古巣の上位争いに言及するアンチェロッティ監督、非難されている教え子・ピルロ監督については語らず

2021.05.02 22:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督が、今季のセリエAについて語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。

アンチェロッティ監督は、現役時代にはパルマ、ローマ、ミランでプレー。引退後は、パルマ、ユベントス、ミラン、で指揮をしたのち、チェルシーやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリー、バイエルン、そしてナポリを指揮し、2019年12月からエバートンの監督を務めている。

今シーズンのセリエAでは、10連覇を目指したユベントスが早々に脱落。インテルが優勝に王手をかけた状態となっている。

一方で、トップ4争いが熾烈な状態となっており、古巣であるミランとユベントスが争っている状況。次節は直接対決を迎えることとなる。

アンチェロッティ監督は、今シーズンのセリエAについて「ここイギリスでも行われているように、素晴らしい競争だと思う」と語り、例年になく熾烈な上位争いが起きていることを好意的に受け止めている。

一方で、古巣の両クラブがトップ4を争っている中で、自身が2度のチャンピオンズリーグやセリエAを制したミランを推しているようだ。

「最高のチームが上位で終わることを願っている。そして、最高のチームがミランになることを願っている」

対して、自身がミラン指揮時代にチームの中心としてプレーしたアンドレア・ピルロ監督についても言及。「私は彼を愛している。あえて、彼を裁く様なことはしない」とし、方々から非難されている教え子を擁護。判断はしないと語った。

関連ニュース
thumb

インテルがミランからチャルハノールを獲得! 契約満了に伴い実力者をフリーで獲得

インテルは22日、ミランからトルコ代表MFハカン・チャルハノール(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 チャルハノールは今シーズンのセリエAで33試合に出場し、4ゴール10アシストの数字を残し、ミランの2位フィニッシュと共に7年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に大きく貢献していた。 そのため、クラブは今月末までとなっていた契約の更新に向けて年俸400万ユーロ(約5億2000万円)と言われるオファーを提示していたが、より多くのサラリーを求める同選手はこの申し出を固辞。 そして、幾つかのビッグクラブが関心を示していた中、年俸450万ユーロ(約5億9000万円)と100万ユーロ(約1億3000万円)のインセンティブという条件でチャルハノールを説得した宿敵インテルが新天地となった。 2017年夏にレバークーゼンからミランへ加入したチャルハノール。在籍4年間で、公式戦172試合32ゴール48アシストを記録した。 なお、トルコ代表としてユーロ2020に出場していたチャルハノールだったが、チームがグループA3連敗で敗退となったため、すぐさまミラノ入りし、メディカルチェックを受診していた。 2021.06.23 01:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ミランで構想外のラクサールがディナモ・モスクワに完全移籍!

ディナモ・モスクワは22日、ミランからウルグアイ代表MFディエゴ・ラクサール(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は現時点で明かされていない。 2013年に母国のデフェンソールからインテルへ完全移籍したラクサールは、以降ボローニャ、エンポリ、ジェノアへと武者修行を経験。その後、2016年にジェノアへ完全移籍し、2018年8月にミランへとステップアップを果たした。 ミランでは加入1年目にセリエA20試合に出場するなど準主力を担ったが、以降は思うように出場機会を得られず。直近2シーズンはトリノ、セルティックへレンタル移籍に出されていた。 なお、今シーズンはセルティックで左サイドバックやサイドハーフを主戦場に公式戦26試合に出場していた。 2021.06.23 01:23 Wed
twitterfacebook
thumb

チャルハノール後釜探すミラン、PSGのラフィーニャに関心?

ミランがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属する元ブラジル代表MFラフィーニャ(28)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 今シーズンのセリエAを2位でフィニッシュし、来シーズンは7シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)に参戦するミラン。 しかし、今夏の移籍市場においてはイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマに続きトルコ代表MFハカン・チャルハノールとの契約延長交渉が破談に終わり、昨季の躍進に貢献した司令塔はフリーで宿敵インテルに加入することが決定的となっている。 そういった中、クラブはトルコ人司令塔に代わる新たなチャンスメーカーとして安価な金額で獲得可能な数選手をリストアップしている。 現時点でミランはチェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエク(28)をトップターゲットに定めているが、チェルシーは同選手の放出に関して完全移籍での売却を望んでおり、財政面が決して潤沢ではないクラブは買い取りオプション付きのレンタル移籍などの打診は可能と思われるが、高額なサラリーを含め難しいオペレーションと言える。 その一方で、より現実的なオプションはPSGの準主力であるラフィーニャの獲得だ。昨夏、バルセロナからPSGに移籍したラフィーニャは、加入1年目に公式戦34試合に出場も、そのほとんどが途中出場だった。 また、今夏の移籍市場でクラブはドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーとの契約延長に加え、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムを獲得しており、新シーズンは更なる出場機会減が見込まれている。 さらに、過去には半年ほどの在籍だったものの、インテルでセリエA、ミラノの雰囲気を経験しており、そのユーティリティー性を含めて悪くない選択肢と言える。 2021.06.23 00:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン会長がチャルハノール&ドンナルンマの退団を明言 「何も問題ない」

ミランのパオロ・スカローニ会長がトルコ代表MFハカン・チャルハノール(27)とイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(22)の移籍を認めた。『フットボール・イタリア』が『Radio Gr Parlamento』を引用して伝えている。 ミラン在籍4年間で公式戦172試合32ゴール48アシストを記録したチャルハノールだが、今月末で契約満了。契約延長の交渉に進展がない状況が続くなか、先日に年俸450万ユーロ(約5億9000万円)+ボーナス100万ユーロ(約1億3000万円)の2024年6月までの契約でインテル移籍が濃厚と報じられている。 一方、ミランの下部組織出身で、22歳ながらすでに公式戦251試合の出場数を誇るドンナルンマも契約が今季最終年。ユーロ2020を戦う代表活動に参加中だが、21日のオフを利用としてメディカルチェックを受け、年俸1000万ユーロ(約13億1000万円)の5年契約でパリ・サンジェルマン(PSG)行きの見方が強まっている。 両者ともにミランから受けた契約延長のオファーを断っての移籍が指摘されるなか、スカローニ会長は両選手の退団を明言。後悔はないともコメントした。 「我々は準備している最大限の価格でオファーを出していた。チャルハノールが他の選択肢を見つけたとしたら、それは彼にとって良いことだ」 「彼は素晴らしいチャンピオンであり、常に公平に振舞っていた。誰にでも正しいと思う選択をする自由があり、ミラン側に後悔はない。我々は選手にかかるコストを制限している。そのなかでオファーを出したが、十分じゃなかったようだね」 「それから、ジージョ(ドンナルンマ)に関しても居心地の良い場所から離れたがっているという記事を読んだが、彼のようなプロフェッショナルにとってはポジティブなことだと思う」 「彼はいつも完璧に振る舞っていた。ミランはGKに関する解決策を見いだし、ドンナルンマは他のクラブでキャリアを続けることになるだろう。だから、何も問題ない」 チャルハノールとドンナルンマはともに主力メンバーだが、いずれも無銭移籍が近いとみられるミラン。すでにドンナルンマが抜けるGK陣にリールからフランス代表GKマイク・メニャンを迎えたが、チャルハノールに代わる選手の目星はついているのだろうか。 2021.06.22 15:43 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーロ3連続無失点のイタリア代表GKドンナルンマ、休日を利用しPSGのメディカルチェックへ

イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(22)がパリ・サンジェルマン(PSG)のメディカルチェックを受けたようだ。 現在イタリア代表としてユーロ2020に参加しているドンナルンマ。20日のグループA第3節のウェールズ代表戦でもクリーンシートを達成。ユーロのグループステージ3試合連続でクリーンシートを記録した。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ウェールズ戦から一夜明けた21日、イタリア代表は束の間のオフが与えられた中、ドンナルンマは朝9時にイタリア代表が滞在しているホテルを出発。ローマ市内のサントアンドレア・クリニックに向かったとのことだ。 ここではPSGのメディカルチェックを受けたとのこと。移籍決定が迫っていると報じられている。 ドンナルンマはミランの下部組織出身。2015年7月に16歳でファーストチームへと昇格。22歳ながら、すでにミランでは公式戦251試合に出場していた。 なお、ドンナルンマは今シーズン限りで満了を迎えるミランとの契約延長を拒否。PSGへは年俸1000万ユーロ(約13億円)、2026年夏までの5年契約で加入するとみられている。 <span class="paragraph-title">【動画】ドンナルンマがイタリア代表のホテルを出発</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/Donnarumma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Donnarumma</a> lascia l&#39;albergo dell&#39;<a href="https://twitter.com/hashtag/Italia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Italia</a>: oggi le visite mediche per il <a href="https://twitter.com/hashtag/Psg?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Psg</a> in una clinica romana<br> 2021.06.21 21:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly