大敗を払拭しアウェイでの0-2快勝を喜ぶトゥヘル監督「立ち直ることが重要だった」

2021.04.08 11:02 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
【動画】ポルト戦後のトゥヘル監督記者会見

1 2
関連ニュース
thumb

プレミア第37節の日程が決定、熾烈な上位対決も

プレミアリーグ第37節の日程が大きく変更となった。 今シーズンも残すところ4節となったプレミアリーグ。一部クラブは未消化の日程がある中で、シーズンの佳境を迎えている。 優勝はほぼマンチェスター・シティが手中にしている中で、トップ4争い、そして来シーズンのヨーロッパリーグ出場権争いは加熱。最後まで目が離せない状況となっている。 一方で、残留争いに関してはシェフィールド・ユナイテッドがすでに降格決定。フルアム、WBAの降格圏の両チームも今週末に揃って降格が決定する可能性が高い。 そんな中、第37節の日程が大幅に変更。従来では15日に開催される予定だったが、第36節から観客を入れての開催を計画したために、後ろ倒し開催となり、その煽りを受けて第37節も後ろ倒しとなった。 ◆プレミアリーグ第37節日程 ・5月18日(火) 26:00 マンチェスター・ユナイテッド vs フルアム サウサンプトン vs リーズ・ユナイテッド 27:00 ブライトン&ホーヴ・アルビオン vs マンチェスター・シティ 28:15 チェルシー vs レスター・シティ ・5月19日(水) 26:00 エバートン vs ウォルバーハンプトン ニューカッスル vs シェフィールド・ユナイテッド トッテナム vs アストン・ビラ 27:00 クリスタル・パレス vs アーセナル 28:15 バーンリー vs リバプール WBA vs ウェストハム 2021.05.06 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

2季連続で決勝進出のチアゴ・シウバ「これはPSGに対するリベンジじゃない」

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝進出の喜びを語った。フランス『RMC Sport』が伝えている。 5日にCL準決勝のレアル・マドリー戦2ndレグに臨んだチェルシー。アウェイでの1stレグを1-1で終え、わずかながらアドバンテージを持っていた中、28分にFWティモ・ヴェルナーに待望のゴールが生まれて先制に成功する。これで2得点が必須となったマドリーは攻勢を強めたが、チェルシーは巧みに攻撃を跳ね返しながらカウンターで応戦していく。 そして迎えた85分、自陣でのルーズボールをさらったMFエンゴロ・カンテを起点に速攻を仕掛けると、ボックス右に持ち出したFWクリスチャン・プリシッチのクロスをMFメイソン・マウントが合わせて追加点。これで2試合合計3-1としたチェルシーがマドリーを退け、9シーズンぶりの決勝進出を決めた。 昨シーズンにパリ・サンジェルマン(PSG)を率いて決勝へ勝ち進んだトーマス・トゥヘル監督と共に、2年連続の決勝戦となるチアゴ・シウバは、昨季の悔しさを晴らし、悲願を達成できる機会を得られたことに喜びをあらわ。また、恩師の手腕を称賛し、チェルシーでファイナルを迎えた重要さを強調している。 「本当にタフな試合だった。苦しんだけど、後半は上手くコントロールできたよ。僕たちがお互いに言っていたことが全て実現できた。こんな素晴らしいパフォーマンスをしてくれた皆を祝福するよ」 「トゥヘルはピッチ上で良いプレーをすること、落ち着いてプレーすることなど、多くのことを教えてくれた。選手たちはそれをよく理解していたよ。良いサッカーをするためには、楽しまなければならない。皆とても若いからね。時々ミスをしたり、多くのゴールを逃したりしたけど、チームにはとても満足している。決勝戦の前にはしっかり休まないとね」 「トゥヘルとの関係は特別なものだ。PSGでは目標を達成することができず、僕にとってそれは本当に悲しいことだった。彼が来てから多くの事がガラリと変わったけど、僕たちは決勝進出に値すると思う。ここでは毎週末、チャンピオンズリーグのような試合があるから、結局それが良い準備につながっているのかもしれない」 「これはPSGに対するリベンジじゃない。彼らが契約延長しないという決断をしたのは悲しかったけど、最も大切なことは、ここでチェルシーと一緒にいることだ」 2021.05.06 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ハイパフォーマンスのカンテ、愛車のミニ・クーパーにサポーターから手荒い祝福を受ける

チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテがサポーターたちから手荒い祝福を受けた。イギリス『talksport』が伝えている。 5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦に先発フル出場したカンテは、1stレグに続くハイパフォーマンスでピッチを躍動し続け、9季ぶり3度目の決勝進出に大きな貢献をした。 その活躍はチェルシーのサポーターにも伝わっているようで、スタンフォード・ブリッジから愛車のミニ・クーパーで帰宅する際には、もみくちゃにされながら祝福された。 カンテが愛車を出そうとすると、多くの人々に囲まれ、一部のサポーターはシャンパンファイトを敢行。勝利の美酒を振り撒いた。 運転席から手を挙げてサポーターに反応していたカンテは、去り際にクラクションを連打してサポーターをさらに盛り上げることに。ピッチ内外でサポーターから愛され続けるカンテだが、この試合でさらに信頼を得たはずだ。 <span class="paragraph-title">【動画】カンテの愛車がもみくちゃにされる!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> Los aficionados del Chelsea se vuelven locos cuando el jugador de la eliminatoria abandona Stamford Bridge<br><br> Impresionante eliminatoria de Kanté<br><br> <a href="https://twitter.com/AlvarodeGrado?ref_src=twsrc%5Etfw">@AlvarodeGrado</a> <a href="https://t.co/SkY9iHDWsG">pic.twitter.com/SkY9iHDWsG</a></p>&mdash; El Larguero (@ellarguero) <a href="https://twitter.com/ellarguero/status/1390067448557281286?ref_src=twsrc%5Etfw">May 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.06 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

チアゴ・シウバ妻が批判していたヴェルナーに掌返し!「あなたは最高です!」

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバの妻、イザベルさんが、夫の同僚であるドイツ代表FWティモ・ヴェルナーへの評価を改めたようだ。イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている。 昨夏に推定5000万ユーロ(約65億円)の移籍金でRBライプツィヒからチェルシーへ加入したヴェルナー。ドイツではゴールを量産していたものの、イングランドでは一転、ここまで公式戦47試合でわずか12ゴールと、期待していたものとは大きく離れた成績となっている。 もちろん、アシストやPK獲得で貢献もしているが、それ以上に決定的なシーンをしばしば外してしまう姿が印象を悪くしてしまっていた。 そして4月にはイザベルさんが自身のインスタグラムで「これはもはやカルマ(業)ね。私の行く先々でゴールを外し続けるストライカーがいるのよ…。何て名前だっけ? ヴェルナー?」とコメントし、名指しで非難していた。 それでも、5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦に先発出場したヴェルナーは、1つ目の決定機は逸したものの、2つ目をモノに。貴重な先制点を奪い、9年ぶりの決勝進出にしっかりと貢献した。 すると、イザベルさんは再び自身のインスタグラムを更新。「ヴェルナーは素晴らしい。それが私が話したことです。あなたはゴールを決める方法を知っています。あなたは最高です、私の友達です!」と掌を返して、ドイツ人ストライカーをべた褒めした。 ゴールで新たなファンを獲得したヴェルナー。マンチェスター・シティとの決勝でもゴールへの期待が懸かる。 <span class="paragraph-title">【動画】イザベルさんが全力でヴェルナーをべた褒め!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Thiago Silva&#39;s wife <a href="https://twitter.com/bellesilva?ref_src=twsrc%5Etfw">@bellesilva</a> is Werner&#39;s new #1 fan <a href="https://t.co/K1gT9I4tV2">pic.twitter.com/K1gT9I4tV2</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1390058851165261826?ref_src=twsrc%5Etfw">May 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.06 12:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「何時間も待っているようだった」CLでは半年ぶりゴール、決勝進出に貢献したチェルシーFWヴェルナーがゴールを語る

チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが、レアル・マドリー戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 チェルシーは5日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでマドリーと対戦した。 アウェイでの1stレグで1-1の引き分けに終わっていたチェルシー。18分にはヴェルナーがゴールを奪うも、これはオフサイドで取り消されることに。しかし、28分にヴェルナーがゴールを決めて先制。後半にはメイソン・マウントが追加点を奪い、2-0で勝利。2戦合計3-1で決勝に駒を進めた。 ヴェルナーは『BT Sport』のインタビューに応じ、まずは勝利を喜び、試合を振り返った。 「たくさん祝った。最後の10分間は、僕たちはたくさん叫んでいたから、声が出なかったね」 「今日、僕たちがしたことは信じられないことだった。ボールをあまり持っていなかった。ボールコントロールやリズムは、あらゆるポジションにワールドクラスの選手がいるチームに対し、信じられないものを見せた。僕たちは若いけど、愚かではなく、簡単なミスもしない。今日はとても良かった」 また、自身のゴールについてもコメント。エンゴロ・カンテのパスを受けたカイ・ハヴァーツがループシュートを放つと、これがクロスバーに直撃。高く上がったボールをヴェルナーが無人のゴールへ押し込んだ。 ゴールシーンについてヴェルナーは「ボールが落ちてくるのを長い間待たなければいけなかった」とコメント。「ボールが来るまでに何時間も待っているように感じたけど、カイ(・ハヴァーツ)があの位置でカンテからのボールをバーに当てたので、僕にとっては簡単なゴールだった」と振り返った。 また、「今日僕たちに言えることの1つは、後半の早い段階で試合を決めることができたということだ。結局、レアル・マドリーと対戦するのは簡単ではないし、とても上手くやったと思う」と語り、後半に追加点を奪えたことが良かったと語った。 <span class="paragraph-title">【動画】チェルシーがマドリーを下し決勝進出! チェルシーvsレアル・マドリー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="j1bFIdxWee8";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.05.06 11:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly