勝ち点並ぶ新潟と琉球が揃って勝利!琉球では守護神・田口がビッグセーブ連発【明治安田J2第7節】

2021.04.11 18:04 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
11日、明治安田生命J2リーグ第7節の6試合が各地で行われた。勝ち点16で並ぶ新潟と琉球はともに勝利を収めた。山形とのアウェイ戦に臨んだ新潟は、序盤から攻勢に出る中で20分に本間がドリブルでボックス左に侵入。マイナスの折り返しを鈴木がダイレクトで狙ったが、惜しくも枠の上に外れてしまった。

以降は徐々に山形のペースに。33分、44分と相手のビッグチャンスを許すが、DFの身体を張った決死の守備で何とか失点を防ぐ。前半アディショナルタイムの山形のFKのシーンでは、クロスから加藤にネットを揺らされるが、山形の選手にファウルがあったとしてゴールは認められず。


胸を撫で下ろした新潟は後半から仕切り直して迎えた56分、前線からプレッシャーかけて本間がボールを奪うと、最後は本間の横パスを高木がボックス中央から押し込んで先制に成功した。

ここから再び勢いを取り戻した新潟は、終盤に差し掛かった77分、FKからボックス左でボールを持った本間がふわりとしたクロスを上げると、山形GKビクトルがキャッチミス。これがオウンゴールとなり、新潟が0-2で勝利を収めた。

アウェイで水戸と対戦した琉球はいきなり窮地を迎える。8分、自陣でボールを失い、カウンターのピンチに。中山仁斗にゴール前まで持ち込まれるが、GK田口がビッグセーブ。ここまで3失点の守護神がチームを救った。

攻撃では43分に、左クロスを受けてゴール前に阿部が抜け出すも、シュートコースが甘く、GKにぶつけてしまった。互いに幾度かチャンスを作った前半だったが、ゴールレスで試合を折り返す。

後半立ち上がりに阿部が決定機を外した琉球は、守備では再びGK田口の好セーブ光る。そんな一進一退の攻防が続く中、琉球が均衡を破った。

60分の左CKのシーン。風間宏矢が右足で上げたクロスを相手に競り勝った清水が頭で流し込んでネットを揺らした。さらにその2分後には、右サイドから田中が上げたアーリークロスに、投入直後の清武がスライディングで合わせて追加点。

そして、最後は後半アディショナルタイムの森のミドルシュートを守護神・田口が弾き出して試合終了。0-2で賞りした琉球が、新潟をピタリと追走している。

◆第7節
▽4/11(日)
モンテディオ山形 0-2 アルビレックス新潟
水戸ホーリーホック 0-2 FC琉球
栃木SC 0-0 SC相模原
FC町田ゼルビア 0-1 京都サンガS.C.
ツエーゲン金沢 0-1 ジェフユナイテッド千葉
愛媛FC 2-2 ファジアーノ岡山

▽4/10(土)
ブラウブリッツ秋田 0-0 大宮アルディージャ
ザスパクサツ群馬 1-2 V・ファーレン長崎
ヴァンフォーレ甲府 1-1 ギラヴァンツ北九州
ジュビロ磐田 4-1 松本山雅FC
東京ヴェルディ 3-1 レノファ山口
関連ニュース
thumb

岡山FW福元友哉が左大腿部肉離れで全治4〜6週間

ファジアーノ岡山は17日、FW福元友哉の負傷を報告した。 福元は14日のトレーニング中に負傷。左大腿部肉離れで全治4〜6週間の見込みだ。2018年に市立船橋高校から入団して4年目の今季はここまで明治安田生命J2リーグ4試合に出場している。 岡山は現在、4勝4分け6敗の16位に位置。23日に行われる次節、13位につけるV・ファーレン長崎とのホームゲームに臨む。 2021.05.17 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

Jリーグの審判1名が新型コロナ陽性判定、週末の試合は担当せず

日本サッカー協会(JFA)は16日、Jリーグを担当する審判員1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 JFAの発表によると、当該審判員は13日(木)に発熱の症状があり、14日(金)に医療機関でPCR検査を実施。15日(土)に陽性判定となった。 審判員は発熱の症状があり、関係機関の指示に従って対応しているとのことだ。 また、Jリーグ試合会場を訪れたのは9日(日)が最後となっており、試合会場に関連する濃厚接触者がいないことは管轄する保健所により確認されているとのことだ。 JFAは「当該者の一日も早い回復を祈るとともに、JFAは今後も関係者等の安全確保と健康維持を最優先に、感染拡大防止と注意喚起に取り組む一方、厚生労働省や保健所、関係当局の方針や行動計画に基づいて迅速に対応してまいります」としている。 2021.05.17 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

町田が新生“天空の城”で首位新潟に初黒星つける 京都勝利で上位肉薄【明治安田J2第14節】

16日、明治安田生命J2リーグ第14節の5試合が各地で行われた。 首位の新潟はアウェイで6位の町田と対戦。前日に琉球が勝利したことで、暫定勝ち点で並ばれているため、勝利してもう一度引き離したいところだったが、開始1分、クロスの流れからDF三鬼の抑えの利いた見事なミドルシュートを浴び、早過ぎる失点に。 さらに11分には、再び同じサイドからのクロスを太田に合わせられると、シュートは舞行龍ジェームズに当たってGK阿部の逆を突く形でゴールイン。アンラッキーながらも2失点目を喫してしまった。 調子の上がらない新潟は、45分に前半唯一のシュートシーンが訪れるも、右サイドからのクロスに合わせた鈴木のシュートはGK福井に止められた。 打って変わって後半は本来の姿を取り戻した新潟の攻勢が続く中、62分にボックス左でボールを持った堀米が、左足でストレートにシュートを突き刺し点差を縮めることに成功。 しかし、あと一歩及ばず試合は町田に軍配。5000人分の席が増築され、新たに生まれ変わった町田GIONスタジアム、通称“天空の城”の初戦で白星を飾った。 一方、その隙に勝ち点差を縮めたい3位の京都はホームで水戸と対戦。ウタカ欠場の中迎えた24分、右サイドから飯田がグラウンダーのクロスを上げると、ニアでスルーした李忠成の背後に走り込んだ福岡が合わせて先制。クロスバーの下部を叩く豪快なゴールで8試合ぶりの得点を決めた。 後半に何度か決定的なシーンを作られるものの、GK若原を中心に守り切った京都が1-0で勝利。今節の結果、勝ち点33で並んだ新潟と琉球に1ポイント差に迫っている。 ◆第14節 ▽5/16 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 1</span>-0 愛媛FC 大宮アルディージャ 0-0 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガS.C. 1</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 2</span>-0 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 2</span>-1 アルビレックス新潟 ▽5/15 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 ブラウブリッツ秋田 松本山雅FC 0-0 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口 1</span>-0 SC相模原 V・ファーレン長崎 2-2 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 4</span>-2 栃木SC 2021.05.16 18:10 Sun
twitterfacebook
thumb

琉球が3試合ぶり勝利で新潟にプレッシャー 磐田は遠藤保仁が今季初ゴール【明治安田J2第14節】

15日、明治安田生命J2リーグ第14節の6試合が各地で行われた。 首位の新潟を3ポイント差で追う2位・琉球(勝ち点30)は、ホームで栃木と対戦。栃木はここ7試合未勝利だが、開始3分にCKを頭で合わせた乾の今季初ゴールで先制する立ち上がりに。 しかし、3試合ぶりの勝利を目指す琉球は16分、クロスバーに嫌われた風間宏希のシュートのこぼれ球を清水が詰めて同点に。さらにその6分後には、ボックス手前左のFKのシーンで、キッカーの上里が壁の下を抜く技ありシュートを決めて逆転。上里はこれが今季初ゴールとなった。 それでも食らいつく栃木は、44分に西谷にも今季初ゴールが生まれて、同点で試合を折り返した。 だがやはり琉球が底力を見せた。64分に清武を下げて茂木を投入すると74分、スローインからボールを持った茂木は、敵陣左サイド中央から右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 これで再び勝ち越したホームチームは、87分に風間宏矢に代えて李栄直を送りこむ。するとその3分後、CKのこぼれ球を池田がボックスの外から狙うと、李栄直がこのシュートのコースを変えてゴールに流し込んだ。 結局、采配が見事に的中した琉球が4-2で勝利。暫定ポイントで新潟に並んだ。 その他、ホームに群馬を迎え3試合ぶりの勝利を目指した4位・磐田(勝ち点23)は前半から圧倒。ポゼッションだけでなく切り替えの早さでも上回り、相手を押し込んでいく。 試合が動いたのは後半立ち上がりの50分。ルキアンが左から右に展開し、ボックス右の鈴木がワンタッチで折り返すと、最後は遠藤が右足ボレーで流し込み、磐田が先制。その後は追加点は奪えずも、磐田は群馬に全く隙を与えることなく試合を進める。 そして、遠藤の今季初ゴールが決勝点となり、翌日に試合を控える3位・京都と勝ち点差を縮めた。 また、同じく上位に位置する5位・甲府(勝ち点22)も、初対戦となった秋田に苦しめられながらも、84分のセットプレーで新井が第2節の大宮戦以来となるゴールを決めて勝利。上位陣の猛追に成功している。 ◆第14節 ▽5/15 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 ブラウブリッツ秋田 松本山雅FC 0-0 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口 1</span>-0 SC相模原 V・ファーレン長崎 2-2 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 4</span>-2 栃木SC ▽5/16 モンテディオ山形 vs 愛媛FC 大宮アルディージャ vs ファジアーノ岡山 京都サンガS.C. vs 水戸ホーリーホック 東京ヴェルディ vs ギラヴァンツ北九州 FC町田ゼルビア vs アルビレックス新潟 2021.05.15 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

最下位大宮に痛手…GKクリャイッチが右ヒザ前十字じん帯断裂で全治8カ月、手術のため帰国

大宮アルディージャは15日、GKフィリップ・クリャイッチの負傷を発表した。 クリャイッチは9日に行われた明治安田生命J2リーグ第13節のザスパクサツ群馬戦に先発出場。しかし、後半早々自陣から前線にフィードを送った際に負傷。そのまま担架で運び出されていた。 クラブの発表によると、クリャイッチは右ヒザ前十字じん帯断裂と診断。全治は8カ月になるとのことだ。 また、手術を受けるため、18日に帰国することも発表されている。 クリャイッチはパルチザン・ベオグラードから2020年に加入。昨シーズンは明治安田J2で22試合に出場。今シーズンは開幕からGK上田智輝が守護神を務めていたが負傷離脱。その後、クリャイッチがゴールを守り7試合に出場していた。 2021.05.15 19:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly