「痛みを取り除く」PSGストライカーがホームレスの人々に自ら食料を配布

2021.05.06 12:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表FWモイゼ・ケアンがホームレスの人々に食料を配った。

PSGは4日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグで、マンチェスター・シティと敵地で対戦したが、ケアンは移動前、パリのポルト・ド・ラ・シャペル地区を訪れ、自らの手でホームレスの人々に食料を手渡していた。

ケアンは自身のインスタグラムを更新し、食料を手渡す瞬間の写真とともに「痛みを取り除く」とキャプションをつけた。

コートジボワール人の両親を持つケアンは、過去にも人道支援団体や慈善団体を支援している。



1 2
関連ニュース
thumb

「PSGでより多くのタイトルを獲得する」新シーズンの巻き返しを誓うイカルディ

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが、プレシーズンの充実ぶりを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 2019年9月にインテルからPSGにレンタル移籍で加入し、1年後に完全移籍を果たしたイカルディは、ここまで公式戦62試合出場33ゴール10アシストを記録。しかし、昨シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)感染やケガの影響もあり、リーグ・アンでは20試合出場7ゴール4アシストの成績に留まっていた。 クープ・ドゥ・フランスの一冠のみに終わったチーム同様、新シーズンの巻き返しが期待されているイカルディは、クラブ公式のインタビューで順調な調整ができているとコメント。プレシーズンの充実がシーズンにつながるはずだと語った。 「僕たちはハードなトレーニングを行い、基本的なことに取り組んでいるが、試合の終わりにはどうしても足が重くなる。ただ、親善試合で新しいことを学ぶこともできて、とても満足だ。プレシーズンには若い選手も多く参加しているけど、彼らにとっても僕たちにとっても良い経験になるよ。新しい選手と一緒に仕事ができるんだからね」 「プレシーズンで最も重視されたのは、参加している全選手のフィジカル面を鍛えることだった。そうすれば、可能な限り最高の形でシーズンを始められるからね。それから監督はいくつかの戦い方も試していたが、それもプレシーズンの目的だね」 「僕は今とても気分が良いんだ。去年はケガで大変な思いをした1年だったけど、プレシーズンをフルに過ごすことができて、身体的にも良い感じさ。それが7月の収穫だね」 また、イカルディは一冠のみに終わった昨シーズンのチームの成績についても言及。良いスタートが切れなかったと振り返りつつ、今シーズンは8月1日に開催されるリールとのトロフェ・デ・シャンピオンに勝利し、絶好のスタートを切りたいと意気込んだ。 「昨シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)の決勝を戦ってから開幕までの期間が短く、準備不足もあって良いスタートが切れなかった。難しいシーズンだったね。最初にポイントを失い、その代償を払うことになった」 「だからこそ今年は強いスタートを切りたい。リベンジがしたいんだ。トロフェ・デ・シャンピオンを制してシーズンをスタートさせれば、翌週のリーグ戦を最高の形でスタートさせられるだろう」 「ストライカーであれば、ゴールを決めてチームを助ける以上のことはないよ。特に、それがトロフィーにつながったら最高の気分だ。今の僕の目標は、PSGでより多くのタイトルを獲得すること。そして、さらに多くのゴールを決めることだ」 2021.07.30 17:47 Fri
twitterfacebook
thumb

「健全な戦いでなければならない」PSG指揮官ポチェッティーノ、ドンナルンマvsナバスの守護神争いに言及

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督がインタビューに応じ、新戦力や自身について語った。 今夏はすでにモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマと4名の実力者が加入したPSG。チャンピオンズリーグ(CL)優勝やリーグ・アンの王座奪還に向け、フランス代表MFポール・ポグバの獲得など更なる補強も噂されている。 フランス『ル・パリジャン』のインタビューに応えたポチェッティーノ監督は、そんなPSGの補強方針について「私が選手の名前を挙げているわけではない」としながらも「クラブは黙々と良い仕事をしてくれている。移籍市場の終わりには、新しい選手を迎え入れるだろうし、何人かの選手が去っていくのを見るだろう」と、ここまでの動きを高く評価した。 また、今夏話題となるも、23日のクラブとの契約延長をもって決着となった自身の去就問題についても振り返った。 「かなりの数の噂があった。それが今のサッカー界の現実であることはわかっているがね。クラブでは、選手や監督の動きがあるから、噂は常に存在する」 「会長や、スポーツ・ディレクター(SD)のレオナルドとは、常に穏やかで流動的な関係を保っているし、物事は常に明確だ」 さらに、新加入のGKドンナルンマと、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスとの正守護神争いについても言及。公正に行われなければいけないことを強調した。 「誰もが競争のマネジメントを理解しているし、健全な戦いでなければならない。我々のやり方では、誰が優れているか、誰が調子が良いかを評価し、公平性を保つようにするだろう」 「クラブは組織として決定を下す。移籍してきた選手は自分の状況を受け入れなければならない。PSGには、すべてのポジションで競争があり、常に進化することが必要だ」 2021.07.30 14:22 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、PSGからフランス代表GKアレオラを買取OP付きレンタルで獲得!

ウェストハムは29日、パリ・サンジェルマン(PSG)からフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(28)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 ハマーズへの移籍が決定したアレオラは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「僕にとってウェストハムとの契約は、チームを助けるためにベストを尽くすことができる最高の機会だった。ロンドンは住むにも働くにも素晴らしい街だし、プレミアリーグは世界最高のリーグのひとつであるで、(フルアムでの)昨シーズンは本当に楽しかった。僕にとってもチームにとっても厳しい状況でしたが、プレミアリーグでのプレーを楽しんだよ」 「昨シーズンはファンがいませんでしたが、今年はファンが戻ってき来るからその雰囲気を見るのがいまから楽しみだよ」 アレオラは昨夏、プレミアリーグ昇格のフルアムに1年レンタルで加入して、開幕節と最終節以外の36試合すべてに先発。1年での降格という結果に終わってしまったチームのなかで、傑出したパフォーマンスを披露した1人として充実したシーズンを過ごしていた。 ただ、復帰先のPSGではこれまで正GKを務めるコスタリカ代表GKケイロル・ナバスの存在に加え、今夏にミランを退団したイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマをフリートランスファーで獲得したため、セカンドGKの座も厳しい状況となっていた。 2021.07.30 01:20 Fri
twitterfacebook
thumb

「ネイマール史上最高のゴール!」10年前の神業ドリブルに再脚光

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが今からちょうど10年前に決めたゴールに再び脚光が集まっている。 12歳ですでにレアル・マドリー行きに近づいていたネイマールだが、結局契約に至らず、2008年2月にサントスとプロ契約を結んだ。13歳ごろからその才能は知れ渡り一躍有名になり、2011年7月27日に自身の価値を一気に高めるゴールを決める。 当時ロナウジーニョも在籍していたフラメンゴ戦。左サイドのタッチライン際でボールを持ったネイマールは、相手DF2人に囲まれるも、鮮やかなタッチで間を抜き、中央へ侵入。味方とのワンツーで相手DFを引きはがし、ボックス手前まで突破すると、後ろからのチャージも耐え、再び巧みなステップで相手DFに触れることすらさせず、最後は右足のアウトサイドでゴールにねじ込んだ。 当時のネイマールはまだ19歳。このゴールは、その年の最も美しいゴールへ贈られるFIFAプスカシュ賞にも輝いている。 “ブラジルの至宝”と称されたネイマールは、サントスで公式戦134試合で70ゴール35アシストを記録。コパ・リベルタドーレスを制するなど活躍し、2013年夏にバルセロナへ移籍した。 このゴールから10年が経った今、各国のメディアが取り上げており、「ネイマール史上最高のゴール」「忘れられない」「一世代に一人の才能」として語られている。 <span class="paragraph-title">【動画】ネイマールの神業をその目で…!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1Z2VHT3NHdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2021.07.28 19:35 Wed
twitterfacebook
thumb

プレシーズンの充実をアピールするPSG指揮官「唯一問題があるとすれば…」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、新シーズンに向け調整は順調だと語った。クラブ公式サイトが伝えている。 昨季はクープ・ドゥ・フランスの一冠のみに終わり、新シーズンに巻き返しを目指すチームは、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマらを獲得。チャンピオンズリーグ(CL)優勝やリーグ・アンの王座奪還に向け、着実に準備を進めている。 こうした状況のなか、PSGは27日にポルトガルのエスタディオ・アルガルヴェで行われた親善試合で、セビージャと対戦。試合は常にリードを許す苦しい展開となるものの、FWマウロ・イカルディと19歳のFWケニー・ナゲラの得点によって2-2のドローに終わった。 試合後のインタビューに応じたポチェッティーノ監督は、勝利こそ逃したものの内容には満足しているとコメント。8月1日に開催されるリールとのトロフェ・デ・シャンピオンに向け準備を進めたいと語った。 「とても拮抗した良い試合だったと思う。セビージャはスペインで最も優れたチームの1つであり、CLに出場するための準備をしているチームでもある。我々のパフォーマンスには満足しているよ。全体的にこちらの方が優れていたと思うし、より多くの価値があったと感じているが、パフォーマンスには満足している」 「若い選手たちにとっては、優れたチームを相手にとても良い経験になっただろう。そしてもちろん、我々は現在リールとのトロフェ・デ・シャンピオンに向けて集中しており、準備を進めている」 「我々はハッピーだ。唯一問題があるとすれば、まだチーム全員がトレーニングに参加していないことだね。今は状況を考慮しつつ最高の形でシーズンをスタートさせるため、全員を同じレベルに引き上げる必要がある。そのためにも我々は選手たちの体調が整うのを待ち、体調不良などのリスクを冒さないようにしなければならない」 「将来のためにも、シーズンのためにも、最善の方法で準備することが本当に重要だ。ダニーロ、ワイナルダム、(プレスネル・)キンペンベ、キリアン(・ムバッペ)は日曜日の試合に間に合わせることも可能だが、彼らはまだ数日しかトレーニングをしていない。ここ数日で評価しないとね。とはいえ、彼らが勝利を目指す大会で、チームの力になることを期待している」 2021.07.28 17:41 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly