ベンゼマのドブレーテにオドリオソラが今季初弾! カディスに完勝のマドリーが暫定首位に浮上《ラ・リーガ》

2021.04.22 06:51 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第31節、カディスvsレアル・マドリーが21日にエスタディオ・ラモン・デ・カランサで行われ、アウェイのマドリーが0-3で勝利した。

前節、ヘタフェ相手に痛恨のドローとなった2位のレアル・マドリー(勝ち点67)は、13位のカディス(勝ち点36)を相手に2戦ぶりの白星を狙った。

負傷者続出のチームは新型コロナウイルスから回復したヴァラン、サスペンション明けのナチョとカゼミロがベンゼマらと共に先発に復帰。その一方で、モドリッチとクロース、バルベルデの離脱を受け、前節途中出場のブランコをカゼミロの相棒として初スタメンで起用。さらに、並びを[3-4-3]に変更した。

リスクをかけない相手の堅守速攻のスタイルに対してややスロースタートな入りを見せたマドリーはボールを握るものの、なかなか決定機まで持ち込むことができない。

それでも、前半半ば過ぎの28分にスペースで仕掛けたヴィニシウスがボックス内でDFイサと交錯する。一度プレーは流されたもののオンフィールドレビューの結果、アウェイチームにPKが与えられた。そして、これをキッカーのベンゼマがきっちり決めて今季のリーグ戦20点目とした。

良い時間帯に先制に成功したマドリーはここから畳みかける攻めを見せて一気に試合を決めてしまう。まずは33分、ボックス左で鋭い縦への仕掛けを見せたベンゼマが絶妙な浮き球のクロスを上げると、これをファーサイドに詰めたオドリオソラが頭で合わせ、今季初ゴールとした。続く40分にはボックス内で相手のクリアミスを奪ったヴィニシウスからの落としを受けたカゼミロのループパスを再びベンゼマが頭で合わせ、前半のうちにドブレーテを達成した。

3点リードで試合を折り返したマドリーは、ハーフタイム明けに一気に4枚替えを敢行したホームチームに対してゲームコントロールを優先した戦い方にシフト。これにより相手にフィニッシュまで持ち込まれる場面が目立ち始めるが、守護神クルトワを中心とする守備陣が冷静に撥ね返し続ける。

さらに、60分過ぎには病み上がりのヴァランやオドリオソラ、ヴィニシウスを下げて負傷明けのカルバハル、アセンシオ、イスコの投入で主力のプレータイムをコントロール。さらに、74分には殊勲のベンゼマとマルセロに代えてマリアーノとミゲルを送り込み、試合を締めにかかった。

その後、ジダン監督にアピールしたいロドリゴやマリアーノが幾度かゴールに迫る場面を作り出したものの、後半にスコアは動くことなく試合はこのままタイムアップ。ベンゼマのドブレーテの活躍などによって敵地でカディスに完勝のマドリーが2戦ぶりの白星を飾り、暫定ながら首位に浮上した。

関連ニュース
thumb

一瞬で瓦解したスーパーリーグ構想、ロナウド氏は理解を示す「マドリーvsインテルは誰もが見たい」

元ブラジル代表のロナウド氏が、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に一定の理解を示した。『フットメルカート』がコメントを伝えている。 今年4月、世界中のフットボール界を騒がせたESL構想。レアル・マドリーやユベントスの会長らが主導となり、プレミアリーグの“ビッグ6”やセリエAのインテルやミラン、ラ・リーガからはバルセロナやアトレティコ・マドリーといった、ビッグクラブのみを集めた新たなリーグの設立を目論んでいた。 ところが、選手を含む関係各所、ファンによる大反発を受け、構想発表からわずか2日後にプレミアリーグのクラブが次々と不参加を表明すると、ミラノ勢やアトレティコもそれに続いて辞退を決定。 そして、程なくしてESL構想は立ち消えとなり、実現に至ることはなかった。だが、ロナウド氏は全面的に反対意見というわけではないようだ。選手時代の古巣マドリーの会長で友人でもあるフロレンティーノ・ペレスとの関係性も考慮しての発言かもしれないが、魅力は確かにあったと語った。 「ファンは最高の試合を見たいと思うものだ。私のようなサッカーフリークは、レアル・マドリーがミランやインテル、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンと対戦するところを見てみたいのだ。準々決勝や準決勝を待つことなくね」 「イギリスではスーパーリーグに対して抗議行動が行われたことがあったが、これはきちんとした説明がなされていなかったり、適切に設定されていなかったりしたためだ。このプロジェクトには可能性があると思うし、近い将来にクラブやファンのためにイノベーションが起こるだろう」 そしてサッカー界のレジェンドは「計画を改善し、より良い条件と最高の試合を提供するために、ヨーロッパのチームと責任ある機関との間で、オープンな対話が必要不可欠だ」と呼びかけている。 2021.09.24 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー、久保建英との契約延長を検討か?

レアル・マドリーが日本代表MF久保建英(20)との契約を延長することを検討しているようだ。スペインのラジオ局『Cadena SER』の番組『El Larguero』が報じている。 久保は2019年6月にFC東京からマドリーに完全移籍で加入。だが、トップチームのEU圏外枠の問題によってトップチーム登録は叶わず、ここまではマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェへのレンタル移籍を繰り返している。 今シーズンは古巣マジョルカへ2度目の武者修行に出ており、ここまではラ・リーガ6試合全試合に出場するなど、主力としてプレーしている。 『El Larguero』によると、久保には今夏の移籍市場においてスペイン国外から完全移籍でのオファーが舞い込んでいたものの、ラ・リーガでの更なる成長を望む同選手サイドがオファーを断っていたという。 また、マドリーは久保の将来性を高く評価しており、2024年6月までとなっている現行契約を延長することを検討しているようだ。 2021.09.23 22:33 Thu
twitterfacebook
thumb

キャリア初となるハットトリックを達成したアセンシオ「この瞬間のために努力してきた」

レアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオが、ハットトリック達成の喜びを語った。スペイン『マルカ』がコメントを伝えている。 アセンシオは22日に行われたラ・リーガ第6節のマジョルカ戦に先発出場。前半のうちに2得点を挙げると、55分にはボックス外から強烈なミドルシュートを突き刺し、6-1の勝利に大きく貢献した。 下部組織時代を合わせて8年在籍した古巣相手にキャリア初のハットトリックを達成したアセンシオ。試合後にその感情を語った。また、厳しい序列争いについてもコメントし、常に準備はできていることを強調した。 「本当に本当に嬉しいよ。このチャンスを掴まなければならないことは分かっていたんだ。この瞬間のために努力してきたからね」 「僕にとっては特別な試合だったよ。あのクラブで成長させてもらったから強い思い入れがあるんだ」 「今後も僕を頼ってほしい。チーム内での競争は激しいけど、準備はできている。今日のポジションはプレーしやすかったね。でも、監督が求めるならどこでもプレーするよ」 「僕たちは皆奮い立っているよ。素晴らしいシーズンになることを楽しみにしている」 2021.09.23 15:54 Thu
twitterfacebook
thumb

アセンシオの左足が火を噴くハット、マジョルカ撃破にアンチェロッティ監督「来週も3ゴールを願う」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、マジョルカ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 マドリーは22日、ラ・リーガ第6節でマジョルカをホームに迎えた。レンタル中の日本代表MF久保建英の古巣対決となり、初めてサンティアゴ・ベルナベウでプレーすることで注目も集まったが、試合はマドリーが圧倒する。 開始3分、カリム・ベンゼマがゴールを決めると、24分にはマルコ・アセンシオが追加点。マジョルカはイ・ガンインが25分にゴールを奪い1点を返すが、29分にアセンシオが2点目を奪い2点リードで試合を折り返す。 久保はハーフタイムで交代され、中盤の強度をマジョルカは上げにいったが、55分にアセンシオがハットトリックとなるゴールを決めると、ベンゼマ、イスコもその後ゴールを奪い、マドリーが6-1で圧勝した。 試合後、アンチェロッティ監督は大勝したチームのクオリティを評価。特に今季初先発でハットトリックを記録したアセンシオを称賛した。 「私は自分の経験をチームに注入し、経験と自信を持って全てを与えている。幸運にも、クオリティの高い、学習能力の高い勇敢なチームを指導することができている」 「アセンシオはとても良くやった。確かにこのポジションでは、彼は相手チームに大きなダメージを与えられる。なぜなら、彼はライン間で素晴らしいクオリティを保ち、シュート力もあり、コンビネーションも良いからだ」 「アセンシオはとても良くやってくれているし、来週も彼が3ゴールを決められると願っている。それがこのポジションだ」 「時にはフルバックでプッシュして守備をし、より外側でもプレーすることができるが、ボールを持つと、それが好きなのでいつも同じポジションに行く」 「彼が中に入った時、彼は左足でボールを持ち、そこではとても危険だ」 2021.09.23 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

首位マドリーがアセンシオの恩返し弾3発含む圧巻6ゴールで圧勝! 久保建英の初のベルナベウでのプレーはほろ苦いものに…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第6節、レアル・マドリーvsマジョルカが22日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが6-1で圧勝した。なお、マジョルカのMF久保建英は先発も前半のみの出場となった。 マドリーは前節行われたバレンシアとの首位攻防戦を、ベンゼマとヴィニシウスのコンビが決めた2ゴールによって、勝ち点0を勝ち点3に変える会心の逆転勝利を収めた。公式戦5連勝を目指す首位チームはバレンシア戦から先発4人を変更。負傷のカルバハルに加え、モドリッチとカゼミロ、アザールをベンチスタートとし、ミゲル・グティエレス、ロドリゴ、アセンシオと共に加入後初スタメンのカマヴィンガを起用した。 一方、マジョルカは前節、格上ビジャレアルとの一戦をゴールレスドローで終えた。また、4試合連続でスタメンを飾った久保は攻撃の起点となり、古巣相手にきっちり存在感を示した。 なお、これまで保有元のマドリーとは通算4度対戦しているが、コロナ禍と改修工事の影響によって2度のアウェイゲームは、いずれもサブグラウンドのアルフレド・ディ・ステファノでのプレーとなった。そのため、この試合で5試合連続スタメンを飾った久保は自身初のベルナベウでのプレーとなった。 この試合マドリーはカマヴィンガをアンカー、アセンシオとバルベルデをインテリオール、ベンゼマの両脇をロドリゴ、ヴィニシウスのブラジル人コンビで固める布陣でスタート。 そして、開始早々の3分には相手のビルドアップにプレッシャーをかけてDFガヤのトラップミスを突いたベンゼマがボールをかっさらってボックス内右に侵入。冷静に右足のシュートをゴール左下隅へ流し込み、ラ・リーガ3試合連続となる今季7点目とした。 ミスから敵地で先手を奪われたマジョルカはすぐさま反撃。右ウイングに入った久保が5分にボックス右へ持ち込んで左足のシュートを放つと、久保は13分にもセットプレーの流れから左足を振っていく。 時間の経過と共に完全に試合の主導権を掴んだマドリーは、古巣対戦のアセンシオが強烈な恩返しを見せる。まずは24分、ヴィニシウスとロドリゴのコンビで左サイドを攻略すると、ロドリゴのゴールライン際での折り返しをGKが弾いたところに詰めたアセンシオが冷静にタップイン。 この直後にはホッペとのパス交換からボックス手前で見事なドリブル突破を見せたイ・ガンインに、左足のシュートを決められて移籍後初ゴールを献上するが、29分にはミリトンの前線へのグラウンダーの縦パスに反応したベンゼマからの落としを絶妙な飛び出しで引き取ったアセンシオがGKとの一対一を冷静にモノにし、すぐさまリードを2点に戻した。 その後もマジョルカを圧倒し続けるマドリーだったが、相手GKの好守もあって2点リードで試合を折り返すことになった。 一方、立ち上がりの連続フィニッシュ以降、守備に奔走した久保は前半のみのプレーでベンチに下がり、イドリス・ババが後半頭からピッチに投入された。 だが、後半は前半以上のマドリーペースとなり、ここから無慈悲なゴールラッシュとなる。立ち上がりの49分にはロドリゴの右からの折り返しをベンゼマがワンタッチでゴールへ流し込むが、これはオンフィールドレビューの結果、ベンゼマのDFへのファウルを取られて取り消しに。 それでも、直後の55分には再び右サイドを突破したロドリゴを起点にベンゼマからペナルティアーク付近でマイナスのパスを受けたアセンシオが見事な左足のミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、クラブレベルでは自身初となるトリプレーテを達成。 その後、余裕の試合運びを見せるマドリーは今後の連戦を意識してカマヴィンガやアセンシオ、ロドリゴを下げてブランコ、ルーカス・バスケス、イスコを投入していく。 78分にはアラバのフィードに抜け出したベンゼマがボックス右に持ち込んで右足を振ると、DFにディフレクトしたボールがゴールネットを揺らしてドブレーテを達成。さらに、84分にはボックス左に持ち込んだヴィニシウスからのプレゼントパスをイスコが冷静にモノにし、ラ・リーガでは2020年2月のオサスナ戦以来となる、約1年半ぶりのゴールとした。 そして、昇格組マジョルカ相手に力の差をまざまざと見せつけたマドリーが6ゴールを奪う大勝で、公式戦5連勝を達成した。 2021.09.23 07:07 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly