レンジャーズ、10シーズンぶり優勝に導いた主将DFタヴェルニエと契約延長! 右SBながら今季17G15A

2021.04.07 00:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レンジャーズは6日、イングランド人DFジェームズ・タヴェルニエ(29)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。ニューカッスルでプロキャリアをスタートしたタヴェルニエは、イングランド下部カテゴリーへの複数レンタル移籍、ウィガンを経て2015年にレンジャーズへ完全移籍で加入。

以降は右サイドバックながら卓越した右足のキック精度を武器に、プレーキッカーとして存在感を放ち、公式戦284試合で63ゴールを挙げる見事な活躍を披露している。


とりわけ、今シーズンは公式戦41試合で17ゴール15アシストと圧巻のスタッツを叩き出し、キャプテンとして10シーズンぶり55回目となるスコティッシュ・プレミアシップ制覇に大きく貢献した。

今回、レンジャーズとの契約を新たに2年間延長したタヴェルニエは、愛するクラブへの忠誠を改めて誓っている。

「この素晴らしいクラブとの契約を延長できることを嬉しく思うよ。6年前に到着してすぐに、このクラブがいかに大きなクラブであるかを実感したんだ」

「レンジャーズのキャプテンとして歴史的な55回目のタイトルを獲得したことは、僕にとって永遠の思い出になるよ。世界的に有名なロイヤルブルーを身につけることは特権であり、もちろん名誉なことだけど、キャプテンの腕章が加わることで、それはさらに特別なものになるんだ」

「クラブ創設150周年を迎えるにあたり、レンジャーズの価値観を維持するために、やるべきことがたくさんあることをみんなが心に留めているよ」

「プレーヤーとしてもキャプテンとしても、そして以前よりも高い水準を維持するために、これからも努力していきたい。“55”は旅の終わりではなく、始まりに過ぎないのだからね」
関連ニュース
thumb

無敗優勝レンジャーズ、指揮官ジェラード「選手たちのことが非常に誇らしい」

レンジャーズを率いるスティーブン・ジェラード監督が無敗優勝を誇った。 スコティッシュ・プレミアリーグ第31節のダンディー・ユナイテッド戦を0-0で引き分け、10シーズンぶり55回目の優勝を決めたレンジャーズ。15日に最終節が行われ、アバディーンと対戦した。 試合はレンジャーズ優勢のペースで進み、元イングランド代表FWFWジャーメイン・デフォーがゴールを挙げるなど、4-0で快勝。見事に今季を28勝5分けの無敗優勝で締めくくった。 2016-17シーズンのブレンダン・ロジャーズ氏が率いるセルティック以来の偉業を成し遂げたジェラード監督はクラブ公式チャンネルのインタビューで喜びの心境を語っている。 「選手たちのことが非常に誇らしい。彼らはプレシーズンの初日から本当にセンセーショナルだった」 「今後、数日から数週間のうちに今季を分析したり、振り返るだろう。今季の選手たちが残したクリーンシート、勝ち点、そして個々の数字は素晴らしいものだった」 「常に順風満帆というわけじゃなく、苦悩や挫折もあったが、それらから学び、成長して、前に進む限り、成し遂げられると信じている。決して信念を失ったりなんてしない」 2021.05.16 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

王者レンジャーズが来季に向けた新戦力補強! ベルギーで今季13ゴールのFW獲得

レンジャーズは4日、K.V.オーステンデからザンビア代表FWファッション・サカラ(24)をフリートランスファーでの加入に際してプレ合意に至ったことを発表した。 同選手はオーステンデとの契約満了後にイギリスの労働許可証を取得した後、4年契約にサインする予定だ。 母国のエンチャンガ・レンジャーズでキャリアをスタートしたサカラは、スパルタク・モスクワを経て2018年にオーステンデに完全移籍。身体能力に優れた178cmのストライカーは、今シーズンのジュピラー・プロリーグで28試合13ゴール3アシストの数字を残していた。 なお、今シーズンのスコティッシュ・プレミアリーグを圧倒的な強さで制したレンジャーズにとってサカラは、新シーズンに向けた最初の補強選手となった。 2021.05.05 01:10 Wed
twitterfacebook
thumb

レンジャーズ指揮官ジェラード、クロップからのアドバイス明かす「できるだけバランスを取るようにと…」

スティーブン・ジェラード監督は、レンジャーズの監督に就任する際にリバプールのユルゲン・クロップ監督からアドバイスを貰っていたようだ。 2018年夏にレンジャーズの監督に就任し、今年で3シーズン目を迎えているジェラード監督。今季は長年のライバルであるセルティックのリーグ9連覇を阻み、チームに10シーズンぶりとなるリーグタイトルをもたらしていた。 そんなジェラード監督は、自らが現役時代に長年プレーしたリバプールで現在指揮官を務めるクロップ監督から、指導者としてのキャリアを始める際に貰ったアドバイスがあるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 「私がここで監督に就任する前、ユルゲン(・クロップ)とマネジメントについて話したことを覚えている。 どんな重要なことを教えてくれるのか、私が前に進むためにあなたから何を得られるのかと、彼に聞いた」 「彼はいつだって、できる限りバランスをとるようにと言っていた。彼がなぜそう言ったのか、今ならはっきりと分かる」 「なぜなら、この旅はあちこちと私を連れて行き、信じられないような気持ちにさせてくれる一方で、私を打ちのめすこともあるからだ」 また、リーグ優勝については「我々が成し遂げたことを非常に誇りに思う。しかし、それと同時に、自分自身をリセットしたい。このチームをできる限り強く、競争力のあるものにしていきたいし、そのために必要なことは、何でもやっていくつもりだ」とコメント。タイトル獲得を喜ぶと同時に、更なるチーム強化に意欲を見せた。 「私はこのクラブに関わる誰よりも野心的だ。私はチャレンジし、このクラブにチャンピオンズリーグの出場権を与えた。そして、人生を捧げてタイトルを守りたいと思っている。カップ戦の件は、私が納得しているものではない」 「成功のチャンスを得て、プレシーズンに戻ってきたいと思う。それが全てだ。経営陣がそれをサポートしてくれると期待し、再び出発する」 2021.05.04 18:26 Tue
twitterfacebook
thumb

ジェラードがアーセナルに感謝&称賛、スラビア・プラハ撃破に「パフォーマンスを見て、本当に誇りに思った」

レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、アーセナルに感謝の言葉を述べた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 アーセナルは、15日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでスラビア・プラハとアウェイで対戦。0-4で快勝を収め、2戦合計1-5で準決勝進出を決めた。 高いパフォーマンスを見せたアーセナルだったが、思わぬところから感謝と称賛の言葉を受けることとなった。 ジェラード監督率いるレンジャーズも今季のELに出場。ラウンド16で、アーセナルが下したスラビア・プラハと対戦した。 しかし、その試合でレンジャーズのシエラレオネにルーツを持つレンジャーズのフィンランド代表MFグレン・カマラに対し、スラビア・プラハのチェコ代表DFオンドレイ・クデラが人種差別発言をし、大きな騒動に。すると、欧州サッカー連盟(UEFA)は14日にクデラに対して、UEFA主催試合10試合の出場停止処分を下していた。 この件もあってか、スラビア・プラハの選手たちはキックオフ前に肩を組んで整列したが、アーセナルの選手たちはキャプテンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットを先頭に、全員がひざまずき、人種差別への反対を示していた。 試合の快勝、そしてアーセナルの選手たちの行動を見たというジェラード監督は、記者会見でアーセナルに対して感謝と称賛の言葉を贈った。 「私は試合の全てが好きだった。アーセナルのパフォーマンス、そしてそのやり方が大好きだ。試合前、試合中、試合後に彼らが見せたアプローチを称賛したい。グレンも同じ気持ちだろう」 「昨夜のアーセナルのパフォーマンスを見て、本当に誇りに思った。試合の準備の方法、監督の話し方、選手の試合前、試合中、試合後の振る舞い、そしてそれを裏付けるあのレベルのパフォーマンス。私はそこに座って、そのパフォーマンスを心から楽しんだ。センセーショナルだと思った」 アーセナルの選手たちの行動は、クラブや監督が行わせた訳ではなく、選手たちから行いたいとアプローチがあったとミケル・アルテタ監督が明かしており、「彼らはそうしたいと思っていた。正当な理由があったので、クラブと私は非常に協力的だった」とコメントしていた。 スラビア・プラハのクデラに人種差別的な侮辱を受けたカマラだが、実はアーセナルのアカデミー出身で、2017年7月まで所属。その後、ダンディーFCへと移籍し、2019年1月からレンジャーズでプレーしていた。 ラカゼットはちょうど入れ替わりでリヨンからアーセナルにやって来たが、アカデミー出身選手も多いアーセナルの選手たちのカマラへの想いもあっての行動だったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】スラビア・プラハの選手たちの前で、反人種差別を示すアーセナルの選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Lacazette <a href="https://t.co/aHlh1SYr00">pic.twitter.com/aHlh1SYr00</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1382784230665650185?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.16 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFA、レンジャーズ戦で人種差別発言のスラビア・プラハDFクデラに10試合の出場停止処分

欧州サッカー連盟(UEFA)は14日、先月のレンジャーズ戦において人種差別発言を行ったスラビア・プラハに所属するチェコ代表DFオンドレイ・クデラに対して、10試合の出場停止処分を科した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今回の騒動は先月18日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのレンジャーズとスラビア・プラハの一戦で発生。 クデラはシエラレオネにルーツを持つレンジャーズのフィンランド代表MFグレン・カマラに対して、試合終盤に口元を隠しながら耳打ちすると、カマラが激昂。他の選手たちも同調し、一触即発状態となっていた。 その後、レンジャーズサイドの通報によってUEFAとスコットランドの地元警察が人種的虐待の疑いで調査を開始していた。 これに対して、スラビア・プラハとクデラは疑惑を完全に否定。さらに、クデラがカマラを含むレンジャーズの選手たちから暴力行為を受けたとして、スコットランドにあるチェコ大使館を通じて告発を行っていた。 UEFAは今月6日に両者の主張が真っ向からぶつかり合う今回の問題に関して、クデラの人種差別疑惑、カマラの暴力行為に対する調査の手続きを開始したことを報告。クデラに対しては暫定的に1試合の出場停止処分を科し、同選手は8日のEL準々決勝1stレグのアーセナル戦を欠場していた。 そして、今回の調査の結果、UEFAはクデラのカマラに対する人種差別行為を確認し、UEFA主催試合における10試合の出場停止を科した。これにより、クデラは今季のEL残り試合に加え、チェコ代表として参戦予定だったユーロ2020本大会をサスペンションによって欠場することに。 一方、人種差別被害が認められたカマラだが、クデラに対する暴力行為によって3試合の出場停止を科されることに。 さらに、同試合で相手GKオンドレイ・コラージュに対して、危険なハイキックで顔面にケガを負わせて一発退場となったレンジャーズFWケマル・ルーフェには、「相手プレーヤーに危険な暴行を加えた」との判断から4試合の出場停止処分が科された。 また、乱闘騒ぎを起こしたレンジャーズに対しても9000ユーロ(約117万円)の罰金が科されている。 2021.04.14 23:57 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly