ナーゲルスマン「どこからそんな情報が…」 バイエルンとの接触をきっぱり否定

2021.04.16 13:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督(33)がバイエルン次期監督就任の可能性を否定した。チャンピオンズリーグ(CL)連覇の夢が絶たれ、ハンジ・フリック監督からの監督交代が取り沙汰され始めているバイエルン。後任候補の名前も挙がるなか、バイエルンOBのローター・マテウス氏が「ミュンヘンはすでにナーゲルスマンと金銭的条件も含めて少し話をしている」と注目発言を発した。

しかし、本人は寝耳に水のようだ。14日のプレスカンファレンスで「これまで話し合いなんてしていない。今もね。どこからそんな情報が生まれたのかわからない。彼ら(ナーゲルスマンの代理人)は自発的に行動しているということもない」と現時点で何のアクションもないことを強調した。


一方で、「フットボール界だと、予測しがたい進展が常にあるもの」と将来的にバイエルンを率いる可能性に関して肯定も、否定もしなかった。

なお、ナーゲルスマンとライプツィヒの契約は2023年まで。33歳という若さでブンデスリーガの強豪クラブで指揮を執り、ドイツ国内でも将来をしょく望される指導者だけに、バイエルンの監督問題が解決するまでは引き続き憶測がつきまとうことになりそうだ。
関連ニュース
thumb

ドルトムントとの前哨戦に敗れたライプツィヒ指揮官「敗因を分析する時間は十分にある」

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督がDFBポカール決勝の前哨戦で敗れたことを悔やみつつ、再戦に向けての決意を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 8日のブンデスリーガ第32節で、2位ライプツィヒは5位ドルトムントとのアウェイ戦に臨んだ。敗れればバイエルンの優勝を決定づけてしまうという状況下、2点を先行される苦しい展開に。意地を見せて一時追い付くも、試合終盤に突き放され、力尽きた。 指揮官は試合後、内容に一定の手応えを掴みながらも、自分たちのペースの中で喫してしまった最後の失点を嘆いた。 「どんな敗北も好ましくなく、特にビハインドを負ったときは。同点になってからは対戦相手もそれほどフレッシュではなかった。それだけに、我々が実際に優位に立った瞬間、許してしまった3点目は残念であり、必要なかった。90分を通して、我々はBVB(ドルトムント)よりもそれほど悪くはなかった」 「ドルトムントは後半、それほど多くのプレーをしていなかったが、その中でも、彼らが起こしたアクションは本当に危険だった。ドルトムントはゲームをうまくコントロールし、最終的に勝利を手にした。それが重要なことだ」 同時に、13日に再び相まみえるまでに「敗因を分析する時間は十分にある」として、クラブと自身にとっての初タイトル獲得に向けてもコメントしている。 「今日はすべてが悪かったわけではない。いくつかの前向きなことについても話し合うことができる。カップ戦の決勝に出場することは特別なことだし、楽しみにしている。木曜日にタイトルを獲得するためにはもっと良くなる必要があるだろう」 2021.05.09 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがドルトムントに競り負けバイエルンの9連覇が決定《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第32節、ドルトムントvsライプツィヒが8日に行われ、3-2でドルトムントが競り勝った。 DFBポカール決勝で対戦する両チームの激突。 前節シュツットガルト戦を快勝とした2位ライプツィヒ(勝ち点64)は、敗れるとバイエルンの9連覇が決まる中、DFBポカール準決勝ブレーメン戦でゴールを挙げたファン・ヒチャンが最前線で起用された。 一方、前節ヴォルフスブルクとの上位争いを制して4連勝とし、一時は絶望的と思われたチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が見えてきた5位ドルトムント(勝ち点55)は、4位フランクフルトに1ポイント差とした中、ハーランドがDFBポカール準決勝のキール戦に続き負傷欠場となり、T・アザールを最前線で起用した。 オープンな展開で立ち上がった中、7分にドルトムントが先制する。T・アザールのダイレクトパスでボックス右に抜け出したロイスが左足でゴールへねじ込んだ。 失点を受けて前がかるライプツィヒに対し、自陣に引いてカウンターを狙うドルトムントは32分、ショートカウンターからT・アザールが決定的なシュートを浴びせれば、36分にもロングカウンターの流れからボックス右まで持ち上がったサンチョが決定的なシュートに持ち込み、主導権を渡さずに前半を終えた。 迎えた後半、負傷したGKヒッツに代えてGKビュルキを投入したドルトムントは、51分に加点する。ボックス左でラファエウ・ゲレイロのパスを受けたサンチョがカットインからコントロールシュートを流し込んだ。 このまま敗れるとバイエルンの9連覇が決まってしまうライプツィヒは63分、フォルスベリの右CKからクロステルマンのヘディングシュートが決まって1点を返す。 さらに77分、勢いに乗ったライプツィヒが追いつく。スルーパスでボックス左に抜け出したファン・ヒチャンがマイナスに折り返し、これを受けたダニ・オルモが蹴り込んだ。 それでも87分、ドルトムントが勝ち越す。サンチョのヒールパスでボックス左深くまでえぐったラファエウ・ゲレイロがマイナスに折り返し、リターンパスを受けたサンチョが蹴り込んだ。 これが決勝点となってドルトムントが勝利。この結果、バイエルンの9連覇が決まっている。 2021.05.09 00:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒの躍進支えた正守護神のGKグラーチが2025年まで契約延長「第二の故郷となった」

RBライプツィヒがハンガリー代表GKペーテル・グラーチ(31)との契約延長を発表した。 契約は2年間延長され、新たな契約期間は2025年6月までとなる。 グラーチは、母国のMTKブダペストの下部組織で育つと、2008年9月にリバプールへと完全移籍を果たす。 しかし、リバプールでは出場機会を得ることができず、国内クラブへのレンタル移籍を繰り返すことに。結局1度も出場機会がないまま、2013年7月にザルツブルクへと完全移籍を果たす。 この移籍がグラーチにとってキャリアの大きな転機となり、正守護神の座を務めると公式戦100試合に出場。2015年7月にライプツィヒへと完全移籍した。 ライプツィヒでもポジションを掴むと、ここまで公式戦222試合に出場。契約を全うすれば在籍10年を迎えることとなり、近年躍進するチームにも欠かせない存在となっている。 今回契約延長を結んだグラーチは、クラブを通じて歓喜のコメントを寄せている。 「クラブと僕は2015年以来、とても特別な道を歩んでいる。それにより、2部リーグからチャンピオンズリーグの準決勝、そして来週は再びカップ決勝に進むこととなった」 「並外れた成功であり、僕たちはそれを一緒に経験していきたいと思っている」 「僕と家族は、クラブ、街、地域コミュニティで驚くほど心地よく過ごしている。ライプツィヒは僕たちにとって、第二の故郷となった」 「可能な限りのパフォーマンスを発揮するためには、僕にはこの心地よい雰囲気がとても重要だ」 「妻と僕は、グラーチのチャントが初めて歌われ、鳥肌がたったバイエルンとの2017年のカップ決勝を覚えている。それは、僕たちのファンが僕をどれだけサポートしてくれているかを、僕に示してくれた特別な瞬間だった」 「このサポートを得られたことを誇りに思う。また、ファンを一緒に戦える試合を楽しみにしている」 2021.05.07 22:05 Fri
twitterfacebook
thumb

DFBポカール決勝に臨むドルトムント&ライプツィヒの過密日程を考慮しブンデスリーガ第33節の日程が変更に

ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は3日、DFBポカール決勝の開催日決定に伴い、勝ち進んだドルトムントとRBライプツィヒのブンデスリーガ第33節の試合日程の変更することを発表した。 今回の日程変更は、今月13日に開催されるDFBポカール決勝戦に出場する2クラブの過密日程を考慮したもの。 DFLの発表によれば、マインツvsドルトムントは15日22時半キックオフから16日25時キックオフに、ライプツィヒvsヴォルフスブルクは15日22時半キックオフから16日27時半キックオフに変更となった。 2021.05.04 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫途中出場のブレーメン、粘りを見せるも延長後半追加タイム被弾に泣く… ライプツィヒが2年ぶり決勝進出《DFBポカール》

DFBポカール準決勝、ブレーメンvsライプツィヒが4月30日に行われ、0-0で迎えた延長戦を1-2で制したライプツィヒが決勝へ進出している。ブレーメンのFW大迫勇也は66分からプレーしている。 準々決勝のレーゲンスブルク戦では大迫の決勝弾により勝ち上がったブレーメンは、大迫がベンチスタートとなった。 一方、ヴォルフスブルクに勝利して勝ち上がったライプツィヒはナーゲルスマン監督の来季バイエルン行きが発表された中、ベストメンバーで臨み、最前線にセルロート、2シャドーにダニ・オルモとザビッツァーを配置する[3-4-2-1]で挑んだ。 そのライプツィヒが立ち上がりから攻勢に出ると、4分に決定機。しかし、左クロスに合わせたセルロートのヘディングシュートはGKパブレンカのファインセーブに阻まれた。 その後もライプツィヒが押し込む流れとなったものの枠内シュートには持ち込めず、チャンスを生み出しきれない状況が続く。 すると30分、ブレーメンにチャンス。ゼルケのバックヘッドパスに抜け出したサージェントがGKと一対一に。だが、シュートは枠を捉えきれなかった。 さらに43分、ブレーメンはPKを獲得しかける。ゼルケがボックス内でムキエレにユニフォームを引っ張られて倒された。しかしVARが入り、ファウルはなかったとしてPKは取り消しに、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、ハイダラに代えてエンクンクを投入したライプツィヒが前半同様に攻勢に出る中、65分にはショートコーナーの流れからオルバンのヘディングシュートがバーに直撃した。 助かったブレーメンは大迫を最前線に投入。すると70分、FKから大迫がヘディングシュートを放ったが、わずかに枠の左へ。 後半終盤にかけてもライプツィヒが攻勢をかけたが、78分のエンクンクのシュートは左ポストに直撃し、追加タイムのY・ポウルセンのヘディングシュートはGKパブレンカの好守に阻まれ、ゴールレスで延長戦に突入した。 それでも迎えた延長開始3分、ファン・ヒチャンが均衡を破る。Y・ポウルセンのダイレクトパスをボックス中央で受けたファン・ヒチャンが左足でゴールにねじ込んだ。 しかし、粘るブレーメンは延長前半追加タイム1分に追いつく。ルーズボールに反応したビッテンコートがボックス外に飛び出したGKグラーチの前で拾って無人のゴールに蹴り込んだ。 迎えた延長後半は互いに決め手を欠いていたが、PK戦間際の追加タイムにドラマ。5分前に投入されていたフォルスベリが大仕事を果たした。カンプルの浮き球パスをボックス左のファン・ヒチャンがヘッドで折り返し、ゴール前に詰めていたフォルスベリが右足で押し込んだ。 これが決勝点となってライプツィヒが勝利。準優勝に終わった2年前以来となる決勝進出を果たしている。 2021.05.01 06:19 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly