突如退団発表の浅野拓磨は泥沼展開に、パルチザンが契約違反でFIFAに訴えることを発表

2021.05.02 16:10 Sun
Getty Images
パルチザン・ベオグラードは2日、日本代表FW浅野拓磨(26)が自主的に退団したことを発表。一方で、契約違反で訴えることも発表している。浅野は、自身のブログにて、「パルチザンから度重なる給与等の未払いがあり、不誠実な対応があった」と公表。そのため、クラブを去ることを決断したと明かしていた。
この発表を受け、パルチザンもクラブ公式サイトを通じて声明を発表。「浅野拓磨が自主的に退団したことを公表する」としていた。

一方で、この退団は浅野が勝手に行ったことであり、国際サッカー連盟(FIFA)に訴えることも発表している。

「パルチザンは、根拠のない退団と契約条項の違反を理由に、あらゆる法的手段を講じ、FIFAの管轄機関に対して選手への訴訟を起こします」
「選手が自分の意思ではなく、権力と同じぐらいの権利を持っていると思っている、誰かの意見に基づいて、早急に行動をとったことは明らかです」

「したがって、パルチザンは根拠のないものとして拒否し、選手である浅野拓磨のステータスに関する全ての発表を、根拠のない脅迫的なものとし、拒否します」

「選手たちのこの行動を不快に思い、驚いていますが、セルビアカップのトロフィーを獲得してシーズンを終えたいという願いと目標を持ち、チームが残りの試合に集中していることを全てのファンに保証します」

2013年にサンフレッチェ広島でプロデビューした浅野は、2016年夏にアーセナルへ一気にステップアップ。直後からシュツットガルトやハノーファーへのローンで武者修行に励むも、アーセナルでのデビューは果たせないまま、2019年夏にセルビア1部のパルチザンへ完全移籍した。

2年目を迎えていた今シーズンは、リーグ戦33試合の出場で18ゴール8アシストと大活躍。欧州1部リーグでは日本人最多得点で、8月に行われた第5節のインジヤ戦ではハットトリックを達成していた。

現行契約はあと1年残っていたが、本人曰く、給与未払いやクラブの不誠実な対応から契約解除を決断。リーグ戦を4試合残してチームを去ることになった。

なお、クラブのリーグ優勝はほぼ消滅しているが、国内カップ戦ではツルヴェナ・ズヴェズダとの決勝が5月25日に控えている。

1 2
関連ニュース

「一から戦い直そう」数的不利のHTの反応を語った藤田譲瑠チマ、苦しみながらも勝ち点3に「良い流れに乗れる」

U-23日本代表のキャプテンMF藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)が、U-23中国代表戦を振り返った。 16日、パリ・オリンピック出場を目指す日本は最終予選を兼ねたAFC U23アジアカップで中国と対戦した。 8大会連続8度目のオリンピック出場を目指す中、試合は8分に松木玖生(FC東京)が山田楓喜(東京ヴェルディ)のクロスに合わせて先制する。 しかし、17分に西尾隆矢(セレッソ大阪)が相手をヒジ打ちしたとして一発退場。70分以上を数的不利で戦う中、GK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)のビッグセーブやその他の選手たちのハードワークもあり1-0で勝利。白星スタートとなった。 厳しい戦いを勝利で終えた日本。試合後のフラッシュインタビューに応じた藤田は数的不利に早い時間帯になったことについて言及。「早い段階で得点できたのは良いんですけど、すぐにレッドカードが出てしまって自分たちが難しくなるシチュエーションでした」と振り返り、「チームとして90分間うまく失点なしで行けたので、プラスに捉えていければと思います」と、1人少ないながらもしっかりとゼロで抑えられたことを喜んだ。 パリ・オリンピックに向けた大事な初戦。試合に臨む意気込みについては「いつも通り、今までやってきたことしかできないので、特別なことはしようとせず、今まで培ってきたものを出そうと思っていました」とコメント。その中でのアクシデントを受け、ハーフタイムには「今の状況は仕方ないからやるしかないという言葉が出ていましたし、チームとして、また一から戦い直そうという話はしました」と、しっかりと切り替えることができたという。 その中での勝利は「すごく大きいと思います」と語る藤田。「今後にも響いてきますし、自分たちも初戦勝てたことで良い流れに乗れると思うので、この流れに乗ったまま今後の試合も戦っていきたいと思います」と、苦しんだ末の勝利は勢いになると語った。 中2日で迎えるのはUAE戦。「まずは良い準備をして次の試合も勝てるようにしたいですし、チームとして勢いを持って試合に臨めるように、自分自身意識的に声をかけていきたいと思います」とコメント。キャプテンとして、しっかりとチームを牽引していきたいと語った。 UAE戦は19日(金)の24時30分キックオフ。DAZNとNHKで生中継される。 <span class="paragraph-title">【動画】練習どおり!山田楓喜のクロスを松木玖生が鮮やかダイレクトボレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="FV92D6V87DM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】大ピンチを救った守護神・小久保玲央ブライアンの神懸かりセーブ!!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> <a href="https://t.co/wKC1xsgC4d">pic.twitter.com/wKC1xsgC4d</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1780238101283041308?ref_src=twsrc%5Etfw">April 16, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.17 01:18 Wed

「1点を守り切ることしか考えなかった」ビッグセーブで勝利を呼び込んだGK小久保玲央ブライアン、白星貢献に「落ち着いてプレーできた」

ビッグセーブ連発でクリーンシートに貢献したU-23日本代表のGK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)が、U-23中国代表戦を振り返った。 16日、パリ・オリンピック出場を目指す日本は最終予選を兼ねたAFC U23アジアカップで中国と対戦した。 8大会連続8度目のオリンピック出場を目指す中、試合は8分に松木玖生(FC東京)が山田楓喜(東京ヴェルディ)のクロスに合わせて先制する。 しかし、17分に西尾隆矢(セレッソ大阪)が相手をヒジ打ちしたとして一発退場。70分以上を数的不利で戦う中、小久保のビッグセーブやその他の選手たちのハードワークもあり1-0で勝利。白星スタートとなった。 厳しい戦いを勝利で終えた日本。試合後のフラッシュインタビューに応じた小久保は「守備陣を中心に、松木玖生が前半に決めた1点を守り切ることしか考えていなかったです」とコメント。難しい戦いとなったと振り返った。 「1枚少なくなるので、相手もラフに入れてきたりだとか、その分自分たちが(ボールを)握れなくなるということが大変だったので、誰もミスせずにシンプルにやろうというのがありました」 守備陣でしっかりとカバーし、シンプルにプレーしてミスからのピンチを防いだという小久保。自身は前後半を通してビッグセーブで決定機を防ぐ活躍を見せた。 「自分の中でも落ち着いてプレーできたかなと思います」と語る小久保。「チームを助けるプレーができて、勝利に貢献できて良かったです」と、守備で貢献できたことを喜んだ。 改めてアジアの厳しさを感じた初戦。「こうして初戦から再確認できたので、2戦目、3戦目と続きますが、回復して2戦目に向かえればと思います」と語った小久保は、しっかりと戦い2戦目に向かいたいとした。 「今日は1人少なくなって守備しかできず、自分たちの持ち味が出せませんでした。中2日で少しでもコミュニケーションをとって、少しでも修正して、2戦目に向かえればと思います」 「勝ち点3を取って、グループリーグを突破したいので引き続き応援よろしくお願いします」 この日は現地でも声援を受けたが「自分たちにとって励みになりますし、違う国でやっていることで、サポーターが背中を押してくれるだけで力にになります」と語った小久保。まさに背中に声を背負ってゴールを死守する姿は、守護神そのものだった。 UAE戦は19日(金)の24時30分キックオフ。DAZNとNHKで生中継される。 <span class="paragraph-title">【動画】大ピンチを救った守護神・小久保玲央ブライアンの神懸かりセーブ!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> <a href="https://t.co/wKC1xsgC4d">pic.twitter.com/wKC1xsgC4d</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1780238101283041308?ref_src=twsrc%5Etfw">April 16, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.17 00:58 Wed

【パリ行きの命運を託された23選手】大岩ジャパンのダイナモ、この世代筆頭の藤田譲瑠チマが主将としても引っ張る

パリ・オリンピックのアジア最終予選を兼ねるAFC U23アジアカップが15日に開幕する。出場16カ国が4組に分かれてのグループステージから始まる五輪出場もかけた戦いは約2週間ちょっとのスケジュール的にも勝ち上がれば勝ち上がるほど総力戦が必至。ここではパリ行きの命運が託されたU-23日本代表の23選手を紹介し、藤田譲瑠チマにフォーカスする。 ■藤田譲瑠チマ(MF/シント=トロイデン) この大岩ジャパン発足時からの大黒柱はナイジェリア人の父を持ち、Jリーグ屈指の育成力を誇る東京ヴェルディのアカデミー出身。2020年の昇格を待たずしてプロデビューの経歴を持ち、1年目からJ2リーグ41試合出場で3ゴールと堂々たる数字を残した。 2021年から徳島ヴォルティスでのJ1リーグ挑戦を決断し、翌年からは横浜F・マリノスにステップアップ移籍。アンカーでも、ダブルボランチでも、インサイドハーフでも攻守にわたってダイナモぶりを遺憾なく発揮し、横浜FM1年目からJ1リーグ優勝に貢献した。 その横浜FMで1年半を過ごし、昨夏から満を持してシント=トロイデンでの欧州挑戦を決意。試合途中からも多いが、ここまで公式戦24試合に出場して、ジュピラー・プロ・リーグ第20節のスタンダール・リエージュ戦では記念すべき初ゴールをマークしている。 2022年夏にフル代表を経験済みの代表キャリアも順調そのものといえる22歳有望株の売りは170cm前半のサイズをカバーする予測の良さとボール捌き。狭いエリアでも失わないキープ力と精度の高い縦パスも魅力で、個性派揃いの中盤でも中心を託される。 また、大岩ジャパン全体においても持ち前の統率力で一線を画す存在で、この世代を率い始めてから明確なリーダーを置いてこなかった大岩剛監督もパリ行きに向けて一丸が求められるとの認識をより強め、主将に指名。名実ともに中心として今大会を迎える。 試合ではというと、松木玖生や山本理仁らとともに逆三角形の中盤を支える役割が求められ、底がメインポジション。主なプレータスクは奪って繋ぐ。プレーヤーとしても、主将としても繋ぎ手となり、パリ行きの切符に導いていきたい。 2024.04.16 17:00 Tue

アンデルレヒトFW後藤啓介が衝撃ゴール! 完璧な抜け出し、トラップ、ループシュートで今季6点目を記録し勝ち点1をもたらす

アンデルレヒトのFW後藤啓介がまたしてもゴールを記録した。 2024年1月にジュビロ磐田からレンタル移籍で加入した後藤。セカンドチームに当たるRSCAフューチャーズでプレーしている。 チャレンジャー・プロ・リーグ(ベルギー2部)で、加入以来全試合に出場している後藤。12試合で5ゴール1アシストを記録している中、13日に行われた第29節のリールセ戦で再びゴールを記録した。 3試合連続ベンチスタートとなった後藤。チームは先制を許した中、64分に途中出場する。 なかなかスコアが動かなかった中、85分に後藤が魅せた。 自陣からアマンド・ラパージュがロングフィード。これに反応した後藤は、ジャンプしながら見事なトラップを見せると、前に出てきたGKをよく見てすぐさまループシュート。無人のゴールへ同点ゴールを決めた。 これがリーグ戦6点目。3試合ぶりのゴールとなった後藤。90分には、左サイドからのクロスにDFと競り合いながらも合わせて行ったが、これはGKがセーブ。短い時間ながらもしっかりと結果を残し、勝ち点1をもたらせた。 <span class="paragraph-title">【動画】後藤啓介、圧巻のジャンピングトラップから見事なループシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GSigd6gzl_k";var video_start = 206;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.16 12:20 Tue

「サービスショット過ぎ」「流石にこれはヤバすぎる」圧巻ゴールの堂安律がオフショット一挙投稿でファン大興奮「カッコ良過ぎて耐えられない」

フライブルクの日本代表MF堂安律が見せたオフショットが話題だ。 14日、ブンデスリーガ第29節でフライブルクはダルムシュタットとアウェイで対戦。この試合に先発した堂安は、見事なカットインからのミドルシュートでゴールを記録。チームの0-1の勝利に貢献した。 その堂安は一夜明けて自身のインスタグラムを更新。「ピッチの外側」として、数々のオフショットを投稿した。 ソファで上半身裸の堂安がタブレットでサッカーの試合を観ているショットや、飛行機でアイマスクをしているショット、日本の街中での写真やビリヤードを楽しむ写真など、さまざまなオフショットがアップ。最後は犬と戯れる堂安の動画で締められていた。 色々なオフの堂安を見ることができる投稿にファンは「顔熱くなる」、「サービスショット過ぎ」、「かっこよすぎます」、「相変わらずかっこいい」、「オフの姿も好き」、「流石にこれはヤバすぎる」、「カッコ良過ぎて耐えられない」、「こんなにたくさん死んじゃう」と大興奮の様子だ。 このところ調子を上げており、出場機会だけでなく結果も残している堂安。このまま残りのシーズンも突っ走るのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】半裸姿やビリヤード、犬と戯れまで…堂安律のオフショット詰め合わせ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C5x1MQBo-5x/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C5x1MQBo-5x/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C5x1MQBo-5x/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.04.15 23:25 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly