「チェルシーは僕たちよりも良いプレーを」CL決勝進出を逃したGKクルトワが古巣のパフォーマンスを評価

2021.05.06 10:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワが、古巣のチェルシー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

マドリーは5日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでチェルシーと対戦した。

ホームでの1stレグで1-1のドローに終わっていたマドリー。突破にはゴールが必要となる中、序盤から攻め立てる。

しかし、チャンスを逸すると、チェルシーに先制される展開に。後半もゴールに迫るシーンがあった中、チェルシーの守備の前にゴールを奪えず。その後追加点を許し、2-0で敗戦。準決勝で敗退となった。

この試合で2失点を喫してしまったクルトワ。チームのプレーは良かったとしながらも、チェルシーの出来を評価した。

「前半はボールをコントロールできたけど、チャンスは十分ではなかった。カリム(・ベンゼマ)が良いシュートを放っていたけど、GKにセーブされて1-0になった」

「後半はゴールを目指したけど、相手の守備がしっかりしていたし、カウンターで失点してしまった。でも、サッカーは負けることもあり、続けなければならなかった」

「日曜日のセビージャ戦に向けて、今は休む必要がある。僕たち攻撃的になり、危険な場面を作ろうとしたが、相手はカウンターが早く、それが僕たちを苦しめた」

また、決勝進出を逃したチームについても言及。CLの舞台はそんな簡単なものではないとし、改めてチェルシーのパフォーマンスを評価した。

「チャンピオンズリーグは簡単ではない。今日のように、優れたチームを相手にすると、あまり何もできないこともある」

「来シーズンは決勝進出を目指して戦うけど、素晴らしいチームがあり、いつだってそこに到達できるとは限らない」

「僕たちの夢ではあるけど、チェルシーは僕たちよりも良いプレーをしていたよ」



1 2
関連ニュース
thumb

「またいつか」セルヒオ・ラモスが16年在籍のレアル・マドリーに別れ、ファンには「スタジアムでお別れがしたかった」

レアル・マドリーを退団することとなったスペイン代表DFセルヒオ・ラモス()がクラブへの別れを告げた。 マドリーは16日、セルヒオ・ラモスの今季限りでの退団を正式発表した。 2005年にセビージャから加入して以降、公式戦671試合に出場し、101ゴールを記録したセルヒオ・ラモスは、5度のラ・リーガ制覇や、史上初の3連覇を含む4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、数々のタイトルをもたらしていた。 偉大なるキャプテンとして、マドリーの象徴的な存在にもなったセルヒオ・ラモスは17日に退団セレモニー。その後、記者会見に臨んだ。 フロレンティーノ・ペレス会長とともに登場したセルヒオ・ラモス。16年にわたって在籍したクラブへの別れの言葉を述べるとともに、また戻ってくると約束した。 「僕は19歳の時に両親、兄弟と手を繋いでやってきた。僕はただの子供だった。今では妻と4人の子供がおり、素晴らしい家族ができた」 「幸いなことに、とても団結した状態でここにきて、いつでも僕をサポートしてくれる家族の偉大さを感じながら出発することができる」 「このような事態に備えることはできないけど、レアル・マドリーに別れを告げる時が来た。僕に我慢し、僕を尊重してくれたみんなに感謝したいと思う」 「クラブ、愛情を注いでくれた会長、家族のようなスタッフ、監督…何年も経過しているから、感情的になるのは仕方がないことだ」 「また、ここに来てからずっと僕を支えてくれたファンのみんなにも感謝しているし、一緒にスタジアムでお別れがしたかった。レアル・マドリーに感謝する。いつでも僕の心にいる」 「唯一無二の素晴らしいステージが終わろうとしているけど、ここでの経験は決して今後起こり得ないと信じている。遅かれ早かれ僕は戻ってくる。“さようなら”よりも“またいつか”の方が良い」 <span class="paragraph-title">【動画】セルヒオ・ラモス、レアルで刻んだ数々のゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxUUg0ZHZydyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.17 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「このゴールは絶叫した」レアル退団が決まったセルヒオ・ラモスのCL決勝土壇場ゴールに再脚光

レアル・マドリーは16日、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)の退団を発表した。 2005年にセビージャから加入して以降、誰もが認めるカピタンへ成長したセルヒオ・ラモス。公式戦671試合に出場し、101ゴールを記録し、5度のラ・リーガ制覇や、史上初の3連覇を含む4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、数々のタイトルをもたらした。 101ゴールという数字からも分かるようにDFらしからぬ決定力と勝負強さを持ち合わせていたセルヒオ・ラモスだが、その中でも最も有名なゴールと言えば2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝、アトレティコ・マドリー戦でのゴールではないだろうか。 マドリッドダービーとなった一戦は、アトレティコが1-0とリードして前半を終えたが、疲れの見え始めたアトレティコを前に後半はマドリーが猛攻を仕掛ける。何とか耐えていたアトレティコだが、ラストプレーとなる後半アディショナルタイム、セルヒオ・ラモスが大仕事を果たす。 マドリーが右CKを獲得すると、MFルカ・モドリッチが素晴らしいボールを供給する。そのボールはセルヒオ・ラモスのもとへ飛んでいくと、マークを振り切り完璧に頭で捉える。コントロールされたヘディングシュートは相手GKティボー・クルトワの手をかすめ、ゴール左隅に吸い込まれていった。 この土壇場でのゴールは精神的にタフなアトレティコの面々をも打ち砕く一発に。疲労の色濃いアトレティコ相手にマドリーは延長後半の15分間で3ゴールを奪い4-1で勝利。見事にデシマ (10度目のCL制覇)を達成していた。 セルヒオ・ラモスの退団が発表され、『ESPN』の公式ツイッターも「最高の瞬間の1つ」としてこのゴール動画を紹介。ファンからも「絶対に忘れない」「永遠のカピタン」「このゴールは絶叫した」「今までありがとう」など退団を惜しむ声が多く寄せられた。 マドリーは17日にセルヒオ・ラモスのお別れセレモニーを実施。マドリディスタはそこで偉大なカピタンとお別れになる。 <span class="paragraph-title">【動画】ラモスと言えばこのゴール!CL決勝アディショナルタイムの劇的弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ5MmgwZThEbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.17 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

S・ラモスの行き先候補、現状4つ! シティが現段階の最有力

スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)の行き先は現状、4つの候補が考え得るようだ。 2005年夏にセビージャからレアル・マドリーに加わって以降、最終ラインの軸として公式戦通算671試合の出場数を誇り、数々のタイトルに寄与したS・ラモス。今やカピタンの称号を欲しいままにするが、今季最終年の契約は依然として延長されず、16日に退団が正式決定した。 そうなれば、気になるのが新天地。17日の会見で明かされるであろう経緯や背景も注目されるが、スペイン『アス』によると、現時点でマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)、そして古巣セビージャが行き先候補に挙がるという。 そのなかで、最有力だというのが今季限りでスペイン代表DFエリック・ガルシアがバルセロナに旅立ち、スペイン代表DFアイメリック・ラポルテにも移籍の噂があるシティだ。S・ラモスの代理人は前々からレアル・マドリー退団時の合意を目指して、シティと接触を図っている模様だ。 次に移籍先と目されるのがシティの宿敵であり、イングランド代表DFハリー・マグワイアの相方を務めるトップレベルのセンターバックを探すユナイテッド。その次はフランス代表FWキリアン・ムバッペとの契約延長が最優先事項のPSGだが、DFラインの強化も目標であり、候補だという。 そして、最後はほかの3クラブと比較して、可能性こそ低いものの、古巣セビージャ。連れ戻しに多額の資金が必要だけに、実現性の低い話だが、キャリア終盤の移籍であるのを鑑みると、下部組織時代から過ごした地元クラブに戻る選択肢もなくないものとみられているようだ。 なお、S・ラモスはレアル・マドリーから届いた約10%給与カットの単年契約による延長オファーを拒否。獲得を望むクラブは年俸として最低でも1200万ユーロ(約15億9000万円)を支払う必要があるといわれる。 2021.06.17 16:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「全員にとって残念なこと」元マドリーのグティがセルヒオ・ラモス退団にメッセージ

レアル・マドリーのレジェンドであるホセ・マリア・グティエレス氏が、チームから退団が発表されたスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)にメッセージを送った。 マドリーは16日、セルヒオ・ラモスの今季限りでの退団を正式発表。17日にもフロレンティーノ・ペレス会長出席のもと、退団セレモニーを行うことを発表した。 2005年にセビージャから加入して以降、公式戦671試合に出場し、101ゴールを記録したセルヒオ・ラモスは、5度のラ・リーガ制覇や、史上初の3連覇を含む4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、数々のタイトルをもたらしていた。 偉大なるキャプテンとして、マドリーの象徴的な存在にもなったセルヒオ・ラモスだが、最後は後味の悪い退団に。条件面が折り合わず、契約延長に至らなかった。 この退団を受け、現役時代にチームメイトとしてもプレーし、マドリーのレジェンドであるグティ氏が自身のツイッターで別れのメッセージを送っている。 「キャプテン、君が我々レアル・マドリーでキャリアを終えられなかったことは、全員にとって残念なことだ」 「君はその資格があった。でも、戻ってくることだろう。友よ、幸運を祈る」 マドリーでセルヒオ・ラモスが引退できなかったことを残念がったグティ氏だが、自身もマドリーでは引退できず。さらに、ラウール・ゴンサレス氏やイケル・カシージャス氏など、これまでもマドリーで長年尽くしてきた数多くの選手が、キャリアをマドリーで終えられておらず、セルヒオ・ラモスもそこに加わることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】セルヒオ・ラモス、レアルで刻んだ数々のゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxUUg0ZHZydyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.17 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリーがセルヒオ・ラモスの退団を発表…明日にもセレモニーを開催

レアル・マドリーは16日、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)の退団を発表した。 2005年にセビージャから加入して以降、誰もが認めるカピタンへ成長したセルヒオ・ラモスに対して、クラブは17日にフロレンティーノ・ペレス会長出席のもと、同選手のお別れセレモニーを実施することを発表。 同選手はセレモニー後にメディアへ向けた記者会見に出席するとのことだ。 2005年にセビージャから加入して以降、公式戦671試合に出場し、101ゴールを記録したセルヒオ・ラモスは、5度のラ・リーガ制覇や、史上初の3連覇を含む4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、数々のタイトルをもたらした。 契約最終年となった今季は、度重なるケガや新型コロナウイルス感染の影響で公式戦21試合出場にとどまると、現在開催中のユーロ2020のスペイン代表からも外れていた。 なお、現時点でスペイン代表DFの去就は不明となっているが、古巣セビージャやパリ・サンジェルマンが獲得に動いていると報じられている。 2021.06.17 05:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly