ケガから復帰したFW籾木結花、新国立競技場での一戦に「オリンピックの決勝で戻ってくるということを忘れずに」

2021.04.10 23:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
なでしこジャパンのFW籾木結花(OLレインFC/アメリカ)が、11日に行われる国際親善試合のパナマ女子代表戦に向けたメディア取材に応じた。

なでしこジャパンは、8日に行われた国際親善試合のパラグアイ代表戦で7-0で圧勝。力の差を見せつける形となった。

パラグアイ戦では後半アディショナルタイムにチームの6点目を記録した籾木。パナマとの試合については「自分たちはオリンピックで優勝を目指している中で、この2試合は1年ぶりに試合ができたことは多くの方に支えられてできているなという反面、今ヨーロッパで行われている国際試合ではアメリカvsスウェーデンなどハイレベルの試合ができているので、そのレベルを想定して自分たちが何ができるかというと、自分たちが高めていく必要があると思います」と語り、ライバル国が高いレベルで試合を行えていることを受け、しっかりと高いレベルを自分たちが求めなければいけないと語った。

また「時間が限られている中で、オリンピックまで日数も少なく、集まれる機会も少ないので、どれだけチームの完成度を上げていけるかは、どの国の代表も一緒だと思いますが、組織として戦っていくチームなので、完成度をこの2試合で少しでも上げられればと思います」とし、日本の武器である組織力を生かすためにも、しっかりと精度を上げていきたいと語った。

マッチメイクの部分での危機感については「ヨーロッパで行われている試合のレベルは本当に高いと思っていますし、その代表選手にはチームメイトがいるので、今まで以上に自分にとって身近なことになっていると感じています」とし「今この難しい状況の中で、自分たちが思うようにやりたい相手と試合ができない中で、そこは自分たちがコントロールできない部分が大きいので、自分たちにしっかりと矢印を向けて、今できることをしっかりやることが、周りの親善試合と比較するのではなく、五輪でメダルを取るための近道だと思います」と語り、自分たちとしっかり向き合うことが重要だとコメントした

その籾木はスウェーデンのリンシェーピングへ2020年8月に期限付き移籍したが、デビュー戦で負傷。疲労骨折と診断され、プレーができない状態が続いていた。8日のパラグアイ戦が復帰戦となったが「代表のユニフォームを着てプレーする感覚は凄く体にスイッチが入った」とコメント。「昨年ケガをするまでやコロナの状況になるまでは、日テレ・ベレーザでも試合が目まぐるしく続いていたり、なでしこジャパンの試合もたくさん続いている中で、ユニフォームに袖を通す責任や誇り、嬉しさを改めて感じた1試合になりました」と語り、改めて試合から離れて久々に来た日本代表のユニフォームを喜んだ。

「今回の試合は相手がどうとか、自分がどうとか色々な要素がありながらも、まずはケガから戻って、復帰戦で代表というのはすごくなかなかできないことで、贅沢な形で復帰させてもらえたので、このタイミングで復帰できたのはすごく周りの方々のおかげだと感じます」とコメント。代表の試合で復帰できたことを喜んだ。

自身のコンディションについては「コンディションはまだまだだと感じますし、実戦の中でしか成長できない部分ももちろんあると思うので、今アメリカでもプレシーズン大会もあるので、国立での試合とアメリカでのプレシーズンを戦って、オリンピックに向かっていければと思います」と語り、この先のコンディション向上に努めたいと意気込んだ。

アメリカと日本での感覚の違いについては「まずプレッシャーのスピードであったりは違うなと思いましたし、日本代表の中での活動になると日本人同士の戦いになるので、ボールをつなぐスタイルでやる形が成り立つと思います」とコメント。「そういった中で日本の守備の精密さというか、質の高さ、1つ1つの細かいところまでこだわるというのは日本らしさだと感じました」とし、アメリカとの差を語った。

また「アメリカだとすごく攻めたいというのが全面に出ている選手がいたり、守備をしなくても相手がミスして自分たちのボールにできるということがアメリカでは起こる」とコメント。「そういったところだと、守備の組織力をアップさせていきたいとなでしこジャパンは取り組んでいるので、そこにしっかりフィットしていくには、国内組と海外組が今は違うところで過ごしているので、ピッチの上でもそうですし、ピッチの外でもしっかりと仲間とコミュニケーションをとって、その中に入っていくことは、日本とアメリカの行き来の中で大切だと感じます」と語り、感覚の違いをしっかりと合わせていく必要があると語った。

その上では「コミュニケーションが軸として大事だと感じています」とコミュニケーションをしっかり取ることも大切だとしている。

所属するOLレインFCでは、前回の女子ワールドカップのMVPでもありアメリカ女子代表のキャプテンでもあるMFミーガン・ラピノーがチームメイトとしている。そこから学ぶことについては「彼女がピッチに入るだけで練習の雰囲気も変わりますし、1つ1つのプレーがチームの士気を高めたり、クオリティを上げる部分では、やっぱり凄いなと感じます」とコメント。「自分が今のチームを選んだのもラピノーがいるから選びましたし、そういった選手がいるのは、チームメイトですが、最大のライバルでもあるので、身近にその選手のプレーを盗んだり、特徴を掴むことは日本にとって大きなことになるので、チームの結果、代表での結果も追い求めていきたいです」と、お手本にしながらも、実際に戦う上でのスカウティングもしていると明かした。

凄さについては「一言で表せられないぐらい、色々な部分で凄い選手なので、改めて一緒にトレーニングをするようになって、改めて凄さを感じました」と語り、とにかく凄いということを感じさせた。

その中で日本に還元できることは「世界のトップで活躍する選手ですけど、トレーニングの中では1つも怠らないですし、自分の体としっかり向き合って、トレーニングでどこまでできるか、できないかを体と対話してトレーニングに臨んでいると感じます」とコメント。また「彼女の1つの声でチームが変わるということはピッチで出しているものの説得力があるからなので、日本人という性格上、アメリカ人と比較するとこの主張は減る感じはしますが、自分が求めたいもの、チームが求めるべきものはしっかりと自分たちで物差しを持って、声でお互い求めあっていければと思います」と語り、チームを改善していく上でもしっかりとポイントを主張し合うべきだと語った。

パラグアイ戦ではゴール前に運ぶシーンが多い中でもシュートを決めきれないシーンも多かった。その点については「自分たちがボールを持つ時間が長くなることが予想される中で、ディフェンスラインがボールを運んでいって攻撃につなげていくのか、ディフェンスの前に空いているスペースを中盤の選手が降りて受けるのか、ビルドアップの部分で大きなスペースがある分、誰がどう使うのかは攻撃を組み立てる上で大事になります」と語り、前線だけの問題ではなく、チーム全体としての攻撃時の動きが課題だとコメントした。

また「プレッシャーがそこまで強くないと思いますが、そういった中で自分たちがミスなくできることを証明しないといけなくなります」とコメント。「これからどんどんプレッシャーが高くなっていくことで、自分がここでミスをすると、自分たちの生命線を失ってしまうと思うので、そこは1つ1つの質を高めるというところは、パスの精度、ポジショニングの精度、フィニッシュの精度は突き詰めていきたいと思います」と語り、強い相手との対戦時にしっかりとパフォーマンスが出せるようにしておく必要があると語った。

今回のパナマ戦は新国立競技場で開催。東京オリンピックでは決勝の舞台となる。印象は「自分は前の国立競技場でプレーすることはなかったんですけど、国立競技場の周りをバスが走って景色を見ていると、凄いなと。圧倒的なスタジアムを目の前にして、これがオリンピックの決勝の舞台だなと思いました」とコメント。「ピッチに立てることは幸せですし、日本に数多くいる女子サッカーの中でも今回は25人しか立つことができないという貴重な機会をいただいている中で、自分たちはこの1回の喜びに浸るのではなく、オリンピックの決勝で戻ってくるということを忘れずに、スタジアムの高揚感、自分たちの湧いてくる感情を忘れずにできればと思います」と語り、今回の試合を胸に、オリンピックでも再び同じピッチに立つと意気込んだ。



1 2
関連ニュース
thumb

「戦える選手を」メンバー発表前の最後の活動が終了、なでしこ高倉麻子監督「覚悟を決めて選ぶ」

なでしこジャパンの高倉麻子監督が、トレーニングキャンプ終了を前に、メディアのオンライン取材に応じ、今回の活動を総括した。 金メダル獲得を目指す東京オリンピックを前に、6月は国際親善試合を2試合行ったなでしこジャパン。ウクライナ女子代表には8-0、メキシコ女子代表には5-1と勝利を収めた。 4月の2試合を含め、メンバー選考最後の活動を終えた高倉監督。18日のメンバー発表を前に、6月の活動を総括した。 「今回なでしこのオリンピックに向かった強化試合2試合をやる中で、もちろんメンバーを絞り込んでいくという大きな作業がありましたけど、攻守共に今までやってきたことの積み上げという意味では、ウクライナ戦もメキシコ戦も含めて、非常にポジティブな要素が多かったと思います」 「それはどの選手が出てもある程度のクオリティを保ちながら変化をつけていけることが見えたからです」 「もう1ランク相手の強度が上がってきたことのエラーを十分想像しながら試合をこなしてきているので、対戦相手という意味では2チーム(ウクライナ、メキシコ)とも良いファイトをしてくれて私たちにとって大きな財産になったと思います」 「選手も選考されるという上で大きなプレッシャーがあったと思いますが、自分のやることに集中してチームでやることを整理し、選手個々の勝負強さを感じましたし、チーム自体の勝負強さに繋がると思っています」 「素晴らしい選手たちですが、18人に絞り込んでいくことは心を込めてやろうと思いますし、選ばれた18人だけでなく、ここにいる23名、特に今年に入って活動に参加した選手全員でオリンピックに向かおうと思います」 今回の合宿には4月から若干メンバーを変えて臨んだなでしこジャパン。この活動で得た成果については「グラウンドレベルの日本の戦い方、なでしこの戦術的な部分に関しては、みんな頭の中は整理されていて、それを個人行動、集団行動の中で形にするという意味では、すごくレベルが上がったという印象です」とコメント。ピッチ上での成果には手応えを感じているようだ。 また「メンタル的な部分でも強いリーダーが出てきてほしいということを常日頃言っていますが、誰か1人ということだけでなく、チーム自体が、みんなが責任を持って動き出していると感じるので、その部分でも非常に頼もしさを感じますし、大会に入っていけば、自ずともっと研ぎ澄まされていくんじゃないかということで、期待は高いです」とし、精神面も成長が見らているようだ。 一方で課題については「もっとより個々のレベルが上がってくるチームに対して、試合の立ち上がりから含めて、いかに粘り強く戦えるかというところはちょっと未知数です」とし、格下相手の試合が続いたことで、メダル候補の強豪国との試合でどういったプレーになるかが見えないとコメント。それでも「そこはトレーニングのやり方の工夫で、なんとかしのいでいけるかなと思いながら、細部にわたって選手と様々な要素がありますが、粘り強く話をして、粘り強くトレーニングをして、オリンピックの舞台に立ちたいと思います」と、意識の面を高めて挑みたいと語った。 本来であれば1年前に開催されるはずだった東京オリンピック。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり1年間延期されたが、その結果メンバー入りの可能性が出てきた選手もいる。 この1年間の延期がもたらせたものについては「昨年から緊急事態宣言の期間であったり、それぞれがサッカーができない期間に、自分にとってのサッカーの大切さを感じたのは、選手だけでなく、私自身もそうです」と語り、「その中で年末から合宿をやってきたときに、新しいメンバーも入って、何かチームの風向きが変わったなと思います」と、選手が入れ替わった変化があるとした。 「1年前だったらいなかっただろうとう選手は1人、2人ではないので、世界中で起きているマイナスの要素ではありますけど、チームにとっては新しい選手の出現であったり、サッカーへの想いの確認ができたという点で、チームにパワーをもたらせられたかと思います」と語り、新戦力、そして選手個々がサッカーへの想いを強くしたことがプラスだと語った。 なでしこジャパンのメンバー発表は18日。その後本大会前のキャンプが当初の予定より早くスタートすることとなった。 その点については「とにかくケガをしないことが一番の強化だと思っています。トレーニングの強度を上げなければいけない反面、ケガをしたくないという矛盾があります」とケガは避けたいとコメント。また「合宿の日数が増えた経緯は、2月にアメリカ遠征に行けず、強豪国と対戦できないマイナスがありましたけど、メンバー発表した後に日数が取れるということは、今の時点でこれで良かったんじゃないかと思えるところに来ています。1日1日を大事にして強いチームにしていきたいと思います」と語り、チームが固まってから時間を取れることをポジティブに考えるとした。 現時点でケガなど、選考に影響を与える選手については「ケガを持っている選手はほとんどいませんし、プレーはしていますが、医学的に見るとあまり良くないという選手も実際はいる」と語り、全員が万全な状態ではないと明かした高倉監督。それでも「私も選手をやっていましたので、プレーできるケガがあって、その辺を選手のプレーを見て、できるだろうというのと、医学的見地からの所見とのせめぎ合いは正直あります」とし、ケガを考慮して選手を選ぶ可能性もあるとした。 ただ「全員オリンピックの開幕には万全で、ケガがなければという状態です。他の選手も含めて、総合的にケガ持ちの選手もいるので、厳しい戦いになるので、どこを厚くするかもケガに左右されることもあるので、そこを考える必要があります」と語り、18名の選考に対して、ケガのリスクも考える必要があるとコメント。「上手い順に18人という数値でもあればいいですが、そうでもないです。戦う集団にしたいですし、戦える選手を揃えたいと思います」と語り、メンバー選考に頭を悩ませることになるようだ。 2日後には運命のメンバー発表が控えるが、現時点の心境については「色々なことを考えますけど、その結果シンプルであるというものになるのではないかと思います」とコメント。「覚悟を決めて、18人を選びたいと思っています」と、強く語った。 ワールドカップの23名とオリンピックの18名については「大きく違う」と語った高倉監督。「23名も覚悟を持っていましたが、違うなと」と5人少ないことはかなり大きな影響があるようだ。 「色々な選手の想いや良さは日々触れてきたことなので、選手の頑張りや想いというのは、私自身は理解していると思っていますし、その上で厳しい決断と、軍を率いるじゃないですけど、大将としては負けない戦をするためのベストな布陣を選びたいです」と、しっかりと勝てる、そして戦える18名にしたいと語った。 その18名については「正直ゼロではない」とある程度構想があるとしながらも、「1人、2人のところではどういう考えで決断するかというところで変わってくるところではあると思います」と語り、「スタッフと話を少しして、決断していくことになると思います」とまだ迷っている状況だという。 それでも、高倉監督が求めるのは戦える選手。ただ、それもここまでの活動で芽生えているとし、「昨日今日で生まれるものではなく、種を植えて芽が出るように、選手たちは戦う覚悟を持ち始めたように、明らかに変わったと思います」と、選手たちからも覚悟を感じるという。 またバックアップのメンバーについても「18人決定した段階で、それによってバックアップメンバーも変わってくる」とコメント。「私も含め、スタッフ含め、知恵を出し合ってディスカッションは進めてきているので、最後のピースをハメた時点でバックアップメンバーの4人もちょっと変化があると思います」とし、選出された18人によって4人のバックアップメンバーが決まるとした。なお、トレーニングメンバーについては「コロナ禍でバブルを作らないといけないので、トレーニングパートナーは以前は考えていたんですが、今は難しいと聞いています」とし、バックアップメンバーがトレーニングメンバーを兼ねることになりそうだ。 なでしこジャパンの東京オリンピックメンバーは18日(金)に発表される。 2021.06.16 14:20 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪に臨むなでしこジャパン18名を予想! メンバー発表は6月18日

18日に来る東京オリンピックへ向けてのメンバー発表が行われるなでしこジャパン。日本サッカー協会(JFA)の発表に先立ち、超ワールドサッカーが独自にメンバーを予想してみた。 2011年のドイツ女子ワールドカップ(W杯)優勝からちょうど10年。この10年間では、2012年のロンドン・オリンピックで銀メダル、2015年のカナダ女子W杯で2位と一定の結果を残したが、2016年のリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックは予選で敗れまさかの不出場と悔しい思いをした。 佐々木則夫監督から引き継いだ高倉麻子監督は、自国開催となる東京オリンピックでの金メダル獲得に向けてチームを改革。2019年のフランス女子W杯ではベスト16で終わった中、その後も東京オリンピックに向けて合宿や親善試合を重ね、18名を選ぶこととなった。 ◆東京五輪メンバー予想 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/nadeshiko20210616_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK 池田咲紀子(28/三菱重工浦和レッズレディース) 山下杏也加(25/INAC神戸レオネッサ) GKは2名。おそらくこの2人が選ばれるだろう。 GKは山下、池田の2人が固い。高倉体制の発足から一貫して招集され続けており、異論はないだろう。 山下はフィード、シュートストップともに優れており、9月に開幕するWEリーグのプレシーズンマッチでも4試合無失点(1試合は77分に交代)。特に、一対一や決定機など、やられたと思うような場面でチームを救うセーブを見せていた。 池田もビルドアップには自信を持つGKだ。自身も課題と認める通り、シュートストップの面では山下が上回るかもしれないが、つなぎの点では引けを取らない。 18枠では第3GKを置かないであろうことを考えると、平尾知佳(24/アルビレックス新潟レディース)、松本真未子(23/マイナビ仙台レディース)、先日の負傷度合によってスタンボー華(22/大宮アルディージャVENTUS)がバックアップを務めると思われる。 <span class="paragraph-title">◆DF:実績かユーティリティ性か</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/nadeshiko20210616_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 鮫島彩(33/大宮アルディージャVENTUS) 熊谷紗希(30/バイエルン/ドイツ) 清水梨紗(25/日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 南萌華(22/三菱重工浦和レッズレディース) 宝田沙織(21/ワシントン・スピリット/アメリカ) 6月の2試合でいずれも先発起用された清水、熊谷は当確と考えられる。CBの相方は南、宝田が務めると予想。いずれも高さ、フィード能力ともに兼ね備えており、ローテーションやサスペンションの可能性を踏まえると、2人とも選出されると予想する。 土光真代(25/日テレ・東京ヴェルディベレーザ)は復帰して間もなく、三宅史織(25/INAC神戸レオネッサ)も定期的に招集されていたが、定位置を確保しているとは言い難い。 高倉麻子監督の「(6月の)23名の中から18名を選ぶとは言い切れません」とのコメントを信じ、6月の活動には招集されなかった鮫島も選ばれると予想する。WEリーグ勢ではサンフレッチェ広島レジーナの木﨑あおい(23)や代表歴のある万屋美穂(24/マイナビ仙台レディース)も好調だが、連係面での不安が残る。 守備力だけを考えれば宮川麻都(23/日テレ・東京ヴェルディベレーザ)、ユーティリティ性では高橋はな(21/三菱重工浦和レッズレディース)もありそうだが、決め手を欠いている印象だ。 <span class="paragraph-title">◆MF:日本の核となる部分。最も候補は多いが…</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/nadeshiko20210616_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> MF 中島依美(30/INAC神戸レオネッサ) 長谷川唯(24/ミラン/イタリア) 杉田妃和(24/INAC神戸レオネッサ) 三浦成美(23/日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 林穂之香(23/AIKフットボール/スウェーデン) 北村菜々美(21/日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 木下桃香(18/日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 高倉体制として最も多くの試合に出場している中島は外せない。相方には三浦と林をピックアップした。展開力もボール奪取能力もあり、センターバックと同じ理由で2人とも選出されると予想する。2列目の右が悩みどころだが、実績を買うならFWの項に挙げた籾木結花(OLレイン/アメリカ)か。 ボランチとサイドハーフのローテーションメンバーとしては杉田が欲しい。メキシコ戦の残り10分やINACで最前線もこなしているので、FWの位置に置くこともできる。 ビハインド時、相手に引かれた際にどうやって攻略するのかを想像した際に、パワープレーではなく省スペースでも崩していくと予想。その中で、コンビネーションで崩せる選手を増やしたいと思うなら、塩越柚歩(23/三菱重工浦和レッズレディース)か木下だ。2人とも6月はアピールに成功し、悩ましいがサプライズの意味を込めて木下とする。 そして左サイドバックとして起用されるであろう北村菜々美(21/日テレ・東京ヴェルディベレーザ)を推したい。最終ライン・中盤の両サイドをこなせるので、手薄い右サイドバックのセカンドチョイスとしても有用と思われる。 <span class="paragraph-title">◆FW:途中出場時の切り札は欲しい</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/nadeshiko20210616_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> FW 菅澤優衣香(30/三菱重工浦和レッズレディース) 岩渕真奈(28/アーセナル/イングランド) 籾木結花(25/OLレイン/アメリカ) 遠藤純(21/日テレ・東京ヴェルディベレーザ) エースの岩渕は当確。パートナーは菅澤がファーストチョイスと予想する。ポストプレーヤーとしてはもちろん、立ち位置やゴールセンスで相手の目線を岩渕からそらすのがうまい。もちろん自身に点を取る意識があるからこそ、それが成り立っている。 こう着状態のときにアクセントを付けられるのは間違いなく遠藤だ。6月の2戦では途中出場ながら明確な結果を残し、ジョーカーとしては最有力。競った試合で1点が欲しいときにもこのドリブルは有効になるはずだ。 純粋なFWがもう1人欲しいと思えば田中美南(27/レバークーゼン/ドイツ)。その場合はMF陣を一人削る必要があり、木下でなく田中の選択がむしろ一般的に思われるかもしれない。2019年の女子ワールドカップ(W杯)の落選もあるだけに、心情としてはピッチに立ってほしいところだ。 ストライカーとしては小林里歌子(23/日テレ・東京ヴェルディベレーザ)や1.5列目にはなるがマイナビ仙台レディースに移籍してトップ下で輝く宮澤ひなた(21)が、実力も招集歴もあり面白い選手だ。 <span class="paragraph-title">◆バックアップメンバー</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/nadeshiko20210616_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK平尾知佳(24/アルビレックス新潟レディース) DF宮川麻都(23/日テレ・東京ヴェルディベレーザ) FW宮澤ひなた(21/マイナビ仙台レディース) FW田中美南(27/レバークーゼン/ドイツ) 18人という枠はあまりにも少な過ぎる。高倉監督も非常に悩ましい選考になるのは間違いないだろう。ただ、誰が選ばれたとしても、本大会では最良の結果を残せるよう、期待したい。18日(金)に運命が決まる。 2021.06.16 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、メキシコ女子戦もエース岩渕弾皮切りに5発快勝! 五輪メンバー発表へ《国際親善試合》

なでしこジャパンは13日、カンセキスタジアムとちぎで国際親善試合のメキシコ女子代表戦に臨み、5-1の勝利を収めた。 10日に行われたウクライナ女子代表戦との国際親善試合を8-0の快勝で飾ったなでしこ。メキシコ女子戦は今月下旬に予定する東京オリンピックメンバー発表前最後のアピール場となる。その一戦で[4-4-2]のシステムが用いられ、GK池田が最後尾を務め、最終ラインに清水、熊谷、南、宮川。2列目に籾木、林、中島、長谷川が並び、岩渕と田中が2トップを形成した。 そのなでしこは立ち上がりから攻撃の主導権を握り、7分に右サイド深くの岩渕が折り返したボールにボックス右の田中が右ポスト直撃の右足ダイレクトシュート。続く19分にも岩渕がスルーパスを出すと、最終ラインのスペースを抜け出した田中が右足でフィニッシュに持ち込み、チャンスを作るが、相手GKの正面を突く。 なかなかゴールを決められないなでしこは28分に熊谷のボールロストからカウンターを受け、相手の圧力を受け始めるが、エースが停滞感を吹き飛ばす。35分、林からパスを受けた岩渕が対峙する相手DFを巧みなフェイントで揺さぶり、右に切り込んだところで右足シュート。これがゴール右に決まり、前半のうちに先制した。 さらに、後半開始早々の46分に南のロングボールを受けた岩渕が左サイド深くから左足で折り返すと、ゴール前の田中が右足で押し込み、2-0に。その3分後に自陣左サイドから切り崩され、ゴンサレスにゴールを許したが、敵陣左サイドでFKのチャンスを獲得した54分に中島の素早いリスタートをボックス左で受けた岩渕の折り返しを中央の籾木が押し込み、突き放した。 その後、塩越、木下、杉田、遠藤を立て続けに入れ、システムも[4-3-3]に変更すると、その1分後に4点目。遠藤がボックス左に持ち込み、左足で折り返すと、ファーサイドで受けた木下が右足で代表初ゴールを決めた。続く81分には高橋、三浦も投入。87分には中島の浮き球パスを相手最終ラインの背後で受けた遠藤が右足でネットを揺らして、勝負を決した。 先制まで攻めあぐねたなでしこだが、終わってみれば東京五輪メンバー発表前最後の試合も5-1の快勝で飾っている。 なでしこジャパン 5-1 メキシコ女子代表 【なでしこ】 岩渕真奈(前35) 田中美南(後1) 籾木結花(後8) 木下桃香(後29) 遠藤純(後42) 【メキシコ女子】 ゴンサレス(後4) 2021.06.13 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

早めの来日で万全を期して臨むメキシコ女子代表モニカ・ベルガラ監督「日本をてこずらせるような試合運びを」

なでしこジャパンとの対戦を控えるメキシコ女子代表モニカ・ベルガラ監督が12日、前日記者会見に出席した。 13日にMS&ADカップ2021のなでしこジャパン戦に臨むメキシコ。ベルガラ監督自身は選手時代の2003年、2007年に女子ワールドカップ(W杯)予選大陸間プレーオフで日本との対戦経験がある。世代別の代表でも指揮官として対戦しており、日本については「非常にレジリエンス(不利な状況を盛り返す力)の高いチーム」という印象を持っているようだ。 メキシコは試合に先立ち7日に来日。心身ともにベストな状態で試合に臨みたいとのことから早めの日本入りを決めたようで、それが双方にとってメリットになると考えているようだ。なでしこジャパンの印象を含めて次のようにコメントしている。 「(なでしこジャパンは)プレーの中にも日本の文化が反映されている。選手たちは非常にリスペクトを持って規律を重視し、自らのプレースタイルに忠実に最初の1分から試合が終了するまで、忠実に戦うチームだという印象を持っています」 「非常に素晴らしいと思います。明日の試合では日本をてこずらせるような試合運びができればと思いますし、それが日本代表のオリンピックに向けての準備の役に立てばと思います」 「日本代表のプレーというのは非常にダイナミックでコンパクトなプレーが特徴的ですし、攻守の両面において非常にアグレッシブだという印象を受けています。メキシコ女子代表にもそういったところを取り入れていきたいと思いますし、日本にとって難しい試合展開を強いるように戦いたいと思います」 自身のチーム作りに関しては「すべての面において全員の選手たちで同じ方向を向いて、同じ言語で理解し合うこと」を大切にしていると述べたベルガラ監督。「それが目指すプレーモデルであり、13日の試合でも見られるだろう」と語った。 また、両チームのキーマンについて尋ねられると、特定の選手名を挙げることはせずにチームプレーを重視していることを強調。日本との試合でもチームとしてどう戦えるかに重きを置いているようだ。 「私が最も大事だと思うのは、日本もメキシコも同じだと思うんですけど、チームでのプレーといういことです。明日の試合でも守備であったり、攻撃の面で何人か目立つ選手が出てくることはあるでしょうけれど、やはり重要なのはチームプレー。攻撃を仕掛ける際もキーパーのところから攻撃は始まっていると私たちは考えますし、もし得点を決めることができれば、それは選手たち全員にとってのプレゼントであるという風に思います。おそらく日本もそういった考え方だと思いますので、明日もチームプレーを重視していきたいと思います」 2021.06.12 22:53 Sat
twitterfacebook
thumb

短い時間の中で結果を残したなでしこジャパンFW遠藤純「ゴールに直結するようなプレーを」

メキシコ女子代表とのMS&ADカップ2021を13日に控えるなでしこジャパンのFW遠藤純(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が12日、オンラインのメディア取材に応じた。 遠藤は10日のウクライナ代表戦で岩渕真奈(アーセナル)に代わって76分に途中出場を果たすと、終盤にはドリブル突破からのクロスで籾木結花(OLレイン)のゴールをお膳立て。短い時間の中で明確な結果を残したが、アピールとしてはまだまだ足りないと感じでいるようだ。 「短い時間の中でアシストできたり、自分自身のプレーを出せたというのは良かったかなと思うんですけど、もっとたくさん試合に出てチームの勝利に絡めたらいいなというのがこの前の試合の感想でした」 「攻撃的なポジションではあるので結果を残すというのはメンバーに残る上で重要だと思うんですけど、自分自身が結果を残すこともそうですし、この前の試合のように仲間に決めさせるよなクロスだったりとか、自分が仕掛けた中でゴールに直結するようなプレーをたくさん出していって、18人の少ないメンバーの中に食い込みたいなと思うので、明日頑張りたいなと思います」 さらに、ゴールへの積極性はこれまで以上に意識しながら、その中でも決定力をあげていく必要があると語った。 「個人としてもチームとしてもゴールに向かう意識が強くなったし、去年以上に果敢に攻めることが増えたので、最後決め切るというところはチームとして課題がたくさんあったので、自分自身もしっかり決め切ってチームが勝つために自分ができることを一生懸命やろうと思います」 2021.06.12 22:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly