マウント、初のCL決勝へ!「言葉がないよ…でもまだ終わりじゃない」

2021.05.06 14:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントが、レアル・マドリー撃破のパフォーマンスを称賛している。イギリス『スポーツバイブル』がコメントを伝えた。

5日にCL準決勝のレアル・マドリー戦2ndレグに臨んだチェルシー。アウェイでの1stレグを1-1で終え、わずかながらアドバンテージを持っていた中、28分にFWティモ・ヴェルナーに待望のゴールが生まれて先制に成功する。これで2得点が必須となったマドリーは攻勢を強めたが、チェルシーは巧みに攻撃を跳ね返しながらカウンターで応戦していく。

そして迎えた85分、自陣でのルーズボールをさらったMFエンゴロ・カンテを起点に速攻を仕掛けると、ボックス右に持ち出したFWクリスチャン・プリシッチのクロスをマウントが合わせて追加点。これで2試合合計3-1としたチェルシーがマドリーを退け、9シーズンぶりの決勝進出を決めた。

マウントは攻撃の中心だけでなく、守備でもファーストプレスとして存在感を発揮。試合後の『CBS Sports』に向けたインタビューでは、より得点するチャンスはあったと、早い時間帯に試合を決められなかったことを振り返った一方、勝利を目指して一致団結したチームを称賛した。

「今はまだ言葉が出てこない。だけど、今夜のパフォーマンスは見事だった。本当にタフな試合だったね。相手がどういうチームで、全てを捧げて向かってくることはわかっていたからね」

「僕たちは素晴らしかったと思う。おそらく5点ぐらいは取れたはずだ。僕がゴールを決めた20分前にも得点のチャンスはあったんだ」

「最も大切なことは今夜勝ったことだ。でもこれで終わりじゃない。もう一つ試合が残っている」

「僕たちは全てを捧げた。勝ちたいという強い気持ちがあった。前半に2度の得点のチャンスがあったよね。後ろでボールを奪ってカウンターからゴールできたはずだった。だけどそうならなかった」

「でも最後に1点取れたんだ。大きな問題じゃないね」

関連ニュース
thumb

代理人がハキミのインテル退団を明言! PSG&チェルシーが関心

モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(22)のインテル退団は決定事項のようだ。同選手の代理人が『Cómo te va』で明言している。 昨夏、レアル・マドリーから4000万ユーロ(約53億円)でインテル入りしたハキミ。アントニオ・コンテ前監督の下、右ウイングバックで絶対的な主力となり、11年ぶりのスクデットを獲得した今季は37試合に出場し7ゴール10アシストの成績を残した。 しかし、インテルは経営規模縮小に向けて今夏の主力売却を考えており、選手本人も退団を希望していると見られるハキミは換金対象の1人と見なされている。 そういった中、ハキミとアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の代理人を務めるアレハンドロ・カマノ氏は、『Cómo te va』で両選手の去就に関して言及。ハキミの今夏の退団の可能性を明言している。 「現時点で私が代理人を務めるプレーヤーでインテルを離れるのは、ハキミだけだ。ラウタロに関しては諸々取り組む必要がある」 なお、ハキミの新天地に関しては以前から関心が伝えられるパリ・サンジェルマン(PSG)と、すでに公式にコンタクトを取ったと言われるチェルシーの2クラブが有力な候補に挙がっている。 2021.06.16 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

セスクが来季のヴェルナーとハヴァーツについて展望を語る「最高のパフォーマンスを確信している」

チェルシー所属のドイツ代表FWティモ・ヴェルナーとMFカイ・ハヴァーツについて、モナコでプレーする元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが2人の来季の展望を語った。イギリス『メトロ』が『テレグラフ』を引用して伝えている。 チェルシーは昨夏、4750万ポンド(約74億円)でヴェルナーを、7100万ポンド(約100億円)でハヴァーツを獲得。前者は公式戦52試合に出場して12ゴールにとどまり、後者はシーズン終盤には調子を上げてチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・シティ戦で決勝点を挙げたものの、加入当初のパフォーマンスは前評判ほどではなかった。 そんな両選手について、セスクは『テレグラフ』のコラムで来季の展望を執筆。ヴェルナーに関しては、MF視点で貴重な存在だと主張し、自信とアイデア次第でゴールは自ずとついてくるとアドバイスを送った。 「僕はチェルシーの全試合を観戦しているから、ヴェルナーとハヴァーツの加入初年度のプレーをすべて見たよ。来シーズンは、彼らの最高のパフォーマンスを見ることができると確信している」 「アシストをするのが好きなMFとして、僕は以前、調子が悪かったり自信を失ったりしているストライカーの後ろでプレーしたことがあるんだ」 「決定機を逃して悔しい思いをすることもあるけど、いつかはヴェルナーがゴールを決めてくれるだろうと思っていたよ」 「最も重要なのは、彼が走り続けること、タイミングが良いこと、オフサイドにならないこと、そして彼のスピードがあれば必ずチャンスを得ることができるということなんだ」 「最近の選手は足元でボールを受けたがる傾向にあるけど、MFからするとパスに抜け出してほしいんだ。だからヴェルナーのような選手は貴重だよ」 「サッカーでは自信とアイデアがとても重要で、特にストライカーは得点するかしないかに大きく左右される」 また、ハヴァーツについては、かつてレバークーゼンで同選手とチームメイトで、現在はモナコに所属するMFケビン・フォラントに話を聞いたというセスク。シーズン終盤に見せた好調さから来季への期待を高めている。 「彼が言うには、ハヴァーツはシーズンの初めには調子が上がらないことが多いが、一度明確な動きができるようになり、精神的にも良い状態になれば、素晴らしいプレーをするとのことだった」 「チェルシーに加入したばかりのハヴァーツはあまり良くなかったし、ペースを乱すようなこともあった。でも、トーマス・トゥヘルが彼をゼロトップで起用してからはうまく機能するようになったね」 「彼はたくさんボールに触る必要はなかったけど、チームの動きを助けていたね。ボールを失わず、他の選手の安全を確保し、創造性を発揮していた。シーズン終盤の彼はとても良かったと思う」 「直近の親善試合でヴェルナーとハヴァーツの2人がドイツ代表として活躍したのを見たから、彼らにとって良い大会になることを願っている。間違いなく、来シーズンのチェルシーでは違った姿を見ることができると思うよ」 ドイツ代表は15日、ユーロ2020のグループF第1節にて、フランス代表と対戦する。2人は来シーズンに繋がるような活躍を残すことはできるだろうか。 2021.06.15 15:14 Tue
twitterfacebook
thumb

セスクがカンテをこれでもかと褒めちぎる!「僕は彼の少しダークな部分も好き(笑)」

モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、チェルシーでチームメイトだったフランス代表MFエンゴロ・カンテを誉め殺しにしている。フランス『フットメルカート』がコメントを伝えた。 2人は2016年夏から2シーズン半の間、チェルシーで共闘。プレミアリーグやFAカップ優勝を経験し、喜びを分かち合った。セスクは2019年1月にモナコへ移籍することになったが、カンテは現在までチェルシーに在籍し、今季はチャンピオンズリーグ制覇という偉業を成し遂げた。 そのチャンピオンズリーグで、カンテはマンチェスター・シティとの決勝戦を含めて3試合連続でマン・オブ・ザ・マッチに選出されており、まさに立役者としてチームをビッグイヤーに導いた。 その活躍にセスクも舌を巻いており、自身がチェルシーに在籍していた当時を振り返りながら、カンテとの思い出や印象を赤裸々に語った。 「僕とエデン・アザールはチェルシーで一緒にいた時、エンゴロ・カンテにブラジルのニックネーム“エンゴリーニョ”と名付けた。少し笑っちゃうぐらい変な名前かもしれないけど、今でもそう呼んでいる。でもそれは、僕たちがエンゴロをどれだけ尊敬していて、そして試合中の彼にどれほど感謝しているかの表れなんだ」 「彼の凄いところはドリブルにあるんだ。果敢にタックルを仕掛け、何度もボールを奪い取る守備的なMFと見なされているかもしれない。それはもちろん素晴らしいんだけど、彼が決してボールを失うことがないということを忘れてはいけないよ。ドリブルもすごく上手いんだけど、それが評価されることは多くない。おそらく、それがエンゴリーニョと呼び始めた理由だろうね」 「今シーズン、エンゴロはマンチェスター・シティとのチャンピオンズリーグ決勝で素晴らしいパフォーマンスをした。彼はビッグマッチであればあるほど、自分のレベルを引き上げることができる。それは偉大な選手であるしるしなんだ」 「(17-18シーズン)FAカップ決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦した時のことを覚えているよ。当日はラマダンの時期でとても暑い日だったと思う。みんなが昼食をとっているときにエンゴロに食べたいかどうか尋ねたんだ。彼はそれを断ったんだけど、試合では見事な活躍だった。あの暑い中でどうやってあれほど走れたのかわからない。彼とプレーできて幸せだったよ」 カンテへの称賛は止まらない。 「エンゴロの隣でプレーすることで、絶対の安心感と自信を得ることができる。彼はとても頭が良くて自分の特長の活かし方を知っている。僕の後ろにはみんなのために走れて、自分を犠牲にできるスーパーマンがいた。彼とプレーしなければその重要さを理解することは難しいかもしれないけど、一緒にプレーすれば試合に勝つチャンスが大幅に増えることに気づくだろう」 「だけどね、僕はエンゴロの少しダークな面も好きなんだ。テレビで試合を見ているといつも見かけるよ。彼は決して怒りで我を失うことはないんだけど、よく見るとファウルやイエローカードを受けても相手に謝ることはないんだ。ただその場から立ち去るだけ。僕はそれが好きでね。真のトッププレイヤーになるには必要なことさ。そのダークサイドを見れると僕は嬉しいんだ」 2021.06.14 20:34 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーのCL制覇を語るランパード、監督時代の後悔については「多く話せる」

フランク・ランパード氏がチェルシーの指揮官時代を振り返った。イギリス『ミラー』が伝えている。 チェルシーが誇るレジェンドの1人として知られるランパード氏はダービー・カウンティで監督経験を積んだ後、2019-20シーズンからチェルシーの指揮を執り、プレミアリーグ4位フィニッシュ。今シーズンは2億ポンド(約308億4000万円)を上回る大型補強の援護を受けたが、成績が振るわず、今年1月に解任された。 そんなランパード氏は、イギリスのテレビ番組『BBC One』に出演した際、古巣チェルシーのチャンピオンズリーグ(CL)優勝について言及。元教え子たちの躍進を大きく祝福した。 「私はまず、チェルシーの人間としてこの試合を観た。クラブのファンは喜んでいるし、それに値すると思ったね」 「そして次に、メイソン(・マウント)とリース(・ジェームス)があのレベルで活躍していることや、(エドゥアール・)メンディやチアゴ(・シウバ)、(ベン・)チルウェルのように、私の時代に加わった選手たちを見て、とても誇らしくに思った。しかし、これは彼らの素晴らしい功績だ。よくマネジメントされていると思う」 また、指揮官時代の後悔については「多く話せるだろう」としながらも、「それが監督の仕事というものだ。違った方法で、できることはたくさんあっただろう」と前を向いた。 「1年目の成績はとても誇りに思っている。2年目は期待されていたが、おそらく違った複雑さがあったと思う。今年はどのチームも問題を抱えていた」 「1月に問題が発生し、私は退任したが、過去に戻ってそれらを否定的に振り返ることはできない。前へ進むしかないんだ」 さらに、新天地への就任についても「私は気後れしていない。この仕事が好きだし、挑戦することが好きだ。ダービーとチェルシーで2つの素晴らしい経験をしたし、ぜひまた、適切なタイミングで復帰したいと思っている。まだ話せるようなオファーは無いけどね」とコメント。新たな挑戦に意欲を見せた。 2021.06.14 14:52 Mon
twitterfacebook
thumb

コバチッチとの対戦を楽しみにするチルウェル「最後の笛までは友達ではなくなる」

イングランド代表DFベン・チルウェルが、ユーロ2020初戦のクロアチア代表戦に向けた意気込みを語った。大会公式サイトが伝えている。 悲願の初制覇を目指して10度目の大会に臨むイングランド。13日に控えるその初戦は、2018年のワールドカップで準優勝したクロアチア。スコットランドとチェコも同居したグループDにおいて最大のライバルと目されるチームといきなり激突する。 クロアチアには、チルウェルにとってチェルシーのチームメイトであるMFマテオ・コバチッチが在籍。楽しみとしつつも、手を抜くつもりはないと、対抗心を燃やしている。 「チャンピオンズリーグ決勝の後、話をしたんだ。その前からチェルシーでは本当によく冗談を言い合っていた。彼に会うのは楽しみだけど、試合終了のホイッスルが鳴るまで仲良くする気はないよ!」 チルウェルはまた、クロアチアの主将でキーマンでもあるMFルカ・モドリッチにも言及。チャンピオンズリーグでレアル・マドリーと対戦した際に、その上手さに驚いたことを明かしている。 「ここ10数年、テレビで彼を見ては、そのサッカーの上手さに感心していた。そして、実際に彼を見て、彼と対戦して、相手にするのがどれだけ難しいか、どれだけ賢いか…、そう、彼は素晴らしい選手なんだよ」 「彼との対戦は難しいことだけど、同時に良い挑戦として楽しむこともできるよ」 2021.06.13 15:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly