副審がハーランドにサインを求める!持参のイエローカードを取り出し…

2021.04.07 12:26 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントでの類な稀なスコアラーぶりから今夏の去就が最も注目されるノルウェー代表FWアーリング・ハーランド。その人気は審判にまで波及しているようだ。ドルトムントは、6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでマンチェスター・シティと対戦。フル出場したハーランドはさすがの存在感を見せつけ、FWマルコ・ロイスのゴールをアシストした。


そんなハーランドだが、試合終了直後、ピッチからドレッシングルームに戻る際に、この試合を担当したオクタビアン・ソブレ副審からあるお願いを受けた。

ハーランドを呼び止めたソブレ副審は、他の選手もいる中でポケットから持参したイエローカードとペンを取り出し、なんとハーランドのサインを求めたのだ。『BTスポーツ』のカメラには、ハーランドがサインに応じる姿が映っていた。

『ESPN』によるとこれを知ったシティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、問題ないことだと擁護している。

「私は見ていないが、そう聞いた。彼はハーランドのファンなんだろう。なぜダメなんだ?審判たちは素晴らしく、試合は問題なかった。VARではPKではないと言われたし、ベリンガムは思ったより足を上げていた。審判は完璧だったよ」

1 2
関連ニュース
thumb

ベスト8敗退のドルトムント、テルジッチ監督がハンドの判定に苦言「シーズン前にハッキリと言われた」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、マンチェスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ドルトムントは14日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでシティと対戦。1stレグはアウェイで2-1と敗れており、ホームで逆転を目指すこととなった。 そのドルトムントは15分にジュード・ベリンガムのゴールが決まり先制。これで2戦合計2-2とし、アウェイゴール差でリードする形となる。 しかし、後半に微妙な判定のハンドでPKを与えると、リヤド・マフレズが決めて1-1となり、2戦合計2-3とシティがリード。75分にはフィル・フォーデンがダメ押しゴールを決めて、1-2となり、そのまま試合終了。ドルトムントはベスト8で敗退となった。 テルジッチ監督は試合を振り返り、最後の45分まではリードしていたため敗退を悔やむととともに、ハンドの判定について聞いていたことと違うと苦言を呈した。 「もちろん、我々はガッカリしている。4つのハーフで3つを終えた時点では我々はリードしていた」 「シティは両方の試合で素晴らしいプレーを見せ、当然のことながら次のラウンドに進んだ」 「しかし、重要なのは誰がより値するかではなく、誰が勝ち進むかだ」 「このような2つのゴールで次のラウンドを逃すのは腹立たしいことだ。シーズン前にハッキリと言われた。『ヘディングしたボールが自分の手に当たった場合は、ルール違反とはみなされない』とね」 「この7日間、レフェリーの判定では本当に運がなかった。この同点ゴールによって、我々は軌道修正を余儀なくされた」 「我々はできる限り試合を続けたかったし、長い間そうしていた。今、我々は水曜日にガッカリした。そして、明日からは蘇り、次の試合に向けた準備をする」 2021.04.15 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ドルトムント 1-2(AGG:2-4) マンチェスター・シティ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、ドルトムントvsマンチェスター・シティが14日に行われ、1-2でシティが勝利した。この結果、2戦合計スコアを2-4としたシティが準決勝進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ドルトムント採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210415_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 35 ヒッツ 5.5 2失点も好守を見せていた。フォーデンのシュートは相手を褒めるべき DF 2 モレイ 5.5 フォーデンの突破を制限。奮闘していた 16 アカンジ 6.0 冷静なプレーで守備を締める。惜しいヘディングシュートがあった 15 フンメルス 6.0 守備を統率。アカンジ同様に惜しいヘディングシュートが決まっていれば… 13 ラファエウ・ゲレイロ 5.5 マフレズをしっかりと監視 MF 22 ベリンガム 6.5 1stレグに続き躍動。高いキープ力、前線への絡みと質の高いプレーを連発。先制ゴールを奪った 23 ジャン 5.0 ゴールの起点となるフィードを供給も、やや厳しかったが痛恨のPK献上 8 ダフード 6.0 タイミング良くゴール前に絡んで攻撃にアクセントを付けた FW 36 クナウフ 5.5 1stレグに続く先発抜擢。守備面での規律を保った (→レイナ 5.0) 流れを変えるようなプレーはなかった 9 ハーランド 5.5 ゴールの起点になるも、シュートは1本に抑えられる 11 ロイス 5.5 プレースキック以外に見せ場は作れなかった 監督 テルジッチ 6.0 1stレグに続き質の高いパフォーマンスを見せたが、惜敗 ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210415_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 31 エデルソン 5.5 失点は仕方なくそれ以外に難しいシュートはなかった DF 2 ウォーカー 5.5 堅実な守備で勝利に貢献 5 ストーンズ 5.5 失点場面ではハーランドに起点を作られてしまったが、それ以外は無難だった 3 ルベン・ジアス 6.0 さすがの安定感で自身のエリアをやられることはなかった 11 ジンチェンコ 5.5 攻守にそつのないプレーぶり MF 20 ベルナルド・シウバ 6.0 高い位置を取ってデ・ブライネをサポート。守備面も相変わらず献身的 16 ロドリ 6.0 ポゼッション時の安定感はさすが 8 ギュンドアン 5.0 ベリンガムとのマッチアップで劣勢に。イライラを募らせる FW 26 マフレズ 6.0 全体的には凡庸もPKで貴重な勝ち越し弾 17 デ・ブライネ 6.5 最前線でのプレー。ドルトムントの脅威となるプレーをコンスタントに続けた 47 フォーデン 7.0 攻守に力強くプレー。質の高いパフォーマンスを続け、2点に絡む 監督 グアルディオラ 6.0 前半はヤキモキしたが、フォーデンの活躍に助けられる ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! フォーデン(マンチェスター・シティ) ベリンガムと共にイングランドの次代を担う逸材が輝きを放った。パンチ力あるシュートでシティを準決勝に導く。 ドルトムント 1-2 マンチェスター・シティ 【ドルトムント】 ベリンガム(前15) 【マンチェスター・シティ】 マフレズ(後10)【PK】 フォーデン(後30) ※2戦合計スコア2-4でシティがベスト4進出 2021.04.15 05:53 Thu
twitterfacebook
thumb

フォーデン躍動のシティが鬼門突破で5季ぶり2度目のベスト4進出、ベリンガム活躍のドルトムントは善戦虚しく敗退《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、ドルトムントvsマンチェスター・シティが14日に行われ、1-2でシティが勝利した。この結果、2戦合計スコアを2-4としたシティが準決勝進出を決めている。 敵地での1stレグを1-2と惜敗したドルトムントは、1-0の勝利でも突破となる中、1stレグと同様のスタメンで挑んだ。 一方、引き分けでも突破となるシティは5季ぶりのベスト4進出を目指す中、1stレグのスタメンからカンセロに代えてジンチェンコのみを変更した。 [4-5-1]の守備ブロックを自陣に作るドルトムントに対し、最前線にデ・ブライネを配置したシティが立ち上がりからボールを握る展開となる。 そんな中15分、集中した入りを見せていたドルトムントが先制する。ハーランドがロングボールを収めた流れからダフードがシュートに持ち込むと、DFに当たってルーズとなったボールを拾ったボックス中央のベリンガムがゴール右上にコントロールシュートを決めきった。 さらに18分、左CKからアカンジのヘディングシュートが枠を捉えたドルトムントがシティにプレッシャーをかける中、シティは25分に同点のチャンス。モレイからボールを奪ったデ・ブライネがボックス左からバー直撃のシュートを浴びせた。 前半半ば以降もシティが押し込む流れが続いたが、集中した守備を見せたドルトムントがリードを保ったまま前半を終えた。 迎えた後半もシティが圧力をかける展開が続くと、52分にPKを獲得する。左サイドからフォーデンの入れたクロスがクリアにかかったボックス内のジャンの腕に当たった。このPKをマフレズが決めてシティが2戦合計スコアで上回った。 このまま行けばシティが勝ち抜けとなる中、ドルトムントを自陣に張りつけながら時間を進めていく。 対するドルトムントはクナウフに代えてレイナを投入し、ギアチェンジを図りにかかると直後の69分にFKからフンメルスが際どいヘディングシュートを浴びせた。 それでも74分、デ・ブライネがドリブルシュートでゴールに迫ったシティが直後に勝負を決定付ける。ショートコーナーを受けたボックス手前右のフォーデンが強烈なシュートでゴール右隅を射抜いた。 3点が必要となったドルトムントはモレイを削って長身FWのティゲスを投入。しかし終盤にかけてはシティが試合をコントロールし、2-1のまま勝利。2連勝として鬼門となっていた準々決勝を突破したシティが5季ぶり2度目となる準決勝進出を果たしている。 2021.04.15 05:52 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】善戦ドルトの逆転か、シティが順当に5季ぶりベスト4か《ドルトムントvsマンチェスター・シティ》

チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、ドルトムントvsマンチェスター・シティが14日28:00にジグナル・イドゥナ・パルクでキックオフされる。1週間前に行われた1stレグではシティが2-1と競り勝ち、5季ぶりのベスト4進出に近づいた一戦だ。 シティ優位と見られたマッチアップだったが、ほぼ互角の好試合を演じ、一時は1-1と追い付く善戦を見せたドルトムント。最終的には敗れたものの、2ndレグでは1-0の勝利でも突破となる条件でホームに戻ってくることに成功した。そのドルトムントは直近のシュツットガルト戦ではシティ戦でキャリア初先発となったMFクナウフのプロ初弾で3-2と競り勝ち、良い流れでシティとの再戦を迎えている。 一方、ドルトムントの善戦に遭いながらも成長著しいMFフォーデン弾で先勝としたシティは引き分けでも突破となる条件。そのシティは直近のリーズ戦では相手に退場者が出たものの1-2と敗れ、約1カ月ぶりの黒星を喫してしまった。それでも、プレミアリーグ独走中のシティにケガ人、出場停止者はおらず、万全の状態で4強入りを目指す。 <div style="text-align:center;">◆ドルトムント◆ 【4-3-3】</div> ▽ドルトムント予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210413_31_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ヒッツ DF:モレイ、アカンジ、フンメルス、ラファエウ・ゲレイロ MF:ベリンガム、ジャン、ダフード FW:クナウフ、ハーランド、ロイス 負傷者: DFザガドゥ、シュメルツァー、MFヴィツェル、サンチョ、FWムココ 出場停止者:なし 1stレグに続き、ハムストリングを痛めているサンチョの欠場が決まった。1stレグで好パフォーマンスを見せたスタメンをいじる可能性は低そうだ。変更があるとすれば、クナウフの所にレイナが起用される可能性がある。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・シティ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210413_31_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:エデルソン DF:ウォーカー、ストーンズ、ルベン・ジアス、カンセロ MF:デ・ブライネ、ロドリ、ギュンドアン FW:フォーデン、ベルナルド・シウバ、スターリング 負傷者:なし 出場停止者:なし 1stレグに続きシティには負傷者も出場停止者もいない万全の状態。スターリングではなく1stレグ同様マフレズが起用された場合はフォーデンが左に回るものとみられる。 ★注目選手 ◆ドルトムント:MFマルコ・ロイス <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210413_31_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ハーランドはもちろん注目だが、彼に続く得点源としてロイスに期待したい。シーズン前半戦は不調だったロイスだが、ここに来て調子を取り戻しており、ゴールに絡む本来のパフォーマンスが見られている。ハーランドに集中する徹底マークを軽減するためにも1stレグに続く主将のゴールが欠かせない。 ◆マンチェスター・シティ:DFルベン・ジアス <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210413_31_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 対するシティの注目選手には守備の要であるルベン・ジアスを挙げたい。1stレグでもハーランドとの重量級マッチアップは見応え十分だったが、2ndレグでもハーランドを抑え込むことが突破を決める上での最重要課題となる。一瞬の隙も見逃してくれないハーランドを相手に守備のスペシャリストであるルベン・ジアスがいかような対応を見せるかに注目だ。 2021.04.14 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ギュンドアンが古巣のエース、ハーランドを厳重警戒「桁違い」

マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出を誓っている。UEFAが試合前のコメントを伝えた。 準々決勝でドルトムントが相手となったシティは、6日に行われた1stレグはMFケビン・デ・ブライネとMFフィル・フォーデンのゴールで2-1で先勝。14日のアウェイでの2ndレグに向けて有利な状況となっている。 そんなシティが最も警戒すべき選手は、弱冠20歳でゴールを量産するノルウェー代表FWアーリング・ハーランド。1stレグでは沈黙させることに成功したが、ギュンドアンは古巣のエースを最大限に警戒している。 「彼は素晴らしい才能を持ったエキサイティングな選手だ。たくさん点を取るし、強くて速い。決断力もあるね。スペースへ侵入し、時に相手にダメージを与える。どんなチームにとっても脅威となる選手だ」 「事実、国内リーグでもヨーロッパの舞台でも彼の成績は桁違いだ。信じられないよ。それにまだ非常に若く、素晴らしい未来が待っている。彼のことを詳しく知っているわけではないけど、トップへ登るための正しい考え方を持っているみたいだね」 ギュンドアンはまた、準決勝進出、ひいては決勝戦や優勝へ到達することが重要であると強調。CLの舞台では、シティがここ数年で目立った成績を収められていないことを引き合いにし、内に秘めた感情を滲ませた。 「僕にとっては次のステップに進むことが重要だ。ここ数年の経験だけでなく、僕自身やチームメイトの経験値からそう言っているんだ。僕たちは素晴らしいチームで、準決勝に進む力があると信じているよ」 「ここ数シーズンでは、もっと早くここまで来られたはずだ。だけど何かが足りず、個人的なミスが致命傷になってしまった。厳しい大会だよ」 2021.04.14 16:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly