CLベスト4進出後のフォーデンのツイッターが物議…ムバッペに対し「準備はいいかい?」と投稿も削除された理由とは

2021.04.15 21:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンのSNSの投稿が大きな波紋を呼んだ。シティは14日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでドルトムントと対戦。1stレグを2-1で先勝していたシティだったが、アウェイゲームとなった2ndレグではジュード・ベリンガムにゴールを許し、2戦合計2-2となりアウェイゴール差でリードを与えていた。

それでも、リヤド・マフレズのPKで勝ち越すと、フォーデンのゴールでダメ押し。そのまま1-2で勝利し、2戦合計4-2でシティがベスト4進出を決めた。


この試合でも重要なゴールを奪い、チームを助けたフォーデンだが、試合後のツイートが大きな波紋を呼んだ。シティの準決勝の相手は、昨シーズンのファイナリストであり、王者のバイエルンを準々決勝で敗ったパリ・サンジェルマン。フォーデンは自身のツイッターでフランス代表FWキリアン・ムバッペのアカウント宛に「準備はいいかい」と投稿していた。

このツイートには多くのいいねやリツイートが集まったが、数時間後に削除されることに。どうやらこれは、フォーデンがツイートしたものではなかったようだ。

これは最近話題に上がっていた選手のSNSを管理している会社によって行われたものとのこと。選手本人が投稿しなかったが、アカウントを管理している会社が行なったため、見る側からすればフォーデンが投稿したと思っても仕方ない。しかし、この投稿をフォーデンの周りの人間が問題視し、最終的に削除に至ったとのことだ。

選手のSNS投稿の件については、元イングランド代表DFで解説者のギャリー・ネビル氏が以前指摘。本人が本当にやっているのか?と苦言を呈していたが、今回の件にもしっかりと反応した。

ネビル氏は自身のツイッターで、「数週間前、私はソーシャルディアの会社がアカウントを運営している選手について言及した。選手たちは自分でアカウント運用すべきだ!独立した考えと信憑性が危機に瀕している。それは君たちの声であり、他の誰の声でもない」とツイート。選手たちが自分のアカウントで他人に発言させるべきではないと見解を示した。

1 2
関連ニュース
thumb

10人シティ、ブライトンに2点差をひっくり返されて逆転負け《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは18日、プレミアリーグ第37節でブライトンとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。 既に優勝を決めている首位シティ(勝ち点83)と、残留を決めている17位ブライトン(勝ち点38)の一戦。 前節ニューカッスルに4-3と打ち勝ったシティは、6選手を変更。ニューカッスル戦で自身初のハットトリックを決めたフェラン・トーレスの他、フォーデンやルベン・ジアス、GKエデルソンら主力が先発となった。 開始2分、シティがあっさり先制する。ボックス右で仕掛けたマフレズがクロスを送り、ファーサイドのギュンドアンがヘッドで押し込んだ。 しかし10分、ロングボールの処理を誤ったカンセロがウェルベックに抜け出されそうになったところで倒し、カンセロは一発退場となった。 10人となったシティはフェラン・トーレスに代えてエリック・ガルシアを右サイドバックに投入。ボールを回しながら時間を消化し、前半を1点リードしたまま終えた。 すると後半開始3分、シティが追加点を奪う。フォーデンがハーフラインからドリブルで持ち上がり、ボックス左まで進入。ゴール右へシュートを決めきった。 しかし2分後、ロドリのバックパスミスを突かれてトロサールにゴールを許し、再び1点差とされてしまう。 その後、劣勢を強いられたシティは72分、FKの流れからウェブスターにヘディングシュートを決められて同点とされると、76分に逆転された。流れの中で上がっていたセンターバックのバーンにシュートをねじ込まれた。 このままシティは2-3で敗戦。今季6敗目を喫している。 2021.05.19 05:01 Wed
twitterfacebook
thumb

シティオーナーがポルト開催のCL決勝を観戦するファンの旅費を全額負担! 大富豪の本気と心意気を見せる

マンチェスター・シティでオーナーを務めるシェイク・マンスール氏が、開催地がポルトに変更となったチャンピオンズリーグ(CL)決勝の公式ファンツアーの費用をすべて負担する意向を明らかにした。 シティとチェルシーによるイングランド勢同士の対戦となった今シーズンのCL決勝は当初、今月29日にトルコのイスタンブールで開催予定だった。 しかし、イギリス政府は新型コロナウイルス感染防止対策のとして、国内で感染が蔓延しているトルコを「レッドリスト」に指定したことで、両クラブ、欧州サッカー連盟(UEFA)との間で開催地変更の協議を実施。 両クラブとイギリス政府はロンドンにあるウェンブリー・スタジアムでの開催を希望したが、2000人と言われる関係者を隔離措置なしで入国させることが困難との判断で最終的に断念。その結果、妥協案として昨シーズンも決勝を行ったポルトの本拠地エスタディオ・ド・ドラゴンへの開催が決定した。 また、UEFAは今回のファイナルを有観客で開催することを決断し、両クラブのファンに向けて6000枚ずつのチケットが販売されることが決定した。 そういった中で、UAE最大の首長国であるアブダビを統治する王族で世界的な富豪として知られるマンスール氏は、コロナ禍で経済的に困窮する自ファンの負担を少しでも軽減すべく、飛行機代や移動費といった公式ファンツアーの費用をすべて賄う意向を明らかにした。 シティオーナーはクラブ公式サイトを通じて、今回の決断について以下のように説明している。 「ペップ(・グアルディオラ)とチームは素晴らしいシーズンを過ごし、非常に困難な1年を経てチャンピオンズリーグの決勝に進出したことは、クラブにとって本当に歴史的な瞬間です。 「したがって、この特別な試合をできるだけ多くのファンに観戦していただくことは、非常に重要なことです。特に、長年にわたって良い時も悪い時もマンチェスター・シティを支えてくださっている方々には、感謝の気持ちでいっぱいです」 また、カルドゥーン・アル・ムバラク会長はオーナーに対する感謝を口にしつつ、ファンたちにとって意義深い今回の試みに満足感を示している。 「このファイナルを前にサポーターが直面する課題は、金銭的にも物流的にも多岐にわたります。殿下のご配慮により、参加するファンの多くが、パンデミックの影響で負担が大きくなっている旅費の負担を心配することなく、当日を楽しむことに集中できることを願っています」 なお、ツアーの手配や観戦チケットの購入方法などの詳細については、18日中にクラブ公式サイトを通じて改めてアナウンスされる予定だという。 2021.05.19 00:14 Wed
twitterfacebook
thumb

欠場続くデ・ブライネ、トレーニングに復帰! ペップ「状態も良い感じ」

マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがトレーニングに復帰したようだ。イギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 今季もシティの司令塔として存在感を解き放ち、プレミアリーグとEFLカップの優勝に寄与したデ・ブライネ。だが、4日に本拠地で行われ、決勝進出が決定したパリ・サンジェルマン(PSG)とのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグに出場してからのプレミアリーグ2試合で欠場が続いている。 クラブとして悲願のタイトルであり、3冠達成もかかるCL決勝のチェルシー戦が29日に迫るなか、欠場が続くベルギー人司令塔だが、すでにトレーニングに戻り、復帰に向けて調整を続けているという。 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は18日に敵地で行われるプレミアリーグ第37節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦に向けた会見で、デ・ブライネの状態について語った。 「彼はここ2日間のトレーニングをこなせており、状態も良い感じだ」 「ケブはみんながそうであるように大事な選手。我々は一丸となり、互いをプッシュし合っていくことで、それが勝利に繋がっている」 「ケビンが重要な存在なのは誰もが知るところだが、全員が同じレベルにある。彼の状態を見極め、プレーできるか否かを判断していく」 2021.05.18 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

あと3試合で終わるシティでのキャリア、アグエロのCL決勝起用についてペップ「勝つための最善の決断を」

今シーズン限りでマンチェスター・シティを退団するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ。シティでの試合も残り3試合となった。 シティは18日にプレミアリーグ第36節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。すでに優勝を決めているシティにとっては消化試合となり、29日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)決勝を見据えた戦いとなる。 試合に先駆けてジョゼップ・グアルディオラ監督が記者会見に出席。その中で、アグエロの状態について言及。ブライトンへのアウェイゲームには出場しないことを明言するも、最終節のホームで行われるエバートン戦では、最後の勇姿を見せられるかもしれないと語った。 「セルヒオは、足の筋肉と内転筋にちょっとした問題がある。大きな問題ではない。ただ、まだプレーする状態ではない」 「週末に出られるか? 私はそう願っている。本当にだ」 「彼はニューカッスル戦の前に違和感を覚えた。まだコンディションが良くないが、上手くいけばエバートン戦(最終節)には準備ができているだろう」 一方で、CL決勝のチェルシー戦での出場については多くを語らず。現時点では負傷しているために考えられないとし、起用できるとしても、最善の判断を下して選手起用を決めるとコメント。長年チームを支えたエースの起用は約束せず、優勝に向けたベストメンバーを選ぶと語った。 「今、彼はケガをしている。彼がフィットしていたとしたら、私はまだ準備ができていないと言うだろう。その試合に勝つために、最善の決断をしなければいけない」 「セルヒオがフィットしており、我々を助けてくれると信じるのであれば、間違いなくプレーするだろう」 「我々がゴールを決めるためにはプレーする必要がある。ただ、これはチャンピオンズリーグの決勝戦だ。試合に勝つための最善の決断をしなければならない」 「常に難しいことだ。以前、バルセロナではスターティングイレブンは明確に定義されていたと記憶している。ここでは多くのローテーションを行い、誰もがプレーできる」 「今のところ我々がどうプレーするのか、誰がプレーするのかはハッキリしていない。そのため、次の10日、11日で決定を下し、確認する必要がある」 「3日に1度の試合は、彼らのようにトレーニングもクオリティもあるのにプレーしない選手にとっては大変なことだ」 「最も困難な時期だと何度も行った。だから、選手と監督の関係は少し距離を置く必要がある」 <span class="paragraph-title">【動画】アグエロ、プレミア100ゴール達成!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIwUzh4RUNjRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.18 10:35 Tue
twitterfacebook
thumb

マフレズ「イングランド、そしてシティで引退できたら」

アルジェリア代表FWリヤド・マフレズはマンチェスター・シティでの現役引退を希望しているようだ。 レスター・シティでプレミアリーグ優勝に貢献するとともに、自身もサイドアタッカーとして評判を高め、2018年夏にマンチェスター・シティ移籍を果たしたマフレズ。当初こそスターが集うなかで主力になれるか不安視する見方もあったが、移籍後3年間で公式戦179試合48得点38アシストの数字を収め、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でも貴重な攻撃オプションとして重宝される。 今季もグアルディオラ監督からの信頼が厚く、ここまで公式戦45試合の出場で14得点7アシストを記録。すでにプレミアリーグ、カラバオカップを制して、悲願のタイトルとなるチャンピオンズリーグ(CL)優勝にも王手をかけたチームに大きく貢献している。 そんなマフレズは現在30歳。契約も2023年までだが、フランス『RMC Sport』でマンチェスター・シティでの充実ぶりを明かした。 「僕の将来? マンチェスター・シティですごく快適に過ごさせてもらっている。他の場所を探したいなんて思ってもいない。自分の状況がどうなるかわからないが、マンチェスター・シティで満足しているし、いたいんだ」 また、かつて子供の頃にファンだったと明かしたマルセイユでプレーする可能性を問われると、否定。マンチェスター・シティでの引退を願った。 「正直に言って、(マルセイユについて)考えていない。僕はイングランド、そしてマンチェスター・シティでキャリアを終えられたらと思っている。だから、そういうことは考えてもいないよ」 2021.05.17 18:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly