スカマッカ、疎遠な父親の暴挙に動揺隠せず…「どう説明していいのかわからない」

2021.05.19 23:39 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジェノアのU-21イタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(22)は、古巣ローマのトレーニング施設での実の父親の逮捕劇にひどく動揺している。

スカマッカの父親であるエミリアーノ(45)は、17日夜にローマのトレーニング施設があるトリゴリアに自身が運転する自動車で向かった。そこで門に車をぶつけて強行突破して駐車場に侵入すると、タイヤレバー(タイヤ着脱用の金属のバー)で武装し、ゼネラルマネージャーのチアゴ・ピント氏やディレクターを務めるモルガン・デ・サンクティス氏が所有すると思われる4、5台の車両の窓ガラス、大理石でできたクラブのシンボルであるオオカミの像を破壊。

さらに、ユースチームが練習していたグラウンドに向かい、選手やコーチングスタッフに対して威圧的な言葉を叫んでいたとのことだ。

その後、ローマの通報によって駆け付けた地元警察に現行犯逮捕となったエミリアーノは、逮捕時にサッスオーロのスウェットを着用していたことも確認されていた。

今回の犯行の動機に関しては不明となっていたが、『La Repubblica』の最新情報によると、エミリアーノは同クラブのレジェンドであり、1982年のスペイン・ワールドカップのイタリア代表の優勝メンバーであるブルーノ・コンティ氏に金銭を要求する目的でクラブハウスを訪れていたようだ。

現時点で両者の間に面識があったのか、過去に金銭のやり取りがあったのかを含めて不明な部分が多く、警察はエミリアーノに対する精神鑑定を行うために病院に搬送したとのことだ。

これを受けて、スカマッカはイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の取材を受けるも、「どう説明していいのかわからない」と、疎遠だった実の父親の信じがたい行動に動揺を見せている。

「起こったこと、読んだことにひどく動揺している。どう説明していいのかわからないよ」

「この話をするのはつらいけど、必要なことなのかもしれない。僕の父は、とても長い間、母と一緒に暮らしていなかった。二人は結婚しておらず、離婚はしていない。僕自身は母と姉に育てられたんだ。だから、彼女たちが僕の家族なんだ」

「僕と父はたまにしか関係を持たない。それに、ごくまれにしか会うことはない。ただ、これは家族の問題であり、自分の中に留めておきたいことだから、僕のプライバシーを尊重してほしいと思っている」

「父は僕のキャリアに何の関わりもなく、特に近年はそうだった。今回の出来事にはとても失望しているし、心が揺れているけど、父とはほとんど連絡を取っていないので、本当に何と言っていいのかわからないよ」

スカマッカは、2012年にラツィオのアカデミーからローマの下部組織に加入。2015年にPSVのユースに移籍するまで3年間在籍。その後、2017年にサッスオーロに完全移籍すると、今シーズンはジェノアにレンタル移籍している。

今シーズンのセリエAで26試合8ゴールを挙げる195cmの大型ストライカーは、ユベントスやミランといった国内強豪クラブの関心を集める逸材であり、ローマも呼び戻しの可能性を探っているとの報道もあった。

関連ニュース
thumb

米『777パートナーズ』が約194億円でジェノア買収を発表!

ジェノアは23日、アメリカの『777パートナーズ』が同クラブの株式資本の99.9%を取得し、クラブの所有権を得たことを発表した。『AP通信』によれば買収額は1億5000万ユーロ(約194億円)とのことだ。 『777パートナーズ』の代表を務めるジョシュ・ワンダー氏は、以下のような声明を発表している。 「ジェノアのような偉大な歴史と伝統を持つクラブの一員になれたことを、大変光栄に思っている。セリエAで可能な限り最高の場所を目指すことで、誇り高いロッソブルーの伝統を守り抜きたいと思っているよ」 ジェノアの新オーナーとなったジョシュ・ワンダー氏は、アメリカ・マイアミを拠点とする投資会社『777パートナーズ』の創設者でマネージングパートナーを務めている実業家だ。 なお、これまでオーナーを務めていたエンリコ・プレツィオージ氏は取締役会にクラブに残留し、最高責任者(CEO)を務めるアレッサンドロ・ザルボーニ氏も引き続きクラブの日常業務を管理するとのことだ。 2021.09.23 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェノアがチリ代表MFガルダメスを獲得

ジェノアは2日、ベレス・サルスフィエルドを退団したチリ代表MFパブロ・ガルダメス(24)の加入を発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 元チリ代表MFのパブロ・マヌエル・ガルダメス氏を実の父親に持つガルダメスは、母国のウニオン・エスパニョーラでキャリアをスタート。2018年にアルゼンチンの名門ベレスへ完全移籍すると、ここまで公式戦63試合に出場していた。 守備的MFを主戦場に運動量と機動力、右足のキック精度を特長とする176cmのMFは、チリ代表としてここまで6試合に出場。先のコパ・アメリカ2021でも2試合に出場していた。 2021.09.02 23:52 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェノア、カイセドら3選手の獲得を発表

ジェノアは8月31日、一挙3選手の獲得を発表した。 1人はラツィオのエクアドル代表FWフェリペ・カイセド(32)。マンチェスター・シティやマラガ、レバンテにロコモティフ・モスクワ、ひいてはUAEのアル・ジャジーラなど数々のクラブを渡り歩き、2017年夏にエスパニョールからラツィオに加入した。 2018-19シーズンにコッパ・イタリア決勝のアタランタ戦でアシストを記録するなど優勝に貢献。在籍4年間で公式戦139試合33ゴール15アシストの成績を収めた。 2人目はナントのフランス人MFアブドゥライェ・トゥーレ(27)だ。下位リーグクラブへのレンタル移籍を除けば同クラブ一筋のA・トゥーレは守備的MFを主戦場とする選手で、昨季はリーグ・アン29試合で2ゴール2アシストを記録した。 通算では公式戦162試合出場していたが、そのキャリアで初めて国外移籍を決断し、ジュニア時代の2006年から過ごしたナントを離れることとなった。 3人目は元ナポリのセルビア代表DF二コラ・マクシモビッチ(29)。ナポリには2016年夏に加入し、トリノやスパルタク・モスクワへのレンタルを経て、徐々に主力に定着していった。 ただ、昨季はセリエAでは17試合の出場にとどまり、今夏の契約満了を持ってクラブを退団。フリーでのジェノア入りが決まった。 2021.09.01 14:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリがジェノアに競り勝ち2連勝スタート《セリエA》

ナポリは29日、セリエA第3節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。 スパレッティ監督を迎えたナポリは開幕節、オシムヘンの退場があった中、ヴェネツィアに2-0と勝利。そのナポリは出場停止のオシムヘンに代わって前線にインシーニェ、ポリターノ、ロサーノを配置した。 開幕節でインテルに完敗したジェノアに対し、押し込む展開としたナポリは39分に先制する。ボックス手前右からファビアン・ルイスのミドルシュートがゴール左に決まった。 ナポリが1点をリードして迎えた後半、パンデフを投入してきたジェノアに54分、そのパンデフにネットを許さされるも、VARの末にファウルがあったとしてノーゴールに覆り助かった。 しかし69分、カンビアソにゴールを許し、試合を振り出しに戻されてしまう。それでも終盤の84分に勝ち越す。決めたのは途中出場のペターニャ。左サイドからのマリオ・ルイのFKをペターニャが頭で合わせた。 これが決勝点となってナポリが勝利。2連勝スタートとしている。 2021.08.30 03:44 Mon
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルトが長友獲得の噂が浮上したジェノアから左SBチボラを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

アルミニア・ビーレフェルトは24日、ジェノアのドイツ人DFレナート・チボラ(22)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 チボラは、ウニオン・ベルリンやヘルタ・ベルリン、エネルギー・コットブス、シャルケの下部組織で育ち、2018年7月にヘラクレスへと完全移籍した。 オランダでキャリアを積んだチボラは、2020年1月にアタランタへと完全移籍。2020年9月にジェノアへレンタル移籍で加入すると、今夏完全移籍で加入。そのままビーレフェルトへとレンタル移籍に出させることとなった。 ジェノアでは2020-21シーズンにセリエAで17試合に出場し1ゴール、コッパ・イタリアで2試合に出場し1ゴールを記録していた。 左サイドバックや左サイドハーフとしてプレー。ジェノアには日本代表DF長友佑都(34)の獲得の噂が浮上する中、同じポジションを務める若手を手放す決断をしていた。 2021.08.25 11:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly