ナイジェリア代表FWムサが母国の古巣クラブに復帰! 短期契約で好条件のオファー待つ

2021.04.15 00:52 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナイジェリア代表FWアーメド・ムサ(28)が母国のカノ・ピラーズに短期契約で加入した。ドイツ『transfermarkt』が伝えている。サウジアラビアのアル・ナスル退団後、約半年に渡ってフリーの状態が続いていたムサに関してはブライトン、WBA、サウサンプトンなどプレミアリーグのクラブ、古巣CSKAモスクワへの3度目の復帰の可能性が伝えられていたが、最終的に移籍は実現せず。

そして今回、2009年から2012年まで在籍していた経験のある古巣カノ・ピラーズへの復帰が決定した。なお、契約期間は今年6月末までの短期となっており、両者の間には他クラブから適切なオファーが届いた場合、契約を解除できる条項が盛り込まれているという。


左右のウイングを主戦場とする快足アタッカーのムサは、2010年10月にVVVフェンロへ移籍。その後、CSKAモスクワ、レスター・シティと渡り歩き、2018年8月から2020年10月までアル・ナスルでプレーしていた。

VVVフェンロでは、吉田麻也カレン・ロバート、CSKAモスクワでは本田圭佑、レスターでは岡崎慎司と日本人選手とそれぞれのクラブでチームメイトだった。

また、ナイジェリア代表としても87試合に出場し15ゴールを記録している。
関連ニュース
thumb

元ドイツ代表GKレーマン氏がヘルタ・ベルリンの監査役を解雇…元ドイツ代表DFへの発言が人種差別と問題視

ヘルタ・ベルリンは4日、クラブの監督委員会のメンバーである元ドイツ代表GKイェンス・レーマン氏の解任を発表した。 ヘルタの発表によると、レーマン氏が人種差別的な発言をしたことが関係しているとのことだ。 事件が発覚したのは、現在はドイツ『スカイ』で解説者を務めており、現役時代はドイツ代表DFとしてもプレーしたデニス・アオゴ氏が、インスタグラムのストーリーズで1枚のスクリーンショットを公開。これはレーマン氏からの『Whatsapp』のメッセージだった。 そのスクリーンショットには、「デニス、実は君は黒人のクォーターなのか?」と書かれており、アオゴは「うわ…本気か?イェンス・レーマン、そのメッセージはおそらく私に送るべきではない」とコメントしていた。 この件についてレーマン氏は自身のツイッターを通じて謝罪。「私の携帯電話から、デニス・アオゴへのプライベートメッセージで、ある印象を与えてしまい、会話の中で謝罪しました」とし「元代表選手の彼は、とても知識が豊富で、存在感がある」と擁護していた。 しかし、ヘルタ・ベルリンはこのメッセージを問題視。レーマン氏との契約を直ちに終了することを決定したと発表。「このような発言は、ヘルタ・ベルリンが支持し、積極的にキャンペーンを行なっている価値観に決してふさわしくありません。あらゆる形態の人種差別から距離を置き、テナー・ホールディングの動きを歓迎します」と今回の決断の理由を説明した。 2021.05.05 21:10 Wed
twitterfacebook
thumb

王者レンジャーズが来季に向けた新戦力補強! ベルギーで今季13ゴールのFW獲得

レンジャーズは4日、K.V.オーステンデからザンビア代表FWファッション・サカラ(24)をフリートランスファーでの加入に際してプレ合意に至ったことを発表した。 同選手はオーステンデとの契約満了後にイギリスの労働許可証を取得した後、4年契約にサインする予定だ。 母国のエンチャンガ・レンジャーズでキャリアをスタートしたサカラは、スパルタク・モスクワを経て2018年にオーステンデに完全移籍。身体能力に優れた178cmのストライカーは、今シーズンのジュピラー・プロリーグで28試合13ゴール3アシストの数字を残していた。 なお、今シーズンのスコティッシュ・プレミアリーグを圧倒的な強さで制したレンジャーズにとってサカラは、新シーズンに向けた最初の補強選手となった。 2021.05.05 01:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ハビ・マルティネスが今季限りでバイエルン退団…「クラブとファンは永遠に心の中に…」

バイエルンは4日、元スペイン代表MFハビ・マルティネス(32)の今シーズン限りでの退団を発表した。 2012年夏にアスレティック・ビルバオから加入したハビ・マルティネスは、本職の守備的MFとセンターバックを主戦場に、公式戦266試合に出場し14ゴール11アシストを記録。長らくドイツの盟主を支え、今週末のボルシアMG戦を制した場合、加入時から9年連続となるブンデスリーガ達成となる。また、2度のチャンピオンズリーグ(CL)、FIFAクラブ・ワールドカップなど、通算20以上のトロフィーを獲得してきた。 しかし、近年はチーム内での序列が低下しており、今シーズンは公式戦28試合に出場も、プレータイムは800分未満と思うように出場機会を得ることができなかった。 そういった事情もあり、ハビ・マルティネスとクラブは双方合意の下で来シーズン以降の契約を更新しないことで合意に至り、今回の退団発表となった。 9年間を過ごしたクラブを去ることになった元スペイン代表MFは公式サイトを通じて感謝の思いを伝えている。 「9年間、FCバイエルン・ファミリーの一員でいられたことをとても誇りに思うと共に、幸せに思っているよ。この素晴らしいクラブ、そして特にファンの皆さんに感謝したい。皆さんのおかげでミュンヘンが僕の家になったんだ。そして、この9年間のことは決して忘れないよ」 「初日から“Mia san mia(俺たちは俺たちだ)”とFCバイエルンの特別な性質を感じた。僕はこのクラブのために生き、常にすべてを捧げ、一緒に勝ち取った数々のタイトルをとても喜んでいるよ。FCバイエルンとそのファンは永遠に私の心の中にある。Muchas gracias, dankeschön, servus - See you again!」 また、同選手の獲得に尽力したカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、高額な契約解除金を支払うという自分たちの決断が正しかったと、称賛の言葉を口にしている。 「2012年夏にハビ・マルティネスと契約したとき、4000万ユーロという移籍金は当時の我々にとって記録的な金額であり、難しい決断だった。しかし、その決断は正しかった」 「ハビはプレー面で我々のチームに素晴らしいクオリティを与えてくれ、人間的にも非常にフィットしていた。彼が獲得した数多くのタイトルの中でもハイライトは、もちろん、2013年のドルトムントとの決勝戦と、2020年のパリ・サンジェルマンとの決勝戦における、2つのチャンピオンズリーグ優勝だ」 「そして、2013年のチェルシー戦と2020年のセビージャ戦のUEFAスーパーカップでの土壇場での2つのゴールは、今でも我々全員の記憶に残っている。とてつもなく楽しく、成功した時間を過ごせたことをハビに感謝する。ハビ、元気で。君はいつでもFCバイエルン・ファミリーの大切な一員だ」 なお、元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング、オーストリア代表DFダビド・アラバに続き今シーズン限りでクラブを去るハビ・マルティネスの新天地に関しては、母国スペインやオーストラリア、アメリカ、中東などが噂されている。 2021.05.04 23:39 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョがローマの来季新指揮官に就任! 「共に勝利のプロジェクトを構築していく」

ローマは4日、ジョゼ・モウリーニョ氏(58)が来シーズンから新指揮官に就任することを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 パウロ・フォンセカ監督(48)の就任2年目となった今シーズンのローマは、セリエAでヨーロッパリーグ(EL)出場圏外の7位に低迷。さらに、EL準決勝ではマンチェスター・ユナイテッドとの1stレグを2-6の大敗で終えており、2013-14シーズン以来のヨーロッパコンティション出場権を逃すことが決定的な状況だ。 これを受け、クラブは4日に今シーズン限りとなっているフォンセカ監督との契約を更新しないことを決断した。 後任に関してはこれまでマウリツィオ・サッリ氏やマッシミリアーノ・アッレグリ氏などイタリア人指揮官の名前が挙がっていたが、今シーズン途中にトッテナムの指揮官を解任されたばかりのモウリーニョ氏の電撃就任が決定した。 クラブでオーナーを務めるダン・フリードキン会長、ライアン・フリードキン副会長は、ポルトガル人指揮官の招へいに関して以下のように語っている。 「ジョゼ・モウリーニョをASローマのファミリーに迎えることができ、感激と喜びでいっぱいだ」 「あらゆるレベルでトロフィーを獲得してきた偉大なチャンピオンであるジョゼは、我々の野心的なプロジェクトに多大なリーダーシップと経験を提供してくれるはずだ」 「ジョゼの就任は、クラブ全体で長期的かつ一貫した勝利の文化を築くための大きな一歩となる」 一方、2009-10シーズンにシーズントレブルを達成したインテル以来のセリエA帰還となった百戦錬磨の名将は、永遠の都での新たな挑戦に意気込んでいる。 「この素晴らしいクラブの指揮官として、また、そのビジョンの一部として私を選んでくれたフリードキン・ファミリーに感謝する」 「オーナーやチアゴ・ピントとの話し合いを経て、彼らがASローマに対して抱いている野心の全容をすぐに理解した。それは、私が常にモチベーションを高めてきたのと同じ野心と意欲であり、これから数年間、共に勝利のプロジェクトを構築していきたいと思っている」 「また、ローマのファンの皆さんの素晴らしい情熱を見て、私はこの仕事を引き受けることにした」 「その間、私はパウロ・フォンセカの成功を祈る。同時に、メディアの皆さんには、追って話しをすることを了承してもらいたいと思う。Daje Roma!」 これまでポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムと多くのヨーロッパのビッグクラブを渡り歩いてきたモウリーニョ監督は、これまでに通算25の主要なタイトルを獲得。 ただ、直近のマンチェスター・ユナイテッド、トッテナムでは思うような戦績を残すことができず、一部では“終わった監督”との厳しい指摘も出ている。 来シーズンからは同じくここ数年低迷が続くローマに久々のタイトルをもたらす、キャリア再生という新たな挑戦に挑む。 2021.05.04 22:55 Tue
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司の同僚、ベテランMFミケル・リコがウエスカと契約延長

ウエスカは4日、スペイン人MFミケル・リコ(36)との契約延長を発表した。新契約は2022年夏までとなる。 ミケル・リコは、過去2度に渡ってウエスカに所属。その後、グラナダ、アスレティック・ビルバオと渡り歩き、2019年7月に3度目のウエスカ加入を果たしていた。 昨シーズンはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で42試合に出場し7ゴール5アシストを記録し、チームの1部昇格に大きく貢献。今シーズンはラ・リーガでここまで28試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。 チームは現在降格圏の18位に位置。しかし、残留圏のレアル・バジャドリーとは勝ち点差1の状況であり、まだまだ残留は可能な状況。残り4試合で1部残留を目指して戦う。 2021.05.04 22:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly