アーセナル戦で一発退場のDFシェアは判定覆らず、3試合の出場停止に

2021.05.06 18:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルは6日、アーセナル戦で退場したDFファビアン・シェアに対する異議申し立てが認められなかったことを発表した。

シェアは、2日に行われたプレミアリーグ第34節のアーセナル戦に72分から途中出場。しかし、90分にガブリエウ・マルティネッリに対して後ろからタックルを見舞っていた。

このファウルに対し、マイク・ディーン主審はレッドカードを提示。VARの介入などもなく、そのまま処理されていた。

ニューカッスルはこの判定に対し、イングランドサッカー協会(FA)に対して異議申し立てを行なったが、検証の結果、判定は覆らなかった。

この結果シェアは、レスター・シティ戦、マンチェスター・シティ戦、シェフィールド・ユナイテッド戦の3試合で出場停止に。シーズン残り4試合のうち3試合を欠場することとなった。

関連ニュース
thumb

ヴァラン手中のユナイテッド、トゥアンゼベが恩師のニューカッスルへ?

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド人DFアクセル・トゥアンゼベ(23)に対して、ニューカッスルの関心があるようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 トゥアンゼベは世代別のイングランド代表歴を持つユナイテッド下部組織育ちのセンターバック。昨季はトップチームに昇格してから最多の公式戦19試合に出場した。 だが、ユナイテッドは今夏、レアル・マドリーからフランス代表DFラファエル・ヴァランの獲得が決定的に。実現すれば、トゥアンゼベは序列が下がるものとみられる。 そうしたなか、過去2度にわたった武者修行先のアストン・ビラで共闘したスティーブ・ブルース監督が率いるニューカッスルが獲得に名乗りを上げているという。 両クラブの話し合いはレンタルだけでなく、完全移籍の可能性も検討しながらのものに。ただ、ニューカッスルの財政事情を鑑みると、レンタルの可能性が高い模様だ。 2021.07.27 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀はギリシャに? 香川真司所属のPAOKのライバルクラブが狙う

ニューカッスルの元日本代表FW武藤嘉紀(29)に対して、ギリシャクラブが興味を示しているようだ。ギリシャ『Sportime』が報じた。 武藤の獲得を目指しているのは、アリス・テッサロニキとのこと。ギリシャ・スーパーリーグも3度優勝経験があるクラブ。過去には横浜F・マリノス、FC東京、アビスパ福岡で活躍したFW坂田大輔も所属していた。 また、元日本代表FW香川真司が所属するPAOKと同じテッサロニキを本拠地とするクラブでもある。 報道によると、すでにアリスは武藤と交渉を進めているとのことだ。 武藤はFC東京でキャリアをスタート。2015年7月にマインツへと移籍すると、そこでの活躍が認められ2018年8月にニューカッスルへと移籍。しかし、プレミアリーグでは結果を残せず、2020-21シーズンはエイバルへとレンタル移籍した。 スペインでのプレーとなったが、ラ・リーガでは26試合で1ゴール2アシストとここでも結果を残せず、チームもセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に降格。武藤はニューカッスルへと戻り、プレシーズンを過ごしている。 ニューカッスルでは元イングランド代表FWアンディ・キャロルが退団。そのため、武藤がポジションを奪う可能性も少なくなく、18日に行われたヨーク・シティとのプレシーズンマッチでも後半起用されていた。 それでもニューカッスルでは評価は高くないため、退団する可能性もあるが、果たしてどこでプレーするのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】武藤嘉紀がコパ・デル・レイで決めたゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVaHVZdlhzVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.26 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルのブルース監督がウィロックとの再契約を熱望「交渉し続ける」

ニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が、アーセナルのU-21イングランド代表MFジョー・ウィロック(21)との再契約を望んでいるようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 昨シーズンのプレミアリーグを12勝9分け17敗の12位で終えたニューカッスル。今シーズンで就任3年目となるブルース監督は、昨シーズン期限付きで加入していたウィロックとの新たな契約を望んでいるようだ。 ウィロックは、2021年2月から加入しリーグ戦14試合で8ゴールを記録。第30節~第38節の9試合では2試合を欠場したものの、出場した7試合連続でゴールを挙げていた。 ブルース監督はアーセナルとの交渉を「続ける」と語り、ウィロックを今シーズンもチームの構想に入れたいと考えているようだ。 「私が言ったように、これはアーセナルが決めることだ。アーセナルが決断するまでは、他のビッグクラブと同じようにプレシーズン中の様子を見ることになるだろうが、我々は彼と交渉を続けるよ」 一方で、アーセナルのミケル・アルテタ監督はウィロックが新シーズンの構想に入っていると語っている。 「ジョーは我々の計画の一部であり、我々の選手だ。彼がここにいる限り、我々は彼を最大限に活用するだろう」 「彼はレンタルで素晴らしい経験を積んだ。彼ら(ニューカッスル)が生き残るために最も重要な選手の1人だったと思う」 レンタル先で得点力を見せつけたウィロック。他のユース出身選手と共に、アーセナルでレギュラーを掴めるだろうか。 2021.07.20 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル指揮官、アンディ・キャロルの退団を明言

ニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が、元イングランド代表FWアンディ・キャロル(32)の退団を明言した。イギリス『サン』が伝えている。 地元であるニューカッスルでプロデビューしたキャロルは、2011年に3500万ポンドでリバプールに完全移籍した後、ウェストハムへの移籍を経て、2019年夏に復帰。しかし、ここ2シーズンはケガの影響やパフォーマンスの低下もあり、公式戦43試合のみの出場に。その間の得点は昨季の1ゴールのみとなっていた。 18日に行われたヨーク・シティ(イングランド6部相当)との親善試合(0-1で敗戦)後、ブルース監督がキャロルの去就に言及。今夏で退団することを明らかにした。 「アンディと話をした。彼は別のクラブでプレーしたいようだ」 「私は選手たちの最善を願っている。彼の残りのキャリアが素晴らしものになることを祈っているよ。この2年間、彼は本当に私の大きな助けとなった」 ブルース監督はまた、MFジョー・ウィロックのレンタル期間延長についてアーセナルの返答待ちであることも明かした。 「アーセナルが決断を下すまで、我々は待ち続ける。何かしたいが、彼ら次第だ」 2021.07.19 15:53 Mon
twitterfacebook
thumb

クリスティアン・アツがサウジアラビアのアル・ラーイドへフリーで加入

サウジアラビアのアル・ラーイドは18日、ニューカッスルに所属するガーナ代表FWクリスティアン・アツ(29)をフリートランスファーで獲得を発表した。契約期間は明かさていないが、背番号は「3」に決定した。 新天地の決まったアツは、自身の公式ツイッター(@ChristianAtsu20)で以下のようにコメントしている。 「アル・ラーイドのファハド・アル=ムタウワ会長やクラブ関係全員に感謝している。この素晴らしいクラブの一員になれて幸せだよ。サポーターのためにすべてを捧げることを約束するよ。新たなチャレンジを楽しみにしているよ」 2013年にポルトからチェルシーに加入したアツだが、同クラブのトップチームでの出場機会はなく、フィテッセやエバートン、ボーンマス、マラガと毎年のようにレンタル先を渡り歩いてきたが、2016年の夏にレンタルでニューカッスルに加入すると、翌年に完全移籍。 5シーズン在籍したニューカッスルでは、加入初年度こそ主力として活躍したが、2017-18シーズンの終盤にヒザのケガで離脱すると、徐々に序列を落とし、昨季はトップチームでの出場がEFLカップ1試合のみとなっていた。なお、ニューカッスル通算では公式戦121試合に出場し8ゴール10アシストをだった。 昨季のサウジ・プロフェッショナルリーグで10位に終わったアル・ラーイドは今夏、新指揮官にパブロ・マチン氏を迎え、新戦力として元ドイツ代表MFマルコ・マリン(31)を獲得していた。 2021.07.18 00:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly