愛媛と1点を分け合った琉球、首位追撃に痛いドロー【明治安田J2第13節】

2021.05.08 20:08 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J2リーグ第13節の愛媛FCvsFC琉球が8日に行われた。2位の琉球は勝てば暫定的に首位と並ぶ一戦。前節は京都との上位対決で引き分け、新潟に援護射撃をしてしまった中で、今節はそこからスタメンを2人入れ替えて臨んだ。

立ち上がりから両チームともチャンスを上手く活かせない時間が続いたが、37分に均衡が破れる。琉球の上里が右サイドへ展開し、田中から同サイドの高い位置へ走り込む風間宏矢へ縦パス。風間はワンタッチでクロスを上げると、ニアの阿部がスルーし、逆サイドから走り込んできた清武が豪快な一発をゴール右に打ち込んで先制点を挙げた。

だが、そこから追加点が奪えない琉球に対して愛媛が徐々に牙を剥く。68分、CKのクリアボールを拾った前野が左から再度クロス。これにヘディングで合わせた藤本が、ゴール左に流し込み同点に追いついた。

その後、何度か決定機を迎えた琉球だが、結局2点目が決められず1-1のドローに。首位追走に手痛い結果となった。

◆明治安田生命J2リーグ第13節
▽5/8(土)
愛媛FC 1-1 FC琉球

▽5/9(日)
ブラウブリッツ秋田 vs ジュビロ磐田
SC相模原 vs FC町田ゼルビア
水戸ホーリーホック vs 栃木SC
ジェフユナイテッド千葉 vs ファジアーノ岡山
ヴァンフォーレ甲府 vs 東京ヴェルディ
アルビレックス新潟 vs 松本山雅FC
ツエ―ゲン金沢 vs レノファ山口
京都サンガS.C. vs モンテディオ山形
ザスパクサツ群馬 vs 大宮アルディージャ
ギラヴァンツ北九州 vs V・ファーレン長崎
関連ニュース
thumb

鳥栖FW石井快征、愛媛に武者修行 「大きくなって帰ってきます」

愛媛FCは15日、サガン鳥栖からFW石井快征(21)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日まで。背番号は「40」を着用する。 鳥栖下部組織出身の石井は世代別代表歴も持つ有望株で、2018年に2種登録選手としてトップチーム入りすると、翌年に正式昇格。昨季は明治安田生命J1リーグ18試合出場で3得点を記録したが、今季はここまで5試合の出番にとどまり、無得点だった。 武者修行先でさらなる成長を目指す石井は愛媛を通じて「こんにちは。初めまして石井快征です。愛媛に関わる全ての方々に感謝をして頑張りますのでよろしくお願いします」と活躍を誓った。 一方、鳥栖を通じては「小さな頃から所属しているクラブを離れるのは寂しい気持ちもありますが、愛媛に行って大きくなって帰ってきます」とコメント。力をつけての復帰を約束した。 2021.06.15 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

天皇杯が開幕! 愛媛対決は駒野友一のゴールでJ3の今治に軍配! J2の愛媛、山口、J3の岐阜が1回戦敗退《天皇杯》

22日、第101回天皇杯が開幕を迎え、全国で1回戦の11試合が行われた。 昨年の記念すべき第100回大会は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で、大会方式が大きく変更。都道府県代表のほか、JリーグクラブもJ1は1位と2位、J2とJ3は優勝クラブのみが出場するという状況の中、川崎フロンターレが初優勝を果たした。 今大会は従来通りの開催に。1回戦からJ2クラブが出場するることとなった。 1回戦から今大会も波乱の展開に。J2のレノファ山口FCとアマチュアシードで出場のヴェルスパ大分(JFL)の試合は、1-1のまま120分間が終了。PK戦の末に2-4でヴェルスパ大分が勝利した。 J2で10位の山口に挑んだヴェルスパ大分は、30分に中野匠のゴールで先制。山口は38分に梅木翼が同点ゴールを決めるが、その後は得点を奪えないままPK戦に入り、2-4でヴェルスパ大分が勝利し2回戦に進んだ。 また、愛媛県勢の対戦となった愛媛FC(J2)vsFC今治(J3)の試合は、1-2で今治が勝利。14分にバルデマーレのゴールで今治が先制すると、35分に川村拓夢のゴールで愛媛が追いつく展開に。しかし、55分に元日本代表DF駒野友一が走り込んで右足一閃。これが決勝点となり、1-2で今治が勝利した。 さらに、J3のFC岐阜は、JFLのHonda FCに0-2で完敗。MF柏木陽介らが出場した中、後半に八戸雄太、児玉怜音にゴールを許し、1回戦敗退となった。 その他、1回戦の結果は以下の通り。 ■天皇杯1回戦 ▽5月22日(土) ロアッソ熊本 3-0 日本文理大学-【9】 【熊本】 河原創(前32) 伊東俊(後25) 岩下航(後47) 愛媛FC 1-2 FC今治-【18】 【愛媛】 川村拓夢(前35) 【今治】 バルデマール(前14) 駒野友一(後10) AC長野パルセイロ 3-1 新潟医療福祉大学FC-【1】 【長野】 宮阪政樹(後28) 水谷拓磨(延前9) 佐野翼(延後11) 【新福大FC】 丸山楽人(後45) アルテリーヴォ和歌山 3-3[4 PK 5] おこしやす京都AC-【4】 【和歌山】 奥津大和(前31) 久保賢悟(後10) 中西倫也(後28) 【京都】 榎本滉大(前15) 稲垣雄太(前20) 平石直人(後41) FC岐阜 0-2 Honda FC-【6】 【Honda】 八戸雄太(後21) 児玉怜音(後46) 流通経済大学 2-3 Y.S.C.C.横浜-【11】 【流経大】 安居海渡(前22) 家泉怜依(後25) 【YS横浜】 土館賢人(前25、後1) ンドカ・チャールス(後35) いわきFC 2-2[2 PK 4] ソニー仙台FC-【12】 【いわき】 日高大(後40) 谷村海那(延後10) 【ソニー】 平田健人(後48) 佐藤碧(延前11) 栃木シティFC [中止] 山梨学院大学ペガサス-【17】 SC相模原 3-1 駒澤大学-【20】 【相模原】 和田昌士(前5) ユーリ(後8) 中山雄希(後49) 【駒澤大】 會澤海斗(前47) 三菱水島FC 3-1 FCバレイン下関-【21】 【三菱水島】 宮澤龍二(前1) 山部晃(前31) 河面龍征(前41) 【下関】 稗田圭吾(前39) ホンダロックSC 5-0 川副クラブ-【25】 【ホンダ】 大山直哉(前3) 長谷川雄介(前35) 日野友貴(前44) 永吉広大(後18、後33) レノファ山口FC 1-1[2 PK 4] ヴェルスパ大分-【5】 【山口】 梅木翼(前38) 【V大分】 中野匠(前30) ▽5月23日(日) 《13:00》 福山シティFC vs 松江シティ-【2】 [広島一球] いわてグルージャ盛岡 vs 大山サッカークラブ-【3】 [いわスタ] ブラウブリッツ秋田 vs 北海道十勝スカイアース-【7】 [ソユスタ] ガイナーレ鳥取 vs FC徳島-【8】 [Axis] 鹿児島ユナイテッドFC vs MD長崎-【10】 [OSAKO] 福岡大学 vs 沖縄SV-【13】 [ベススタ] びわこ成蹊スポーツ大学 vs 関西学院大学-【14】 [東近江] ヴァンラーレ八戸 vs 猿田興業-【15】 [プラスタ] ポルベニル飛鳥 vs FC大阪-【16】 [ロートF] カターレ富山 vs FC北陸-【19】 [高岡] 鈴鹿ポイントゲッターズ vs FC刈谷-【22】 [三交鈴鹿] tonan前橋 中止 順天堂大学-【24】 [アース群馬サ] 福井ユナイテッドFC vs アヴェントゥーラ川口-【26】 [福井テクノ] 《14:00》 高知ユナイテッドSC vs カマタマーレ讃岐-【23】 [宿毛陸] 2021.05.22 19:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「行ってきます!」 G大阪期待の若きストライカー唐山翔自が愛媛に武者修行

愛媛FCは27日、ガンバ大阪からFW唐山翔自(18)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日まで。背番号はG大阪時代と同じ「38」を着用する。 唐山はG大阪アカデミー育ちの若きストライカーで、高校2年生の2019年に2種登録され、U-23の一員として明治安田生命J3リーグでデビューすると、10試合の出場で8得点をマーク。同年11月に2020年から飛び級でのトップチーム昇格が決まった。 その2020年もU-23の一員として23試合の出場で10ゴールを挙げ、同年5月に行われたYBCルヴァンカップの湘南ベルマーレ戦に先発してトップチームデビューすると、2ゴールの活躍を披露。11月にJ1リーグデビューも遂げ、公式戦8試合に出場した。 しかし、プロ2年目の今季はチームにブラジル人FWレアンドロ・ペレイラら多くのライバルが加わった影響もあり、出番なし。U-19日本代表候補にも選ばれるなど、将来有望な生粋の点取り屋だが、今季は出番の確保に苦戦を強いられている状況だった。 初の移籍となる唐山は愛媛を通じて、「シーズン途中での加入ではありますが、少しでも早くチームの勝利に貢献できるように自分の特徴、力を存分に発揮し頑張りたいと思います。これからよろしくお願いします」とコメント。活躍を誓った。 一方、小学生から慣れ親しむG大阪の公式サイトを通じては「このクラブでは小学生の頃からお世話になっていて、このクラブの色々な方々にお世話になり自分が成長できたことに本当に感謝しています」と綴り、武者修行先での成長を約束した。 「アカデミーの頃から応援してくれた方々、パナソニックスタジアム吹田で応援してくれた方々に成長してゴールを決めている姿をお見せできるように頑張ります。行ってきます!」 2021.04.27 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

本間至恩躍動の新潟が首位堅め 愛媛は新体制初黒星【明治安田J2第10節】

明治安田J2リーグ第10節の愛媛FCvsアルビレックス新潟が24日にニンジニアスタジアムで行われ、アウェイの新潟が0-2で勝利した。 新体制となり直近2連勝中の愛媛と、前節は栃木SCと引き分けに終わった新潟による一戦。立ち上がりから新潟がリズムを作ると12分、左サイドの本間が中へ切り込み、右サイドへ浮き球を供給。これをゴールラインぎりぎりのところで星がワンタッチで折り返し、最後は谷口が頭で押し込んだ。 本間は前半終了間際にも、得意のドリブルでチャンスを演出。左サイドからドリブルを開始し、寄せてきた2人の相手の間を突破。ボックスへ侵入し、右の星へラストパスを送るが、星のシュートはクロスバーを大きく越えていった。 後半も新潟が58分に谷口が決定機を迎えるなど、ペースを握ったまま試合を進めていくが、途中投入された三戸が84分に2枚目のイエローカードを受けて退場に。嫌な雰囲気となったが、88分に最終ラインからのロングボールに反応した本間がワンタッチでDFを躱してボックス左に侵入すると、そのままシュートを流し込んで決定的な2点目をゲット。これで新潟は2試合ぶり勝利、一方の愛媛は新体制初黒星となった。 ◆第10節 ▽4/24(土) 愛媛FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> ▽4/25(日) ブラウブリッツ秋田 vs 水戸ホーリーホック モンテディオ山形 vs ジュビロ磐田 大宮アルディージャ vs FC町田ゼルビア ジェフユナイテッド千葉 vs SC相模原 松本山雅FC vs ザスパクサツ群馬 ツエーゲン金沢 vs 栃木SC ファジアーノ岡山 vs ギラヴァンツ北九州 レノファ山口 vs 京都サンガS.C. V・ファーレン長崎 vs 東京ヴェルディ FC琉球 vs ヴァンフォーレ甲府 2021.04.24 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

今季未勝利で最下位の愛媛、和泉茂徳監が辞任…後任は昨季京都を指揮した實好礼忠氏

愛媛FCは7日、和泉茂徳監督(51)の辞任を発表した。 和泉監督は地元の愛媛県愛南町出身で、これまで愛媛のユースで11年間監督を務めたほか、アカデミーダイレクターを務め、クラブの育成に長らく携わっていた。 昨シーズンはチームが低迷し、従来であれば降格圏の21位でフィニッシュ。川井健太監督が退任し、今シーズンから和泉監督が就任していた。 しかし、今シーズンもチームは低迷。開幕から6試合を終えて2分け4敗と勝利なし。4チームが自動降格となるシーズンで最下位に位置していた。 和泉監督はクラブを通じてコメントしている。 「日頃よりご支援・ご声援いただいているスポンサーの皆さま、毎試合応援していただいたサポーターの皆さまの期待に応えられず申し訳ございませんでした」 「1994年から愛媛FCに関わることができ、愛媛FCに私自身も成長させていただきました。本当にありがとうございました」 「昨シーズンの苦しい状況もあり、今年こそはと臨んだシーズンでしたが、これまで思うような成績が挙げられず責任を重く感じております」 「皆さま方におかれましては今後とも愛媛FCを熱く応援していただけると嬉しく思います」 「最後になりますが、この場をお借りしまして私自身を支えていただきました関係者各位、そして一緒に戦ってくれたサポーター、選手たちに心から感謝いたします。ありがとうございました」 なお、後任にはガンバ大阪のユースやU-23で、昨シーズンは京都サンガF.C.で監督を務め今季からコーチに就任していた實好礼忠氏(48)が監督に就任する。 2021.04.07 10:18 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly