「完全に逆取った」三笘薫のドリブル突破にまたも注目「あっさりかわすな」

2021.05.16 19:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第14節、川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌が16日に等々力陸上競技場で行われた。

川崎Fにとっては、昨シーズンから続く無敗記録を「21」に伸ばし、今節は新記録が懸かった一戦だったが、なかなか色を出せずに我慢の時間が続く。

前半半ばあたりからエンジンがかかってきた川崎Fは、23分に高い位置でのインターセプトから三笘薫にボールが渡ると、ボックス左外で札幌の宮澤裕樹と対峙。スペースを得た三笘は相手のタックルが来るタイミングを見計らうと、あっさりと突破。相手を引き付け、中央の家長昭博へとラストパスを出した。

惜しくもこの場面では札幌の福森晃斗の体を張ったシュートブロックに遭い、先制とはならなかったが、J屈指のドリブラーの技術には、ファンから「あっさりかわすな」「完全に逆取った」「恐ろしい」と驚きの声が挙がっていた。

その後、PK獲得に迫るシーンなども作り出した三笘は49分、右サイドからのクロスをゴール前で旗手怜央がトラップし損ねたところを押し込み、殊勲の先制点を記録した。

78分にお役御免となった三笘だが、早くも今シーズン7ゴール目。試合を追うごとに存在感を示している。チームも試合終了間際に小林悠が追加点を奪い2-0で勝利すると、J1無敗記録を22試合に伸ばし、2012年から2013年にかけて大宮アルディージャが達成していた記録を更新した。



1 2
関連ニュース
thumb

マルシーニョがPK奪取と1アシストの鮮烈デビュー! 川崎F、徳島に快勝でリーグ戦2連勝【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節、徳島ヴォルティスvs川崎フロンターレが18日にポカリスエットスタジアムで行われ、1-3で川崎Fが勝利した。 17位の徳島(勝ち点23)と首位に立つ川崎F(勝ち点66)の対戦。徳島は前節の名古屋グランパス戦でリーグ戦5連敗かつ5試合無得点と泥沼の状態だ。順位表でも降格圏の17位にまで下がっており、浮上にきっかけにするためにも、相手が王者であれ勝ち点を得たい。 対して川崎Fは、前節の北海道コンサドーレ札幌戦の勝利で4試合ぶりの白星を挙げた。だが、その後のルヴァンカップとAFCチャンピオンズリーグで共に敗退を喫しており、こちらも決して雰囲気が良いとは言えない状況だ。 そんな両チームの一戦は立ち上がりに早くも一つの山場を迎える。11分、ホームの徳島は相手GKのフィードを敵陣右サイドで奪い取ると、浜下が持ち上がって垣田にパス。その垣田がボックス右角からクロスを上げると、ファーサイドに飛び込んだ西谷が押し込んで先制点を奪った。 しかし、VARで確認したところ、垣田がパスを受けた時点でオフサイドポジションにいたとしてゴールは取り消しに。歓喜は一瞬でため息に変わった。 その後はアウェイの川崎Fが徐々にペースを握っていく展開に。効果的なスプリントを繰り返し、要所でゴールに迫っていく。 すると35分、左サイドからドリブル突破を仕掛けた初出場のマルシーニョが、ボックス左で藤田に倒されPKを獲得。これを知念が決めて、川崎Fが先制した。 デビュー戦で仕事をしたマルシーニョはその直後、左CKの場面でニアで山村が逸らしたボールを頭に当ててゴールに迫るが、惜しくも枠に収めきれず、初ゴールならず。 一方、失点を許した徳島だが素早い反応を見せる。38分、岩尾が自陣中央からロングボールを送ると、最前線で受けた一美がトラップとともに対峙するジェジエウの股を抜くスーパープレー。これでマークを外した一美はボックス手前から右足一閃のミドルシュートを突き刺し、スーパープレーに次ぐスーパーゴールで同点とした。 しかし、王者もまたスーパーゴールでやり返す。42分、右サイドから上がったクロスのこぼれ球を高い位置で回収し、敵陣中央で旗手がキープ。上手くチェックを剥がして前を向き、ボックス手前のマルシーニョに縦のくさびを入れると、マルシーニョがこれをワンタッチで真横にはたき、ボールを受けた脇坂が相手に囲まれながらも右足でゴール右下を突く鮮やかなゴール。再び勝ち越しに成功した。 1点リードで後半を迎えた川崎Fは52分に右CKのチャンスを得ると、脇坂のアウトスイングのクロスを知念が頭で合わせて追加点。勝利に向けて大きな1点となった。 その後、飲水タイム後に両チームとも選手の入れ替え。徳島はバケンガとジエゴの2人をピッチに送り出し、川崎FはPK奪取と1アシストで上々のデビュー戦となったマルシーニョを下げて宮城を投入した。 追いかける徳島は72分、そのバケンガがボール奪取からシュートまで独力で運ぶも、ここはジェジエウのスライディングブロックに阻まれる。75分には、西谷が左サイド深い位置から上げたクロスのこぼれ球を福岡がシュート。しかし、上手くミートできずに枠の上に外してしまった。 終盤にかけては徳島が押し込む時間が続いたものの、川崎Fを脅かすまでには至らず。試合は1-3で終了。川崎Fがリーグ戦2連勝を収めた。 徳島ヴォルティス 1-3 川崎フロンターレ 【徳島】 一美和成(前38) 【川崎F】 知念慶(前35) 脇坂泰斗(前42) 知念慶(後7) 2021.09.18 20:28 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:徳島vs川崎F】2冠を失った王者・川崎Fは立ち直るか、無得点5連敗の徳島はどう戦う

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 18:30キックオフ 徳島ヴォルティス(17位/23pt) vs 川崎フロンターレ(1位/66pt) [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] ◆どん底の苦境を抜け出せるか【徳島ヴォルティス】 前節はアウェイでの名古屋グランパス戦で3-0と惨敗。リーグ戦5連敗となった。 後半戦に入ってから徳島はわずかに1勝。1分け7敗と全くもって結果が出ず。さらに、この5連敗中は無得点に加え、3試合で3失点を喫するなど、攻守にわたって良いところがない状況だ。 順位も17位と降格圏に転落してから抜け出せずにいる状況。徐々に残留圏との勝ち点差が開いていることもあり、この辺りで結果を残したいところだ。 とはいえ相手は首位の川崎F。簡単な相手ではない。上位陣との連戦となるが、チームとして一丸となり戦えるか。相手は韓国から戻ったばかりで移動もあり、叩くチャンスとも言えるだおる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:長谷川徹 DF:藤田征也、カカ、石井秀典、ジエゴ MF:藤田譲瑠チマ、岩尾憲 MF:浜下瑛、渡井理己、杉森考起 FW:垣田裕暉 監督:ダニエル・ポヤトス 出場停止:岸本武流 ◆失意の敗戦から立ち直れるか【川崎フロンターレ】 9月に入っての川崎Fはどこかおかしい。リーグ戦は日程が変更されたことでここまで戦っていないが、YBCルヴァンカップ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)と2つのカップ戦で敗退となった。 リーグ戦では開幕から無敗を続けていた川崎Fだが、8月25日にアビスパ福岡に敗れて初黒星。8月28日に北海道コンサドーレ札幌に0-2で勝利したものの、浦和レッズとのルヴァンカップでは2試合連続ドローとなり、第2戦は勝ち抜け目前での失点で追いつかれ敗退となった。 その敗退を引きずったわけではないと思うが、14日に行われたアウェイでのACL蔚山現代戦は、攻撃が機能せずゴールレス。PK戦では長谷川竜也、ジョアン・シミッチと外すと、家長昭博はGKに止められ、敗退となった。 短期間で2つのタイトルを失った川崎F。リーグタイトルも横浜F・マリノスの追い上げの前に余裕はなく、ここまで逃すわけにはいかない。しっかりとリバウンドメンタリティを見せ、徳島相手に勝利できるかが注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、山村和也、登里享平 MF:橘田健人、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、小林悠 監督:鬼木達 2021.09.18 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

一発勝負の恐怖…川崎F、PK戦の末に蔚山に散る《ACL2021》

川崎フロンターレは14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)東地区ラウンド16で蔚山現代(韓国)と対戦し0-0のドローに。PK戦の末3-2で敗北した。 グループリーグを全勝通過した両クラブによる一戦。蔚山のホーム蔚山文殊フットボールスタジアムに出向く形となった川崎Fは、谷口や車屋、旗手らをケガで欠くものの、ベテランの登里やユーティリティ性のある山村を起用。負傷による戦力ダウンを感じさせない選手層でベスト8進出を目指す。 序盤からハイペースで進行する試合は、開始1分に小林がシュートを放つと、5分には蔚山のイ・ドンギョンがクリアミスを拾ってシュート。その後、14分にもボックス左手前から脇坂がシュート放つなど、一発勝負らしい激しい競り合いで、両チーム共に先制点をアグレッシブに狙う。 前線までボールを運ぶものの、シュートまで持っていけない川崎F。試合は時間が進むにつれ徐々に蔚山ペースになる。28分にカウンターから中央で受けたイ・ドンジュンがシュートを放つと、32分にはまたもイ・ドンジュンがオ・セフンとのワンツーからボックス内の深い位置まで運ぶも、ここは川崎Fが死守。 守備のプレスが上手くハマらず攻め込まれる展開を強いられる川崎Fだが、36分に山根がボックス深くまで侵入すると、45分にはジョアン・シミッチのバイタルエリア手前からのフィードに小林が飛び込むなど、チャンスも少なからず演出。それでも、両チームともゴールレスで試合を折り返した。 後半に入ると、[4-3-3]の布陣を取っていた川崎Fがインサイドハーフに入っていた脇坂をトップ下に配置して[4-2-3-1]に変更して攻撃に変化をつける。71分に小林が相手の懐までドリブルで運ぶなど攻勢を保っているものの、蔚山の素早いプレスを攻略することができない。一方の蔚山も、時間の経過とともにカウンターの精度が落ちてきており、試合は均衡状態が続く。 試合は90分を経過してゴールレス。今大会は新型コロナウイルスの影響で、決勝トーナメントで全面的にホーム&アウェイ方式が撤廃され、一発勝負方式になったため、ここから延長戦に突入することになった。 その延長前半は、疲労からか川崎Fが早々にピンチを招く。93分、センターライン上で橘田がパスミスすると、奪った蔚山はイ・ドンジュンがボックス内右からクロス。これがユン・イルロクに渡ったが、川崎Fはジェジエウが体を寄せてピンチを脱した。 延長戦もプレスの強度が落ちない蔚山は、川崎Fにポゼッションを許すことなく試合を進行。対して、なかなか攻勢に出られない川崎Fは、105分にセットプレーから知念がヘディングでシュートを放つも、ここはGKチョ・ヒョヌがスーパーセーブに遭ってしまう。 スタミナ的にも厳しくなってくる延長後半。川崎Fは山村が負傷したことにより、アンカーポジションを主戦場とする塚川をセンターバックとして投入。その後の120分には、蔚山のCKをGKチョン・ソンリョンがファンブルしてピンチを招くなど、疲労の色が濃くなってくる。 両チームともにチャンスを作るも決めきることができず、120分に渡る死闘を0-0で終了。最終決着となるPK戦は、両チームともに1人目を成功させたが、先行の川崎Fは長谷川、後攻の蔚山はウォン・ドゥジェが決めきれず、両チームともに2人目が失敗となった。 その後は遠野が落ち着いて決め、続く蔚山のPKは一度蹴り直しになりながらも、GKチョン・ソンリョンが2回とも止めて、川崎Fが大きく有利に出る。 だが、川崎Fは4人目のジョアン・シミッチが上に外すと、5人目の家長のシュートはGKチョ・ヒョヌに止められてしまう。対して蔚山は2人連続で成功させ、結果、3-2で蔚山が勝利。川崎Fは惜しくも敗退となった。 蔚山現代 0-0 川崎フロンターレ(3 PK 2) 2021.09.14 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「1年前までは夢の舞台」W杯への思いを語る川崎Fの山根視来、出場権を得るために必要なこと「どんな状況でも相手より1点でも多く取る」

7日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第2戦、中国代表に向けて、日本代表はカタールでトレーニングを続けている。 日本は2日に行われたホームでの初戦、オマーン代表戦では0-1で敗戦。5年前と同じ初戦ホームでの黒星は、大きく期待を裏切ることとなった。 そこから移動しカタール3日目となった5日、川崎フロンターレのDF山根視来がオンラインのメディア取材に応対。自身のコンディションについては「日本と比べて凄く暑いですし、湿度も高いので、そこの難しさはありますが、時差にも慣れてきたので、もう大丈夫かと思います」と問題ないと語った。 2日に行われたオマーン戦では敗れた日本。ベンチで試合を見ていた山根は「相手の準備期間が長かったり、日本代表が集まってなかなか一緒に練習できないとかありますが、最終予選はそんなことは全く関係なくて、勝ち点3だけを目指してチームのためにやらなければいけないということを、改めて出てる出ていないに関係なく痛感しました」とコメント。言い訳無しに、チームにつくす必要があると語った。 7日に行われる中国戦が非常に大事な戦いとなるが、中国については「帰化選手が何人か居たり、凄く球際を激しくくるというイメージがあるので、気持ちのところで絶対に上回るというところからやらないと、今回も勝ち点3を持ち帰るのは難しいのかなと思います」と簡単な戦いにはならないだろうと語った。 オマーン戦はサイド攻撃に重点を置きながらも崩し切れなかった日本。山根は「スライドを早くコンパクトにするチームだったので、1つ飛ばして揺さぶったり、その時にサイドバック、ウイングとハーフスペースのところに常に人が入れば三角形ができるので、そういった出し入れができれば、相手も嫌だったのかなと振り返って思いました」と分析。中国戦での自身のプレーについては「雰囲気とかは入ってみないとわからないですが、普段からやっているプレーをすることが大事で、周囲の選手たちとコミュニケーションをとってやれればと思います」と川崎Fで見せているプレーを出したいと語った。 山根は今年に入り日本代表に招集。3月、6月、そして9月と連続して呼ばれている。自身にとっては当然初めてとなるW杯最終予選。その印象は「W杯に直接通じる予選なので、W杯はサッカーをやっている人間全員が憧れる場所で、そこに繋がる場所に立てるチャンスはなかなかないと思います」と語り、「僕は国際経験はなかなかないですが、そこに立てるようにしたいと思います」と、試合に出場したいという思いを語った。 また「当たり前のことなんですが、どの国もW杯に出たいという熱量は2次予選以上に感じるので、自分たちも負けてはいけないです」とコメント。「上回らないと出場できなくなるので、良い準備をしたいと思います」と、気持ちの面でも負けてはいけないとした。 オマーン戦は慣れ親しんだメンバーが起用され、停滞した試合になった一方で、東京オリンピック世代や、経験が浅い選手の勢いも重要となる。 酒井宏樹(浦和レッズ)が離脱したため、山根にも出場のチャンスがある中、「何か残したいという思いはありますが、自分勝手なプレーはしてはいけないので、チームの勝ち点3のために自分ができることを捧げたいと思います」とチームへの貢献を口にした。 ただ、今までは遠い存在だったW杯が今はその出場を決める予選に出場できる状況。山根の想いも高まっている。 「1年前までは夢の舞台という感じでしたが、現実にてが届くかもしれないというところに来ているので、そこを意識してやっていかなければいけないと思います」 そしてそのために必要なことは「どんな状況になっても相手より1点でも多く点を取って、勝ち点3を取ることが大事だと思います」と語り、結果を残して出場権を得ないことには、夢のままで終わってしまうことを感じているようだ。 2021.09.05 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場の槙野が後半ATに劇的決勝弾! 川崎Fとの合計4-4の打ち合いを制し準決勝へ《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップ準々決勝、川崎フロンターレvs浦和レッズの第2戦が5日に等々力陸上競技場で行われ、3-3で引き分けた。この結果、2戦合計4-4となり、アウェイゴール差で浦和が準決勝に駒を進めている。 9月1日に行われた浦和駒場スタジアムでの第1戦は、浦和が先制も川崎Fが追いつく形でドロー決着。今回のスタメンは、第1戦から4人を変更した川崎Fに対し、浦和は同じ11人を起用した。 先にチャンスを作ったのはアウェイの浦和。4分、左サイドバックの明本のクロスのこぼれ球を関根がボックス中央からボレーシュート。枠を捉えていたが、名手GKチョン・ソンリョンにセーブされた。 それでもその4分後の8分、浦和は最終ラインの岩波がロングボールを前線へ供給すると、上手くDFの間で胸トラップで収めた江坂が一気にゴール前へ。最後はチョン・ソンリョンの股を抜くシュートを流し込んで先制点を決めた。 出鼻をくじいた浦和は18分にも、高い位置でのボール奪取から関根が右サイドを侵攻しチャンスを作ると、その折り返しを汰木がシュートし決定機を迎える。だが、ここはチョン・ソンリョンが名誉挽回にと好セーブ。 すると徐々にレアンドロ・ダミアンを中心に質の高い攻撃を繰り返すようになった川崎Fは40分、左サイドでの見事な連携から小林がボックス左に抜け出しゴール前にグラウンダーのクロスを供給。これをL・ダミアンが冷静に押し込んで同点で試合を折り返した。 後半は互いに選手を入れ替えながらもこう着状態が続いたが、75分過ぎから大きく動き始める。 まずは77分、川崎Fの左CKの場面で脇坂のクロスから山村が打点の高いヘディングシュートを突き刺し逆転に成功。続く83分にも、再び脇坂の左CKから今度はシミッチのヘディングシュートが決まり、一気にリードを広げた。 全く同じパターンによる連続失点で敗戦濃厚となった浦和だが、87分に後半半ばから出場していたユンカーが、やや運に恵まれながらもゴールを決めて流れを引き寄せる。 その後、逃げ切りを図る川崎Fは小林を下げて遠野、対する浦和は柴戸を下げて槙野を投入し、ラストプレーに賭ける。 すると94分の浦和の左CKで、江坂のクロスがゴール前の競り合いを経てボックス右へ。ここからショルツが右足でアバウトに折り返し、ユンカーが頭で合わせるも、ここはGKチョン・ソンリョンにブロックされる。しかし、そのこぼれ球を槙野が押し込んで浦和が3点目。 この結果、2戦合計スコアは4-4となり、敵地で3点を奪った浦和がアウェイゴール差で勝利。劇的な展開から準決勝への切符を勝ち取った。 川崎フロンターレ 3-3(AGG:4-4) 浦和レッズ 【川崎F】 レアンドロ・ダミアン(前40) 山村和也(後32) ジョアン・シミッチ(後38) 【浦和】 江坂任(前8) ユンカー(後42) 槙野智章(後49) 2021.09.05 20:41 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly