイカ戦を良いものにしていければと思います」と語り、トレーニングで詰めていき、ジャマイカ戦で結果を出したいと語った。 2021.06.07 18:58 Mon
twitterfacebook
thumb

「よく寝て、よく食べる」全試合フルタイム出場の板倉滉、さらなるステップアップを「今より上のクラブでやりたい」

日本代表は25日、ミャンマー代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選に向けた合宿2日目を行なった。 オール海外組で行われるミャンマー戦。全選手が集合し、トレーニングを行った。 トレーニング前、MF板倉滉(フローニンヘン)がオンラインのメディア取材に応じ、終了したばかりのブンデスリーガについて語った。 板倉はマンチェスター・シティからレンタル移籍で引き続きフローニンヘンでプレー。CBのレギュラーとして信頼され、エールディビジ全34試合に出場し1ゴール1アシスト。フィールドプレーヤーとしては数少ないフルタイム出場を果たしていた。 クラブの年間MVPも受賞し、エールディビジのベストイレブンにも選出された板倉。今シーズンを振り返り「まずは全試合フル出場できたことは1つ大きなポイントかなと思いますし、シーズン前からそこは目標にしていたので、達成できたことは良かったです」とコメント。「何よりケガなく毎試合できたことで、凄く充実感を感じていました」と満足いくシーズンだったと語った。 またCBで1シーズンで続けたことについては「フローニンヘン入って2年半経って、最初から後ろで使われて、代表ではボランチもやりましたが、シーズン通してCBでやっていました。基本的にはCBとして1年間使ってもらって、どっちが良いのと聞かれることもありますが、監督が必要としてくれる場所でやろうと思っていました。CBとして使ってくれた監督に感謝しています」とコメント。信頼を置いてくれた指揮官に感謝した。 それでも「プレーオフで2勝して来年につなげたかったですが、CBとしてシーズンを通して使ってもらえたことは自分にとって大きいです」と語り、しっかりとCBでプレーできたことが自信となっているようだ。 成長した部分については、「細かいものはたくさんありますが、1年間試合に出させてもらったことが自信に繋がったのが大きな得たものかなと思います」と語り、メンタル面で得たものが大きかったとコメント。特に何か変えたことなどはないとしながらも、「今まで大きな怪我をしてきてないので、元々大きな怪我はしないタイプですが、事故で試合の中で大怪我をすることもあると思いますが、それはなくて良かったです」とし、ケガなく戦えたことも良かったと語った。 その中でも意識した点については「よく寝て、よく食べることは常に意識していました」と語り、「今年に限らず、前から続けていることですが、結果としてケガなくやれたことは良かったです」と、しっかりとした生活を送ることが大事だと感じているようだ。 とはいえ、体も一回り大きくなり、筋トレの継続も効果が出ている状況。「自分自身でも日本からヨーロッパに来た当初と、今では全然違うと思いますし、体も確実に強くなっていると思います」と語り、「そういうのもあって自信になったり、プレーしながら感じられていました」と、当たり負けしない体を得たこともプレーにつながったようだ。 ただ、「もっともっと強くしていかなければいけないというのもあるので、引き続きケガをせずに、さらに強くしていけるようにというのをやらないと、上のレベルでは通用しないと思います」とコメント。意欲を見せた。 来シーズンはどこでプレーするのか未定の板倉。それでも、上のレベルに挑戦したいという欲はあると言い「今より上のクラブでやりたいですし、この1年間使ってもらって、経験を踏まえた上で自分がどれだけできるかを試す良いポイントだと思います」とステップアップを希望。それでも、「今は焦らず代表での試合に向けて、誰が見ているかわからないので、チャンスだと思ってやって行きたいと思います」と、この代表活動もアピールの場としてしっかりとプレーしたいと語った。 もともと板倉はボランチの選手であり、攻撃面に特徴があった選手。CBでもビルドアップや攻撃面での特徴が期待されていた中、守備面でも大きな成長を遂げた。 その点については「ビルドアップ自体も自分の強みではあるので、強みとしてやっていますし、日本にいるときは攻撃のことばかり考えていて、どうにか自分がボールを持ちたい、崩したいと考えていましたが、こっちで守備に対しての考え方が変わった部分ではあります」と語り、CBとして1年出続けたことで意識が変化したとのこと。「DFでプレーさせてもらっていたので、そこはやらせないとか、考え方は全く違うものになっています」とし、「自分より強い相手、早い相手に対して、どうやって対応していくか。駆け引きも楽しんでやっていました」と、守備面の楽しさも感じた一年となったようだ。 その中で、3月のU-24アルゼンチン代表戦では、1試合目で自身のところをやられて敗戦となった。多くの批判もあった中「あの試合は自分でも悔しかったですし、日本の人は普段の試合を見ずにあの試合で評価します。それは当然で、「板倉やられてる」と言われることは当然だと思います」と、自身のプレーが批判されることは仕方ないと振り返った。 ただ「なかなかやられるシーンはなく、対人に自信があった中での試合だったので、悔しさもあるし、まだまだ自分の力も足りないと感じさせられました」と語り、改めて課題を感じたとのこと。「代表の1試合、2試合ありますが、そこでのパフォーマンスがすごく大事になると思います」と、今回の代表戦に強い意気込みを持って臨むとした。 2021.05.25 23:10 Tue
twitterfacebook
thumb

五輪世代2人の日本人対決は中山に軍配!板倉の不運なオウンゴールが決勝点に《エールディビジ》

エールディビジ最終節、ズヴォレvsフローニンヘンが16日に行われ、ホームのズヴォレが1-0で勝利した。ズヴォレの日本代表MF中山雄太とフローニンヘンの日本代表DF板倉滉はどちらもフル出場している。 試合は、両チームともシュートまでは持ち込むものの決定機を作れず。ゴールレスのまま試合は終盤に差し掛かる。 すると80分、ズヴォレがダイナミックなパス交換からチャンスを作り出すと、MFイマヌエル・フェライがボックス右に抜け出し、グラウンダーのボールを中央へと送る。 GKが飛び出せない絶妙な位置に飛んだボールに、フローニンヘンDFレオネル・ミゲルが触れると、その目の前でボールをカットしようとスライディングしていた板倉の足に直撃。そのボールが跳ねると、最後はGKセルジオ・パットの顔面にヒットしてそのままネットを揺らした。 板倉にとっては不運な形での失点となってしまったが、試合はそのまま1-0でズヴォレが勝利した。 なお、板倉は今シーズンのリーグ戦全34試合でフルタイム出場を達成。チームに欠かせない存在であることを示している。 7位でシーズンを終えたフローニンヘンは、来シーズンから新設されるヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)予選出場権をかけたプレーオフに進出することが決まった。 <span class="paragraph-title">【動画】板倉のアンラッキーすぎるオウンゴール…</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/skWnUF6T5ms?start=568" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.05.17 20:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly