FAカップ18年ぶり決勝を目指すサウサンプトン、指揮官はレスター戦に自信「ここに力を注いできた」

2021.04.18 22:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、FAカップ準決勝のレスター・シティ戦への意欲を示している。クラブ公式サイトが伝えた。

18日にFAカップ準決勝でレスター・シティと対戦するサウサンプトン。18年ぶりの決勝進出、ひいては45年ぶり2度目の優勝に向けて大一番を迎える。

2018-19シーズン途中の就任も、公式戦105試合で40勝となかなか成果が出せず、今季もプレミアリーグでは現状14位に低迷しているハッセンヒュッテル監督だが、FAカップではアーセナルやウォルバーハンプトンを破り、3シーズンぶりに準決勝まで勝ち進んだ。

オーストリア人指揮官は、クラブがすでに大きな成果を挙げたと誇りつつ、クラブの歴史を塗り替えることは可能であると、自信を示した。

「チェルシーやマンチェスター・シティ、レスターといったクラブと共にこの大会でベスト4まで残っていられるなんて、我々にとっては大きなチャンスだ」

「この舞台を戦うことは、選手や我々コーチ陣、そしてクラブに携わるすべての人にとって大きなチャンスであり、大きな成果なのだ」

「個人としてももちろんそうだ。監督として私はこれまで準決勝を戦ったことがあまりないからね。重要な瞬間だ」

「我々はこのクラブ歴史を書き換えることが可能だ。何をすべきかわかっていて、そのために努力している。ここに来るまでにカップホルダーを打ち負かし、4つのラウンドを勝ち進んできた」

「あと2つ勝てばビッグトロフィーに辿り着く。間違いなくこれはシーズン後半で力を注いできたものだ。だからこそ、我々は自信を持って試合に臨むことができるのだ」



関連ニュース
thumb

GK不足に陥ったセインツ、フリーのカバジェロと1カ月契約

サウサンプトンは6日、元アルゼンチン代表GKウィルフレッド・カバジェロ(40)の加入を発表した。契約は来年1月5日までとなる。 サウサンプトンは現在、GKが揃って負傷に見舞われる緊急事態に陥っている。2番手のGKフレイザー・フォースターがケガで欠場した5日のブライトン戦で、守護神のGKアレックス・マッカーシーもハムストリングを負傷。起用可能なGKがプレミアリーグ未デビューのGKハリー・ルイスのみとなっていた。 カバジェロはこれまでマンチェスター・シティやチェルシーでプレーしており、プレミアリーグでの実績は十分。しかし、昨シーズン終了後にチェルシーを退団して以降はフリーの状態が続いている。ただ、現在までリーグ1のAFCウィンブルドンで調整を続けていたようだ。 2021.12.07 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

フリーのカバジェロ、GK不足に陥ったサウサンプトンに緊急加入へ!

元アルゼンチン代表GKウィルフレッド・カバジェロ(40)がサウサンプトンに加わるようだ。 カバジェロは昨季限りでチェルシーを退団。過去にマンチェスター・シティでもプレーして、プレミアリーグでの実績も十分なベテランGKだが、移籍先が見つからず、リーグ1を戦うAFCウィンブルドンでトレーニングを励み、フリーの状況が続く。 そんなカバジェロだが、イギリス『デイリー・メール』によると、GKの人材不足に直面したサウサンプトンが獲得するという。カバジェロは6日にもサウサンプトンのメディカルチェックを受け、1カ月の短期契約を結ぶ見通しのようだ。 今季のサウサンプトンはGKアレックス・マッカーシー、GKフレイザー・フォースター、GKハリー・ルイスの3人体制でスタート。だが、2番手のフォースターは5日に行われたプレミアリーグ第15節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦を欠場した。 そのなか、ブライトン戦もフル出場した正守護神のマッカーシーだが、ハムストリングを負傷。起用可能なGKはプレミアリーグ未デビューのルイスしかいないという緊急事態に陥り、経験豊富なカバジェロに白羽の矢が立てられたものとみられる。 2021.12.06 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「ラングニックはユナイテッドに大きな影響を与えるに間違いない」 ハーゼンヒュットルも絶賛

サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督がラルフ・ラングニック氏(63)のマンチェスター・ユナイテッド行きに言及した。 オーレ・グンナー・スールシャール監督を解任後、アシスタントコーチのマイケル・キャリック氏に暫定的な指揮を託して、公式戦2試合を戦ったユナイテッド。29日、ロコモティフ・モスクワでスポーツ開発部門の責任者を務めるラングニック氏を今季終了までの暫定指揮官として招へいしたことを発表した。 ラングニック氏はゲーゲンプレッシングの生みの親ともいわれるドイツ屈指の戦術家で、監督としてだけでなく、かつてレッドブル傘下のライプツィヒとザルツブルクを統括するスポーツディレクター(SD)としても活躍。チェルシーのトーマス・トゥヘル監督らもラングニック氏の影響を受けたとして知られる。 そんなラングニック氏のユナイテッド行きにリバプールのユルゲン・クロップ監督が「他チームにとって良いニュースじゃないのを認識しなければいけない」と話せば、トゥヘル監督も「彼は私の先生だった。たくさん助けてもらったよ。指導者になるきっかけをくれた人の中でも重要な人物だ」と続いた。 そして、イギリス『BBC』によれば、ライプツィヒ時代にSDと監督という間柄で2016〜2018年まで共闘したハーゼンヒュットル監督もラングニック氏の手腕がユナイテッドに大きな影響をもたらすと絶賛した。 「彼のことをよく知っている。我々はRBライプツィヒで成功に満ちた2年を過ごした。彼はSDで、私は彼がチームをブンデスリーガに導いた後を引き継いだ」 「彼の人となりや仕事ぶりは知るところで、非常に勤勉。彼の周りにも良いチームが必要だが、クラブのいかなる部分にも弱点があってはならないと、確実にあらゆる手を講じるだろう」 「正直に言うと、(暫定指揮官として率いる)半年というのは物事を好転させるのにそれほど長い期間じゃないが、クラブに大きな影響を与えるのは間違いない。特に、最初のうちはね」 「彼には私から祝福のメッセージを送った。プレミアリーグでの仕事はいつだって彼の夢だったし、現実のものとなったのだから」 なお、ラングニック氏は今季いっぱい暫定監督としてユナイテッドを率いた後、来季からの2年間はコンサルタントとして活動する。 2021.11.30 19:10 Tue
twitterfacebook
thumb

2発ジョタをクロップ賛辞 「リバプールの選手に必要なものがすべてある」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が27日に本拠地で行われたプレミアリーグ第13節のサウサンプトン戦を振り返っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 首位のチェルシーを追いかける3位のリバプール。チャンピオンズリーグ(CL)での戦いを挟み、迎えた13位のサウサンプトン戦も攻守ともにしっかり噛み合い、4-0の快勝で飾った。 クロップ監督は試合後、「ゲームは完全に我々の流れだった。かなりコントロールしたよね」と満足げな様子で語った。 「試合が終わってから選手に言ったが、4-0という結果に何の不満があるというんだ? もっとうまくやれるし、そうしなければならないがね。(アリソンの)セーブも見事なものだったが、多くのことが本当に良かった」 「今日は本当に良いフットボールを披露する瞬間がたくさんあり、観客も楽しんでくれたと思っている。今日は寒かったし、少しでも暖かさを感じてもらえたら良いね!」 また、2ゴールのポルトガル代表FWジオゴ・ジョタにも「図抜けた選手、図抜けた青年だ」と評して、賛辞を続けた。 「彼はリバプールの選手として必要なものをすべて持っているし、完璧な契約だったと思う。技術的にも、身体的にもスキルに優れ、非常に賢く、戦術理解も早い。それに、あらゆるポジションをこなすこともできる。助かるね」 2021.11.28 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ジョタ2発にV・ダイクに復帰後初弾! 南野も途中出場のリバプールがセインツに4発快勝《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第13節、リバプールvsサウサンプトンが27日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが4-0で快勝した。なお、リバプールのFW南野拓実は80分から途中出場した。 前節、アーセナルとの上位対決に4-0の完勝を収めたリバプール(勝ち点25)は、ウェストハムを抜き3位に再浮上。さらに、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではすでに首位通過を決めていたものの、ホームでポルトに2-0の快勝を収めて公式戦連勝を飾った。 13位のサウサンプトン(勝ち点14)をホームで迎え撃ったこの一戦ではポルト戦から先発6人を変更。ファン・ダイクや両サイドバックの主力、南野に代わってジョタがスタメンに戻った。 [3-4-3]と布陣を変更したサウサンプトンがキックオフ直後に押し込む入りを見せたが、リバプールが鮮やかな連続攻撃から開始早々にゴールを奪う。 2分、ジョタの背後を取ったカウンタアタックの二次攻撃から左サイドでマネとパス交換したロバートソンが絶妙なインナーラップでボックス左ライン際へ抜け出すと、正確なグラウンダーのクロスをゴール前に飛び込んだジョタがワンタッチで押し込んだ。 ジョタのリーグ2戦連続ゴールで最高のスタートを切ったリバプールは、以降も畳みかける攻めで早い時間帯の追加点を目指す。12分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でロバートソンのクロスをマネが打点の高いヘディングで合わせてゴールネットを揺らす。だが、VARのレビューの結果、オフサイドでゴールは認められず。 その後、サウサンプトンが徐々に盛り返し始めると、24分にはリバプールのスローインのミスからボックス内に持ち込んだブロヤに決定機が訪れるが、ここはGKアリソンがうまく間合いを詰めてピンチを凌ぐ。 すると、試合巧者のリバプールはピンチの数分後に訪れた決定機を確実にモノにする。32分、ハーフウェイライン付近で相手のトラップ際を狙ったアレクサンダー=アーノルドのボール奪取からカウンターを発動。ヘンダーソンとのパス交換でボックス右に抜け出したサラーが正確な折り返しを入れると、ファーでドフリーのジョタが難なく押し込んだ。 さらに、37分にはセットプレーの二次攻撃からボックス手前で相手のクリアボールを回収したチアゴが鮮やかな仕掛けからボックス左に持ち込んで左足のシュート。ゴール前でDFにディフレクトしたボールが左隅に決まり、CLポルト戦に続く2試合連続ゴールとした。 前半終了間際にはアームストロング、サラーと互いに決定機が訪れたものの、前半はリバプールの3点リードで終了した。 迎えた後半、反撃を目指すアウェイチームはアダムス、ベドナレクを下げてテラ、レドモンドを投入。並びを[4-4-2]の形に戻す。 だが、勝負所を見極めるリバプールは相手の出ばなをくじくゴールをこの立ち上がりに奪う。52分、アレクサンダー=アーノルドの右CKをボックス中央に走り込んだファン・ダイクが見事な右足のダイレクトボレーで合わせ、昨シーズンのリーグ開幕戦のリーズ戦以来となる約1年半ぶりのゴールとした。 この4点目で勝負を決めたリバプールは、直後にアームストロングに決定機を与えたが、ここもGKアリソンの好守で凌ぐと、ここから完璧にゲームをコントロールしていく。 59分にはチアゴに代えてオックスレイド=チェンバレン、67分にはヘンダーソンを下げてミルナー、80分にはジョタに代えて南野と交代カードを切りながら試合を締めにかかる。 何とか一矢報いろうと、大勢が決しながらもプレー強度を落とさないサウサンプトンに対して、しっかりと球際で戦い続けるホームチームは、サラーやジョタ、マネと前線の選手が果敢にゴールを目指したものの、相手守備陣の身体を張ったプレーもあり、5点目を奪うまでには至らず。 それでも、リーグ戦2試合連続で4-0の快勝を挙げたクロップ率いるチームは、次節のエバートンとのダービーに向けて大きな弾みを付けている。 2021.11.28 02:04 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly