ネイマールやムバッペの移籍を願うキャラガー氏「貧弱なリーグでプレーすべきではない」

2021.04.14 13:36 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールとFWキリアン・ムバッペはより魅力的なリーグでプレーすべきだと語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。PSGは13日に行われたCL準々決勝2ndレグでバイエルンと対戦。1stレグを3-2で勝利しているチームはこの試合でもバイエルンの猛攻を1失点に抑えると、アウェイゴールの差でCLベスト4進出を決めた。

昨シーズン敗れたCL決勝のリベンジを果たしただけでなく、欧州王者を撃破して2シーズン連続ベスト4進出を決めるなど、欧州での存在感を高めているPSG。しかし、アメリカ『CBS Sport』に出演したキャラガー氏は、ネイマールやムバッペほどの選手がいつまでもリーグ・アンのクラブにいるのはもったいないと語った。


「ネイマールがクラブにレガシーを残せるかどうかは、CLの結果にかかっているだろう。なぜなら、彼がPSGに行ったのはクラブが今まで成し遂げたことのない偉業を達成するためであり、バロンドールを受賞するためだからだ」

「彼はバルセロナでメッシの影となっている状態から抜け出すため、PSGに行った。世界最高の選手は毎年バロンドールを狙っており、ネイマールはバルセロナにいては勝てないと感じたのだろう。ただ、もしPSGが今年のCLを制覇したとして、彼とムバッペのどちらがより称えられるかは分からないけどね」

「私はネイマールがPSGにいるのを見たくない。ムバッペもそうだが、クオリティの高い選手はあそこでプレーすべきではないんだ。フレンチリーグ(リーグ・アン)は貧弱で平凡なリーグさ。だからこそ、あれほどまでにクオリティの高い選手たちがプレーするような場所ではない」
関連ニュース
thumb

ネイマールがPSGと新契約締結!「このクラブの歴史の一部になれることを誇りに思っている」

パリ・サンジェルマン(PSG)は8日、ブラジル代表FWネイマール(29)と2025年までの新契約を締結したことを発表した。 2017年夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現レートで約293億2000万円)を記録して、バルセロナから加入したネイマール。公式戦通算成績は112試合の出場で85得点51アシスト。長らくバルセロナ復帰の憶測が取り巻いたが、今後のキャリアもフランスの絶対的王者に捧げる決意をしたようだ。 「パリ・サンジェルマンで冒険を続けることができて本当に嬉しいよ。パリでの生活に満足してるし、このチームの一員として、この選手たちや素晴らしい監督と一緒に仕事ができること、そしてこのクラブの歴史の一部になれることを誇りに思っている。そういったことが、この素晴らしいプロジェクトをより一層信じさせてくれるんだ」 「僕はここで人間として、そして選手として成長してきた。だから契約を延長できてとても嬉しく思う。このクラブでもっと多くのトロフィーを勝ち取れることを願っているよ」 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、新たな年俸額は3000万ユーロ(約39億6000万円)。チャンピオンズリーグ(CL)を制した場合、巨額のボーナスが発生するインセンティブも契約に盛り込まれているという。 2021.05.08 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマールが今日にもPSGと契約延長か 長らく噂のバルサ復帰消滅へ

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(29)が新契約を結ぶ見通しのようだ。 フランス『レキップ』によると、本日中にも両者の間で新契約が結ばれる模様。新たな契約期間は2022年6月末までの現行から4年延長の2026年6月末までとなるという。 2017年夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現レートで約293億2000万円)を記録して、バルセロナから加入したネイマール。それ以来、パリの王様に君臨している。 公式戦通算成績は112試合の出場で85得点51アシスト。長らくバルセロナ復帰の憶測が取り巻いたが、今後のキャリアもフランスの絶対的王者に捧げる決意をしたようだ。 また、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏も自らのツイッター(@FabrizioRomano)でこの報道に反応。契約の内容を共有した。 新たな年俸額は3000万ユーロ(約39億6000万円)。チャンピオンズリーグ(CL)を制した場合、巨額のボーナスが発生するインセンティブも契約に盛り込まれているという。 2021.05.08 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

フロレンツィがローマ指揮官就任のモウリーニョに期待「新たな風を吹かせてくれる」

イタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィが、ローマに新たに就任するジョゼ・モウリーニョ監督への期待を口にした。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 4日にパウロ・フォンセカ現監督のシーズン終了後の退任と、それに伴うモウリーニョ氏の就任を発表したローマ。期待と不安が入り混じる人事となったが、今季はローマからパリ・サンジェルマンへローン移籍しているフロレンツィは、ポルトガル人指揮官へ期待の言葉を残した。 「新しい風を吹かせてくれるだろう。モウリーニョはおそらく最も経験豊富で魅力のある監督の一人だ。ローマの環境をコントロールできる一人になれるはずだ。上手くいくことを願っているよ」 そんなフロレンツィに関しては、パリ・サンジェルマンが買い取りオプションを有しているものの、フランス『レキップ』の報道では行使を見送る模様。その一方でインテルからの関心も伝えられているが、プレーだけに集中していると主張した。 「インテルのようなトップクラブと縁があるのは嬉しいことだけど、噂やメディアが言うことに惑わされることはない」 「ピッチ上のことを話してもらいたいね。僕は多くを語ることなく、PSGでの経験を積んでいる。アル・ケライフィ会長やレオナルド、(マウリシオ・)ポチェッティーノの信頼に応えたいんだ。ベストを尽くしたい。それからどうなるか見てみよう」 2021.05.07 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「痛みを取り除く」PSGストライカーがホームレスの人々に自ら食料を配布

パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表FWモイゼ・ケアンがホームレスの人々に食料を配った。 PSGは4日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグで、マンチェスター・シティと敵地で対戦したが、ケアンは移動前、パリのポルト・ド・ラ・シャペル地区を訪れ、自らの手でホームレスの人々に食料を手渡していた。 ケアンは自身のインスタグラムを更新し、食料を手渡す瞬間の写真とともに「痛みを取り除く」とキャプションをつけた。 コートジボワール人の両親を持つケアンは、過去にも人道支援団体や慈善団体を支援している。 <span class="paragraph-title">【画像】ケアンがホームレスの人々に食料を手渡す</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/COYfC01jyc4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/COYfC01jyc4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/COYfC01jyc4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Moise kean (@moise_kean)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.05.06 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル氏、ディ・マリアの退場劇に持論「フェルナンジーニョも退場になるべきだった」

マンチェスター・シティvsパリ・サンジェルマン(PSG)における、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの退場について、アーセン・ヴェンゲル氏が持論を述べている。 4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝での一幕。シティが2試合合計4-1とリードする中で迎えた69分、タッチライン際でMFフェルナンジーニョと小競り合いを起こしたディ・マリアが相手を踏みつけ一発退場処分を命じられた。 さらにその際、ディ・マリアはピッチを去りながらフェルナンジーニョに対して侮辱発言をぶつけるなど、その怒りは頂点に達していた。もちろんその行為は許されるものではないが、ここまで激昂する原因はフェルナンジーニョ側にもあったという意見もある。 ヴェンゲル氏もそのように考える一人で、『beIN SPORTS』の番組に出演した際、フェルナンジーニョも退場になるべきだったとの見解を示した。 「今夜のフェルナンジーニョの行動は、挑発的で好ましくなかった。ディ・マリアを退場させるなら、フェルナンジーニョも退場させなければならないと私は思う」 「彼はディ・マリアに対する挑発行為があったにもかかわらず、イエローカードにすらなっていない。どちらもレッドカードを受けるべきだった」 なお、この試合では、ディ・マリアの退場に抗議したPSGの選手に対し、主審のビョルン・カイペルス氏が不適切発言をしたと、MFアンデル・エレーラやMFマルコ・ヴェッラッティの証言で明らかになっており、後々まで尾を引く一件となりそうだ。 2021.05.05 18:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly