ブンデス昇格・降格プレーオフの日程が決定! 日本人対決の可能性も…

2021.05.03 08:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は2日、今季行われるブンデス昇格・降格プレーオフの日程が決定したことを発表した。

ブンデス昇格・降格プレーオフでは、ブンデスリーガ16位のクラブとブンデス2部で3位のクラブと対戦する。DFLの発表によれば、第1戦が5月26日(水)に行われ、第2戦は同29日(土)に開催されるとのことだ。

なお、延期試合を除いて残り3節となっているブンデスリーガでは、現在ケルンが16位となっているが、FW大迫勇也の所属する14位ブレーメン、MF堂安律とMF奥川雅也の所属する15位ビーレフェルトとの勝ち点差は「1」、3試合未消化の17位ヘルタ・ベルリンも勝ち点差「3」で追走するなど、残留争いは大混戦となっている。

一方、ブンデス2部ではハンブルガーSVが3位に位置しているが、MF宮市亮の所属する7位ザンクト・パウリまでは勝ち点差が「5」となっており、昇格争いも混戦となっている。

関連ニュース
thumb

存在感増す日本代表MF守田英正トルコ行きか? ガラタサライがセルビア戦を高評価

日本代表MF守田英正(26)にトルコ行きの可能性が浮上した。トルコ『Fotomac』が報じた。 守田は今年1月に川崎フロンターレからサンタ・クララへと完全移籍。シーズン途中加入ながらポジションを掴むと、プリメイラ・リーガで20試合に出場し2ゴール1アシストを記録した。 日本代表でも存在感を発揮している守田だが、トルコの名門・ガラタサライが守田の獲得に興味を示しているようだ。 『Fotomac』によるとガラタサライが守田への評価を高めたのは、セルビア代表との国際親善試合だったとのこと。ユーロ2020に出場しないセルビア代表は、キリンチャレンジカップ2021を戦うために来日。ガラタサライは、セルビアの若手が出ることもあり、来日して行われたジャマイカ代表戦と日本代表戦をチェックしていたようだ。 FWネマニャ・ヨビッチやFWミラン・マカリッチ、DFストラヒニャ・パブロビッチらを注目していたとされる中、セルビア戦で効果的なプレーを見せた守田が目を惹いたとのことだ。 守田は2024年6月までサンタ・クララとの契約を残しており移籍金は500万ユーロ(約6億6000万円)とのことだ。 ポルトガル『レコルド』もこの件を報じており「ガラタサライは日本人MF守田に興味を持っている。すでにサンタ・クララの経営陣と選手の代理人に連絡している。日本とセルビアの試合でクオリティに感銘を受けた」と高く評価していることを伝えていた。 過去にはMF稲本潤一(現SC相模原)やDF長友佑都(現マルセイユ)が所属したことでも知られるガラタサライ。3人目の日本人となるだろうか。 2021.06.23 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪出場により新体制下でプレシーズンを戦えないMF久保建英、再びレンタルか

東京オリンピックに臨むU-24日本代表に選出されたMF久保建英(20)だが、去就にも影響が出てきそうだ。 スペイン『アス』は、久保の東京オリンピック出場を報道。7月23日から8月8日まで大会が行われることとなり、新シーズンのチームへの合流が8月中旬以降となる。 久保は、今シーズンはビジャレアルとヘタフェでプレーしたが、一度はレアル・マドリーへと復帰することに。しかし、マドリーはジネディーヌ・ジダン監督が辞任し、新たにカルロ・アンチェロッティ監督が就任。久保としてはゼロからのスタートとなる。 新体制での新シーズンに合流が遅れる久保だが、アンチェロッティ監督としてもプレシーズンで全く起用できないため、久保の動向が決まらないこととなる。 現時点ではマドリーに残るのか、それとも3シーズン連続でレンタル移籍となるのかは未定だが、『アス』はレンタル移籍が最良の答えだとマドリーが考えているとしている。 その理由は他にもあり、ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが未だにスペイン国籍を取得できておらず、ファーストチームにEU圏外の枠が余っていないということだ。 しかし、久保はファーストチームでのプレーを望んでいることもあり、その落とし所としては再びレンタル移籍することになるというもの。マジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェに続いてどこでプレーするのか。マドリーの決断にも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英、レアル・マドリーで見せた輝き</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI3WkdSMzg0YyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.22 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫勇也、堂安律がチャリティーイベントに出席! 互いに来季を見据える…大迫「少しでも力になれれば」、堂安「よりハングリーに」

20日、日本代表の大迫勇也と堂安律が「ウブロ 大迫勇也×堂安律 チャリティーイベント」に参加した。 現在開催されているUEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権のオフィシャルタイムキーパーを務めるスイスの高級腕時計ブランド「ウブロ」は、限定コネクテッドウォッチ 「ビッグ・バン e UE FA EURO 2020TM」の発売を記念し、イベントを開催。大迫と堂安のほか、元日本代表MF前園真聖氏も登場した。 今回発売された「ビッグ・バン e UE FA EURO 2020TM」は、世界で1000本しかない限定モデル。なんと言ってもすごいのは、ユーロの試合とリアルタイムで連動するサッカー専用アプリが搭載されており、ハーフタイムやアディショナルタイム、試合終了に加え、審判が出したカードや選手交代、PK、ゴールなどの情報をリアルタイムで通知されるものとなる。 そのほか、チームのメンバーやランキング、フィールドでのポジションなどの情報も見られるオプション機能があるとのことだ。 現在は日本代表の活動も終わり、オフを過ごしている大迫と堂安。改めて今シーズンを振り返った大迫は「個人的にはなかなか厳しいシーズンでしたけど、代表では充実したシーズンでしたし、また来年ワールドカップもあるので、しっかりと活躍できるように次のシーズンを過ごしたいと思います」とコメント。「悔しい思いもたくさんしたので、この悔しさを次のシーズンに繋げたいと思います」とすでに来シーズンに目を向けている。 一方の堂安は、初めてドイツでプレーしたシーズンとなったが「僕にとってドイツのブンデスリーガに挑戦したシーズンとなりましたけど、新しい発見も多かったですし、自分の課題も見つかったので、来シーズンもっと活躍できるように頑張りたいと思います」と手応えを掴みながらも、来季のさらなる飛躍を誓った。 堂安はブンデスリーガで日本人として2人目となる全試合出場を果たしたが「シーズン中はあまり意識していなかったですが、ケガなくプレーできたのは良かったですし、もう少し結果を残したかったなと思います」とコメント。もっと数字を残したかったと語った。 大迫と堂安はともに日本代表でもプレーするが大迫は堂安について「この若さで日本代表にずっと入っていますし、ブンデスリーガでもずっと試合に出ていますし、さらに日本代表をレベルアップさせてくれる存在だと思うので、切磋琢磨して、次のワールドカップに向けて頑張っていければと思います」と頼りになる後輩だとコメント。堂安は大迫について「先日の日本代表の試合を観てもわかるように、得点能力は僕が説明する必要ないと思います。近くで一緒にプレーする選手としては、ボールを凄くキープしれくれるというのは、2列目の選手としてありがたいです」と頼れる先輩であると語った。 9月からは最終予選に臨むことになるが大迫は「最終予選でも一緒にプレーできればと思います」とコメント。堂安も「最終予選始まるので、日本代表を引っ張れるように頑張っていきたいと思います」と2人でピッチ上でタッグを組むことを期待させた。 このイベントにはオンラインで11名の子供も参加。コロナ禍で直接会うことがかなわなかったが、大迫は子供たちに「このコロナ禍で大変な状況が続いていますが、サッカーを楽しんでほしいです」とエール。堂安も「この状況で思い切りサッカーを楽しむことが難しいですが、大きな夢を持って、日本代表目指して海外で大きな選手になるという夢を持ってプレーしてほしいと思います」とエールを送った。 その子供達からは質疑応答のコーナーがあり、お手本にしているFWを問われた大迫は、「お手本ではないですけど、よく見ているのはレヴァンドフスキです」と語り、同じブンデスリーガで得点を量産しているバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの名前を挙げた。 また、堂安は今年決めた中で最も印象に残るゴールを聞かれると、「最終節で決めたゴールです」とコメント。アルミニア・ビーレフェルトを残留に導いたゴールを挙げ「形も良かったですが、チームに貢献できた一番」と、チームを助けられたことが一番印象に残っているとした。 イベントはその後クイズコーナーが行われ、子供達の頑張りによりキックターゲットチャレンジのボールを20個ゲット。 このキックターゲットチャレンジでは、射抜いた的の分の獲得金額がウブロよりJFAサッカーファミリー支援に寄付されるという大事なものとなった。 キックターゲットチャレンジでは、前園氏が2球、大迫と堂安が9球ずつという中で前園氏からスタート。すると、前園氏は20万円と40万円のボードに当てる素晴らしいプレーを見せ、会場を沸かせた。 残り7枚のボードに対し、大迫と堂安が狙っていくが、最終的には1枚残ってしまい終了。それでも、180万円が寄付されることとなった。 イベント終了後には囲み取材が行われ、2選手が揃ってのイベント参加について大迫は「普段と変わらず、律も凄く元気なので、助かりました」とコメント。堂安は「代表活動の時からブンデスリーガで共にプレーしているということもあって、コミュニケーションは取らせて貰っていたので、ピッチ外で仕事することは新鮮でしたけど、楽しくやらせてもらいました」と語り、普段通り楽しめたと振り返った。 現在オフを過ごしている大迫と堂安だが、大迫は「昨日まで実家の鹿児島に帰っていたので、家で両親とゆっくり過ごしました」とコメント。堂安も「両親、家族と一年会えなかったので、家族と多く時間を費やしてオフでリフレッシュしている状況です」と語り、家族との時間でリラックスしたようだ。 束の間のオフも終われば新シーズンへと入っていく2人。新シーズンへの意気込みについて大迫は「僕は所属チームで存在感を出すことが大事ですし、最終予選が始まるので日本代表の少しでも力になれればと思うので、良い準備をしてシーズンに臨みたいと思います」とコメント。日本代表の力になるためにも、チームで結果を残していきたいと語った。 一方で堂安は「大きな大会が待っていますし、そこでまず活躍することを目標に、より貪欲に、よりハングリーに日々生活していきたいと思います」とコメント。こちらも、より結果を求めていきたいと意気込んだ。 <span class="paragraph-title">【写真】チャリティーイベントの様子をチェック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/hublot20210620_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/hublot20210620_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/hublot20210620_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/hublot20210620_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/hublot20210620_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/hublot20210620_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/hublot20210620_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/hublot20210620_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/hublot20210620_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/hublot20210620_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/hublot20210620_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> 2021.06.20 20:55 Sun
twitterfacebook
thumb

中島翔哉がポルティモネンセ復帰か? 52億の解除金はネックも、選手譲渡で減額なるか

ポルトに所属するMF中島翔哉(26)だが、古巣であるポルティモネンセに復帰する可能性があるようだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。 2019年7月にアル・ドゥハイルからポルトへと加入した中島。加入当初は出場機会を得ていたものの、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断後は出場機会をもらえず。また、セルジオ・コンセイソン監督の信頼を失い、リーグ優勝のセレモニーにも出席しないなど、立場が危うくなっていた。 それでも、今シーズンの開幕前にチームメイトからの熱望もあり、監督と和解。出場機会を少し取り戻した中、2021年1月にアル・アインへとレンタル移籍していた。 新天地での躍動が期待された中、2試合に出場したところでトレーニング中に負傷。脛骨骨折とじん帯損傷の重傷を負い、アル・アインでのキャリアを終えていた。 移籍時の新型コロナウイルスの検査結果に改ざんが疑われるなど、ピッチ外での話題が多い中島だが、新シーズンからはポルトへ復帰することとなる。しかし、ポルティモネンセが獲得に動いていると報じられている。 中島はポルトと2023年6月末までの契約を結んでおり、4000万ユーロ(約52億3000万円)という高額な契約解除条項が設定されているが、ポルトはポルティモネンセのFWベト(23)の獲得に1000万ユーロ(約13億円)を提示しているようだ。 ポルティモネンセとしては、ベトを譲渡することに加えて金銭を支払い、中島を獲得する可能性があるという。 ポルティモネンセには日本代表GK中村航輔やDF安西幸輝が所属。MF本田圭佑も冬に獲得したが、登録が間に合わずに退団していた。中島にとっても再びプレー機会を得る上では良い移籍となるが、果たしてどのような結末を迎えるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】中島翔哉がポルトで決めた唯一のゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4RTBqYmVacyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.19 18:52 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が契約満了で退団、ネフチ・バクーが公式発表…7試合2得点で最終節逆転優勝に貢献

ネフチ・バクーは16日、MF本田圭佑(35)との契約満了を発表した。 本田は、日本の名古屋グランパスでキャリアをスタート。その後オランダのVVVフェンロへと移籍しヨーロッパの舞台に挑戦。ロシアのCSKAモスクワでプレーした後、イタリアのミランでプレー。「10」番を背負い大きな注目を集めた。 そのミラン退団後は、メキシコのパチューカへと移籍。その後、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに移籍すると、オランダのフィテッセを経て、ブラジルのボタフォゴへと移籍。5大陸でプレーし、全てでゴールを決める初めての選手となっていた。 今冬の移籍市場でポルティモネンセへの移籍が決定。入団会見まで行った中、なんと選手登録期限に間に合わず契約解除に。その後模索した中で、今年3月からネフチ・バクーに加入していた。本田は日本を含めて8カ国目にアゼルバイジャンを選択していた。 アゼルバイジャン・リーグで8度の優勝を誇るクラブに加入した本田は、リーグ戦7試合に出場し2ゴールを記録。最終節で首位のカラバフを相手に1-0で勝利し、奇跡の逆転優勝をチームにもたらせていた。 ネフチ・バクーは本田の退団を発表し「世界的に有名な日本人の活躍に感謝し、彼の将来のキャリアの成功を祈っています」としている。 <span class="paragraph-title">【動画】本田圭佑、CSKAモスクワ時代の無回転FKにGKもお手上げ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3Mm9iZ1hOVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.16 16:13 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly