レアルはネイマール獲得にこれまで3度挑戦も失敗、最初の交渉は「13歳の時」と元代理人が明かす

2021.04.12 22:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ネイマールの元代理人であるワグネル・リベイロ氏が、過去3度レアル・マドリーに移籍する可能性があったことを明かした。リベイロ氏は、ブラジルをはじめ南米で最も強力な代理人とされていた1人。かつて柏レイソルでもプレーしたFWフランサの取引でキャリアをスタートさせると、カカやロビーニョ、ルーカス・モウラ、ヴィニシウス・ジュニオール、ガブリエウ・バルボサなどの代理人も務めていた。

そのリベイロ氏がネイマールと出会ったのは12歳の時。フットサル場でプレーするネイマールの能力の高さに目をつけた。


リベイロ氏はフランス『レキップ』のインタビューで当時を振り返っている。

「彼は12歳だった。彼について私に話したのはベッチーニョ(ロビーニョをスカウトした人物)だった。彼がプレーしているのを見たとき、私は彼の父に『気をつけて、彼の足が折れてしまう!』と行ったのを覚えている。彼は周りのみんなをドリブルで抜き、ディフェンダーに削られていたんだ」

若きネイマールを発見したリベイロ氏。すると翌年、ネイマールが13歳の時にマドリーのトライアルに連れて行ったようだ。

「彼は父と私と一緒に20日間滞在した。彼は13歳で、センセーションを巻き起こしたんだ。誰もがレアルでの彼を待ちわび、クラブも彼に十分支払う準備ができていた。しかし、マルセロ・テイシェイラ(当時のサントスの社長)が私に電話し、新契約を申し出たんだ」

「契約するのに84万ユーロ(約1億円)、さらに月給1万ユーロ(約130万円)を求めた。当時の彼は、月給34ユーロ(約4500円)を稼いでいた。アイスクリームやキャンディを買うには十分な金額だ(笑)」

「父はブラジルに残った方が良いと考えていた。ネイマールはなんとも言えない感情だっただろう。彼が母親に電話をするのに私の携帯電話を使ったのを覚えている。彼は泣いていたんだ」

「ピッチに立っているときはとても楽しそうで、幸せそうだった。しかし、母や妹と離れるのは嫌だったようだ」

13歳ですでにネイマール獲得に動いたマドリーだったが、この時は契約できず。すると次にやってきたビッグクラブはチェルシーだった。

「我々はネイマールの最初の代表キャップ(2010年8月)のためニューヨークにいた。そして、チェルシーの代表と会った。彼らは連れて行きたくて、たくさんの金額を提供した。ただ、ネイマールが行きたがらなかった」

チェルシーの誘いには興味を示さなかったネイマール。そして2012年にはマドリーとバルセロナの間で、移籍を迷っていたという。

「フロレンティーノ(・ペレス)は、ネイマールを捕らえたと思っていた。私がオファーしたことに彼はイエスと答えた。サントスに4000万ユーロ(約52億円)を支払う用意があり、(給与面でも)我々の要求を全て満たしていた」

「しかし、父親は息子がバルセロナを好んでいたため、考える時間をくれと言った。レアルは、3人のマネージャーと弁護士をよこしてきた。ブラジルに20日間滞在したんだ」

「私のオフィスでは、『さぁ、明日はサインだ!』と言われ続けたよ。しかし、ネイマールはマドリーに行くことを望んでいなかった。彼はバルサでのプレーを望んでいたんだ」

「メッシは彼に電話をかけ、ピケも電話をかけてきた。彼にプレッシャーをかけていたね。私はマドリーに行って欲しいと思っていた。フロレンティーノ・ペレスやマドリーに近い存在だったからだ」

「刑務所に入っていたバルサの会長は誰だったけ?そう、サンドロ・ロセイ!彼は私が交渉に参加することを望まなかった。彼は私を横にやり、ネイマールのバルサ移籍の報酬を払わなかった。彼らはネイマールの父親に近づいた、アンドレ・カリーと手を組んだ。彼らは私に厄介な攻撃をし、この移籍については何も関わらなかった」

マドリーへ行きたがっていたネイマールだったが、結局バルセロナへ移籍。その理由はやはりリオネル・メッシだった。

「彼はメッシとプレーしたかったんだ。だから彼の選択だ。私にとっては良くなかったが、彼をリスペクトしている。彼が契約して、私は屈辱を受けた」

「彼らは私をパーティにも参加させなかった。フロレンティーノ・ペレスに近い存在のため、連れ出したんだ。それは不公平だった。彼らは私に汚物を投げてよこした」

その後、ネイマールはパリ・サンジェルマンへと移籍。しかし、その移籍は後悔もしているとのこと。そして、マドリーは2019年に3度目の獲得に動いたが、ナセル・アル・ケライフィ会長に一蹴されてしまった。

「ネイマールは本当にレアル・マドリーへの移籍を目指していた。レアルは彼を獲得するために3億ユーロ(約390億円)を支払う用意だってあった」

「フロレンティーノがそう話していた。しかし、ナセルはそれを拒否し『10億ユーロでも売らない』と返答したんだ」

結局マドリーのチャレンジは3回とも失敗。そして、新型コロナウイルスの影響もありクラブはネイマールを雇う資金がない状況となってしまった。今夏の移籍市場でも再びネイマールの去就は話題に上がるだろうが、どんな結末を迎えるだろうか。

1 2
関連ニュース
thumb

逆転優勝目指すマドリーに大きな痛手…自主隔離措置を取っていたクロースがコロナ陽性に

レアル・マドリーは17日、ドイツ代表MFトニ・クロースが新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことを発表した。 クロースは新型コロナウイルスの陽性反応が出た人物との濃厚接触があったとして、14日より隔離措置を取っていたが、クラブの発表によれば17日に実施した新型コロナウイルスの検査で陽性反応が確認されたとのこと。 首位アトレティコ・マドリーと2ポイント差で最終節を迎えるマドリーは、23日にラ・リーガ最終節のビジャレアル戦を控えるが、クロースは欠場する可能性が高いものと思われる。 2021.05.18 03:10 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルが他クラブ牽制か…ラウタロ・マルティネスへ年俸6億の新契約を提示

インテルがアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の契約延長交渉を開始した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 両者は年始から話し合いを重ねているが、インテルは昨今の新型コロナウイルスによる影響で財政難に陥っており、交渉が難航。 すると、アドレティコ・マドリーやレアル・マドリーが今夏に獲得に乗りだすなど移籍報道がヒートアップしていた。 同紙によれば、他クラブを牽制したいインテルは問題の解決を目指しラウタロの代理人に接触。年俸450万ユーロ(約6億円)+ボーナスの新契約を提示しているとのことだ。 2018年夏に母国アルゼンチンのラシン・クラブから加入したラウタロは、初年度から続くセンセーショナルな活躍を受け、昨夏にバルセロナの強い関心が取り沙汰されたが、最終的に実現しなかった。 なお、今季はここまで公式戦47試合に出場。37試合に出場するセリエAでは16ゴール9アシストを挙げ、11年ぶりのスクデット獲得に大きく貢献していた。 2021.05.18 00:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ジダン、退任伝達報道を否定 「命がけで戦う最中にどう伝えれば良いのか」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督(48)が今季限りでの退任報道を否定した。 16日に行われたラ・リーガ第37節のアスレティック・ビルバオ戦を制して、同じく勝利した首位アトレティコ・マドリーを引き続き2ポイント差で追うレアル・マドリー。最終節に逆転優勝の望みを繋いだジダン監督だが、その大事な一戦の前にして、第35節のセビージャ戦前に選手たちに今季終了後の監督退任意向を伝達したと報じられた。 しかし、フランス人指揮官はスペイン代表DFナチョ・フェルナンデスのゴールで勝ち切ったビルバオ戦後、この報道を一蹴した。 「今、我々は命がけで戦っている。そんな最中に私が辞めると言うなら、選手たちにどのように伝えれば良いのか。外で好きなように話してくれて結構だが、私が選手たちに辞めることを伝えるなんて絶対にない」 また、「私の将来について、そう何度も話すことはできない。最も大事なのは最後の試合だ」と続け、逆転優勝がかかる23日に行われる最終節のビジャレアル戦にフォーカスした。 なお、ジダン監督とレアル・マドリーの契約は2022年まで。退任となれば、行き先として古巣のユベントスが候補に挙がっている。 2021.05.17 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

首位と2ポイント差で最終節へ…ビルバオに勝利のレアル指揮官ジダン「まだ生き残っている」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がアスレティック・ビルバオ戦の勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ラ・リーガ2位のマドリーは16日、第37節でビルバオと対戦。前半をゴールレスで終えたものの、68分にDFナチョ・フェルナンデスが先制点を挙げた。その後は試合をコントロールし、相手に退場者が出る中で1-0のまま、逃げ切っている。 完封勝利を飾ったマドリーは、オサスナに競り勝った首位アトレティコ・マドリーを2ポイント差で追走。アトレティコの結果次第ではあるものの、ビジャレアルとの最終節に逆転優勝の可能性を残した。 試合後、ジダン監督は「今日の勝ち点3は、我々にとってとても重要だ」とコメント。この一戦の勝利を喜びつつも、逆転優勝に向けて意気込んだ。 「我々はまだ生き残っているし、最後の最後まで全力を尽くすつもりだ」 「多くの困難を抱えながらも、我々は戦い続けている。レアル・マドリーは、過去に2度も最終節で優勝できるチャンスを逃しているが、今回は最後の最後で勝利を掴みたいと思っている。我々は、リーグタイトルを獲得するためにすべてを捧げる」 また、決勝点を挙げると同時に、無失点での勝利に大きく貢献したナチョについても言及。「彼はここでキャリアを終えるべきだということがよくわかった。彼のパフォーマンスは素晴らしく、長い間ピッチ上で全力を尽くしてきた。レアル・マドリーにいる価値がある選手だと思う」と、クラブの生え抜きプレーヤーに賛辞を送った。 2021.05.17 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ビルバオに競り勝ったレアル・マドリー、最終節に逆転優勝の望みを残す《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは16日、ラ・リーガ第37節でアスレティック・ビルバオとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 前節グラナダ戦を4-1と勝利して首位アトレティコ・マドリーを2ポイント差で追う2位レアル・マドリー(勝ち点78)は、勝利を逃せば最終節を前にアトレティコの優勝が決まる中、グラナダ戦のスタメンからマルビンに代えてオドリオソラのみを変更した。 9位ビルバオ(勝ち点46)に対し、3トップに右からロドリゴ、ベンゼマ、ヴィニシウスと並べたレアル・マドリーがボールを持つ展開で立ち上がったものの、自陣で集中した守備を見せるビルバオを崩せない状況が続いた。 27分にはオドリオソラのクロスがボックス内のモルシージョの腕に当たったが、ノーファウル判定となった。ハーフタイムにかけてもチャンスを生み出せなかったレアル・マドリーは、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、開始5分にモルシージョにGKクルトワ強襲のシュートを打たれたレアル・マドリーだったが、前半同様に押し込む展開とすると、57分にモドリッチがミドルシュートで牽制。 そして61分には左CKからカゼミロのヘディングシュートがバーに直撃すると、68分に均衡を破った。CKの流れからボックス右のカゼミロのクロスをナチョが押し込んだ。 先制後はレアル・マドリーが試合をコントロール。83分にはピンチを迎えるも、ベスガのヘディングシュートはわずかに枠を外れて助かると、89分にラウール・ガルシアが主審への抗議の影響か一発退場となったビルバオ相手に1-0で逃げ切り。 オサスナに劇的逆転勝利を飾った首位アトレティコを2ポイント差で追走し、最終節に逆転優勝の可能性を残している。 2021.05.17 03:36 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly