ハイパフォーマンスのカンテ、愛車のミニ・クーパーにサポーターから手荒い祝福を受ける

2021.05.06 12:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテがサポーターたちから手荒い祝福を受けた。イギリス『talksport』が伝えている。

5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦に先発フル出場したカンテは、1stレグに続くハイパフォーマンスでピッチを躍動し続け、9季ぶり3度目の決勝進出に大きな貢献をした。

その活躍はチェルシーのサポーターにも伝わっているようで、スタンフォード・ブリッジから愛車のミニ・クーパーで帰宅する際には、もみくちゃにされながら祝福された。

カンテが愛車を出そうとすると、多くの人々に囲まれ、一部のサポーターはシャンパンファイトを敢行。勝利の美酒を振り撒いた。

運転席から手を挙げてサポーターに反応していたカンテは、去り際にクラクションを連打してサポーターをさらに盛り上げることに。ピッチ内外でサポーターから愛され続けるカンテだが、この試合でさらに信頼を得たはずだ。



1 2
関連ニュース
thumb

セスクがカンテをこれでもかと褒めちぎる!「僕は彼の少しダークな部分も好き(笑)」

モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、チェルシーでチームメイトだったフランス代表MFエンゴロ・カンテを誉め殺しにしている。フランス『フットメルカート』がコメントを伝えた。 2人は2016年夏から2シーズン半の間、チェルシーで共闘。プレミアリーグやFAカップ優勝を経験し、喜びを分かち合った。セスクは2019年1月にモナコへ移籍することになったが、カンテは現在までチェルシーに在籍し、今季はチャンピオンズリーグ制覇という偉業を成し遂げた。 そのチャンピオンズリーグで、カンテはマンチェスター・シティとの決勝戦を含めて3試合連続でマン・オブ・ザ・マッチに選出されており、まさに立役者としてチームをビッグイヤーに導いた。 その活躍にセスクも舌を巻いており、自身がチェルシーに在籍していた当時を振り返りながら、カンテとの思い出や印象を赤裸々に語った。 「僕とエデン・アザールはチェルシーで一緒にいた時、エンゴロ・カンテにブラジルのニックネーム“エンゴリーニョ”と名付けた。少し笑っちゃうぐらい変な名前かもしれないけど、今でもそう呼んでいる。でもそれは、僕たちがエンゴロをどれだけ尊敬していて、そして試合中の彼にどれほど感謝しているかの表れなんだ」 「彼の凄いところはドリブルにあるんだ。果敢にタックルを仕掛け、何度もボールを奪い取る守備的なMFと見なされているかもしれない。それはもちろん素晴らしいんだけど、彼が決してボールを失うことがないということを忘れてはいけないよ。ドリブルもすごく上手いんだけど、それが評価されることは多くない。おそらく、それがエンゴリーニョと呼び始めた理由だろうね」 「今シーズン、エンゴロはマンチェスター・シティとのチャンピオンズリーグ決勝で素晴らしいパフォーマンスをした。彼はビッグマッチであればあるほど、自分のレベルを引き上げることができる。それは偉大な選手であるしるしなんだ」 「(17-18シーズン)FAカップ決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦した時のことを覚えているよ。当日はラマダンの時期でとても暑い日だったと思う。みんなが昼食をとっているときにエンゴロに食べたいかどうか尋ねたんだ。彼はそれを断ったんだけど、試合では見事な活躍だった。あの暑い中でどうやってあれほど走れたのかわからない。彼とプレーできて幸せだったよ」 カンテへの称賛は止まらない。 「エンゴロの隣でプレーすることで、絶対の安心感と自信を得ることができる。彼はとても頭が良くて自分の特長の活かし方を知っている。僕の後ろにはみんなのために走れて、自分を犠牲にできるスーパーマンがいた。彼とプレーしなければその重要さを理解することは難しいかもしれないけど、一緒にプレーすれば試合に勝つチャンスが大幅に増えることに気づくだろう」 「だけどね、僕はエンゴロの少しダークな面も好きなんだ。テレビで試合を見ているといつも見かけるよ。彼は決して怒りで我を失うことはないんだけど、よく見るとファウルやイエローカードを受けても相手に謝ることはないんだ。ただその場から立ち去るだけ。僕はそれが好きでね。真のトッププレイヤーになるには必要なことさ。そのダークサイドを見れると僕は嬉しいんだ」 2021.06.14 20:34 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーのCL制覇を語るランパード、監督時代の後悔については「多く話せる」

フランク・ランパード氏がチェルシーの指揮官時代を振り返った。イギリス『ミラー』が伝えている。 チェルシーが誇るレジェンドの1人として知られるランパード氏はダービー・カウンティで監督経験を積んだ後、2019-20シーズンからチェルシーの指揮を執り、プレミアリーグ4位フィニッシュ。今シーズンは2億ポンド(約308億4000万円)を上回る大型補強の援護を受けたが、成績が振るわず、今年1月に解任された。 そんなランパード氏は、イギリスのテレビ番組『BBC One』に出演した際、古巣チェルシーのチャンピオンズリーグ(CL)優勝について言及。元教え子たちの躍進を大きく祝福した。 「私はまず、チェルシーの人間としてこの試合を観た。クラブのファンは喜んでいるし、それに値すると思ったね」 「そして次に、メイソン(・マウント)とリース(・ジェームス)があのレベルで活躍していることや、(エドゥアール・)メンディやチアゴ(・シウバ)、(ベン・)チルウェルのように、私の時代に加わった選手たちを見て、とても誇らしくに思った。しかし、これは彼らの素晴らしい功績だ。よくマネジメントされていると思う」 また、指揮官時代の後悔については「多く話せるだろう」としながらも、「それが監督の仕事というものだ。違った方法で、できることはたくさんあっただろう」と前を向いた。 「1年目の成績はとても誇りに思っている。2年目は期待されていたが、おそらく違った複雑さがあったと思う。今年はどのチームも問題を抱えていた」 「1月に問題が発生し、私は退任したが、過去に戻ってそれらを否定的に振り返ることはできない。前へ進むしかないんだ」 さらに、新天地への就任についても「私は気後れしていない。この仕事が好きだし、挑戦することが好きだ。ダービーとチェルシーで2つの素晴らしい経験をしたし、ぜひまた、適切なタイミングで復帰したいと思っている。まだ話せるようなオファーは無いけどね」とコメント。新たな挑戦に意欲を見せた。 2021.06.14 14:52 Mon
twitterfacebook
thumb

コバチッチとの対戦を楽しみにするチルウェル「最後の笛までは友達ではなくなる」

イングランド代表DFベン・チルウェルが、ユーロ2020初戦のクロアチア代表戦に向けた意気込みを語った。大会公式サイトが伝えている。 悲願の初制覇を目指して10度目の大会に臨むイングランド。13日に控えるその初戦は、2018年のワールドカップで準優勝したクロアチア。スコットランドとチェコも同居したグループDにおいて最大のライバルと目されるチームといきなり激突する。 クロアチアには、チルウェルにとってチェルシーのチームメイトであるMFマテオ・コバチッチが在籍。楽しみとしつつも、手を抜くつもりはないと、対抗心を燃やしている。 「チャンピオンズリーグ決勝の後、話をしたんだ。その前からチェルシーでは本当によく冗談を言い合っていた。彼に会うのは楽しみだけど、試合終了のホイッスルが鳴るまで仲良くする気はないよ!」 チルウェルはまた、クロアチアの主将でキーマンでもあるMFルカ・モドリッチにも言及。チャンピオンズリーグでレアル・マドリーと対戦した際に、その上手さに驚いたことを明かしている。 「ここ10数年、テレビで彼を見ては、そのサッカーの上手さに感心していた。そして、実際に彼を見て、彼と対戦して、相手にするのがどれだけ難しいか、どれだけ賢いか…、そう、彼は素晴らしい選手なんだよ」 「彼との対戦は難しいことだけど、同時に良い挑戦として楽しむこともできるよ」 2021.06.13 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

第二のプリシッチ現れるか! プリシッチが地元にトレーニング施設を開設 「すべての子供たちに刺激を」

チェルシーのアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチが自ら携わったトレーニング施設を訪れた。アメリカ『FOX43』が伝えている。 アメリカのペンシルベニア州ハーシーで生まれたプリシッチは、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)ネーションズリーグ決勝を終えて母国での休暇中に地元を訪問。自身のルーツとなったPAクラシックというクラブへと足を運んだ。 そこで子供たちとボールを蹴り、汗を流したプリシッチ。自身のチェルシーやアメリカ代表のレプリカユニフォームを着用した子供たちとの交流にはご満悦の様子だった。 「ここにいるすべての子供たちに刺激を与えられたり、みんなが自分のユニフォームを着てくれているのを見られてうれしいね。本当に素晴らしい」 「ランカスターの8歳の子供から質問は、イギリスのメディアよりも手厳しいね。確かに難しい質問もあるけれど、子供たちと受け答えをするのはいつだって楽しいよ」 さらに、自らも資金を寄付し、施設の設計を手伝った『プリシッチのたまり場』のオープンセレモニーではリボンカットも行った。デザインは彼が小さいときのイギリスでの経験から着想を得ているという。 「僕が1年間イングランドで過ごしていたときに、このようなフィールドがあって、それを元にしているんだ」 「とても特別なことだった。子供たちが来て、誰もがかれもやって来て、コーチなしで遊んで、楽しむことができた。そこで僕はたくさんのことを学び、ゲームへの情熱も高まったんだ。だから僕が想像したものを与えられたらって思っていたんだよ。(施設は)思っていたよりもずっと良くて、とてもかっこいいね」 今季のチェルシーでアメリカ人史上初のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を経験しただけでなく、先日にメキシコ代表とのCONCACAFネーションズリーグ決勝で決勝ゴールを挙げ、母国を初代王者に導いたプリシッチ。母国でより人気が高まるなか、第二のプリシッチ発掘にも力を注いでいるようだ。 2021.06.12 16:29 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、アーセナル熱視線のオルクン・コクジュに関心か

チェルシーが、フェイエノールトのトルコ代表MFオルクン・コクジュ(20)に関心を持っているようだ。トルコ人ジャーナリストのヤジズ・サボンジュール氏が伝えている。 オランダ生まれのコクジュはフローニンヘンやフェイエノールトの下部組織で育ち、2018年9月のカップ戦でプロデビュー。広い視野や高いキック精度、創造性を備えながら、走力も併せ持つボックス・トゥ・ボックスの選手で、“ニュー・エジル”と言われる逸材には、長らくアーセナルからの関心が伝えられている。 今季はケガやコロナウイルス感染の影響で出場機会は限られていたが、エールディビジでは22試合に出場し3ゴール3アシストを記録。トルコ人の親を持つことから昨年9月にはトルコ代表デビューを果たし、ユーロ2020に向けたメンバーにも名を連ねている。 イギリス『デイリー・メール』によると、他にもミランやローマ、リヨンの補強リストにも挙がっている模様。そんな中、センターラインの補強が見込まれているチェルシーは、ディディエ・ドログバ氏を通じて、コクジュの家族に接触を図ったと見られている。 フェイエノールトとは2025年夏まで契約を残すコクジュだが、以前に「クラブが移籍金を得ることができて、快く送り出してくれるなら、移籍を検討するよ」と今夏の移籍を除外しない考えを明らかにしていた。 2021.06.11 15:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly