大迫途中出場のブレーメンがレバークーゼンとドローで連敗をストップ!《ブンデスリーガ》

2021.05.09 00:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
大迫勇也の所属するブレーメンは8日、ブンデスリーガ第32節でレバークーゼンと対戦し0-0の引き分けに終わった。大迫は57分からプレーしている。

リーグ戦7連敗中の15位ブレーメン(勝ち点30)が、来季の欧州カップ戦の出場を狙う6位レバークーゼン(勝ち点50)をホームに迎えた一戦。

4月30日に行われたDFBポカール準決勝でライプツィヒ戦に敗れたブレーメンは、その試合からスタメンを1人変更。大迫は公式戦4試合連続のベンチスタートとなった。

立ち上がりから一進一退の展開が続く中、レバークーゼンは10分にスルーパスで右サイドを抜け出したシックがボックス右から侵入すると、折り返しをボックス左から侵入したベイリーがシュート。しかし、これは相手DFの体を投げ出したブロックに阻まれた。

対するブレーメンは26分、左サイドを抜け出したアウグスティンションのクロスからゴール前のフュルクルクがヘディングシュートで合わせたが、これは枠に上に外してしまった。

膠着状態が続く中、レバークーゼンが先にゴールネットを揺らす。35分、シックとのワンツーでボックス右から侵入したベララビの折り返しをゴール前のヴィルツが流し込んだが、これはヴィルツのオフサイドを取られノーゴールとなった。

レバークーゼンは43分にもボックス左から侵入したベイリーのラストパスからシックがチャンスを迎えたが、シュートはゴール左に逸れ、前半はゴールレスで終了した。

迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはブレーメン。51分、中盤でボールを奪ったM・エッゲシュタインのパスをフュルクルクがワンタッチでDFの裏につけると、抜け出したゼルケがボックス右からシュートを放ったが、ゼルケが裏へ抜け出した場面でオフサイドを取られた。

そのブレーメンは、57分にフュルクルクとビッテンコートを下げて大迫とラシツァを投入。すると73分、右サイド深くまで切り込んだラシツァのクロスを供給すると、中央右でスルーした大迫の裏に走りこんだサージェントに決定機が生まれたが、わずかにタイミングがズレてシュートは打てなかった。

やや劣勢の時間が続いたレバークーゼンだが、81分にチャンスを迎える。ドラゴビッチのパスをボックス手前の味方がヒールで流すと、抜け出したヴェンデウがGKとの一対一を迎えたが、シュートはGKパブレンカのセーブに防がれた。

終了間際に退場者を出したブレーメンは、そのままゴールレスでタイムアップ。レバークーゼンを相手に勝ち点1を獲得したブレーメンが、リーグ戦の連敗を「7」で止めた。

関連ニュース
thumb

原口元気と遠藤渓太擁するウニオン・ベルリン、ブレーメンからドイツ人アタッカーを獲得!

ウニオン・ベルリンは31日、ブレーメンからドイツ人MFケビン・メーヴァルト(28)を獲得したことを発表した。『transfermarkt』によると、移籍金は100万ユーロ(約1億3000万円)とのことだ。 ブンデスリーガ3部のエアフルトでプロデビューしたメーヴァルトは、足下の技術と得点力に優れた攻撃的MF。2015年に加入したニュルンベルクで頭角を現すと、2018-19シーズンにはブレーメンに移籍して日本代表FW大迫勇也と同僚に。その後3年間で公式戦に60試合出場し、9ゴール2アシストを記録した。 昨シーズンはクラブにとって41年ぶりの2部降格を味わったものの、個人的に1部残留となったメーヴァルトは喜びの心境を語っている。 「ブンデスリーガでプレーを続けられることを嬉しく思う。ウニオンは近年、その潜在能力の高さを示している特別なクラブだ」 「ニュルンベルク時代に味わったアルテ・フェルステライの雰囲気は今でも覚えているし、ベルリンでの仕事を楽しみにしているよ」 また、クラブの競技部門取締役を務めるオリバー・ルーネルト氏も、ブンデスリーガでプレー経験が豊富な点について期待をしているようだ。 「ケビン・メーヴァルトは、すでにブンデスリーガでそのプレーの質の高さを示している。ブンデスリーガを熟知している彼には、高いスキルでチームに貢献し、すぐに溶け込んでくれると期待している」 今夏のウニオン・ベルリンは日本代表MF原口元気と元ポーランド代表MFパヴェウ・ヴショウェクの獲得を発表しており、日本代表MF遠藤渓太を含めた攻撃的MFの層は、厚みを持つつともにポジション争いも激しくなりそうだ。 2021.08.31 14:53 Tue
twitterfacebook
thumb

フライブルクがブレーメンからM・エッゲシュタインを獲得! サンタマリア後釜に

フライブルクは18日、ブンデスリーガ2部のブレーメンからドイツ代表MFマキシミリアン・エッゲシュタイン(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「8」に決定。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 ベルギーのロイヤル・アントワープへ旅立った実弟のヨハネスに続きブレーメンを離れ、フライブルクを新天地に選択したエッゲシュタインはクラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「ブレーメンで10年間過ごした後、サヨウナラを言うのはもちろん難しいことだけど、ここに来て新しい冒険を始めることを嬉しく思っているよ」 「フライブルクはスポーツ面において自分にぴったりなクラブだと思っているし、責任者と話をした後に良い感触を得ることができたんだ」 「現在、クラブでは新しいスタジアム建設も視野に入れて多くの開発が進められている。僕自身、その流れについていきたいと思っているよ」 2011年からブレーメンでプレーするエッゲシュタインは、2014年11月にトップチームデビュー。ブレーメンではこれまで公式戦181試合に出場し、14ゴール21アシストを記録。キャリア初期は攻撃的なポジションでのプレーが多かったが、現在はセントラルMFや守備的MFでもプレーしており、攻守両面で多くの仕事をこなせる万能型だ。 なお、フライブルクは中盤の主力を務めていたフランス人MFバティスト・サンタマリア(26)がスタッド・レンヌへ移籍しており、エッゲシュタインがその後釜を担うことになる。 2021.08.19 01:34 Thu
twitterfacebook
thumb

フライブルク、ブレーメンのエッゲシュタイン兄弟の兄マキシミリアン獲得を決定的に

フライブルクがブレーメンからドイツ代表MFマキシミリアン・エッゲシュタイン(24)を完全移籍で獲得することが決定的となった。『ビルト』など複数ドイツメディアが報じている。 フライブルクは17日、中盤の主力を務めていたフランス人MFバティスト・サンタマリア(26)を1400万ユーロ(約18億円)と言われる移籍金でスタッド・レンヌへ売却した。 そして、クラブはサンタマリアの後釜としてブンデスリーガ2部に降格したブレーメンの主力MFエッゲシュタインの獲得に動いており、17日には現地にてメディカルチェックを受けるようだ。 2011年からブレーメンでプレーするエッゲシュタインは、2014年11月にトップチームデビュー。ブレーメンではこれまで公式戦181試合に出場し、14ゴール21アシストを記録。キャリア初期は攻撃的なポジションでのプレーが多かったが、現在はセントラルMFや守備的MFでもプレーしており、攻守両面で多くの仕事をこなせる万能型だ。 エッゲシュタインは、ブレーメンとの現行契約は2023年まで残っているものの、以前からトップリーグでのプレーを希望する趣旨のコメントをしていた。 今夏には実弟のヨハネスがベルギーのロイヤル・アントワープへ旅立ったが、兄マキシミリアンもブレーメンを離れることになった。 2021.08.18 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

着々補強のセビージャ、ブレーメンからアウグスティンソンを獲得! クラブ初のスウェーデン人選手に

セビージャは15日、ブレーメンからスウェーデン代表DFルドヴィグ・アウグスティンソン(27)を獲得したことを発表した。契約は4年間となる。 2011年に母国のブロマポイカルナでプロデビューしたアウグスティンソンは、ヨーテボリやコペンハーゲンを経て、2017年夏にブレーメンに加入。左サイドバックで1年目から主力として活躍し、在籍4年間で公式戦115試合3ゴール15アシストを記録した。 また、2015年にはスウェーデン代表デビューもしており、ここまで36キャップを数えている。先のユーロ2020ではラウンド16までの全4試合に先発出場し、スペイン戦でもフル出場で引き分けを演じていた。 現地メディアによると、移籍金は550万ユーロ(約7億円)。セビージャではスペイン人DFセルヒオ・エスクデロが契約満了で今夏に退団していたため、左サイドバックの補強は急務となっていた中、クラブ初のスウェーデン人選手がその穴を埋めることとなった。 同クラブは、先日にはリーベル・プレートのアルゼンチン代表DFゴンサロ・モンティエル(24)の獲得を発表しており、これで両サイドバックを確保したことに。また、ポルトのメキシコ代表MFヘスス・コロナ(28)獲得にも迫っているようだ。 2021.08.15 20:32 Sun
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルト、ブレーメンからギリシャ代表GKカピノを獲得!

アルミニア・ビーレフェルトは12日、ブンデスリーガ2部のブレーメンからギリシャ代表GKステファノス・カピノ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年となる。 パナシナイコスの下部組織出身のカピノは、2011年に17歳の若さでトップチームデビュー。その後、2013-14シーズンに正GKの座を掴むと、2014年夏にマインツへ完全移籍。 だが、以降はマインツ、オリンピアコス、ノッティンガム・フォレストで正GKの座を掴むことができず、2018年夏に加入したブレーメンでも在籍期間にリーグ戦2試合の出場に留まっていた。 それでも、今年1月に半年間のレンタルで加入したブンデスリーガ2部のザントハウゼンでは久々に正GKの座を掴み、リーグ戦18試合出場で5度のクリーンシートを達成していた。 また、2011年にギリシャのフル代表デビューを飾ったカピノは、2014年に行われたブラジル・ワールドカップの招集メンバーに入るなど、ここまで通算9試合に出場している。 2021.08.12 18:43 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly