初のスクデット獲得となったインテル会長が感謝のメッセージ「このスクデットは全員のもの」

2021.05.03 17:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのスティーブン・チャン会長が、11年ぶりのスクデット獲得を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。インテルは2日、2位のアタランタがサッスオーロと引き分けたため、11年ぶり19度目のセリエA制覇を達成した。

前回優勝したのはジョゼ・モウリーニョ監督時代。セリエA5連覇を達成した2009-10シーズン以来のスクデット獲得となった。


蘇寧グループがオーナーになってからは今回が初のスクデット獲得となったが、コロナ禍においてスティーブン・チャン会長は4日前にイタリア入り。見事に現地で優勝の瞬間を過ごすこととなった。

スティーブン・チャン会長は、待望のスクデットについて喜びのコメントをすると共に、全ての人への感謝の気持ちを語った。

「このプロジェクトに関わり、この旅を一緒にしてきた全ての人々にとって、特別なエキサイティングな瞬間です。まず、ファン、我々と共に働いている人々、そして監督、アントニオ・コンテとこれを達成するために一生懸命にプレーした選手たちに感謝します」

「今年だけでなく、これまでの5年間も私を支えてくれた2人のCEO、社員、マネージャーにも感謝したいです。このプロジェクトに参加している全ての人、今年だけでなく過去に働いていた人もです。彼ら全員がこのスクデットの一部であり、このスクデットは彼ら全員のものだと思います。大いに感謝しています」

「会社のスタッフだけでなく、私を信じてこのクラブを運営することを光栄に思い、チームを信頼してこのタイトル獲得を達成してくれた人々にも感謝します。父にも感謝します。また、長年にわたり私を指導し、精神的にも支えてくれ、インテルの魅力を理解させてくれたマッシモ・モラッティ氏にも感謝したいと思います」

「最後になりましたが、スポーツとインテルを愛し、我々を支えてくれるファンにも感謝します。パンデミックによって引き起こされたこの困難な時期のこの喜びが、全ての人に前向きなエネルギーをもたらせることを願っています」

「特別な日です。クロトーネに勝利した後、選手たちと話し、それが実際に起こったことはほとんど想像もできませんでした。我々は、過去数カ月、数年の努力のおかげでここにいます。現実です。そして、私の経験では、これらすべてを説明できます」

「全ての人と話はしていませんが、一部の選手と監督、スタッフ、そして何人かの友人とだけ話しをしました。まず第一に、この名誉とスクデットは彼らの一部であり、彼らは勝者です。全員がいなければ、舞台裏にいる人々がいなければ不可能だったでしょう」

「我々は順位表で多くのポイントを獲得しました。各ポイントは、ピッチに立つ人だけでなく、舞台裏で働く人も表しています。テレビの前で見ている我々をサポートしてくれる人も表しています」

「世界中、ミラノ、イタリアにいるファンにとって、このスクデットはみなさんのためのものであり、みなさんに捧げられ、みなさんに喜びを希望をもたらすことを願います」

「インテルの未来、プロジェクト、インテルの世界は100年以上前から常に同じであり、これからも変わりません。我々の目標は、ポジティブなエネルギー、希望、包括性、革新的なアイデアを周囲の人々に広めることです」
関連ニュース
thumb

インテル進撃のきっかけを明かすルカク「スクデットへの道はあの試合から始まった」

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクはチームが勢いに乗るきっかけとなった試合について語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 インテルは1日に行われたセリエA第34節のクロトーネ戦で勝利を収めると、翌日の試合で2位アタランタが引き分けたことにより、11年ぶり19度目のスクデット獲得が決定。その後も連勝を続けており、残り2試合の時点で2位に13ポイント差をつけるなど、圧倒的な強さを見せている。 今季エースとして公式戦42試合28ゴール10アシストを記録しているルカクは『DAZN』のインタビューに応じた際、快進撃のきっかけとなった試合について言及。3-0で勝利したセリエA第9節のサッスオーロ戦がチームにとって良いきっかけになったと明かした。 「スクデットへの道はサッスオーロ戦から始まったんだ。プレーの仕方を変え、よりコンパクトな陣形になった。あの試合はラウタロ(・マルティネス)とアレクシス(・サンチェス)が先発でプレーして、僕はベンチにいたね。でも、すぐチームが一つになっていることがわかった」 「その後はミランやアタランタ、ラツィオとの試合が待っていた。昨シーズンに比べ、強豪との直接対決で多く勝つことができたと思う。僕たちはより強くなったと示せた。アタランタ戦に勝利した後、僕は自分に言い聞かせたよ。『よし、僕らは本当にスクデット獲得に向かっているんだ』とね」 また、ルカクはインタビューの中で、2トップを組むことの多いL・マルティネスにも言及。良い関係が築けていることを強調している。 「ミラノ・ダービーに向けた準備期間の1週間、非常に高いレベルのトレーニングを行った。ラウタロとは『この試合は絶対に負けられない、そんなことは不可能だ』と冗談を言い合ったよ」 「初めてラウタロを見たとき、彼は父親と一緒にいた。僕は彼に、『2年以内に一緒にトロフィーを勝ち取ろう』と言ったんだ。僕らはチームのために働いている。もし彼がより良いポジションにいると気づけば、常に彼にパスを出すよ」 2021.05.15 12:19 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルMFがまさかの失態…派手なユニフォームで新ロゴを披露も1人だけ仲間外れ

インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチが、思わぬミスを犯していた。 セリエAの優勝を決定したインテルは、12日にセリエA第36節でローマと対戦した。 この試合では、インテルが今シーズン着用したユニフォームを組み合わせた特別な4thキットで臨むことに。奇抜なユニフォームは多くの目を惹いた。 さらに、インテルのロゴが新たなものとなっており、「I」と「M」が組み合わさったものに変更。新たなユニフォームも新ロゴが採用されていた。 しかし、この試合でブロゾビッチが大きな注目を集めることに。なんと、1人だけショーツが間違っていたのだ。 派手なユニフォームに合わせられたショーツは、これまで通り黒一色のもの。しかし、右腿あたりには新たなロゴが付いているものが着用されていた。 しかし、ブロゾビッチは古いロゴが入っているショーツを着用。鋭い視聴者によって指摘されていたのだ。 この試合で11分に先制ゴールを記録したブロゾビッチ。ゴール以上に注目を集めるとは、本人も思っていなかっただろう。 <span class="paragraph-title">【写真】先制点のブロゾビッチ(中央)の下のほうをよく見ると何かが違う</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/get20210514brozovic.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> 2021.05.14 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

長期離脱中のコラロフ、腰椎椎間板ヘルニアの手術が成功

インテルは13日、セルビア代表DFアレクサンドル・コラロフの腰椎椎間板ヘルニアの手術が成功したことを発表した。数日中にリハビリを開始するとのことだ。 コラロフは3月14日のセリエA第27節トリノ戦でベンチ入りして以降、欠場が続いていた。 今季、ローマからインテルに加入したコラロフだったが、公式戦11試合の出場に留まっている。インテルとは6月までの契約で、オプションで1年更新される内容となっているが、行使されるかは微妙な状況だという。 2021.05.14 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ルカクがコロナ禍に深夜の誕生日パーティーも警察突入で強制終了、選手3名も参加

ベルギー代表FWロメル・ルカクらインテルの選手が、コロナ禍でのパーティー開催で処分を受けることとなった。イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』が報じた。 報道によると、ルカクはミラノのホテル「ザ・スクエア・ミラノ・ドゥオーモ」にて12日から13日の午前3時にかけてルカクの28歳の誕生日パーティーを行っていた。 このパーティーには、ルカクの他、アクラフ・ハキミ、イバン・ペリシッチ、アシュリー・ヤングが出席していたとのことだ。 しかし、コロナ禍におけるパーティーはプロトコルに違反する状況。イベントを主催したホテルのレストランのマネージャーを含め、24名は処分を受けることになるという。 今回の件は、3時ごろに通報を受けた警察がホテルに到着。強制的にパーティーは終了を迎え、罰金処分を受けることとなった。 ピッチ内外で親交が深いルカクを含めた4名は、今回の件外出禁止に違反。さらに、すでに優勝が決まっているとはいえ、ユベントスとのナショナルダービーを3日後に控えた中でパーティーを行なっていたことは、クラブからも大きな処分を受ける可能性があるようだ。 2021.05.13 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカク1G1Aのインテルがコンテ体制100戦目でローマに勝利! ホーム15連勝&20戦無敗!《セリエA》

セリエA第36節、インテルvsローマが12日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが3-1で勝利した。   前々節に11年ぶり19度目の優勝を決めた首位のインテル(勝ち点85)は、主力を多数温存した前節のサンプドリア戦を5-2で圧勝し、ホーム14連勝を飾ると共にリーグ戦無敗を19試合に更新。ホーム15連勝と20戦無敗を狙う今節はルカクやブロゾビッチ、バレッラを復帰させた一方、前節に続き主力と控えを混合した布陣で臨んだ。   一方、すでに来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得の可能性が潰えた7位のローマ(勝ち点58)は、シーズン残りの目標をヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に下方修正。前節、最下位のクロトーネを5-0で一蹴し、リーグ5戦ぶりの勝利を挙げたチームは今季王者相手に連勝を狙った。クロトーネ戦からは先発3人を変更。イバニェスに代えてサスペンション明けのマンチーニを復帰させたほか、レイノルズに代えて古巣対戦のサントン、マジョラルに代えてジェコを最前線に置いた。   直近6戦連続ドロー中と拮抗した名門対決は、見慣れない4thキットに身を包む今季の王者が力強い入りを見せる。立ち上がり数分こそローマに押し込まれる入りとなったが、ファーストチャンスをモノにする。   11分、相手を押し込んで右サイド深くで浮いたダルミアンにパスが渡ると、ダルミアンが最終ラインと中盤の間のスペースへ丁寧な折り返しを入れる。3列目からの飛び出しを見せたブロゾビッチがうまく力が抜けた右足のダイレクトシュートをゴール右下隅に突き刺した。   幸先よくリードを手にしたインテルはローマを自陣に引き込みながら得意のロングカウンターを繰り出す。そして、20分にはロングカウンターでボックス右まで持ち込んでボールをキープしたルカクがマイナスに丁寧に落とすと、これをヴェシーノが冷静に右足のダイレクトシュートで右下隅に流し込み、今季初ゴールとした。   拙守で2点を追う展開となったローマは失点直後の24分にクリスタンテの強烈なミドルシュートで反撃の狼煙を上げると、30分過ぎに1点を返す。31分、最後尾のマンチーニが持ち出しながら絶妙な斜めのクサビのパスをペナルティアーク付近のジェコに通すと、ジェコは反転しながらボックス中央に走り込むムヒタリアンへ絶妙なラストパスを供給。これをムヒタリアンが豪快な右足のシュートで決め切り、2戦連続ゴールとした。   このゴールによって以降はよりオープンな展開に。その中で35分過ぎには足首を痛めたサンチェスが続行不可能となり、ラウタロ・マルティネスのスクランブル投入を余儀なくされる。その後はインテルがヴェシーノ、ペリシッチ、ローマがムヒタリアンと互いに際どいシュートでゴールに迫ったが、ラドゥ、フザートと両GKの好守もあって前半はインテルの1点リードで終了した。   迎えた後半、ローマはペドロを下げて負傷明けのエル・シャーラウィを投入。この交代でムヒタリアンが右、エル・シャーラウィが左にポジションを移した。後半はビハインドを追うローマが押し込む入りを見せ、56分にはボックス手前で足元にパスを受けたジェコが強烈な左足の反転シュートを放つが、ゴール左上隅を捉えたシュートは惜しくもポストを叩く。続く58分にはエル・シャーラウィのスルーパスに抜け出したジェコに再び決定機も、ここはDFの寄せとGKの果敢な飛び出しに阻まれて同点ゴールとはならず。   一方、守勢が続くインテルは60分にヴェシーノ、ペリシッチを下げてセンシ、ハキミを同時投入。ハキミは右ウイングバックに入り、ダルミアンがペリシッチのいた左ウイングバックにポジションを移した。   その後もローマが押し込む展開が続くが、ラノッキアやシュクリニアルを中心とする守備陣が最後の局面で高い集中力をみせ、水際で2失点目を凌ぐ。すると、最後の最後に後半は沈黙していた攻撃陣が試合を決定づける仕事を果たした。   90分、自陣深くからのロングカウンターでルカクの絶妙なフリックに反応したハキミが完璧に相手の背後を取ってそのままボックス付近まで独走。相手GKとDFを引き付けて右に走り込んできたルカクにプレゼントパスを送ると、これを豪快な左足のシュートで決め切った。   そして、ルカクの1ゴール1アシストの活躍によって7戦目にしてローマとのドロースパイラルに終止符を打ったインテルがコンテ体制100戦目を白星で飾り、ホーム15連勝とリーグ20戦無敗を達成した。 2021.05.13 05:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly