ESL構想崩壊を喜ぶキャラガー氏「選手たちの反対表明を見て、構想が実現しないと確信した」

2021.04.22 13:28 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が、崩壊したヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想について語った。イギリス『ミラー』が伝えている。キャラガー氏の古巣であるリバプールを含めた欧州12のビッグクラブは、18日に相次いでESLへの参加を正式表明。しかし、この一方的な決定に対しては、欧州サッカー連盟(UEFA)を始め、各国サッカー協会、各リーグが激しい批判を展開し大きな騒動となった。

ESLに対しては、ユルゲン・クロップ監督やジョゼップ・グアルディオラ監督だけでなく、選手たちも猛反発。また、伝統をないがしろにするビッグクラブのオーナーたちにはファンも怒りを爆発させ、抗議活動を行っていた。

こうした反応を受け、各クラブは参加表明からわずか48時間で続々とESLからの離脱を発表。プレミアリーグの6クラブは全てが脱退しており、首謀者の1人であるユベントスのアンドレア・アニェッリ会長も、これ以上ESLの構想を進めることは難しいと認めている。

『ミラー』のインタビューに応じたキャラガー氏は、こうなる未来は予想できたと語りつつ、ここまで早くESL構想が崩壊したのは意外だったと明かした。

「正直に言って、この構想は人々の力で止められると信じていた。ただ、この速さについては信じられないね。とはいえ、私が予測したように、1つのクラブが揺らげば他クラブもそれに続いた。つまり、誰が最初に離れるかという問題だけだったのだ」

「ユルゲン・クロップ監督や、(マーカス・)ラッシュフォード、(ジョーダン・)ヘンダーソンら選手たちが反対を表明したのを見て、私はこの構想が実現しないと確信したよ。ファンはこれを本当に誇りに思うべきだ。クラブ間のライバル関係は毎週のようにあっても、今回は全員が一丸となった」

また、キャラガー氏はこれからのクラブ運営について、1つの企業やオーナーがクラブの決議権の50%以上を持つことを禁止する「50+1ルール」などの仕組みを採用するブンデスリーガを見習うべきだとコメント。外国人オーナーによる暴走を制御する制度が必要だと語っている。

「できることなら、これが何か新しいことの始まりになれば良いね。もしかしたら、これからはクラブの意思決定にファンが関われるようになるかもしれない」

「私はドイツのモデルがどのように機能しているのか、100%理解しているわけではない。ただ、検討する価値はあると思う。今回は1つのクラブだけでなく、6つのビッグクラブすべてが同じように悪かったからね」
関連ニュース
thumb

リバプールのハードなトレーニングを実感のコナテ「ベッドに入ると疲れですぐに眠れる」

リバプールのU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテが、チームのトレーニングの厳しさについて語った。クラブ公式サイトが伝えている。 コナテは5月末にRBライプツィヒから3500万ポンド(約53億円)の移籍金でリバプールに加入。昨シーズン負傷者が続出したセンターバックの新戦力として、高い期待が寄せられている。 現在はフランスのエビアンで行われているチームキャンプに合流しているコナテは、クラブのインタビューに応じた際、トレーニングの厳しさについて言及。個人やチームがより向上していくために必要だと語り、おかげで夜はよく眠れていることも明かした。 「確かにトレーニングはハードだけど、僕は気にしていないよ。僕らは優れたビッグチームなんだ。走る必要があり、試合では強度で勝たなければならない。そのためのトレーニングは難しいものだけど、大変な仕事に向かう際により良くなっているだろう」 「僕はよく眠れているよ。眠る必要があるし、他に選択の余地がないんだ。ベッドに入ると疲れ果てていて、すぐに眠らなければと思う。僕はベッドに入るとすぐに寝ているね」 また、すでにプレシーズンマッチにも出場しているコナテは、チームメイトとの関係についてもコメント。言語の問題もなく、チームに馴染めていることを喜んだ。 「チームと一緒にここにいられて、とても嬉しいんだ。僕はチームのすべての選手たちと良い関係を築けていると思う。だからこそ、ここにいられてとても嬉しい」 「僕は一部の選手とはフランス語で話しているけれど、他の選手とは英語を使って話すこともできる。ドイツ語も話せるしね。だから、選手と話したりコミュニケーションをとったりするのは簡単なんだ。何も問題はないよ」 2021.08.03 11:21 Tue
twitterfacebook
thumb

復帰したファン・ダイクの起用にキャラガー氏が注意喚起 「急がないように」

リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が大ケガを負っていたオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクに復帰を急がせないよう促している。イギリス『メトロ』が伝えた。 ファン・ダイクは昨年10月の試合で相手の激しいタックルを受けて右ヒザを負傷。検査の結果、前十字じん帯の損傷が発覚し、シーズンの早い段階で終了に追い込まれてしまった。 しかし、手術とリハビリを経て、29日に行われたヘルタ・ベルリンとのプレシーズンマッチに69分から出場。同じく長期離脱中だったイングランド代表DFジョー・ゴメスとともに、9カ月半ぶりとなる実戦復帰を果たしている。 サポーターがプレミアリーグでの復帰も望んでいる中、キャラガー氏は新シーズンのファン・ダイク起用について言及。リーグ戦でのプレーを急がないよう警鐘を鳴らした。 「注意しないとならないし、ユルゲン・クロップもそういう思っているはずだ。ファン・ダイクがリバプールに戻ってきたからと言って、自然とリーグを優勝できるなんてことは期待しない方が良いと思うよ」 「彼は本当に大きなケガを負っていたので、復帰を急がないようにしなければならない」 「ベストな状態に戻れば、彼は世界最高のセンターバックとなる。それはチームが今後5~6週間ではなく、これからの5~6年にわたって望んでいることだ」 「シーズン最初の試合に出られなくても、別に世界が終わるわけではない。100%の状態であることを確認し、彼がリバプールで次の数年をトップレベルで過ごせるような状態にすることが大事だ」 「ヴィルヒルが万全の状態になるまではスロースタートになるかもしれない。でも、それがシーズン最初の試合で実現し、その後の数試合にも出場できたら、誰もが喜ぶと思うけどね」 また、リバプールは昨季にセンターバックの相次ぐ故障に悩まされたため、新シーズンに同じ轍を踏まないようRBライプツィヒからU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテを獲得。ファン・ダイクとゴメスの復帰もあった中で、最適なコンビの選択についても言及した。 「初戦にファン・ダイクとゴメスのコンビを選ぶのは、あまり好ましくない」 「今、全員が最高の状態であれば、ファーストチョイスは常にその2人だ。しかし、2人とも長い間深刻な負傷を抱えていたから、最高の状態で臨むのは難しいと思う」 「コナテがそれを打開できるかどうかだね。それに(ジョエル・)マティプは出場すれば毎回、とても良い仕事をしてくれる」 2021.08.02 16:38 Mon
twitterfacebook
thumb

仏スーパー杯制したリール新指揮官、前監督の功績語る 「彼のタイトルでもある」

リールのジョスリン・グーヴェネック監督が初タイトル獲得の心境を語った。フランス『フット・メルカート』が伝えている。 リーグ・アン王者のリールは1日、イスラエルで開催されたトロフェ・デ・シャンピオン2021でクープ・ドゥ・フランス王者のパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。ブラジル代表FWネイマールやフランス代表FWキリアン・ムバッペらを欠いた相手に、前半終了間際にMFゼカが先制点をもぎ取ると、そのまま逃げ切り、1-0で同大会初制覇を果たした。 試合後、グーヴェネック監督は今夏の就任後初となるタイトル獲得となった一戦を振り返った。 「このようなトロフィーを目指してプレーする場合、重要なのはタイトルを獲得することだ」 「前半は非常に良いプレーができたが、後半はパリのテクニカルなプレスに苦しんだ。しかし、選手たちは引いて戦うことに慣れていたし、それが得意だったので、しっかりとしたプレーができた」 また、クリストフ・ガルティエ前監督にも言及。昨季はチームをリーグ・アン制覇に導いた前任者の功績を称えた。 「クリストフ(・ガルティエ)から仕事を引き継ぐのは簡単ではない。私がこのタイトルを共有できたのは、昨シーズンの彼とスタッフの素晴らしい仕事ぶりのおかげだ。これは彼のタイトルでもある」 さらに、「タイトルを獲ってスタートできたのは良いことだ。我々は、少しずつ変化を重ね、自分たちの方向性を見つけてきた。昨シーズン、このチームが強かった理由はそこにある」ともコメント。9日に控えるリーグ・アン開幕に向けて、滑り出しは順調だ 2021.08.02 13:53 Mon
twitterfacebook
thumb

左SBを探すナポリ、リバプールのツィミカスにも注目か

ナポリが、リバプールのギリシャ代表DFコスタス・ツィミカス(25)に注目しているようだ。イタリア『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えている。 新たにルチアーノ・スパレッティ監督を招へいし、新生ナポリとして新シーズンを迎えるナポリ。先日行われたバイエルンとのプレシーズンマッチで3-0で快勝するなど、幸先のいいスタートを切っている。 だが、着手しなければならない課題が左サイドバックの補強だ。同ポジションでは、DFマリオ・ルイのガラタサライ移籍が迫っていることに加え、3月に左ヒザ前十字靭帯断裂の大ケガを負ったDFファウジ・グラムの復帰の目処が立っていない。 その最優先と言われているのがチェルシーのイタリア代表DFエメルソン・パルミエリだが、同時にツィミカスにも接触を図った模様だ。同選手は昨年8月にオリンピアコスから推定1300万ユーロの移籍金でリバプールに加入したばかりで、伝えられるところによるとナポリの最初のオファーは却下された模様。 ただ、昨季はDFアンドリュー・ロバートソンの影に隠れ、公式戦7試合の出場のみとなったギリシャ代表DFが出場機会を求めて移籍を検討するのではないかと言われており、その点に関してナポリのクリスティアーノ・ジュントーリSDは期待を持っているようだ。 いずれにせよ、左サイドバックの補強はマストとなっている今夏のナポリ。ここまで補強はゼロだが、3週間後のセリエA開幕までにどこまで戦力を整理できるだろうか。 2021.08.01 18:26 Sun
twitterfacebook
thumb

サウール代理人がイングランドへ! 移籍先はユナイテッドorリバプール?

アトレティコ・マドリーからの移籍が囁かれるスペイン代表MFサウール・ニゲス(26)の代理人が選手の将来を早々に決着させようと、イングランドに飛ぶようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 下部組織時代から過ごすアトレティコで公式戦300試合以上を誇るサウール。2017年7月に2026年までの9年という異例の超長期契約を結び、クラブに絶対なる忠誠を誓った中盤のプレーヤーだが、昨季に絶対的主力の地位が薄れ、今夏の退団が囁かれ始めている。 アトレティコにウディネーゼからアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウルが加入したことで、クラブの売却候補に挙がるサウールを巡っては当初こそバルセロナ行きが取り沙汰されたが、次第に沈静化。それに反して、イングランド行きの可能性が熱を帯びる。 そうしたなか、サウールの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏はアトレティコから他クラブとの移籍交渉の許可を経て、2日にもイングランド入りへ。移籍先として現時点でマンチェスター・ユナイテッドが有力だが、リバプールも熱望しているとみられる。 そんなバーネット代理人はプレミアリーグとラ・リーガが開幕する8月中旬までの決着を希望。当初こそ1億2500万ポンドの売り値を設定したアトレティコだが、現在の市場価値も考慮して、3500万〜4000万ポンド(約53億3000万〜61億円)程で移籍を認めるという。 2021.08.01 13:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly