ローマがフォンセカ監督の今季限りの退任を発表「まだ勝たなければいけない重要な試合が残っている」

2021.05.04 20:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは4日、パウロ・フォンセカ監督(48)が今シーズン限りで退任することを発表した。クラブ公式サイトが発表した。

フォンセカ監督は、母国のポルトガルのクラブで監督を務めており、ポルトやブラガなどでも指揮。その後、ウクライナの強豪であるシャフタール・ドネツクで指揮を執っていた。

2019年7月にローマの監督に就任すると、ここまで96試合を指揮。50勝19分け27敗の成績だった。

就任1年目はセリエAで5位フィニッシュ。コッパ・イタリアはベスト8だった。今シーズンは現在セリエAで7位に位置しており、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を争っている状況だ。

また、今シーズンのELでは準決勝に進んだが、1stレグでマンチェスター・ユナイテッドに6-2で大敗。決勝への勝ち上がりが非常に厳しい状況となっている。

かねてから去就についても多くの報道がなされ、即時解雇という報道も出ていた状況。特に直近の公式戦5試合で1分け4敗とチームが下降気味なところも影響している。

それでも、今シーズン終了までは指揮を執ることで落ち着いたとされたが、シーズン終了後に退任することが発表された。

フォンセカ監督はクラブを通じてコメント。感謝を述べつつ、残りの試合に全力を捧げると語った。

「この2年間、我々は多くのアップダウンを経験したが、常にこのクラブとこの街、つまり常に歓迎してくれた街のために全力を尽くしてきた」

「ローマのファンの皆さん、トリゴアで一緒に働いた全ての人、選手、そしてこの旅の間に我々をサポートしてくれた全ての人に感謝したいと思う」

「特にダンとライアン・フリードキンにはやってきた時から継続的にサポートしてくれた。そして、チアゴ・ピントは信じられないほどのプロフェッショナルであり、クラブのために仕事を続けてくれることを祈っている」

「今シーズンは、まだ勝たなければいけない重要な試合が残っているので、そのために全力を尽くしたいと思う」

関連ニュース
thumb

急にボールの軌道が変わったのに…絶好調のローマ主将がバックヒールで合わせる

ローマのイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニが絶好調だ。 下部組織出身でクラブの主将を任されるペッレグリーニは、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任した今シーズンは攻撃力が開花。トップ下で起用されると、今季の公式戦7試合で6ゴール2アシストと圧巻の数字を残している。 19日に行われたセリエA第4節のエラス・ヴェローナ戦でも36分、右サイドのDFリック・カルスドルプが上げたクロスに対して、ゴール前に走り込むと、クロスボールが相手選手の足に当たって急にボールの軌道が変わったにもかかわらず、右足のバックヒールで合わせると、相手GKロレンツォ・モンティポがギリギリ触れないゴール右のコースへと決めた。 試合はその後ヴェローナの反撃を許し、2-3で逆転負け。今シーズン初黒星を喫し、公式戦の連勝が「6」でストップとなってしまったものの、ローマの公式ツイッターも「残念ながらいくつかの勝ち点を持ち帰ることはできませんでしたが、ロレンツォが得点した素晴らしいゴール」とカピターノのゴールを伝えている。 なお、ペッレグリーニとローマの契約は今シーズン限りとなっているが、前々から延長交渉を行っている両者は近いうちに契約延長を発表する見込だ。 <span class="paragraph-title">【動画】急に軌道が変わったボールをバックヒールで!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Purtroppo non è servito a portare a casa dei punti, ma che gran gol ha segnato Lorenzo<a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> <a href="https://t.co/Z7j9fz6U7u">pic.twitter.com/Z7j9fz6U7u</a></p>&mdash; AS Roma (@OfficialASRoma) <a href="https://twitter.com/OfficialASRoma/status/1439894938393759748?ref_src=twsrc%5Etfw">September 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.21 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

アキレス腱断裂のスピナッツォーラ、復帰までの目安語る「ピッチへの復帰は75日後になる」

ローマのイタリア代表MFレオナルド・スピナッツォーラが、回復の過程にあることを明かした。『フットボール・イタリア』が伝えている。 イタリア代表の優勝で幕を閉じたユーロ2020。しかし、スピナッツォーラは準々決勝のベルギー代表戦で前半からピッチを縦横無尽に駆け回り、ビルドアップのサポートや守備において多大な貢献をしていたが、左足アキレス腱断裂の重傷を負っていた。 負傷後すぐに手術を行ったスピナッツォーラは、1カ月後にはリハビリをスタート。当初は復帰の目途が立っていなかったものの、11月頃の復帰を目指しているとされている。 そのスピナッツォーラは、イタリアの『みんなを学校に』と題されたトークショー型のイベントに出演。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に対し、復帰までの目安を語った。 「僕は元気だよ。松葉杖はもう必要ない。多くのトレーニングをこなしているから、順調だよ」 「今は回復までの半分を過ぎたところだ。あと2、3カ月はかかると思うけどね」 「このまま順調にいけば、ピッチへの復帰は75日後になると思うよ」 スピナッツォーラは、昨シーズンのセリエAで27試合に出場し2ゴール5アシストを記録。復帰後の活躍に期待がかかる。 2021.09.21 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

今季初黒星のローマ…モウリーニョ監督も落胆 「相手のプレースタイルにうまく適応できなかった」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が今季初黒星を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは19日に行われたセリエA第4節でエラス・ヴェローナと対戦した。ここまで公式戦6連勝と絶好調のチームはこの日も36分にMFロレンツォ・ペッレグリーニのゴールで先制に成功。しかし、今節から新たに指揮をとるイゴール・トゥドール監督に率いられた相手チームの反撃を受けると、一気に逆転を許し、オウンゴールで追いついた流れも実らず、再びの失点で2-3の敗北を喫した。 今シーズン初黒星を喫し、公式戦の連勝が「6」でストップとなったことについて、試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督は指揮官交代直後で勢いに乗る相手に対処できたなかったと落胆。そのうえで、敗因についてはこれからしっかり分析したいと語った。 「今日の彼らは対戦するのが難しい状況だと分かっていた。監督が変わる前から、彼らは他チームに多くの問題を引き起こしており、異なる結果を得ていてもおかしくなかったからね。そして、監督が変われば、多くの場合試合で強い反発が起るものだ。それもわかっていた」 「我々の姿勢や結果を出そうとする意欲について悪いことは言えない。ただ、良いプレーはできず、相手のプレースタイルにうまく適応できなかった。多くの個人戦で負け、多くのセカンドボールを奪われ、試合の重要な局面で相手の方が少し強かった。この試合をもっと詳細に分析するためには何時間かスクリーンの前にいる必要がある」 「相手のプレーは悪くなくホームである以上、0-1の状況から反応があることはわかっていたはずだ。後半彼らが強く出てくることは驚きではなかった。我々はこうした瞬間にうまくコントロールする必要がある。いつも言っているが、ゲーム全ての支配は期待していない。ただ、今日は攻撃時に1対1の場面が何度もあり、そこで勝てば相手に大きなダメージを与えられたはずだ」 「もっとボールを奪う必要があった。(ジョルダン・)ヴェレトゥはイエローカードをもらったことが大きな障害になっただろう。あの位置でプレーする選手にしてはカードをもらうのが早すぎた。とはいえ、具体的に敗因を説明するには試合を見直す必要がある。試合についていくつかの感想を持つことと、それを実際に分析することは別だからね」 2021.09.20 11:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマがモウリーニョ体制7戦目で初黒星…監督交代のヴェローナに打ち負けて今季初白星献上…《セリエA》

セリエA第4節、エラス・ヴェローナvsローマが19日にマルカントニオ・ベンテゴディで行われ、ホームのヴェローナが3-2で勝利した。   モウリーニョ新体制で開幕6戦全勝と絶好調のローマは、ポルトガル人指揮官のキャリア通算1000試合目となった前節のサッスオーロ戦を後半アディショナルタイムの劇的ゴールで制すると、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の初戦ではCSKAソフィアを5-1で退けた。   開幕3試合でディ・フランチェスコ監督を解任し、トゥドール新指揮官を招へいしたヴェローナのホームに乗り込んだこの一戦では、サッスオーロ戦から先発2人を変更。負傷のビーニャとベンチスタートのムヒタリアンに替えてカラフィオーリ、ショムロドフと左サイドを入れ替えてきた。   指揮官交代によって勢いを持って入ったホームチームに対して、やや受け身の入りとなったローマだが、時間の経過と共に主導権を掴んでいく。16分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのペッレグリーニがニアに入れたボールをクリスタンテが頭で合わすが、このシュートは惜しくもクロスバーを叩く。   以降は攻撃に厚みを出せず、相手の鋭いカウンターに手を焼くローマだったが、絶好調のカピターノが圧巻の個人技でゴールをもたらす。36分、右サイドの深い位置でカルスドルプが低い弾道のクロスボールを供給。これが相手DFにディフレクトして若干マイナスにコースが変わると、ニアに全力で走り込んできたペッレグリーニが見事な右足のバックヒールでニア下へ流し込んだ。   苦しみながらも1点リードで試合を折り返したローマだが、後半はより難しい展開を強いられる。立ち上がりの49分に左サイドからカプラーリに入れられたクロスがマンチーニに当たってコースが変わると、これをGKルイ・パトリシオが何とか前にはじき出すが、こぼれ球をバラクに押し込まれる。さらに、54分にはボックス左でイリッチからパスを受けたカプラーリへの寄せが甘くなると、見事な右足のグラウンダーシュートをファーポストに流し込まれ、一気に逆転を許した。   ここから攻勢を強めるローマは58分、エイブラハムを起点としたカウンターからペッレグリーニのゴールへ向かう左クロスがイリッチのオウンゴールを誘発し、すぐさまスコアをタイに戻す。だが、この失点にも士気を落とさないヴェローナに対して後手を踏むと、63分にはボックス手前右でシメオネから横パスを受けたファラオーニに右足アウトかけた見事なハーフボレーシュートをゴール右隅に突き刺され、すぐさまビハインドを背負った。   開幕3連敗中の格下相手に負けられないローマは、66分にショムロドフ、ザニオーロ、ヴェレトゥを下げてカルレス・ペレス、ムヒタリアン、エル・シャーラウィとアタッカー3人を同時投入。さらに、78分にはカルスドルプとカラフィオーリの両サイドバックを下げてスモーリングとマジョラルを投入。この交代で前線にセンターフォワード3人、ウイングバックにエル・シャーラウィ、カルレス・ペレスを並べる超攻撃的な[3-4-3]の布陣でゴールをこじ開けにかかる。   何とか力業でゴールをこじ開けたいローマだが、ヴェローナの守備的な選手交代と接触時に簡単に倒れて時計を進める老獪な試合運びを前に焦りが目立ち、再三の攻撃は撥ね返され続ける。試合終了間際にはカルレス・ペレス、エル・シャーラウィに続けて決定機が訪れたものの、相手の身体を張った守備に撥ね返されて万事休す。   メンバー固定と過密日程の疲労か、あるいは下位相手の慢心か、トゥドール新体制のヴェローナに今季初白星を献上したローマは、モウリーニョ体制7戦目で痛恨の初黒星を喫することになった。 2021.09.20 03:18 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、公式戦6連勝も試合内容に不満 「プレーの質が気に入らなかった」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督がチームのパフォーマンスに不満を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは16日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループC第1節でCSKAソフィアと対戦した。10分に失点を許したものの、その後は攻撃陣が爆発。MFロレンツォ・ペッレグリーニの2ゴールやFWタミー・エイブラハムのゴールなどで5点を奪ったチームは、5-1のスコアで快勝している。 この結果、ローマは開幕から公式戦6連勝を達成。チームは絶好のスタートを切っているが、試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督はこの日のパフォーマンスに対して不満を口にした。 「我々がしっかりプレーしなかったことを除けば、チームは団結していたと思う。ここでは本当に、真のチームを構築できている。ただ以前にも話したが、勝ったときに真のグループであるなら、負けたときはさらに真のグループになる必要がある。そういうときこそ、我々はチームであることが重要なのだ。そして、今夜はいいプレーができなかった」 「結果には満足しているが、プレーの質が気に入らなかった。この2、3日トレーニングした方法でボールをキープできなかったからね。中盤は激しさに欠け、2人のフルバックは十分に前に出られず、多くの守備的な競り合いに負けた」 「エルドル・ショムロドフとペッレグリーニはピッチの高い位置でプレスをかけようと、本当によく働いてくれた。我々のプレーが悪かったとは言わないが、5-1で勝つほどではなかったと思う。相手にとっては厳しい結果だ。我々のほうが組織的に優れており、勝利に値するとは思うが、私は満足していない」 また、モウリーニョ監督は好調のチームに対して期待が高まり続けていることを警戒。これから厳しい時期もやってくるはずだと語っている。 「先日、コーチと冗談で『我々は毎日、サン・ピエトロ大聖堂に行き、負傷者が出ないよう祈る必要があるチームだ』と話したよ。我々は限界があるチームだ。シーズンはマラソンのようなものであり、すべての感情を管理する必要がある」 「以前に5勝と50勝は違うと言ったが、今日は6勝と60勝は違うと皆に伝えたい。我々は落ち着く必要がある。自分たちが築き上げてきたもの、精神面には満足しているが、戦術的にもグループは改善する必要があるね。我々は冷静でなければならない」 「チームとファンの絆は我々にとって重要だ。しかしブーイングが起きたとき、それはチームとして、クラブとして、より一層力を発揮すべき瞬間でもある。現時点では、たとえ今夜のプレーが素晴らしくはなくても、我々の取り組みやチームの反応にとても満足している」 2021.09.17 12:42 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly