綺麗に味方を削ってしまう…“誤爆”スライディングタックルにファン注目

2021.04.09 19:46 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールドが散々な目にあった。

ハダースフィールドは6日、チャンピオンシップ第40節でノリッジと対戦したものの、フィンランド代表FWテーム・プッキにハットトリックを決められるなど、リーグ首位を走る相手に7-0の大敗を喫した。

この試合ではハダースフィールドの低調ぶりを象徴するようなシーンがあった。ノリッジのU-21イングランド代表DFマックス・アーロンズが右サイドでボールを持つと、ハダースフィールドのMFルイス・オブライエンが対峙する。

アーロンズが中に切れ込んできたところをカバーに来たMFデュエイン・ホームズがスライディングタックルでボールを奪おうとするも、アーロンズが直前のところでかわし、タックルの矛先はまさかのオブライエンへ。味方からの不意打ちを食らったオブライエンは1回転してしまった。

サッカーではたまにあるシーンだが、ノリッジの公式インスタグラムは、アーロンズに脚光を当てる形でこの場面を投稿。しかし、ファンからはアーロンズを称賛する声だけでなく、ハダースフィールドのミスに着目して「やめてあげて」「全員ダウンした」「オーマイガー」といった声も上がっており、思わぬところで恥をかいてしまった。



1 2
関連ニュース
thumb

「一体何が?」「プスカシュ賞をあげよう」英2部で起こった若きGKの珍プレーが話題に

チャンピオンシップ(イングランド2部)の試合で理解しがたいゴールが生まれた。 そのプレーが起きたのは14日に行われたハダースフィールドvsフルアムの一戦。試合開始9分のプレーだ。 ハダースフィールドのMFソーバ・トーマスがハーフウェイライン付近でパスの出しどころが無く、大きくバックパス。GKにロングボールを送った。 しかし、このバックパスがかなりアバウトになり、ラインを割りそうに。しかし、GKライアン・スコフィールドが何とかギリギリで胸トラップ。これをダイレクトで前に蹴り出した。 クリアをしたかったものの、そこにいたのは味方ではなくフルアムのセルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチ。突然来たボールに突如反応したミトロビッチはスライディング。何とか足に当てたボールは、そのままゴールへと吸い込まれたのだ。 すでにゴールラインを割っていたのではないかという見方もある一方で、CKを嫌った結果、失点という落ち着いた処理を最後まで行えなかったことには「一体何が起きたんだ?」というコメントが多発。中には「プスカシュ賞をあげましょう」や「これぞチャンピオンシップ」といった皮肉めいたコメントも多発していた。 失態を犯したスコフィールドは21歳の若き守護神。試合の立ち上がりで相手のチャンスを阻もうと努力したことが裏目に出てしまったが、これからもチャレンジは忘れないで欲しいものだ。 なお、この失点が影響したのかは定かではないが、試合はフルアムが1-5で大勝を収めた。 <span class="paragraph-title">【動画】GKの謎すぎるプレーでまさかの失点</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What happened here?!<br><br>ICYMI, this is how Fulham&#39;s Aleksandar Mitrovic opened the scoring nine minutes into their 5-1 win over Huddersfield earlier today... <a href="https://t.co/9hsNvncxQw">pic.twitter.com/9hsNvncxQw</a></p>&mdash; Sky Sports Football (@SkyFootball) <a href="https://twitter.com/SkyFootball/status/1426639291065765893?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.17 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

元アーセナルのFWヤヤ・サノゴが英2部ハダースフィールドにフリー加入

ハダースフィールドは24日、フランス人FWヤヤ・サノゴ(28)の加入を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 194cmの大型ストライカーのヤヤ・サノゴは、2013年にオセールからアーセナル入り。だが、トップチーム定着には至らず、クリスタル・パレスやアヤックス、チャールトンへの武者修行を繰り返した。 そして、2017年にアーセナルとの契約終了に伴い、母国のトゥールーズでプレー。在籍3年間で公式戦72試合16ゴールの数字を残したが、昨夏に契約が終了していた。 その後、半年以上のフリー期間を経てチャンピオンシップ(イングランド2部)で19位に低迷するハダースフィールドに短期契約で加入することになった。 2021.02.25 04:24 Thu
twitterfacebook
thumb

フルアムが元オランダ代表DFコンゴロを完全移籍で獲得、昨季はレンタルでプレー

昇格組のフルアムは16日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールドに所属する元オランダ代表DFテレンス・コンゴロ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2014年夏までの4年間で、1年間の延長オプション付き。移籍金は非公開とされているが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると400万ポンド(約5億4500万円)にボーナスが加わるとのことだ。 コンゴロはフェイエノールトのアカデミー出身で、2012年7月にファーストチーム昇格。2017年7月にモナコへ完全移籍すると、公式戦6試合の出場に留まり、2018年1月からハダースフィールドへレンタル移籍。同年7月に完全移籍していた。 ハダースフィールドでは公式戦60試合に出場し1ゴール2アシスト。プレミアリーグでは45試合に出場していたが、今年1月からはフルアムへとレンタル移籍すると、ケガの影響もあり2試合の出場に終わっていた。 また、世代別のオランダ代表を経験しており、A代表では4試合に出場。20歳ながら3位に輝いた2014年のブラジル・ワールドカップのメンバーに選ばれ、グループステージ第3節のチリ代表戦の終盤に出場していた。 コンゴロはフルアムへの復帰について「本当に幸せだ。久しぶりに1日中待った。最終的にフルアムでプレーできるようになったんだ。僕はここに居ることを誇りに思うし、クラブのために全てを捧げます」とコメントした。 2020.10.17 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

昇格組WBAがハダースフィールドのFWグラントを獲得、6年契約を締結

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)は15日、ハダースフィールドからイングランド人FWカーラン・グラント(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金は非公開とされているが、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば約1500万ポンド(約20億4000万円)で合意したとのことだ。なお、契約期間は6年間となる。 グラントはチャールトンの下部組織出身で、2019年1月にハダースフィールドへ完全移籍。加入1年目の2018-19シーズンはプレミアリーグで13試合に出場し4ゴール1アシストを記録。2019-20シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で43試合に出場し19ゴール4アシストを記録していた。 昇格組のWBAは、ここまでプレミアリーグで4試合を戦い1分け3敗と勝利がない状況だ。 U-18イングランド代表歴もあるグラントについてテクニカル・ディレクター兼スポーツ・ディレクターのルーク・ダウリング氏は「我々はカーランの成長を長い間追跡してきた。彼は夏の移籍ウインドーが開くかなり前からターゲットだった」と予てから狙っていたとコメント。「この移籍期間、我々は主に長期契約でクラブにコミットしている才能ある若い選手を連れてくることに焦点を当ててきた」と才能ある若手の獲得を喜んだ。 2020.10.16 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドGKジョエル・ペレイラ、新シーズンもレンタル 英2部ハダースフィールド入りが決定

マンチェスター・ユナイテッドに所属するGKジョエル・ペレイラ(24)のレンタル移籍が決定した。移籍先はチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のハダースフィールド。シーズンローンでの加入となる。 世代別のポルトガル代表歴を持つジョエル・ペレイラは2012年にユナイテッド下部組織入り。2017年にトップチームデビューした。しかし、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアという高い壁がそびえ立つユナイテッドで出番に恵まれず、レンタル移籍で実戦機会を積む日々が続いている。 昨季のハーツ行きに続いて、新シーズンも武者修行が決定したジョエル・ペレイラはハダースフィールドの公式サイトを通じて、新天地でのプレーを心待ちにした。 「ここに来れてすごく嬉しい。始動が楽しみだ。ハダースフィールドについての電話をもらったとき、僕自身にとっても、自分の成長にとっても本当に良い移籍になると思った。チャンピオンシップは僕が注目していたリーグで、その一部になりたい。自分の成長と将来のためにも良いステップになる」 2020.08.30 13:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly